明日の約束5話感想。

November 16 [Thu], 2017, 20:46
感想は書いてないけど、ちゃんと見てますよ。
なんで大門先生は連ドラ予約ちゃんと動いてくれるのに、明日の約束だけ連ドラ予約動かないんだろう。
毎回確認すれば良いだけなんですけどね、確認するといつも予約スルーされてる。

さて、霧島先生は動画を売ったのかな。
動画を撮っていた生徒は、体育の時間に動画が盗まれた、その時間しか携帯を手放してないから。
って言っていて、その時間に教室に居たのって確か物思いに浸るイケメン霧島先生ですよね。
何この限りなく黒に近い感じ。

でもさぁ、霧島先生は世間を騒がせたくて動画を売るような人じゃ無いと思うので、
霧島先生がもしも動画を売ったのだとすれば、
真犯人を知っていて目くらましをしようとした。って感じなんだけど。
でも、先輩はたばこについては良く無いですけど、体育の先生襲撃まで濡れ衣(っていうか叩かれて)を着せられてやけくそ。が先週。だったのですが、

霧島先生は生徒に濡れ衣を着せるような人なのかな。イケメンなのに!?(だからファン心理やめろよ)

私としては、霧島先生が犯人と言うよりは、真犯人を知っていて世間の視線を違う方に誘導したんじゃ無いかと思うのだけど(そういうの好きだよねお前ね)
でもそれをすれば、先輩だったり、動画を実際撮った生徒があらぬ疑いをかけられるってのは分かっているわけで、
それを果たして霧島先生の様なイケメンがするのかしら(黙れ)

あと、霧島先生が動画を撮っていた生徒、を特定して携帯から動画を盗んだ。としたら、
あの、先輩が後輩に掴みかかっていて、その場に居るほとんどがその先輩に視線を向けている中で、
自分の担任している生徒とはいえ、少し離れて動画を撮っている生徒を特定したってことは、
霧島先生は忍びの者なのかしら。素敵。(あの時、霧島先生どこに居たんだっけ)

でも、私は霧島先生の性格からして、犯人として動くよりは、真犯人を知っていて、自分の立場を守るために動いている。くらいが打倒じゃ無いかなぁと思うんですよね。

んで、かすみお姉ちゃんの元担任だったのではないのかな、霧島先生。いや、違うみたいだね。あの女の先生なのかな。
でも霧島先生は男前。
霧島先生とかすみお姉ちゃんは関係があった。
なので、かすみお姉ちゃんが吉岡君のために動き始めたのを、霧島先生察知(忍びの者感)
でも霧島先生は愛のために動いたりはしなさそうなので、
でも、かすみお姉ちゃんが犯人であれ何であれ、かすみお姉ちゃんから芋ずる式に自分との過去がバレれば、
自分の立場が危ないので、もうわけわからんくする目くらまし動画を放った。みたいな(なんでそんな話にしたいんだよ)

いや、そうすれば、かすみお姉ちゃんの先生信じてない発言が重くなるかなぁと。
あと、みんな霧島先生が大好きでしょみたいな(え)
ミッチー男前だわ。

夜に忍び込める学校って、今あんまり無いよね(私はホラーが駄目なので、夜の学校は絶対行かない)
アピール感が凄い。
関係ないけど、ハリーポッターは大好きだけど、最後の戦いを学校にしたことはなんだかモヤモヤする。
学び舎は戦いの場にしてはいけないと思う。

私の基本スタイルはどこでも一緒。

November 08 [Wed], 2017, 17:34
そもそも書きたいことも書けないこんな世の中じゃー。
って言う感じになってきてるのが、あんまり嬉しくない。

私はネットの書き込みで相手を判断したりはしないし、
みんな好きなことを好きなだけで書いたら良いと思うテキスト厨。なんだけど、
なんかこう、ネット界も顔本やTwitterやら、人の使い方に異を唱える人が多くて吃驚する。

私はみんなが自由に書きたいことを書けば、無法地帯になるとかはあまり思っていない、
だってパソコンや携帯の前に居るのは人間だし。そんな凄いことをする人は居ないと思う。(まぁ私はあれだけど)

みんなもう少し自由になったら良いのにな。
だって誰かがその使い方はって言っても、そんなの個人の自由だし、
その人の書き込みを出さないようにする方法だってあるし。
ひとりが言い出すと殺伐とし出すと思うよ。

私は友達とかフォロワーとかいらないタイプで、故意に友達を増やさないように、
わざと書き込みを見えるようにしてるんだけど、
それだってわしの自由でしょ。いいねは別に欲しくない。(私のはいいねできる記事だって少ないしね)

私は元からリアルで吐き出すことが出来ないので、
ネットに逃げているわけだけど(それもそれで問題)
まぁしょうがないよ。

明日の約束4話感想。

November 08 [Wed], 2017, 10:19
もう、あるあるとは言ってられなくなったけど、
話は進んだね。
吉岡君が先輩の喫煙を脅しに使ってた、らしい。
確かに先輩のせいでとラインしてた訳だし、吉岡君の性格も引っかかってたけど。

吉岡君と日向先生は、私と同じ穴の狢ぽい。
吉岡君が喫煙を脅しに、ベンチ入りしようとしたのだって、親の手前かもしれないし。

ただ、毒親が訳が分からない部分も描かれ出しましたね。
日向先生の親はいろんな事を責めるけど、自分の腕が娘のせいで不自由になったのを責めてない。
らしい、(でもなんでああなったのかはまだ出されてないから、娘を守ろうとしてかばったのか、もみ合いになってそうなったのか、によって感じは変わってくるんだけど)

何も言わない圧迫って、めちゃくちゃしんどいわ。

今回の霧島先生は謎。
日向先生に、体育の先生が襲われたから、夜道は危険だから早く帰るように電話した後、
電話切ってから真顔なんだけど、あれは体育の先生はバスケ部顧問だから襲われたとしたら、
担任だった俺も狙われる相手ではあると思った真顔なのか、何か知ってる真顔なのか、何なんでしょう。

みんなに嫌われてる妄想。が、あるあるすぎてつらい。

みんながあなたを嫌っているのよ。が、あるあるすぎて。
でも日向先生は偉いね。彼氏との関係も継続できているわけだし。
私は最早継続できない。
嫌われるように、相手が私と関係を継続しないように持っていくからな。

関係を継続したいと私が思った相手であるほど、関係を継続できないんだぬ。

私の欲しがったものを否定する、私が好きだと言った人もものも否定する。
も、あるあるだぬ。

先輩が少し救われた感があって良かった今回。
先輩の喫煙は良くないし、いじめがあったのなら良くない。
でも先輩はバスケ部のために自覚もあったりなかったり。人は多面的な生き物だからな。
でもたばこによっては匂いがきついから、制服に匂いが付かないように気をつけて。
人ひとりの命は重い。


このドラマは淡々と、毒親やネット動画や拡散について触れていて観ていて面白い。
ドラマなのでちょっと誇張はあるけど、できるだけ押さえようとしてるのは伝わる。

でも実はそちらにも多面的な部分がある、ネットで糾弾されてた動画という技術は、
今回先輩の無罪を証明した。人も多面的なら、技術も多面的なんだぬ。(ただそのものを先輩が台詞にしてしまったのはちょっと残念だたけど、台詞にしなくても伝わったと思うんだけどね)

もともと私は本格的に中学生からネットを始めた。もちろんパソコンで。
私はリアルからの逃避で始めた部分が強く、リアルとネットを混ぜることを極端に嫌う性質がある。

だからどちらかというと、顔本やラインなど、ネットとリアルを分けなくても良い幸せな人たちがネット界に入ってきて、
匿名の意味を忘れて、現実とリアルの区別も曖昧なまま場を荒らしている印象しか無い。
あくまで、こういう生育環境で育った私が思うこと、だけどね。

逃げ場は探せばまだいっぱいあるから、そこに逃げれば良いだけ。とは思っているけれど、
たまにちょっと、思うところはある。先住民に近い心理かしら。

脚本家さんはスラダン世代なのかな。
流川くん格好良かった。

このドラマはどこに向かうんだろうカー。仲間さん演じるお母さん盗聴疑惑があるんだけど、あれ疑惑じゃ無くて黒かな。
ミッチーは男前だね。
ミッチーに夜道の心配をされたーい。でもあの電話の後の真顔は何なんだよ!
ミッチーは悪い人にも定評はあるんだけど、やっぱり私のミッチーのドラマで一番好きなのは「家庭内デート」だけど(それはドラマ名ではない)
お父さん男前なのー!!(確かに)たかしくんすっごい良かったお。

やる気が出ない。

November 07 [Tue], 2017, 4:27
カウンセラーの先生が、家から出られない時は、
「仕事に行くことや外に出ることで余計に疲れたり傷ついたりするから、心が防衛的に出ないようにしている」って言ってたけど、
私は人生の大半なんだけど。

もうなんか、頑張っても報われないし、出来る仕事は屈辱的だし、もう嫌だ。

私にはやっぱり、何も出来ないんだぬ。

感想を書くよ。

November 04 [Sat], 2017, 22:36
わが町を観てきました。
わが町って、わが街だと思ってたのー。だって街って漢字の方が都会的で格好良いじゃなぁい。
でも町で良かったと思うわ。
私の実家は私が小さいときは町だったの。んで、大きくなって市になった。
だから町って私が学生時代を思い出せるってことね。

ダディ好きだったわー!!!(学生時代を思い出したようです)
ダディって言うのは同級生のあだな何だけど、告白出来なかったから告白しておくわ(必要それ)
もうねぇ、ダディと写真を並べたいが為に、運動会で応援団長やったわー。
だって卒アルで並ぶの知ってたカラー。(動機が不純)

紅組の応援団長が、白組の応援団長を応援してる事態に。

まぁ、男前!!!ってなってた。

だってわが町の女の子たちがキャッキャしてたから、思い出した。
あ、やべぇ、顔本ひとりだけ小学校の時の同級生が繋がってた(焦るの遅)

私、つーくんのしかちゃんとわが町観たこと無かったけど、覚えてました。
つーくんのシーンはつーくんで再生できるほどに←
でもストロベリーソーダだったのに何故かレモンソーダだと思い込んでいたの。
つーくんが爽やかだから、勘違いしたのかしら。
でも舞台の大きさが違うし、階段動かすだけで見え方が違うから、
全然違う話みたいで面白かったー。

俺のサイモンサイモンがイケメン。
いやなんかね、読んだのよ稽古で、で、私がサイモンサイモンを嬉々としてしてたんだけど、
そうか、イケメンで良かったのね。
私が動きたかった動きをしてた!!裏山。(私はどうしても止まるのが下手)

結婚式のシーンは感慨深い。
ちょっと関係ない話なんだけど、明日、弟の結婚式なの。まぁ親族で食事会をするだけなんだけど。
弟がね籍を入れる前に、「これで俺は、姉、嫁、子供を養うのか。」っていってた。
私を入れちゃうのか、良い弟だなぁ。
でもお姉ちゃんは自分の食い扶持くらいは何とでもなるから平気だぞ☆

うちの弟は、医師になったときも私になんかあったら俺が診るって言ってたし。
よく出来た弟ダワー。
んで、お嫁さんが可愛いんだこれが!!!!!!
可愛い妹が出来て幸せ!!

しかも子供の予定日が私が高校の時に好きだった人と同じ!!
きっと、あの人の生まれ変わり・・・(生きてます)
きっと可愛がります。ありがとう、神様!!!

好きだったシーンは、結婚式のダンスシーンでケイトが取り残されてどうなるんだろうと思ったら、
階段で警察官のお兄ちゃん待ってた!みたいなの、凄く好きだ。ああいう細かいの好き。
お兄ちゃんは警察官と花嫁のお兄さんとの会話でケイトに反応してたし、ちゃっかり踊るんですね。
結婚式のダンスシーン、ケリーさんでやったけど、出てるとあんまり他のことみてないから(みて)
やっぱり、客席で観た方が面白いね。
ジョーがスーを一目散に誘いに行くのも素敵。

こう言うのってやっぱり観てる方が楽しいね。(お前はダンスが得意じゃ無いからでしょ)
いや、誰が誰を誘いに行くかって、いろんな思惑があって面白いよね。
本科の卒公で踊りたい同期と、二回踊れる位置を測るの超大変だったんだよ!!!!(そう言うことだけ頭が働くんですね)

あの時ねぇ、ちえさんと同期どちらかと一回踊るか、同期と二回踊るか、の選択肢しかなくてね。同期とはこれっきり会えないかもしれないでしょう、だから同期と二回踊ることにしたのー(裏で究極の選択をしてた、実は多分結構みんな計算して立ってた気がするんだけど、踊りたい人が居る人はね)

ダンスって良いよね。ワクワクするわー。

私は赤毛のアンもそうですけど、町に暮らす人たちがお互いをみんな知ってるってファンタジーみたいですき。
アヴォンリーでは、あーんなに家と家が離れてるのに、お互いのこと知ってるんですよ、謎。

さて、今回は客席でバレてしまったので誰にも気づかれないで観るは失敗してしまったのですが、
卒公の時はもっと頑張って誰にもバレないようにこっそり観るー。
てんてーとは普通に会話したけど!!(私の話し方が普通に戻ってしまったお)

千晶さん生きてた。(いや、かさぶたに居なかったからどこに行ったのかと思って)
舞台監督さんは観たことある人・・・のような気が、する???

私は私が納得する方法で学校を卒業できたので、本当に良かったな、と思っています。
なので、私は今のところ連絡する気はないの、理由があるので。
まあ、そのうち会うかもしれないわね。それまで、元気で居てください。
お互いがお互いのことを頑張った先で会えるかもしれないわー。
今は、時期尚早なの。ごめんね。色々、頑張って!!!!私も私のことを頑張るわー!!!

と、同期に私信を書いたところで、

「私、嘘ひとつ、混ぜたからね☆」(引っ張ってる)

だって、これ、良い言葉だよね。
嘘一つ混ぜても良いし、全部本当を言ってこれつければ良いし、いっぱい嘘ついてこれつければ良いわけでしょ(それが狙いか)

嘘一つ=『話のほとんど嘘』が本当なら、嘘一つと言った言葉が嘘一つになる。(そういう、がめつい発想をするんじゃない)

嘘で固めた人生だ
☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

そうかーそう言うことか。

November 04 [Sat], 2017, 10:40
わかったぬ。
私は肯定感とか向上心は失ったけど、
好きなものは好きっていう感情だけは失わなかったわ。

それは本だったり、ズートピアだったり、芝居だったり、音楽だったり、ゲームだったり、ミッチーだったり美輪様だったり、人だったりする。

まぁ、元々が好きなものは好きっていう感情がべらぼうに強くて、
他を全くスルーしてしまうので、
それをしつけという形で正されたけど、
肯定感とか向上心だけ失ってしまって、結局何も出来なくなった。

普通に仕事しても、頭にもやがかかったみたいでしんどい。
出来ないことは増えていくけど、人が言う様に出来ないし。
向上心も無いから、良くなっていかない。

元々、人や物を好きなこと自体はマイナスでは無くプラスだわ。
私は自分が嫌いだけど、好きなものは好きだから。
だって私が好きなものは私では無く、単体で魅力的なのだから、私がどんなに醜かろうが汚かろうが関係ないのよ。それはそのものの魅力なのだから。

私は「相手を思ってさえ居れば」、相手を殴っても蹴っても否定しても罵倒しても良いと教えられてきた。
私は力が無いから暴力はしないけど、相手を否定しても良いとは確実に思ってる。
痛かろうが傷つけようが、相手の気持ちは無視して良いと教えられてきたんだわ。(元々私は相手を認識するスキルが低いけど)
でも、私は好きな人は否定したくないわ。だからしんどいのよ。

私は好きなものと出会えたことを感謝しているわ。
出会えただけで私は幸せになれたわけだから。

好きになることが悪いことじゃないわ、叩かれたり蹴られたり否定したり罵ったりが愛情を表す方法として定着してしまってることが、問題なのよ。

まぁ、脳につけられた洗脳を解くのは難しいわ。
でも、仲良くなりたい人にいつも攻撃的なのは、直しておきたい。
でもまあ、ゆっくりやるわ。

仕事ができない件について

November 03 [Fri], 2017, 5:43
カウンセラーに発達の相談をしたら、
過去の虐待による影響で、自己評価が低く向上心があまり持てなくなってる可能性がある。
らしい。
虐待があれば、それを持てなくなるらしいね。
日本は習慣的伝統的に親が子供を怒鳴る、叩くで育てるからみんな「アダルトチルドレン化」してしまうらしい。
ただまぁ、そこで何らかのフォローがあれば良いけど、フォローしようとしたのは弟だけだしな。

「親に小さいときに愛をもらえなかった人の典型」とか
「歪んでる」とか言われてきたけど、なんだ虐待だったのか(お前は知ってたろう)

違う親に育てられたかった。
みんな良いな。

といってても始まらないので、ゆっくりやっていこうと思います。
あと、体の力が抜けないのも、ピクピクするのも、多分それだと思う。
暴力を受けていたから、力が抜けない状態らしい。
フェルデンクライスの先生には過去の話はしてないけど、
「内に意識を向けたときに、力が入る」とは言われています。

明日の約束3話感想。

October 31 [Tue], 2017, 22:47
よかったね。
あの人いい母親なんかじゃない。って言えて。
まあ言ったとしてもそっからが大変なんだけどね。
言えたとしても、私もいい人じゃ無いからぬい。
「もう会わないで」もあるあるー!!!
結局、自分と相手の関係を守るにはそれしかないよ。

さて、三話目になりました。
今回はあんまりミッチー出てこなかったな。(他のことが強烈すぎて)
ミッチーって悪い先生なのかな、世渡りが上手いだけでそこまで悪くない気がするんだけど。
生徒の質問にはちゃんと答えているし。あれくらいは普通じゃぬ。

すみません、仲間さんがハロウィーーーンの説明してらしたところが、
不覚にもトリックに見えてしまいました。
儀式とか1年に一回とか、トリックかな。

最後、バスケ部の顧問の先生が攻撃されていたのは何でなのだろうか。
あそこ突然に????てなたお。

重いお話だったけど、さらに重たくなってしまったよ。
ミッチーと聞き取りで二人きりになりたーい、とか不謹慎なことを考えたくなってしまうほどに。

一体、このドラマはどこにたどり着きたいんだろう。
金八ルートなのかな。
早く先輩をどうにかしてあげて欲しい。
彼は確かにいじめをして「先輩のせいでこうなります」って言われてしまって、許されるべきでは無いけど。
自分の命や他人の命は、ひとりの人間が背負うには重すぎるお。
何をしたかが私には曖昧なんだけどね。やっぱり殴ったのかね。

いじめはよくない。
優しく重い愛もよくない。
それは命はひとりの人間が背負うには重すぎるからだぬ。

中学生でカフカたんの「変身」を読んでいた吉岡君は、
カフカたんは非常に優秀で仕事がよくできて、
絶望を楽しんでいた可能性がある。って知ってたのかな。

「先生を信じてない」って学生時代よく聞いたな。
私はどちらかというと、同級生より先生が好きだったんだけど。(だっからさぁ、それがさー)

先生たちだって人間なのに、完璧なはず無いわ。
ある程度は大目にみても良いじゃ無い、持ちつ持たれつなんだし。
私はいつも大概先生の味方だったけどな。

このドラマがどこに向かうのか気になります。
金八先生が居ない以上、力業が使えないしぬ。
先輩が健ちゃんに見えてしもうたよ。健ちゃんはマジ怖かったけど。(あの時も私は健ちゃんに感情移入してたからなー)

店ゲーのレベルアプできた。

October 31 [Tue], 2017, 2:15
いや、ホント、気づくの遅かったけどね。
寝よう。

ハッピーハローウィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン。
もう疲れたわ。

課金ができる人がマジで裏山。

パッソの感想を書こうと思ったんだよ。

October 30 [Mon], 2017, 14:56
思ったんだけどさ、
昨日帰ってきてから、ゲームのイベントがさぁーあってさー。(意味の無い言い訳タイム)
今は主に乙ゲー、ギャルゲー、店ゲーを無課金で行っています(街作ったりすんのもしてるし、もの探しもしてるけど)
店ゲーがイベント祭りで、しかも明日までなんですよねー。
明日までにランク上げしないとお店がアボーンしちゃうんですよね。
イベントに気づいたのが遅すぎて、もうギリギリなんですよぉ。一生懸命なんですよぉ。

今の乙女ゲームって際どいとこまで行くけど、特に年齢制限とか無いんだけど、大丈夫なのかね。
あとデレるのが早すぎる気がしなくもない。私が選ぶのがいつも大体、一松枠とトッティ枠だから、トッティ枠は元からデレてて良いんだけど、一松枠が総じてデレるのが早い気がしておる。わしはもっと冷たくされたい。

ああ、そうだった。ゲームの話じゃなかったよ。

昨日パッソに行って参りました。
パッソとは演劇学校の中間発表会のことだよ。
それを順番通りにレポと感想をあげまーす。あんまり誰にも期待されてないけど(知ってる)

きっとくるー。きっとくるー。台風が。
さすが私が行くと台風も来るのねぇ、でも酷くなると私が濡れちゃうから空気読んで進路変えた台風。
3年ぶりくらいなんだけど。
とりあえず早く着きすぎたので、何年も前からある喫茶店。
私がパッソで脚本書くときに話し合いをした喫茶店に行って時間を潰す。
劇場の場所がお家から遠いので早く着き過ぎちゃうんだよね。

私は何年も学校に行ってないわけだし、みんな忘れていたら良いのに。
というか、勝手に自分のミッションとして誰にも気づかれずに観劇するだったのに!!!
入り口で失敗した!!!二人にバレてしまいました。ミッション失敗です。(そういう一人遊びやめろ)

ということで、一緒に行った今稽古に参加させていただいている劇団さんたちと合流し一緒に中に。

木全様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ジャージでも美しいのですね。
そして斜め前に座られる木全様。
緊張するんだけど(四天王が近くに居ると緊張するんですよ)

赤ずきんちゃんのチラシの写真が最高です。ありがとうございます(何)

さて、いつから始まったかよく知らないんだけど、講師の先生の挨拶があるね。
ちえさんってすっごいタイプなんだけどな(顔とか雰囲気とか性格とか)、私はその服よりあの服の方が好きよ(聞いてない)、でも可愛いは正義だけど何でもかんでも使える正義じゃないんだぬ。
もう、この話は良いか。

今回のテーマは「嘘」
嘘が描かれた5つの原作から5つのグループが小作品を演じていました。
「嘘」というテーマがほわんほわんしてた気もしなくも無いんですが、「嘘」を思わなければひとつひとつは面白かった。
「嘘」にはうるさいから私、だって私は嘘つきだから。学校に通ってたときから嘘のかたま(ry

本科の試験だってねぇ、嘘をいっぱいついてるから。
面接の時は「2年間芝居していません」って言ったけど、その時着てるの次の舞台の衣装ですよ。(だってー面接終わったらすぐ通し稽古だったんだーものー着替える時間は無いし、そんな綺麗な役じゃ無かったから良いと思ったんだよー)
研究科からは反省して嘘を付きませんでした。(当たり前)

ほかにも嘘をいっぱい付きました。

タイムリーに先日、嘘は嫌いですか?って聞かれたんだけど、私は身近な人には息を吐くように嘘を付くので(理由があるんだけど)、
結果身近な人、大切な人になるほど、嘘まみれだったりする。
「嘘」で他人に迷惑をかけるのは良く無いけど、私にとって「嘘」と「真実」は繋がっておらず別次元だからぬ。


恩田先生グループ(原作がってことね)
大晦日、女子寮の居残り組4人が「嘘をひとつ混ぜて告白ゲーム」をするお話。
「私、嘘ひとつ混ぜたからね」と過去の学校でいじめられていた話をした一人の女の子。
そこにはよくあるいじめの話しか無くて、どこが嘘なのか、は語られない。

嘘は付いた本人にしかわからないからね。
本当はいじめていた側かもしれないし(壮大な嘘だな)

嘘って結局混じらせた本人しかわからないから。
結局、「私、嘘ひとつ混ぜたからね」自体が嘘ってことかもね。
でも別にいじめられてたって聞いても、「あっそう」って言えば良いのであって、
そんな真剣に捉えるなお。
私は、何を告白されても「あっそう」で終わる。(本当に他人に興味ないよね)

私、いじめられてたのって言われても、
え?いじめて欲しいの?だから私に言うの?(M的な発想で)ってなるよね。
私が相手をいじめるかどうかは、私の判断であって、前の学校でいじめられてたとかは関係しないしね。
私たちは仲良くするといいよー。って言えば良いよね。

てか高校生で寮って、ようこそ!微笑み寮へと被るよね。ウキウキするね!(あれ中学生じゃね)
憧れたね寮生活。

これ、あれか、「私、嘘ひとつ混ぜたからね」って言えば、告白自体はまるっきり本物でも良いって事か。
この言葉事態が嘘だから。深イイ〜!(そうでもない)

4人の居残り組のそれぞれのキャラが違って面白かった。
回想に出てくる先生たちも少女たちとのテンポ感が違って面白かった。

いじめる役楽しそうだった。ああいうの楽しそうだよねー。
でも私はラインを持とうとかあんまり発想しないタイプ(私はPCが好きです)だから、
グループから出て行かれても気づかなさそうよねぇ。

毒の粉
これの嘘は粉で良いのかな。妹は毒薬だと思っていた粉をこっそり姉の飲食物に混ぜ、白衣着た人は(科学者なのかお医者さんなのか)デンプンだと知ってたから「粉」には二重の嘘が仕掛けられる。

妹可愛くて良いなぁ。あんなに世話焼きの妹可愛いなー。私の弟は全然あんなに世話を焼いてくれないー。
家族会議で私を鼻で笑う、私の案を却下するしかしーなーいー。
でも私のメンタルを心配するのはいつも弟だ。
家族って面白いな、と思った。

お母さん役のなまり方が可愛かった。さりげなくフォローするお父さんが良いね。
お姉ちゃんはテンポが面白かった。
先輩はもっと観たかった。

星さん
ここの班の原作は星新一さんの「協力的な男」に着想を得ていました。
さすがにこの時間でまとめるには事件が多すぎて話が全体的にぼやぁんとしてる。
ここは劇団稽古でご一緒している子が出てるからよく見てた(お前がかよ)
大人数で出てきて、舞台上で3シーン(編み物嫁、警察署、家族)が進行するシーンはとても良いのだけど、
それぞれが数名ずつ出てきて演技するシーンがどうしても小さくなってしまって、
とても残念だった。
細かい技術で思うことは沢山あったけど。役者だけでキャッキャしてても伝わらないお。(厳しくなるのやめれ)

でも、ここが一番緊張感があって私は好きだったな。

次のグループは「寺山さんは美輪様のお友達です」です。(そのグループ名の紹介は辞めてあげないか)
私は先に美輪様の存在を知ったので、寺山さんも三島さんも美輪様のお友達でインプットされてるんだもん。

これあれなんだね、寺山さんの初期の頃の話なんだね。だからあれなのか、爽やかなのか(褒めています)
この作品群だと、どうしても寺山さんが浮いてしまうんだけど、そこは初期の作品だからかそこまでって感じだからなんかよろしかったんじゃ無いかと。

宿屋のおかみさんが、前に泊まっていた奥さんと同じ姿勢で寝ている。みたいなことを言っていたけど。
ガス自殺であの姿勢だったのかな。そこはリアルなのかな。(猛夫さんがね、最後ベットを抱きしめるように不思議な形で寝ているのだけど、あの姿勢でガス自殺ってしんどいだろうね。いやガス自殺はしんどいと思うけどー)
あの宿屋にはその部屋ごとにガスが引いてあるのかな。
北海岸なのに船越さんでは無かったんだね。
さすが寺山さん(褒めてるんだよ、褒めてるんだよ!!!!!)

約三十の嘘
カラータイツの呪いが続いていることに驚いたんだけど。
あの色いいなー。私の色は本当に凄かったんだけど。なんか衣装が決まらなくて、とりあえずあり得ない色にしようと思ったらあんな感じになったんだよ私はね。

詐欺師だったんだね(私ね、始まる前にね、パンフ読まなかったからね、わからなかった)

てかこれ、講師の先生ぽい演出だたね。それがなんとなくできちゃうの凄いなぁ。私にはできない事をするっとしてて器用な役者さんが多いグループだね。
比較的安定しているグループだったけど、人数がそこそこいる舞台に載る場合は、自分の立ち位置をかんが(だから厳しくするんじゃ無いよ)

ドタバタしてる割には、安定した内容でした。

《総括をしてみる》

順番に関しては、それこそ趣味なんだろうけど、いつも安心安定クオリティだね。
最初と最後は多分私、予想できる。
5つのグループを並べて、さて、先生はどの順番に並べるでしょう。ってできるわ、私。(こういうの好きだよね)
そして当たったら、相性が良いと言うことでどんどん好感度が上がっていくのとかどうですか(ゲームじゃ無いのでやめてください)
並べたの講師の先生かどうか知らないけど。
私の期は順番最初から決まってたしね。
過去遭難組は別としても、後は時系列だた気がする、台本は二階にあるここは一階である。(取りに行くのが面倒なんですね)

全体的に観て、楽しめた1時間50分でした。
やはりそれぞれの時間が少ないからひとつひとつがぼやぁんとしてしまうけど。
あと「嘘」の部分が薄い(いや、わかりやすい嘘、ではあったんだけど)

芝居で「嘘」を出すのは難しいからね。

さて、私もこのブログ記事に一つだけ嘘を混ぜました。
さてとどれでしょう。

「私、嘘ひとつ、混ぜたからね☆」(気に入っちゃったよ)
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■プロフ的な■
■ちのとか、まりんとか。■
■血型 O型■
■好きな色 黒 オレンジ■
P R