3年B組金八先生ファイナル【「最後の贈る言葉」4時間スペシャル】TBS 3/27

April 12 [Tue], 2011, 16:08


今更ながら、金八先生4時間スペシャル見ちゃいました。4時間はさすがに長かったです。細切れ細切れで何日にも分けて見ちゃいました。でもラストの金八先生(武田鉄矢)の卒業式は一気に見て号泣しちゃいました。だから余計に、細切れに見てしまったその前の部分をほとんど覚えていなかったりします。
なので、4時間スペシャルの感想というよりは、これまでの金八先生シリーズの思い出話になっちゃうかと思います。

ちなみに私は第8シリーズをほとんど見ていません。なんだろな、第7シリーズあたりから、金八先生節が通じなくなっている事件ばかりが起きていて、見る気がなくなっちゃったからです。もう金八先生でどころか学校内で手に追えず警察に介入してもらうしかないでしょなんて、第7シリーズの覚せい剤事件を見て思ったんです。第8シリーズはそんな物騒な事件はもう起きなかったのかもしれないんですが、2回くらい見たんですが、見るのをやめちゃいました。今となってはちゃんと見ておけばよかったかななんて思っています。
あと、スペシャルもほとんど見ていないような気がしています。乙女(星野真里)がものすごく小さいころに輸血をしてもらうとかなんとかのエピソードを全く覚えていませんでしたから。唯一覚えているのは、岡本健一が教壇を持ち上げさせられているってやつですが、それも全体の話は全く覚えていなかったりします。

ところで、このスペシャルの主役的存在である景浦裕也(岡本圭人)という3Bの生徒ってば、岡本健一の息子なんですってね。もうビックリしちゃいました。確かに似てないことも…ないのかな…。私は男闘呼組の中ではオカケンこと岡本健一が好きだったので、なんだかものすごく感慨深いです。あのオカケンの息子…、それが俳優デビュー…、しかもオカケンも出演したことある「金八先生」だなんて…と。
そして、金八のことを「ハッチー」と呼ぶ女子生徒の芝崎茜(趣里)とやら…、なんとなんと水谷豊と伊藤蘭との娘なんですってよ。もうね、これにもホントビックリしちゃいました。言われなければ全く気付かないけれど、言われてみれば蘭ちゃんに似ているかななんて思っちゃいました。なんでこの子が女子の主役的存在なんだろうと思っていたんですが、なるほどそういうことだったんですね。え??違う??

イヤ〜〜〜、でも私の中での「金八先生」はやっぱり第2シリーズ「腐ったみかん」がダントツでした。まだ中学生にもなっていない幼い私には衝撃的でした。第1シリーズの「15歳の母」も今となってはかなりの衝撃ですが、当時の私は幼すぎたのか、意味がわかっていなかったのかもしれません。
シリーズごとの思い出をちょっとずつ振り返ってみようかしら。書いてみたんですけど、無駄に長いです。ホントに長いです。

とりあえず今回のスペシャルですが、細切れ細切れで見たのでほとんど覚えていなかったり…。景浦が更生するのにわらわらと元3Bの生徒が登場したってのしか思い出せません。でもさ、ホント景浦にしてみれば、「お前らなんなんだよ、3Bがなんだっつ〜んだよ」と言いたくなる気持ちはわかります。金八のことをなんとも思ってなければ、「金八金八」言ってくる元3Bの連中が鬱陶しいと感じるのも無理ありません。なにかの宗教か??なんて感じてもおかしくないかもしれません。でもそのおかげで景浦は見事公立高校に合格…したんですよね??←うろ覚え。
あと、なんだか景浦がとてつもないワルとして描かれていたと思うんですが、やっぱり第2シリーズの迫力にはかないません。あれは私が幼かったから余計そう感じているんでしょうけど…。←っていうか第2シリーズ第2シリーズしつこい。

第8シリーズはホントに覚えていません。美香(草刈麻有)という生徒が転校してきたんだっけなぁ…とか、彩華(高畑充希)が駆け落ち騒ぎをしたんだっけなぁ…くらいしか覚えていないので…。【公式HP】に過去のシリーズの生徒の写真とかあるかなぁと思ったんですが、全くなかったのが残念でなりません。
忽那汐里とか水沢奈子が出演していたなんて、全く知りませんでした。

第7シリーズは…、これも強烈に覚えています。覚せい剤とか、もう金八の手に負えないでしょと思って、脱力しながら見ていた記憶が…。でもしゅう(八乙女光)が「水がほしい」と言って、床にこぼれた水を口つけてべろべろなめているシーンを改めて見たときは、そのときのことを思い出してまた涙が出ちゃいました。見ていてきつかったなぁ、このシーン…。
拡声器持って車掌の真似事していた奴、いたいた、覚えてる。すごくウザかった記憶しかありません。キャラとはいえ、金八卒業式でも拡声器持たされちゃって、相変わらずウザかったです。
このシリーズの女の子では麻田玲子(福田沙紀)が一番好きでした。今でも大活躍ですわね。
濱田岳くんが卒業式に来てくれなかったのは残念だわ。

第6シリーズは直(上戸彩)がらみの印象しか残っていませんでした。そういえば成迫(東新良和)も相当問題抱えていたわよね。
いやでも、直に絡んでいた美紀(森田このみ)とかオカマ(川嶋義一)とかの方が印象に残っているのよ。あとハセケン(加藤成亮)とか信太(辻本祐樹)とか。
っていうか、このシリーズの生徒たち、今でも一線で活躍している人たちが多いような…。本仮屋ユイカとか佐藤めぐみとか…、ってあれそうでもないか…。
このシリーズの女の子では笹岡あかね(平愛梨)が一番好きでした。「20世紀少年」のときには全然気付きませんでした。
性転換手術を受けたであろう直が卒業式に来られなかったのは残念というか、今の上戸彩ではまるっきりの女性だから出演できなかったんだろうなぁなんて思っちゃいました。

第5シリーズもなぜだか強烈に覚えています。やっぱり兼末健次郎(風間俊介)でしょう。イライラさせられたりもしたけれど、たくさん泣かせてもらった記憶があります。
明彦(亀梨和也)のプチ家出騒動とか、アスミ(森下加奈)の原宿騒動(だったっけか??)とか、こここ好太(森雄介)の大西さん(織本順吉)突き飛ばしからの自殺未遂騒動とか、懐かしいわぁ。ヒルマン(小川一樹)とか鬱陶しくてウザかったよなぁとか、ヒノケイ(片山雅彦)ってこうもり的存在で嫌いだったなぁとか、慶貴(桑原朋宏)の返事もいつも暑苦しかったなぁとか、私は大西さんが好きではなかったのでいつもくっついているデラ(香川佑太朗)も好きではなかったなぁとか、ホントいろいろ懐かしいです。
このシリーズで一番好きな女の子は安井ちはる(岡あゆみ)でした。きれいに成長しているようで嬉しいです。
男子ではこここ好太が一番好きだったんですが、卒業式に来てくれなかったのはホントに残念です。そして、このシリーズの一番の見せ所(だと私が勝手に思っている)だった「先生が好きだから…」の山田邦平(五十畑迅人)が卒業式に来てくれなかったのは残念すぎて、逆に「あれだけ世話になったのに来ないなんてなんて奴だ」と俳優さん個人のの事情があるとはいえ腹が立っちゃう勢いです。

第4シリーズは別の意味で印象深い作品でした。今まで「金八先生」を見ているときって、小学生だったり中学生だったりと、とにかく学生だったんです。でも第4シリーズって私が社会人になってからの放送だったんです。←年バレる。←もうバレてるっつ〜の。
しかも就職先が金八と同業とまではいかないにしても、似通っている職種だったわけで、どうにも素直に「金八先生」を見ることができなかったんです。まだまだ若かったので「こんな先生いるかよっ!!!けっ!!!」と思う気持ちが一番強かったときだったと思います。なんか懐かしいわ。でもこれ以降は、「金八先生」をファンタジーとして生温かく見ていたかなと思います。
第1シリーズの「15歳の母」の息子・歩(橋本光成)が中学3年生ってことでしたが、私は広島美香(小嶺麗奈)が一番印象深いです。お化粧して入試受けに行ったとか、そういえばお兄ちゃんが金子賢だったわよね。懐かしいわ。
タコヤキとかスポチャンとか、なんかどうでもいいようなことばかりだった記憶もありますが、どんどん重くなっていくことを考えると、先生モノのドラマはこのくらいがちょうどいいのかななんて思ったりしました。
このシリーズの女の子では管久美子(米澤モモ)が一番好きでした。「先生、ママになったよ〜」と言っていたと思うんですが、そういえば、このときのセリフってアドリブなのかしらと思っちゃいました。それぞれ生徒が好きなことを言ったりやったりしていたような気がするので。
歩が卒業式にいなかったのが残念でした。両親は出席しているのに、なぜ歩は出席してくれないのよ…。しっかしさ、歩の子供が今年中学1年生になるとか言っていたんですけど、両親に負けず劣らず早い結婚だったのね。ビックリだわ。

第3シリーズはまるまるカットされちゃってました。桜中学じゃなかったからってことなんでしょうけど、それにしてもまるまるカットってのはちょっと寂しすぎます。ま、でもよく覚えていないんですけどね…。
確かSMAPの森くんとか、TOKIOの長野とか出演していたはずよね。ほかにも萩原聖人とか、浅野忠信とか、結構なメンツが揃っていたのをあとで知って驚いた記憶があります。
そして石黒賢の先生がやたら暑苦しくて鬱陶しくて、毛深いのにテニスウェアの短パン姿で現れたとか、そういうのしか記憶にありません。
でもホント、まるまるカットってのはなぁ…。←しつこい。

第2シリーズはホントに強烈に印象に残っています。私はまだ小学生で、私が通うであろう中学校はとてつもなく荒れていて、その荒れている中学校と「金八先生」の荒谷二中がダブって見えちゃって、中学に進学するのがイヤだなぁと思っていたんです。中学とは恐ろしいところだと勝手に思い込んでいました。そのくらいインパクトがありました。荒谷二中の先輩の喫茶店かなんかもものすごく薄暗くて不健康そうで、喫茶店は不良(←当時はヤンキーとかチーマーとかいう言葉はなかったはず)の集まる場所だとか勝手に思い込んでいたくらいですし。
第2シリーズはなんといっても加藤優(直江喜一)です。そして松浦悟(沖田浩之)です。このコンビよかったわよ、ホントに。最初は反発しあっていながらも、最後は一緒に荒谷二中に乗り込むんですもの。逮捕のシーンはホントに強烈すぎました。中学生が逮捕されるというあのシーン、エンドロールに武田鉄矢の曲が流れないあのシーン、ホントにショッキングでした。今現在、ヒロくんがいないのがとてつもなく寂しいです。
うん、やっぱり私の中での最強「金八先生」シリーズはこのシリーズなのよ。

第1シリーズは「15歳の母」という題材がかなり衝撃的だったとは思うんですが、ジャリガキだった私にはいまいちピンとこなかったんだと思います。宮沢保(鶴見辰吾)と浅井雪乃(杉田かおる)が愛の儀式でどうとかとか、愛の授業とかあんまり覚えていないんです。そのくせ、星野清(近藤真彦)の長ランの話とか、山田麗子(三原じゅん子)の「顔はやめときな。ボディーにしなボディーに」とかは覚えていたりするんです。もしかしたら親が愛の儀式だとか愛の授業のときとか、見せてくれなかったんじゃないかしらなんて、今更ながら思いました。う〜〜〜ん、でも雪乃が流産しようとして雨の中縄跳びしているのとかは覚えているのよねぇ…。
しっかし保と雪乃がもうおじいちゃんおばあちゃんになっちゃっているとはね…。ビックリだわよ。
それと、三原順子が卒業式に来てくれたっていうのに、トシちゃんが来てくれないってのは残念だわ…。

いやはや、4時間は確かに長かったですけど、最後の回想シーンを織り交ぜての出席取りは見ごたえありました。ものすごく懐かしかったですもん。これぞ金八の集大成だわよね。もうね、この金八の卒業式の出席取りのシーンはなぜか涙がボロボロこぼれちゃいました。イヤ〜〜〜〜、よかったです。
変わっていない人もいればものすごく変わっちゃった人もいたりして、誰だよこれって奴もいたりして、あぁいたいたって奴もたくさんいて、ホント懐かしく楽しく見ちゃいました。このシーンはずっと見入っちゃいましたもん。そしてなぜだか涙まで出ちゃいましたもん。女の子はほとんどが痩せてきれいになってるなぁなんて思っちゃいました。男の子たちの方が劣化してる率が高いように感じちゃいました。もう俳優女優業を引退している人もいるんでしょうけど、やっぱり今でも第一線で活躍している人ってきれいというかピシッとしているというか華があるというかやっぱりどこか違うというか、なんだかんだで俳優女優なんだななんて思っちゃいました。
うん、金八先生も定年になるんだし、そりゃ私も年をとるわけだわ…。そうりゃそうだ…。

金八先生がもう見られなくなるのはやっぱりちょっと寂しいけれど、32年間(←改めてすごいねどうも)楽しませてもらいました。お疲れさまでした。ありがとうございました。

ものすごく今更な記事でしかもこんなクソ長い駄文をここまで読んでくださいましてありがとうございました。いるのか??って話ですけど…。でもでも楽しんで書いちゃいました。書いている途中、地震があったりでこの記事上げるのも2日がかりだったり…。


  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/711
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf