昨夜、100万回人をあいする
2016.04.05 [Tue] 11:46

どうにか、ますいさんが死んで、一年の日まで間に合った、猫の脚本。
ま、読んで貰えるわけじゃないけど、絵本と言えば、ますいさん、という俺の気分もあったわけだ。
なんというか、脱稿の感慨に浸っている事もなく、ただ義務の様に、安い赤ワインを飲んだ。
書いたら、読んで欲しい人はいるけど、その人は、そんな暇がないから、演じて発表する時になるのかな、いや、それすらも、興味がないのかもしれません。
とにかく、俺は脚本を書いた。
これで、ひとまずアドルフヒットラーに没頭できる。
素晴らしい作品にするよ。
日常や、家族や、時間を犠牲にしているけれどね、すまないけどね、だから素晴らしい作品にして報いるしかないのね。
日常じゃ、猛スピードで走り去る列車にダイブしない様に気をつけるんだ。
去った後の開放感がたまらないんだ。
まだ生きた。
また生きた。
たまらないんだ、生きると言うのは、麻薬だよね、覚醒剤みたいだよね。
アドルフヒットラーは、様式美だよ、ますいさんに見せたいね、俺はヒットラーはさぁ、なしてヒットラーなの?と言いながら、あそこのシーン、いいね、あれはキレイ、と言ってくるに違いない。
いや、そう言わせてやるよ。
そして、猫ね。
初めて読んだ時、俺は何の感動もなく、色即是空、諸行無常の感覚があった。
しかし、とら猫に心を注ぎ、100万回のうちの断片を描き、あいするものに出会った時、何だか涙が出た。
書き終える直前まであいするひとと喧嘩をしていたからだろうか。
ただ、ひとつ、その言葉に、涙が出た。
そして、死が明るいものになるのか、わからなくなった。
悲しみは、いったい何になるのか、わからなくなった。
でも書き終えた。
観るひとの自由にして、僕からは、ひとつ言葉を置きます。
観客の皆様が、喜ぶ姿が、僕の安らぎです。
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 
2016.04.05 [Tue]
kameiken
> 亀井ファンさん
ぜひお待ちしてます
2016.04.05 [Tue]
亀井ファン
ご返信ありがとうございますm( )m

是非うかがわせていただきます!
2016.04.05 [Tue]
kameiken
時間見づらくてすいません。
2016.04.05 [Tue]
kameiken
> 亀井ファンさん
ご連絡ありがとうございます!
もうすぐチラシも上がりますが、詳細です。

=============

劇団Coyote
カメイケン 3つの独演会 monologue+dialogue

その1
「アドルフヒットラー 日曜日の涙」
作:亀井健
演出:馬場杏輔
出演:亀井健

日時:2016年5月6日(金)20:00
        7日(土)14:00/18:00
  8日(日)14:00

会場:Super nova studio
 (札幌市中央区南8条西15丁目4-1 北海道ハイヤー会館4F 市電西線9条電停前)

料金:各回30人限定 一般 3,000円  学生2,000円
    ※完売の場合のみ立ち見席を2,000円で販売

チケット発売:4月1日(金)
チケット取扱:劇団コヨーテ、大丸プレイガイド



----------------------------------

その2
「100万回生きたねこ」(仮タイトル)+矢野絢子ライブ
原作:佐野洋子
脚本:亀井健
演出:ナガムツ
出演:亀井健

日時:2016年10月10日(月祝) 開演時間未定(1ステ)
会場:ターミナルプラザことにPATOS
    (札幌市西区琴似1条4丁目地下鉄琴似駅B2F)
料金:前売3,500円 (当日4,000円?)

チケット発売:8月27日(土)
チケット取扱:劇団コヨーテ、大丸プレイガイド
2016.04.05 [Tue]
亀井ファン
公演日程、会場などはどちらで拝見できるでしょうか?
是非伺いたく思っています。