もう一度君に、プロポーズ【第1回】TBS金10

April 22 [Sun], 2012, 16:43
ゼロから始める夫婦のピュアラブストーリー! 

「知らない間に5年も経ってて、知らない間に結婚してて、写真見たら、知らない自分が、行ったこともない場所で笑ってたりして…。そうじゃないんです。なにがあったとか、なにしてたとか、そんなことじゃなくて…、どうしても…、思い出せないんです。あなたを好きだって気持ちが、思い出せないんです。だから…、ゴメンなさい…」by宮本可南子(和久井映見)。

え〜〜〜〜〜っと、う〜〜〜〜〜んと、言っちゃっていいですかね…。ダメでも言っちゃいますよ、うん…。我慢できないんで言っちゃいます。うん、まぁなんだ…、可南子てめ〜ふざけてんじゃね〜ぞゴルァっ!!!記憶なくしただぁ??たとえ記憶なくしててもだなぁ、目の前に竹野内豊ばりの男が現れて拒否するとはどういう了見だゴルァっ!!!おめ〜がそんなにイヤだって〜んなら、竹野内豊ばりの宮本波留(竹野内豊)は私が貰い受けるっ!!!←無理。っていうか、落ち着け。

はぁはぁ…。

わかってる…、わかってるわ…、これはドラマ…、竹野内くんのことカッコいいとも好きとも思ってない人だっているに違いない、それはわかってる…。でも私は竹野内くんがめちゃめちゃ好きなわけで、そんな竹野内くんを邪険にしている和久井映見がドラマとはいえ許すまじってな感じになっちゃってきてますよっ!!!←和久井映見完全にとばっちり。

はぁはぁ…。

記憶を失っちゃって辛いのはよくわかる…、わかるが…、その記憶喪失っつ〜のも波留と出会って結婚してからの5年間まるまるなんて、波留が浮かばれなさすぎて、可南子になにか負い目でもあったんじゃね〜の??なんて穿った見方しちゃしますよっ!!!
わかる、記憶喪失なんてイヤだよそりゃ…。目の前に見知らぬ男がいてその男と結婚していたなんてことをいきなり突きつけられたって戸惑っちゃうのもわかるわよ…。でもよく見てごらんなさいよ。その目の前にいる男をっ!!!自分と結婚して一緒に生活していたという男をっ!!!よく見てごらんなさいっ!!!竹野内豊ばりの男ですよっ!!!そんな男が目の前にいた日にゃぁ、かつての自分のナイス選択っぷりに自分で自分をほめまくり、狂喜乱舞してそのままベッドに押し倒すっつ〜のっ!!!たとえ記憶がなくたって一目ぼれしちゃうっつ〜のっ!!!たとえ全く思い出せなくたって余裕で好きになるっつ〜のっ!!!
それなのに…、それなのに…、それなのに…、可南子という女は〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!よりにもよって結婚指輪も返すとかマジなんなんでしょう…。そりゃね、ラストには再びプロポーズしてこの結婚指輪を受け取ってもらえるってな展開になるんでしょうけど、まだなんにもわかっちゃいないうちに即返しとかマジなんなのよっ!!!あぁもう腹立つわぁ。
波留はゆっくりゆっくりってことでさ、次いつ会えるかな。思い出さなくていいよ。ふたりの、思い出とか、結婚してるってこととか、オレのこと好きだっていう気持ちも、思い出さなくていい。だから、もう一度最初から…、可南子…、可南子さん、今度オレと、デートしてください」って歩み寄ろうとしているのに「ごめんなさい」即答って一体なんなのよ可南子はっ!!!あぁもう腹立つわぁ。

うんまぁね、百歩譲ってというか、結婚前の可南子と波留には特に共通点も見つからず、あのひょんな出会いがなければきっと話をすることもない2人ってことなんでしょうね…。読書が趣味の図書館司書の可南子がバイク好きな自動車整備士の波留を敬遠しても仕方がないわよね…。うん、わかってる…、わかってるんですけど…、どうにもこうにも可南子の態度がつれなすぎて切なくなるどころかイライラしちゃいます。
可南子の弟・谷村裕樹(山本裕典)がなんていうかシスコン発動中というか果てしなくウザいので、さらにイライラしちゃいます。なんであんなに姉ちゃんのことでムキになるのよ…。もともと波留のことが好きじゃなかったのは間違いないとしても、あれじゃシスコン通り越してちょっと気持ち悪いわ。うんそれはたぶん私が山本裕典のことあまり好きじゃないから余計そう感じるんだわ…。なんだろな、この子ってイケメン枠なんでしょうけど、どうにもこうにもサル顔というかゴリラ顔っていうか、とにかく私の好きな顔では全くないのよねぇ…。←どうでもいいよ。

可南子のお母さん(真野響子)が「こんなときに言うことじゃないけど…」と言いながら可南子に告げたことって、可南子が5年間の記憶を亡くしていること(もちろん波留と結婚しているってことも含めて)のほかになにかあるんでしょうかね。わざわざ引いての音消し演出だったもんですから、なにかあるんじゃないかなんて勘ぐったりなんかして…。
っていうかさ、写真見せるのもいいとは思うんですが、可南子がつけていた日記を見せてもいいんじゃないかと思うんですけども…。いやはやなんていうか、かわいらしい日記つけているなぁなんて思っちゃいました。私なんてそんな日記見せられたらっていうかその前に見られてしまったという事実に顔から火が出るわ。波留は可南子の日記を見て、可南子がより愛おしくなったんでしょうね。私の日記じゃまずありえないことだわ。←いちいち自分に置き換えるなっつ〜のっ!!!
日記から推察するに、可南子は子供が欲しいみたいな雰囲気だわよね…。そのあたりがお母さんに告げられたことが記憶障害以外のことであるのなら、なにか関係していたりするのかなぁなんて思っています。不妊治療していたとかさ…。だから波留につれない態度とって、いっそ別れようとしているってことなのかなぁなんて…。それなら可南子が波留に対して必要以上にそっけない態度を取るのもわからんでも…、ない…、かな…。

まぁでも最終的には突っ返された結婚指輪で「もう一度君に、プロポーズ」して受け入れてもらってハッピーエンドになるんでしょう。二度目のプロポーズの場所はあの桜の木の下でなんだわきっと。←勝手な妄想入ってます。
いや〜でもあの桜の下での回想シーンから〜の「今度オレとデートしてください」で早くもやられたわ。うるうるきちゃったわよもう…。←単純。
きっと可南子の弟もウザいくらい出張ってくるでしょうし、波留の同僚らしき吉城桂(倉科カナ)もイラつくくらいしゃしゃってくるんでしょうけど、最終的にはハッピーエンドの大団円でしょうしそれを期待しています。

結婚して5年、子どももいないってんならもうちょっと年齢的に若い夫婦の方がしっくりきそうな気もするんですが、竹野内くんならばもうなんでもオッケーです。っていうか、このドラマ竹野内くん主演じゃなかったら多分見てないと思いますし。
これからも見ていくつもりですが、竹野内くんが好きなあまり、感想がトチ狂ってしまうのは間違いなく、思いが溢れすぎて逆に感想書けないかもしれないなんて思っていたりしてます。←落ち着けっての。





  • URL:https://yaplog.jp/kamei/archive/1014
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
TBPドラマ好き集まれ
https://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf