チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸【第11回(最終回)】フジ火10

September 22 [Thu], 2011, 17:36
さよならバチスタコンビ!殺人迷宮からの救出(さようならバチスタコンビ!殺人迷宮から救い出す…最後の謎) 

「おおおおおおっ!!!グッチー、あの人見てよっ!!!ほらほら『法医学教室のアリアドネ』に出てる女優さんだよぉ。なに??えなに??なになになになになになになにええええええ??なんでボクの大好きな女優さんとあなたが、意味深なアイコンタクトしてんのぉ??昔ってなにぃ。いろいろってなにぃ。ちょっとちょっと、納得できる説明してもらえないと、納得できないなぁ。ええええ??いろいろって何色だよぉ。もう色によっては、黙ってないぞぉ」by白鳥圭輔(仲村トオル)。

白鳥の中の人である仲村トオルって結構アドリブ使いの名人だって話なので、どのあたりがアドリブなのか気になるところです。このセリフの後半はアドリブなんじゃないかと思えてなりません。イヤでもいいよいいよ〜白鳥。
もうね、松崎さん(六平直政)支援の会会長の井野(甲本雅裕)と弁護士の尾崎(升毅)への聞き込みのときの白鳥は白鳥節炸裂で絶好調だったわよ。白鳥があまりにも絶好調すぎて、グッチー(伊藤淳史)が添え物状態になっちゃっていたのが残念でしたけども。もっと白鳥とグッチーの絡みが見たいんですのよっ!!!
斑鳩(高橋克典)に「田口先生、似てきたんじゃないですかぁ??白鳥さんに。気を付けた方がいい。嫌われますよ」なんて言われちゃって、お久しぶりの藤原さん(名取裕子)に一旦は「大丈夫です、似てなんかいませんから。大丈夫です」と言われていたのに、「確かにぃ、ちょっと似てきました??お二人…」なんて言われちゃって、白鳥は「へぇぇぇぇ、ははははっよかったね、グッチー」なんてまんざらでもなかったようですが、「ガッカリですっ!!!」と憤慨するグッチーがかわいかったです。あ、あと、白鳥に手をメモ代わりにされちゃうグッチーもかわいかったわ。

さて、松崎さん殺しの犯人および、連続女子高生殺人事件の真犯人ですが、予想通り松崎さん支援の会会長の井野でした。期待を裏切らないキャスティングでしたわね。イヤでも後出しジャンケンな気がしなくもないわけで…。実は井野は美容外科医だったなんてさ…。そんなこと最終回で明かされても…。でもまぁ動機もなんにも当たってはいませんが、犯人だけは当たっていたのでよしとします。これでバチスタシリーズのDVDボックスが当たったらなおよしです。楽しみだわ〜。←まだ当たるかどうかもわかっていないっつ〜の。
イヤしっかしさすが甲本雅裕というべきでしょうか、キャスティングのみで犯人だと決めつけていた甲斐があるほどのキチガイ演技炸裂です。ホントに期待を裏切らない雰囲気を醸し出していました。頭のおかしいキレちゃったような役をやらせたら日本一かもしれませんわよ。頭がおかしくてキレちゃっているような奴なのに、ものすごく淡々としているからまた恐ろしいというか、淡々としているのに頭がおかしくてキレちゃっているように見えるってのがすごいわ。←一応褒めてます。
イヤでも首を絞められて殺されて心臓マッサージで蘇生されて、また首を絞められるなんてことされたら、気が狂っちゃうわマジで。恐ろしすぎるわよ…。でもこれって、検死でわからないものなのかしら…。

この井野って奴は反省なんてまるでしていないわけで、「それでも、生きてゆく」の文哉もそうなんですけど、こんな奴生きてる価値あるのか本当に心底疑問になっちゃいます。だからって、宇佐見(福士誠治)が警察の特権である銃を使って正義の押し売りしちゃまずいと思うわけで。でも、被害者家族による復讐なら、法律上はいけないことだけれど感情としてはありかななんて思っていたりもします。
いやさ、宇佐見もさ、だらしがないというか詰めが甘いというか井野がやっぱりイっちゃってる頭のおかしい奴ってことなのか、隙をついて井野に刺されて井野に逃げられるなんて、いいところなさすぎです。

っていうかさ、20年間で7件と数年おきに事件を起こしていたのに、最後の2件は連続って、ドラマ上仕方がなかったのでしょうけど、ちょっと無理があるんじゃないかって思っちゃいました。
それともうひとつドラマ上どうしても仕方がないんでしょうけど、まだ犯人が割れていないときだったので、みんながみんな犯人の名前を呼ぶことはせず「犯人犯人」言っているのがちょっと違和感ありましたけど。

もうね、最終回の中盤くらいまでいい加減ミスリードすぎるぞと突っ込みたくなるほど斑鳩をまっくろくろすけに描いていましたわよね。笹井先生(小西真奈美)のところに現れた斑鳩を見たときは、斑鳩はシロだろうと思っていても、「笹井先生逃げて〜」なんてドキドキしちゃってました。
とにかくやっぱり斑鳩は悪ではなかったってことなのね。宇佐見は全くと言っていいほどいいところなしだったのに、斑鳩はおいしいところ持っていきまくりです。井野を確保するところなんてカッコよかったですもん。
斑鳩は北山審議官と宇佐見の計画には気づいていなかったなんてことにもなっていて、徹底的に斑鳩はいい奴ってことにしたいみたいですわね。松崎事件のことで謝罪もしましたし、Aiについても警察として協力するなんて明言してくれましたし。イヤ、初めから協力し合っておいしいとこどりしておけと何度も言ったでしょうに…。←そうなったらこのドラマ始まらないっつ〜の。
これまでず〜〜〜〜っとまっくろくろすけで解剖したら内臓まで真っ黒だろって感じの斑鳩でしたが、井野を確保したときや松崎さん事件のことで謝罪しているときの斑鳩は、なんとな〜く黒さが薄まっているような気がしちゃいました。イメージってすごいのね。

っていうかさ、この一連の事件、北山審議官(尾美としのり)が全ての発端のような気がしてなりません。イヤマジで、北山審議官が自殺したくなるのも無理はないというか、それくらいすべてを集約すると北山審議官へ繋がってくるってくらいだわよ。
だってさ、松崎さんは20年前井野の名前を出していたんでしょう??それなのにロクに捜査もしなかったんでしょう??もうそれがありえないわ。当時のDNA鑑定を信じていたってことなんでしょうけど、妄信しすぎでしょう。1つのことを信じるとほかに目がいかなくなる性質なんでしょうかね…。そうなんでしょうねぇ…。宇佐見の件だって、北山審議官が揉み消したりしなけりゃ、友野さん(矢柴俊博)だって殺害されることなかっただろうし、そもそもDNA鑑定を妄信しすぎた自分の失敗を棚に上げてAiは危険だとか言っちゃうのもどうかしていると思っちゃうわけで…。うまく利用することをどうして考えないんだと…。って、それ言っちゃおしまいというか、ドラマにならないんですけど…。

いやホントに、このドラマでの気の毒な人ナンバー1は松崎さんか友野さんかって感じですわよ。松崎さん、冤罪で逮捕され20年も刑務所に入れられて自由になったと思ったら殺されてって、ホントに悲惨すぎるわ…。友野さんだって、ホントにとばっちりで殺されちゃったようなもんですし、そもそも松崎さんの冤罪事件がなかったら殺されなかった人間なんですし…。甲乙つけがたすぎるわ。

生きている人で気の毒ナンバー1を決めるなら島津先生(安田顕)ですわ。冤罪事件で父親が逮捕されるなんてことことから始まって、いろいろ経て帰国してからというもの、いいことなんてひとっつもありませんでしたから。でも島津先生はなんだか笹井先生と仲良くなっちゃうような未来もあったりして??そしたら須賀くん(市川知宏)お疲れさま〜ですわね。
さて、笹井先生ですが、意外と力が強いことが判明いたしました。手錠に繋がれて、コンクリートの壁に埋め込まれているフックにもう片方の手錠をかけられちゃっているのに、フックごとコンクリート壁から引き抜いちゃってますから。なんという…。須賀くんのアプローチに気付かなかったんではなく、ガン無視していたことがこれで判明いたしました。女子プロも顔負けの腕力を持っている笹井先生が須賀くんのようななよっちい男を好きになるわけないのですから。笹井先生は男に守ってもらうような女ではないのです。須賀くんのような草食系男子などもう全力で無視していたに違いありませんわ。

とまぁどうでもいいことまでつらつら書き連ねてしまいましたが、3か月間楽しかったです。私としては友野さん殺害と北山審議官の自殺の真相がわかったところがピークだったんですが、それ以降もなんだかんだと楽しんで見ることができました。やっぱり白鳥とグッチーのコンビを見るのが楽しかったからだと思います。
これでもう白鳥とグッチーのバチスタコンビを見ることができなくなっちゃうのが寂しいんですが、いつかまた続編があったらいいななんて思っています。
総合的にもです。




これまでの感想
【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回】【第6回】【第7回】【第8回】【第9回】【第10回】



  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/849
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf