運命の人【第7回】TBS日9

March 02 [Fri], 2012, 0:43
衝撃の判決明暗を分けた結末!! 

「私をここまで苦しめながら、なぜあのような証言で自分を守ろうとするのか、理解に苦しみます。外務省を辞めなければならなかったこと、逮捕されて、取り調べや、身体検査を受けたこと、そして、弓成記者から、強引に関係を持たされて、そのことで脅されていたことを、主人に隠していた後ろめたさ、そのことが発覚したときのいたたまれなさ、もはや私は、主人の家に戻れる立場になく、私のような人間を雇ってくれるところもなく、しかし全ては、自業自得であり、自分の至らなさを恥じるしかありません…」by三木昭子(真木よう子)。

ダメだこいつ…、早くなんとかしないと…。いやマジで、ホントにこの女マジでなんとかしないとヤバいって…。あることないこと平気で並べて立ててますわよっ!!!しかも法廷でっ!!!お前が言うなってことを平気で言ってますからね。しかも迫真の演技で…。涙まで見せちゃってさぁ。っていうか、これ演技なんですよねぇ??ホントに恐ろしいわ…。自分の身を守るために法廷でウソを並べ立てる女…。三木さん…、恐ろしい子…。なんて言ってる場合じゃないくらい恐ろしいわ…。

っていうか、弓成(本木雅弘)はなんでネクタイを出さないかね…。「三木さんを守る」とかなんとか綺麗事にしか聞こえないことをのたまっておりますが、その守りたいという三木さんは法廷で嘘八百を並べ立てて弓成を不利にしているというのに、決め手であるネクタイを出さないってマジなんなんでしょうか。由里子(松たか子)が決死の覚悟でネクタイを出しているっつ〜のに、弓成はいつまでカッコつけているのよホントに…。マジでイライラしちゃいましたわよ。あんな状況では由里子を守るとことも三木さんを守ることもできないというか、2人同時には守れないんだから、法廷で偽証している三木さんを守るより、これまでずっと弓成を信じてきた由里子を守るべきでしょうが〜〜〜〜〜〜っ!!!
あぁもうマジで弓成はなにがしたいのよ…。三木さんにははらわた煮えくり返っていますが、弓成にも腹が立って仕方がありません。
なんだろな、弓成って所詮綺麗事言っている風にしか見えないわけで、沖縄のこととか沖縄の人のこととかを真剣に考えている風にも見えないわけで、もういっそ、取材のためならなんでもしちゃうんだぜそれがなにかへいへいへいへいってな開き直った奴の方がマシだったんじゃないかとさえ思っちゃいます。結局体の関係があったんだから、どんなこと言っても綺麗事にしか聞こえないのよねぇ…。

でも三木さんの予想に反して、ついでに私の予想にも反して、弓成は無罪となりましたっ!!!これビックリしちゃったわ。シャワーを浴びたのどっちからだとかパンツを脱いだのはどっちからだとか、もうなにで争っているのかさっぱりわからなくなっていたわけで、男女関係のことで男性側が無罪を勝ち取るのってもうホントに難しいことなんじゃないかって思っていたので、無罪という判決には、私もホントにビックリしちゃいました。そもそも第1話で弓成がボロボロになっているのを見ちゃっているわけで、無罪になるなんて微塵も思っていなかったんです。
山部(大森南朋)の「検察は、唆し罪だと息巻いていますが、新聞記者は、正しい情報を得るために、常に取材相手を唆しており、唆しなしに、取材など成立しません。これが罪になるなら、新聞、テレビ、雑誌、あらゆる報道関係者が、刑務所に入らねばなりません。そして政府は、悪事すらも、機密という名のもとに隠蔽して構わないことになってしまい、民主政治は崩壊します」という証言はなんだかそんなこと言っちゃっていいの??って思うほどだったんですが、これが効いたのかなぁって感じです。いやはや相変わらず山部はカッコよく書かれているわけで、っていうか、このドラマで一番カッコよく書かれている男ともいえるのに、山部のモデルになっている人は小さいことを気にして文句を言ったんだなぁとしか思えません。

三木さんは懲役6か月執行猶予1年という有罪判決が出てしまったわけで、もう弓成への恨みしかありません。もはや恨みの権化と化しているような三木さんがホントに恐ろしいです。「弓成記者に私とおんんんんんんなじ絶望を味あわせることです」とか「必ず有罪にしてください」と言っている三木さんの半分隠れていながらものすごい目でにらんでいるその顔がもうホラー。まるでホラー。お岩さんのようだったわよ。
あぁもうなんだろな、三木さんってば恨み骨髄に徹すってことなんだろうけど、その恨みが逆恨みにしか見えないんだけども…。とりあえず三木さんが勝手に弓成を好きになっちゃって勝手に燃え上がって、そりゃヤっちゃったかもしれないけれど、勝手に機密文書を渡したんでしょうに…。で、逮捕されたら完全に被害者気取りって、もうホントにどうしたらいいんでしょう。
まぁでも逆恨みしたくなる気持ちはわかります。そりゃ自ら勝手にしたことだけれど、その結果として自分は勤め先もクビになって世間のさらし者になっている上に有罪判決まで出ちゃっているんですもん。方や相手は自分に振り向いてくれるわけでもなく帰る家庭もあって会社も守ってくれる上に無罪判決という…。それが完全に逆恨みだってきっと三木さんもわかっているんでしょう。わかっていなくて、偽証を繰り返している内に自分はホントに被害者なんだって思い込んでいるならある意味病気です。
イヤでもホント、三木さんが怖すぎるんですけど…。

とりあえず弓成無罪、三木さん有罪の判決が出ましたが、まだ裁判は続くってことなんですよね…。この裁判、ホントに見世物的だわよね…。密約問題とか国家機密漏洩とかで争っている風には全く見えないわ…。恐ろしい…。

あ、あと、由里子と玲ちゃん(長谷川博己)関係のエピソードはなんかどうでもいいです。いくら長谷川博己といえども、このドラマで玲ちゃんが胡散臭いってことはきっとないでしょうし、そんなことになったら別のドラマになっちゃいそうですし、ただただ由里子にはそういういい人がまわりにいるんだけど由里子の気持ちは揺るがないってことを示したいだけならもう十分なので、玲ちゃんは登場しなくて結構です。玲ちゃんが胡散臭くなく裏もなく単にいい人だってんなら別の人をキャスティングしてほしかったわ…。

っていうか、すっかり忘れ気味ですけど、国会で暴露しちゃった横溝(市川亀次郎)ってなんのお咎めもないんですか??どうなのそれは…。まぁこんな奴に機密文書を渡しちゃう弓成もホントに詰めが甘すぎるとしか言いようがないんですけど…。

次回は恨み節かましまくりの三木さんのターンってことでしょうかね…。イヤ、毎回三木さんのターンって感じなんですけど…。




これまでの感想
【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回】【第6回】

  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/985
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf