南極大陸【第10回(最終回)】TBS日9

December 19 [Mon], 2011, 17:24
終幕〜時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!! 

ごめんじゃね〜っつ〜のっ!!!人間の都合で勝手に南極まで連れてきておいて、人間の都合で南極に置き去りにされて、オレたちがどんな思いで過ごしてきたかわかってね〜だろうがぁぁぁぁぁぁっ!!!

と、生き残ったタロジロ、そして死んでいった犬たちが言ったとか言わなかったとか…。

なんなんだ、このオレ様キム様のプロモーションビデオのような最終回は…。それでもっ!!!それでもっ!!!涙が…、涙が…、涙が止まらなかったのですよ…。やっすい涙と言われても仕方がないんですが、ホントにもう犬たちがかわいそうで切なくて苦しくて、もうずっと泣いちゃってました。
倉持(木村拓哉)が再び南極大陸に降り立って、犬たちがかつて繋がれていたところで、鎖を引っ張って生死を確認していたところからもう泣きっぱなしでした。涙の止まることがありませんでした。ちょいちょい南極ではないシーンも流れてはいましたが、とにかく犬たちのことが偲ばれて犬たちがかわいそうでかわいそうで涙が止まりませんでした。
でも、ごめんごめんごめんごめん…、えっと…、あの…、ラストの…、えっと…、ごめんごめんごめんごめん…、私がわけわかってないだけかしら…、えっと、あのよぼよぼの老人は…、えっと…、ごめんごめんごめんごめん…、南極大陸に立って今にも氷の水の中に落っこちてしまいそうなよれよれの老人は…、えっと…、あの…、ごめんごめんごめんごめん…、あまりに唐突過ぎて、今まで垂れ流しだった涙が一瞬にして乾いちゃったんですけど…。えっと、あれは年老いまくった倉持ということでよろしいんでしょうか。「また会いに来る」と言っていた倉持が、よっれよれのじじぃになって約束を守るために再び南極大陸にやってきたってことでいいんでしょうか…。えっと…、あの…、ごめんごめんごめんごめん…、ホントに涙が乾いちゃったわよ…。現代のシーンに差し替わるのなんて特に要らないと思いつつも、そのシーンでさえ涙が止まらなかったというのに、倉持と美雪(綾瀬はるか)の恋愛パートだとかはなっから要りませんでしたし、再開シーンもいらないっつ〜のと思いつつも涙が止まらなかったというのに、最後の最後南極大陸にふらっふらしながら立っている老人のシーンに一気に涙が乾いてしまいました。なんであんなシーン入れるかね…。
そもそもね、死にゆく者が「オレたちの分まで生きてくれ」と言うならまだしも、確実に生きていく者が「お前たちの分まで生きるっ!!!」と言ってもイマイチ説得力がないんですよ。もちろんこの場合の死にゆく者は犬たちですからしゃべれないわけでどうにもならないんですが、置き去りにして死ぬような目に遭わせておいて、「お前たちの分まで生きるっ!!!」って言われてもさぁ…。んで、「また会いに来たぞっ!!!」とばかりにじじぃを南極大陸に立たせてもさぁ…。なんだかなぁ…。このラストには度肝を抜かれたわよ。一瞬で涙を乾かす破壊力がありました。

うん…、でも…、それでも…、涙が止まらなかったのは事実なのよねぇ…。大人の事情で倉持倉持倉持倉持になっていたのは興醒めだったんですが、それでもやっぱり犬たちの亡骸を見つけているシーンからは涙が止まりませんでした。倉持はもっと号泣してもいいんじゃないかと思ったんですが、もはやかわりに私が号泣しておきました。
当たり前のことでしょうけど、雪に埋もれたまま死んでいた犬たちのシーン、あれはぬいぐるみかなんかを使っていたんですよね??もう早く掘り出して掘り出してって思いながら見ていましたわよ。首のところだけが血で滲んでいてとか、こんなのホントに倉持だったら正気の沙汰じゃいられないと思うんですが…。痛くて苦しくて寒くてお腹が空いて鎖に繋がれたまま死んでいくなんてさ…。あぁもう…。
もうね、不憫で気の毒でならないのがリキですよ…。シャチと格闘して死んでいくのはリキなのかと勝手に予想していたんですが、それもなく、だったら倉持が駆け付けたときはまだ生きていて、倉持の腕の中で死んでいくってなことを予想したんですが、それすらも裏切られ、基地に自分たちを置いて行った人間たちが帰ってくるのを待ちながら死んだとか、もう書いているだけで涙が止まりませんっての…。リキをこんなにもフューチャーして活躍させて、そして今にも目を開けそうな演出をしておいて、期待させておきながら目を開けることなく死んでいたとか、なんていう展開なのよ…。どうなってんのよもう…。だったらシャチと格闘して死んだ方がなんぼかマシだったわよっ!!!ひどいよもう…。死ぬ直前にリキが流した涙が、悲しくて切なくてつらくて痛々しくて、あぁもうダメだ、思い出しただけでも涙が出てきちゃいます。
っていうか、リキの亡骸を見つけてまだ温かいなんて確認している倉持は廃人になってもおかしくない精神状態でしょうに…。ホント、もっと泣き叫ぶとかしてくれっつ〜のっ!!!おうんおうんひっくひっく泣いている私がおかしいのかって感じだったわよ。
そしてタロとジロとの再会…。うん、やっぱりなんだんだいって感動しちゃうの、私って奴はさ…。感動しぃのやっすい涙流しまくりなの、私って奴はさ…。結末知っていてもやっぱり涙が出ちゃうの…。出ちゃうっつ〜のっ!!!真っ赤な太を背に陽2つの黒い影。白い大地を疾走してくる2頭の犬たちを見たら涙も止まりませんっての…。このシーン、すごく綺麗でした。あぁタロ…ジロ…ってなもんですよ。倉持の声に反応して走り出したものの、倉持を前にしてすぐさま飛びつくのではなくて、警戒しているってのもよかったです。1年も放っておかれたんですものね…。忘れちゃっても無理はないし、威嚇するのも無理はないです。うん、ここもよかったです、うん…。もうとにかくタロとジロの演技がすごすぎました。もちろんリキもですが。もちろんほかの犬たちもですよっ!!!とにかく犬たちがよく頑張ったとしか言いようがありません。
だからあれほど犬たちをメインにしろと言ったんだよ…。←こんな声は届いていないっつ〜の。

タロとジロが生きていたという号外を手に、雑踏の中「倉持〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」と絶叫してまわりの人たちにドン引きされている氷室(堺雅人)を見ても突っ込む気にはならず、むしろ氷室のためにクジラの残骸のところに行ってシロがいるかどうか確認して来いよと思ったらまた涙が出てきちゃいました。
なんでほかの隊員たちを待たずに倉持一人で犬たちを水葬しちゃうのか、倉持上げも大概にせ〜よと思いつつも涙が止まりません。日の丸で包んだ棺を流すときにまだ元気だったころの犬たちのシーンが流れるんですもの…。私は常々日の丸の旗ってなんだか味気ないなぁなんて思っていたんですが、南極大陸にパタパタとはためいている日の丸を見て、日の丸が少し好きになりました。日の丸で包んだ棺もよかったわ。隊員たちの敬礼も。このときのタロとジロがまたいい顔するのよ…。寂しそうというか切なそうというか、リキの棺が水の中に入れられるときなんて、駆け寄ってきたりしてさ…。どんだけ私を泣かせれば気が済むのよ…。←勝手に泣いてるだけだろ。

こんなに私を泣かせておいて、唐突すぎる終わり方のような気がしないでもないですが、それでも中島みゆきの曲がガッツリ流れているので、当然のごとく涙が止まりません。倉持が「生きる生きる」ときっと御大層なことをしゃべっていたと思うんですが、それよりもなによりも犬たちに思いを馳せちゃっていました。あぁ…、中島みゆきの曲が街中でかかっただけで泣ける自信があるわ…。破壊力半端ないわよ…。

なんだろな、なんかホントもったいないドラマだと思えてなりません。お金も時間もとにかくたくさんかけたのに視聴率が上がらなかったのは、大人の事情が影響したとしか言いようがありません。そりゃね、結末がわかっているドラマですし、その結末に至る過程もとにかく悲しく切ないわけですから、視聴率が上がらないのも無理ないんですが、主役であるオレ様キム様を持ち上げる脚本に問題があったとしか思えないんですよねぇ…。
私も俳優キムタクは好きではないのですが、このドラマはオレ様キム様を忘れて見届けようと思って見ていました。でも最後までやっぱりキムタクメインの脚本だったのが本当に残念でなりません。どうにかならなかったのかなぁ、マジで…。
でもね、それでもやっぱり「南極大陸」を最後まで見届けてよかったと思っています。とにかく犬たちの演技にしてやられました。犬たちのおかげで見続けることができました。
は犬たちに捧げたいと思います。





これまでの感想
【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回】【第6回】【第7回】【第8回】【第9回】



  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/918
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf