聖なる怪物たち【第3回】テレ朝木9

February 07 [Tue], 2012, 20:27
私の赤ちゃんを返して! 

「三恵さん、私ね、人を裏切ることって、人を殺めるより罪深いことだと思って生きてるの。これからも ずっと…」by春日井優佳(中谷美紀)。

怖いっ!!!相変わらず怖いですっ!!!なんだろうな、美しい顔だからこそなのかもしれないんだけど、ホントに凍りつくほど怖いわ。三恵さん(鈴木杏)があんなだから、もうホントにさ、三恵さんがヘビに睨まれたガマガエルのように見えちゃってある意味痛々しいです。

いやでもその三恵さん、なに??なに??なんなの??「お金のために赤ちゃんを産むのを引き受けたわけじゃない」なんて言っているけれど、優佳の言うとおり「見返りのない善意ほど信じられないものはない」わよ、マジで。「善意で子宮を貸したのならサインだってできるはず」というのもごもっともすぎます。それでも三恵さんったら「イヤです。産むのは私です。このお腹で育てた子供を、品物みたいに取引するのは絶対にイヤっ!!!」なんて頑なに拒否しちゃって、あぁもう三恵さんが産んだあとごねるのは間違いない展開だわよ…。産む前から「だったら…、お腹の子をおろしますっ!!!」なんて脅迫めいたことまで言っちゃってるくらいですし…。優佳は「ふふっごめんなさい。三恵さんの本心知りたかっただけなの。でもこれでわかったわ十分」なんて言ってごまかしていたけれど、産むまではとにかく穏便にと悟ったってことなんでしょう。第1話の冒頭野良妊婦はやはり三恵さんってことよね…。
でもなぁ、あの三恵さんがそう簡単にはくたばらないって思っちゃうのよねぇ…。妊娠日記みたいのを嬉々としてつけていて、お腹の赤ちゃんは男だと勝手に確信して、勝手に名前まで決めていて、その日記を不審な顔して読んでいる圭子(加藤あい)の背後に立っているホラーな三恵さんを見ちゃったら、そう簡単に美しい姉妹の代理母計画にハマるような人じゃないと思っちゃうわけでして…。だってホントにものすごく怖かったんですもの…。美しい姉妹の冷たいヘビ的な怖さもさることながら、三恵さんの失うものなんてなにもないわってな底辺的な怖さもそりゃもうホラーです。
っていうか…、まさかまさか、代理母なんて言っているけれど、実は敏雄さん(長谷川博己)と三恵さんの子供が三恵さんのお腹に宿っているなんてことはないわよねぇ…。マジでそれじゃ美しい姉妹の計画全くオジャンになっちゃうわよ…。そんな展開は絶対に見たくないわ。

なんだろな、敏雄さんの本心が全く見えないというか、間違いなく圭子のことは愛していないだろうし、だからと言って三恵さんのことだって愛してなんかいないだろうし、もうとにかく、全てはこのクソ男敏雄さんの計画通りだったなんて展開だけは絶対にイヤなのよっ!!!三恵さんよりもなによりも、敏雄さんのことがホントにキライでイヤで仕方ありません。それを長谷川博己が演じているもんですから、胡散臭さも倍増ですし、憎々しさも増幅するってなもんです。イヤよイヤイヤ、最後にこの男が笑うってな展開は絶対にイヤなんですからね〜〜〜〜っ!!!

ところでさ、圭子ってこの間まで妊娠していたわけでしょう。どのくらいになったらどのくらいの大きさになるとかある程度はわかっているわよねぇ。手作りクッションをお腹に入れていたけれど、あれまるでもうすぐ産まれますよってな大きさでしょうに…。つわりとか食べ物の好みが変わるとかそういうの、三恵さんが言い出すまでまるで気付いていないってのもおかしいわよねぇ…。ま、圭子が壊れ始めているってことなんでしょうけど…。
胸も張ってきたとか、典型的な想像妊娠だってことみたいですが、さすがに壊れ気味の圭子じゃ敏雄さんもうんざりしちゃうかなとは思います。
もうてっきりお腹に手作りレースクッションを詰めて公園に行ったとき、クッションがずるっと落ちてきてバレちゃうのかと思っていたんですが、そんなことにはなりませんでした。赤ちゃん抱っこしたときとかもうヒヤヒヤして見ちゃってましたわよ。なんか確かあったわよね、お腹に水枕かなんかの詰め物していて梯子から落ちてウソ妊娠がバレちゃうってのが…。ドラマ版「大奥」だったかしら…。
ま、それはいいとして、ヒヤヒヤしちゃったって思ったってことは、私は圭子と優佳に目的達成してほしいと思っているんだわ。

えっと…、このドラマの主人公司馬先生(岡田将生)ですが、相変わらず蚊帳の外で本筋に全く絡んできませんけども…。司馬先生がする手術とか、ナース(大政絢)との絡みとか、なんか全然必要ない気がしちゃうんですけども…。ま、今回の手術は、母体を取るか胎児を取るかってことで、優佳の思いとシンクロする部分はありましたけども…。ま、司馬先生の手術とか医師としての成長日記的なのを描かないと、2時間のスペシャル番組枠での放送でいいだろって感じになっちゃいますから仕方ないんでしょうけども…。
今回の手術に関しては、きっと母親としてなら胎児を取るって人が多いんでしょうけど、残される赤ちゃんと旦那のことを考えたら、母親が死んでもいいから胎児を取るって選択は、私にはできないなぁって思っちゃいました。そう考えちゃう私は冷血人間ですかそうですか…。でもさ、自分が命を落としても赤ちゃんを産みたいって、一見美しい母性愛のように見えちゃいますが、裏を返せば母親のエゴにも見えちゃうわけで…。そう考えちゃう私は冷血人間ですかそうですか…。
今回だって、旦那(近藤公園)は母体優先してくれって言っていたわけですし、妻(佐藤仁美)が手術によって声帯失ったと聞かされたときは抗議もしていたくらいですから。母親も胎児もなんとか生きていられるって結果オーライになったからよかったものの、どっちも一歩間違えば死んじゃうってこともあったわけでしょう。ま、こういうのは外野がなにか言ってても仕方のないことなんですけどね。なんだかんだ言っても、「ぐずぐずしてると死んじゃうよ〜」な水原先生(勝村政信)の患者の意思を尊重するってのが一番だと思います、ハイ。
ぐだぐだ書いちゃいましたが、主人公の司馬先生を早く本筋に絡ませてやってください。




これまでの感想
【第1回】【第2回】




  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/963
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf