マリア・テレジアとマリー・アントワネット展

October 31 [Mon], 2005, 7:23
 池袋西武イルムス館2Fで催されている この展覧会に行ってまいりました。
 今年でマリーアントワネット生誕250年だそうです。
 

 ハプスブルク家きっての才女 と呼ばれたテレジアは何と16人もの子供を生んだと・・・皆政略結婚させたのですが一人だけあの当時では珍しい恋愛結婚で結ばれた娘さんが居たのです。

 マリーアントワネットはフランスとの政略結婚でルイ16世に嫁いだのですが 臨終の時でも母の脳裏から心配は消えなかったのは気の毒でした
 母から娘へ沢山の手紙が・・・彼女の性格を知っているがゆえに居てもたっても居られなかったのでしょう。(でも何故そんな娘をフランスに嫁がせたのかが疑問です)
 
 今回はテレジア関連のハプスブルク家の秘蔵品が出品されています


 あの当時は写真など無かったのでテレジアは子供たちの肖像画を大切にしていたと・・・お気の毒なのは当時は太っている女性の方が子供を産みやすいと 高カロリー食を食べさせられたそうです。
  
   テレジアの若い頃は痩せていてとても綺麗でした。晩年は太りすぎのため椅子から立ち上がれなかったそうです。

 日本の古伊万里焼きが沢山ありました。

 一番驚いたのは 国外逃亡直前に捕まりその時に型を取られたマリーアントワネットの蝋の手です。労働などしたことの無い 綺麗な手でした。

 あの時彼女ではなく他の姉妹が嫁いでいたらフランス革命は起こったのでしょうか?
自国を守って 愛する夫の死後は喪服で生涯を通した母と
 国民の痛みを全く理解することなく放蕩で国家を窮地に追いやり 断頭台の露に消えた娘

 肖像画はブルーの目元がそっくりですが テレジアのほうが眼光が強く 国を守る強い意志があるのに対してアントワネットの瞳はぼーっとしています。



 
  • URL:https://yaplog.jp/kamekiti/archive/403
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
なおこん
 あ〜〜残念でしたね! 一体親子の展示物ってどんなだろうねって友人と話していたのですが よかったです。
 関西は東京の前にやっていましたよ!

 手も足も小さかったのには驚きました。昔の人って小柄だったからですよね・・
November 06 [Sun], 2005, 20:05
グレイス
あ〜〜〜〜!いいな、いいな〜〜〜〜!
見に行かれたのですね
アタシがこないだ帰京したとき、百貨店でこのポスターを見つけたのですが
帰る翌日から公開だったのですよ
関西にも来ないかなぁ。。。
November 06 [Sun], 2005, 13:24
なおこん
 PCが壊れてメールアドレスが消滅!
 連絡取れなくてごめん!そう、お嬢様の学校です。
 昔とあまり変わらないんだね。法科大学院が近代的なので返って古い建物が引き立ちますね。
 長女はやっと内定とれました。お嬢さんのお話を聞いていたのですがやはり心配でした。一気に老けました〜〜〜
November 01 [Tue], 2005, 20:57
佐々木松代
池袋に行かれたのですね!もしや私の娘が卒業した学校でしたでしょうか
なおこさんは、お元気でしょうか?
November 01 [Tue], 2005, 20:15
なおこん
 あったあったコルセット。子供のときから女の子はあんな苦しいのさせられていたんだよ、
 アントワネットの手も子供のように小さいの。
 日本の十二単とどっちが不自由かと考えました。
 Mr.世界史の内野先生が 「ベルサイユ宮殿にはトイレがない。茂み焼きの影で催していた。女性はたったままできるようにドレスが広がっていた」って言ってたよね。
 だから香水が発展したとも・・・ん〜〜面白いかも
October 31 [Mon], 2005, 19:19
鹿−舎
当時の姫君たちが着用なさったおドレを拝見したことがあるのですが、

これが細いのなんのって!

いまどきの女性とひけをとらないどころか、ものすごおおく細かった。

コルセットで締め上げていたとしても、ウエストの細さは羨望でしたね。

October 31 [Mon], 2005, 17:13
なおこん
 我が家の長女・・ストレスの元です。
 だからテレジアの手紙がとっても胸にこたえました。でもアントワネットには母の心届かなかったようですね。。。
 しかし 太ってしまったテレジアお気の毒です。しかし16人・・・うち6人ほどが早世していました。
October 31 [Mon], 2005, 17:13
お勉強が嫌いだった私でも「ベルサイユのバラ」のお蔭でマリー・アントワネットの時代のことはわかります(笑)
漫画の中でも母テレジアがマリーのことを心配するシーンがありましたね。何も教育されないまま手放してしまった娘だけに心配はつきなかったのでしょうね〜。

うちにも何もできない娘が1匹。もし、いますぐお嫁にいくようなことになってしまったら・・・いつお婿さんに捨てられるか心配になるでしょう(笑)
October 31 [Mon], 2005, 17:08
うさりんが、窮地とブルーを理解した。


October 31 [Mon], 2005, 10:44
なおこん
 時代の流れ・・いくつかのチャンスがあったのに 神は与えてくれなかった
 国外逃亡事件で 国王が国を捨てた・・・国民の怒りが頂点に・・
 一説ではアントワネットがなかなか持っていく服を選べず予定の時間を大幅に過ぎてしまい捕らわれてしまったと・・・
 出来のよい親からはなかなか同じような子供は産まれないんですね・・・
 ルイ17世・・・塔で亡くなったのは身代わりでどこかに逃げたという説が多かったそうです。現に自分がルイ17世だと言い張ったドイツ人も痛そうですが・・DNA鑑定の結果 哀れ10歳で塔の中で亡くなった男の子がルイ17世だったと判明したそうです。
October 31 [Mon], 2005, 9:40
東雲
まだ子供だったマリーが 政情不安定でルイ14世の悪政のツケがたまった国の
凡庸で子供っぽい まるでセックス・アピールのない夫のもとに嫁いだのは
やはり荷が勝ちすぎたのでしょうね。

今の中学生の女の子に 一国の元首の妻となる心構えを説くようなものであったことでしょう。

美しくて散文的で しかし可愛い娘を案じた母の手紙は
読む側の私たちの胸を熱くしますね。
愛する長男を失い 革命で次男とも引き離され そこからやっと母としての心持や
王妃としての 身の処し方に テレジアの娘である片鱗を伺わせる記述に触れる時
やはり マリーアントワネットが特別できの悪い娘だったのではなく
時代が悪すぎたのと 権謀術に明け暮れ まだ思春期の女の子が放り込まれるには厳しすぎた環境に 嘆息。
October 31 [Mon], 2005, 8:10
最新コメント
アイコン画像バッグ 通販
» 昭和記念公園イルミネーション (2013年10月30日)
アイコン画像ゴヤール
» 娘二人の韓国旅行 3 (2013年07月29日)
アイコン画像フェラガモ アウトレット
» 最後の一軒・・・・米軍ハウス (2013年07月23日)
アイコン画像なおこん
» 娘二人の韓国旅行 3 (2013年07月08日)
アイコン画像モンブラン ボールペン 人気
» 娘二人の韓国旅行 3 (2013年07月07日)
アイコン画像キラキラ
» 入間川七夕まつり   お化け屋敷 (2013年07月07日)
アイコン画像なおこん
» 入間川七夕まつり   お化け屋敷 (2013年07月07日)
アイコン画像キラキラ
» 入間川七夕まつり   お化け屋敷 (2013年07月07日)
アイコン画像ルイヴィトン 店舗
» 天眼石、天寿石ネックレス (2013年07月04日)
アイコン画像ゴヤール サンルイ
» 娘二人の韓国旅行 3 (2013年06月29日)
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamekiti/index1_0.rdf
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
P R