運命の人【第4回】TBS日9

February 11 [Sat], 2012, 18:56
暴かれた関係 

「『密かに情を通じ』起訴状に記されたその言葉は、知る権利キャンペーンで盛り上がった世論を、一変させた」by弓成亮太(本木雅弘)。

「密かに情を通じ…」なんて言われたら、そりゃ世論は下世話なそっち方面でおもしろおかしく騒ぎ立てるわよねぇ…。
知る権利キャンペーンとやらで盛り上がっているときに釈放された弓成が「まず間違えないでいただきたいのは、これは、外務省機密漏洩事件ではなく、沖縄返還密約事件だということです。密約を交わした事実をうやむやにするために、政府は、密約事件を機密漏洩事件にすり替えようとしてるのです。本来裁かれるべきは、沖縄返還密約問題であり、それをごまかそうとする、政府でありますっ!!!」なんて言っていたときはカッコよかったのにねぇ…。
っていうか、「密かに情を通じ」ってのがホントのことなのかどうか、ドラマでは微妙というか、明らかになっていないわけで、もしかしたらでっち上げなのか??なんて思えるんですが、原作では確実に関係を持っちゃっているということなので、もういっそドラマでも引っ張んないでくれと思っているんですが、そういう演出をしているってんなら仕方がありません。
でもとりあえずドラマの上ではどうにもこうにも三木さん(真木よう子)が一人で盛り上がって勝手に機密文書を持ち出して渡したように見えるわけで、「弓さん弓さん」言っている弓成の部下(北村有起哉)と同様、「そんなの警察の策略ですよっ!!!」と思って見ることにします。

あ、ちなみに私は原作を読んでおりませんし、このドラマの元になった事件も知らない無知っぷりを発揮しているので、ドラマでのみ楽しもうと思っているのでどうぞよろしくお願いいたします。ドラマの登場人物をけちょんけちょんに書いたりもしますが、あくまでもドラマを通しての私の感想ですので、これもご了承ください。

いや〜〜〜。三木さん側の弁護人(吹石満)といい、弓成を取り調べている検事(水橋研二)といい、なかなかどうして渋い役者をそろえてくれるもんです。

弁護士にあんなこと言われたらそりゃ三木さんだって落ちるわ…。三木さんが自尊心の強い女かどうかはわかりませんが、自尊心の強い女が「あなたは外務省事務官の職を失ったバカな女の烙印を押されてしまった」なんて言われたら我慢ならないでしょうねぇ…。おまけに「弓成記者は正義の記者と祭り上げられ新聞では英雄扱いです。ここを出れば、お子さんたちと資産家の奥さんが待ってる」なんて言われたら、自分は一体なんなんだって思っちゃうでしょうねぇ…。
弁護士の言うとおり、「弓成記者に、強引にそそのかされて、やむにやまれず機密を流したということ」にしたんでしょうか、本当に関係があったんでしょうか、どうなんでしょう。

検事がこれ見よがしに出してきたあのマッチ、あれ、ホテルのマッチだったんですね。確かにそのマッチでタバコに火をつけるシーンはありましたけど、それはホテルではなく、あれなんだっけ、昔弓成がよく原稿書かせてもらっていたなんかの事務所だったわよねぇ…。
しっかし、それが確かにホテルのマッチだとして、弓成と三木さんがそのホテルであぁんいやんなことをやらかしていたとしても、そんなホテルのマッチを持って帰ってくるなんて、やっぱり弓成は詰めが甘いわ。
ところで、パンツに手を入れられている弓成は屈辱的だったに違いないけど、パンツに手を突っ込んでいる警察の男はちょっとにやけていたような…。調べているというよりもみまくっていたような…。←下品すぎ。

さてさてこうなると弓成の家族が気の毒でならないわ。由里子(松たか子)なんてもうテンパっちゃって、それでも長男のお誕生日ケーキなんて作ったりして平静を装ってはいても、弓成のノートとか、破るのはいいとして、流れっこないのにトイレに流したりして、もう動揺しまくりなんですもの。でもって、弓成が釈放されたとなったら、子供たちを寝かしつけて、もうおしゃれしてそわそわしながら弓成に抱かれることだけを考えていたっつ〜のに、弓成には「もう遅いから気を付けて帰れ」なんてそっけなく言われちゃうんですからもう、そりゃ帰りの車の中で号泣するってなもんですよ。で、そのあとテレビから「密かに情を通じ…」なんて聞こえてきた日にゃぁ「実家へ帰らせていただきます」ってなっても致し方がないわ。
でなに、由里子の従妹だという鯉沼玲(長谷川博己)登場で、由里子の心ぐらんぐらんってことになるわけですね、そうなんですね。

まぁ、三木さんの旦那(原田泰造)も気の毒ですけどね…。家計簿にネチネチ生理日をつけていたりして粘着変態臭プンプンさせているあたりでどうも気の毒というよりは気持ち悪いってのが先に立ってしまって…。
でもなんだろう、三木さんに弁護士をつけたのって、三木さんを救うためではなく、弓成を追い落としたいってだけのような気もしちゃうのよねぇ、この夫の場合…。

で、結局世論はどうなんでしょうねぇ。「密約断じて許せんっ!!!金で沖縄を買うなんて許せんっ!!!」なのか、「密約があったとしてもお金を払ったとしても沖縄が戻ってくるのは嬉しい」なのか…。私は後者の気がするんですけど、ホントこのあたりどうなんでしょうねぇ…。
佐橋総理(北大路欣也)が「国家機密の保護より、国民の知る権利が常に優先されるならば、外交は破綻する。あってはならぬことだ」と言っていたんですが、これもっともだと思っちゃうのよねぇ…。っていうか、そういう外交を日本はしてきたんでしょうし…。

現実の話をしますと、原発事故からこっち、原発の状況や放射能の広がりっぷりとか、ずいぶん国民に隠してきたものよねぇ。これに関してはどうにも許しがたいと思っています。外交政策ならともかく(う〜〜〜ん、矛盾…してませんよね…)、国民の健康とかそういうのに直結することを全く公表しない政府には憤りを感じちゃいます。
って、ラストは現実問題で〆るってなにこのドラマ感想文…。




これまでの感想
【第1回】【第2回】【第3回】



  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/967
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf