姑が、逝きました

2015年10月28日(水) 8時30分

9月26日(土)、用事で出掛けていた私に夫から連絡ありまして、

義母が救急搬送された・・・と^^;

その時は、
「一難去ってまたですか〜??」と
チャラけた受け取り方をしたワタクシ。

なぜなら、
これまでに何度も復活してきた姑なので、
「今回も、復活するんだろう」と呑気に構えていたのです。

実際、入院して3〜4日後には
退院の話もありました。

ところが
10月初旬にプチ急変。

それでも頑張っていた姑ですが、
先週土曜日、安らかに旅立ちました。

一昨日、無事葬儀終えまして、
昨日、諸々手続きのため、
超久し振りに生まれ故郷の役所に行ったらば、、



「ナニコレ珍百景??」「ドッキリ?」「ウソだろう!?」

なんかポジティブな表現だけど
「毎週金曜日 午後1〜4時しか 手話ができる職員がいません」
に表現変えたほうが良くね?(・∀・)

いろんな意味で衝撃を受けまして、
結局筆談。。。


で、息子である夫ではなくて、
なぜ、嫁の私が手続きに行ったのかと言うと、、、

夫は、今日手術するので、
昨日から入院なのです^^;

夫のことは、以前から決まっていたので
「入院と重ならなければ良いなぁ」と思っていました。
絶妙なタイミングで旅立った姑に、拍手☆



お悔やみに

2014年06月09日(月) 21時46分


先月、以前住んでいた地域の

手話サークルの会員さんがお亡くなりになり、

一昨日、サークル仲間と一緒に

お悔やみに行ってきました。

(ご葬儀は家族葬だったため…)



その方とは、娘さんが(私と)同い年で

私が手話サークルに入るずっと前からのご縁でした。

記憶をたどって驚いたのですが

実に25年…四半世紀になります(!!)



だから、手話サークル仲間と言うより

私の中では、近所のおばさん…でした^^;

手話云々の話よりも、お互いの好きな

犬ネタのほうが多かった気がします。



いつも、服装も髪型もきちっとされてて

一見、近寄りがたい感じもするけど

喋るとホンワカした空気で場を和ませる人。



去年の夏の終わり頃から体調を崩されてたらしい。

けど、詳しい病状は知らされぬまま。。

結局、私の中ではお元気な姿しか記憶にないけれど

たぶん、それがご本人の望みだったと思うので

おかしいかも知れないけど、後悔はありません。



お悔やみの場では、ご家族も温かい笑顔で

召されるには少々早かったけれど

良い人生だったことが伝わってきて

心温まるひと時でした。




ボランティアに関わる方…のきっかけ(?)は、

「子育てが一段落して、時間が出来たから何か始めたくて」

というパターンが多い。

必然的に、ある程度年齢を重ねた時がスタート。



私は成人してすぐくらいに

手話サークルと関わりだしたのだけど

当初から付き合いのあるメンバーは

やはり、それなりに年齢を重ねているわけで…(汗)




今後、こういったお別れが

増えていくんだろうなぁ〜…と、改めて感じました。



笑うも泣くも、生きている間限定。

残りの時間も、堪能しなくては。。。

(と言っても、あと50年くらいはこの世にいるつもり:笑)

ペン先落とした;;

2014年06月03日(火) 21時45分


スマホのイヤホンジャックカバーでもある

タッチペンを落としました><




こんな感じの…。




つい先日撮った写真にも

写り込んでいたのですが。。



(ピンク矢印部分)


こういう時、

「聴こえていたら違っていたかも…」と思ってしまいます。


もしかしたら、落とした音には気付かなくても

後ろの人が

「落としましたよ〜」って、言ってくれてたかも知れない…と。



まぁ、鍵とかチョー大事なモノではなかったことが救い。


というか、チョー大事なモノは

落としそうな持ち歩き方しないけど^^;




余談ですが、

「聞こえていたら違っていたかも…」と思ってしまうことの一つに

食器の破損があります。

衝撃音が聞こえないために、

油断すると、荒っぽく扱ってしまっているようで…。。

お蔭で(?)我が家の食器は

100均か貰いモノか、強化モノです(´∀`;)ゞ

ヤバイ字幕(笑)

2014年04月06日(日) 17時49分

先日、友だちに教えてもらった番組…

おさるのジョージ




好奇心旺盛の子ザル、ジョージくんと

黄色い帽子のおじさん、
他、お友だちが織りなすほのぼのワールド(o´ω`o)

なのですが、

この番組の字幕が、かなり面白い!!


だいたい、おさるサンの台詞は
「ウキキキ」とか「ウホホホ」とかをイメージしていたのですが

ジョージくんはかなり饒舌で
斬新な台詞がたくさん!

そして、
それらを逐一文字にするという、

伝わるんだか
伝わらないんだか、
よく分からない字幕(大笑)






ジョージくんは、「おさる語」で
周りの人たちと会話するので、

「(ジョージの声)」とかいう、
ザックリした字幕だと不自然で、
それはそれで伝わりにくいのだと思いますが。。。






いやぁ〜〜〜…

「聞こえてくる音情報は全て書く」という、

筆記通訳の鑑みたいな番組ですね(´∀`;)




そして、極めつけ



ティン ハン。

おさるさんの域をはるかに超えている!!!


とってもツボなので、

今後も見ることにしました(笑)

聴こえなくて、困ること

2014年03月26日(水) 9時50分


「聴こえなくて、困ることって何ですか?」と尋ねると、
「特に困りません」って答える人、わりと多いです。

なぜかと言うと、
例えば、駅のホームでのアナウンス・・・
アナウンスのボリュームが、
聴きづらい程に小さかったらどうなるでしょう?
「ん??アナウンスあるけど、聴こえないよぉ;;」ってなりますよね?

けど、アナウンスが全く聴こえなかったら
「アナウンスがあること」そのものに気付けませんよね?

「聴こえないことで、特に困らない」と言う人は、
『そこにある音情報』について、を、知らない事が多いです。

そして、夜、寝ている時に隣で火災があっても
気付かない。(気付けない)
福島の原発事故があって、避難をしなくてはいけない時に
その情報が聴こえなくて、誰もいなくなった商店や市役所に驚いて
でも、結局何が起こっていて、どうすれば良いのか、が、分からない。

日頃「特に困らない」人でも、いきなり命に関わる危機が起こる。
そういう意味で、聴覚障害による困難というのは
根が深いものがあると思います。

====================

昨日、こんな冊子が届きました。





NPO法人 MAMIE(マミー)
社会福祉法人 大阪市淀川区社会福祉協議会 製の

聴覚障がい者 災害時の困る事
S・O・S
〜災害時支援マニュアル〜

MAMIEの代表、安藤美紀さんによる
面白く優しいイラスト付きで分かりやすいです。





無断転載禁止とのことですが、
この程度の画像のクオリティであれば大丈夫でしょうか・・・?
問題ありましたら、ご一報下さい^^;

さてさて・・・一つ一つ、
「そうそう!あるある!そうなんだよね〜!」と
とっても共感できるものだったのです・・・が。。

読み終わって、ふと・・・

「これは、私が持っていて良いのだろうか??」と。

私が持っているよりも、
手話サークルとか、学校とか
避難所を取り仕切る立場になる方(自治会?)とかに
置いて、読んでもらったほうが
有効な気がします。。。

けど、例えば、私の「避難バッグ」に入れておいて
避難所に行くことになれば、
そこでの世話役みたいな方に読んでもらう・・・という手もあります。

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・
ちょっと、考えてみます^^

佐村河内氏の記者会見を見て感じた事

2014年03月08日(土) 9時32分

昨日の午前11時から、
佐村河内氏の会見がありテレビを見ていましたが
・・・字幕なかったので、リアルタイムでは掴めませんでした(´;ω;`)
めっちゃ関係ある内容やのに、理不尽だ;;;;

で、夕方のニュースで字幕のある状態で見たのですが・・・
酷いもんですな。

以下、
佐村河内氏の言葉に嘘はないという前提でお話しします。

聴力がある程度回復したのに、
「全聾」のままで居続けたのはいけません。
そして、「全聾」であることを仕事の付加価値にしたことも、いけません。

私が、佐村河内氏に関して非難するとしたら、以上の2点です。


「酷いもんですな。」と感じた相手は、やっぱり今回もマスコミでした。

え〜〜、佐村河内氏が再検査を受けた結果は

聴力・・・右51.3dB  左48.8dB
語音明瞭度・・・右71% 左29%

言っときますが、これ、めちゃくちゃ不便な状態ですよ!

音の大きさは、指数で表すのですが、
指数計算が苦手なオイラ(汗)、

そのためザックリした数字しか出せませんが、
佐村河内氏の聞こえの具合は、
右耳は、会話の3割5分。
左耳に関しては、1割5分しか理解できないことになります。

記者会見の会場のような、周りがザワザワした場で
どれくらい氏が会話を理解できたのか、怪しいもんです。

そりゃ、手話通訳要りますわ。

この状態を、いかにも
「何の障害もない、健常者」としか認識できないマスコミに、
呆れるばかりでした。

そもそも、日本では
耳の不自由な人が置かれている状況が劣悪で

欧米では、聴力40dB以上で障害者として認定されます。
日本が厳しすぎるんです(日本では70dB以上)。

今日の会見で、フランスの記者も来られてましたが
日本の障害認定のおかしさに、驚かれたんじゃなかろうか・・・。

会見では結果的に、
認識不足・知識不足のマスコミに握り潰された感じがしますが、

「音に対する反応は良くても、言葉の理解が困難な状態もある。
そして、それはかなり不自由で、手話通訳等による補助も必要なのである。」

それを佐村河内氏は、身を以って示しているように見えました。

これを機に、耳の不自由な人への理解が広まって欲しい。
そして、「不自由はあるのに、障害認定から漏れてしまう人たち」がいること。
そういう人たちは決して、「健常者である」とは言えないということ・・・

こういった理解も、もっともっと広まって欲しいです。

佐村河内氏の件を受けて、
障害認定が厳しくなるような流れになっています。
脳波検査を義務付けようとしたり(脳波検査の精度は怪しいもんなのだが;;)、
手帳に有効期限を設けようとしたり

・・・でも、これを機に
縛りをより強くする方向だけに向かうのではなくて、
先述した、現在の法律では認定から漏れてしまう人たちも救われるような
根本から見直す改善に持って行ってもらえたらな・・・と、切に願います。

ついでに、と言ったらなんですが

昨日の事を受けて、
聴覚障害者のツイートをまとめたサイトがありますので
ぜひご覧ください。

http://togetter.com/li/639091

少なくとも、ここでつぶやいている皆さんは
私と同じく怒ってます

2級は全聾?

2014年02月16日(日) 10時21分


佐村河内氏が、「かつて」認定された聴覚障害に関して。

「聴力障害2級は、全聾で補聴器をつけていても聞こえないというレベルです」

多くのマスコミでこのように表現されていましたが・・・

違和感を覚えるのは、私だけではないはず!!




画像は、補聴器です。

ちょっとマニアックな話になりますが

「福祉法高度難聴用」という物で

障害等級でいう所の、3級と2級の人に適用されます。



・・・おかしくないですか?



「補聴器をつけていても聞こえないレベル」

だったら、2級に適用される補聴器の存在は・・・

矛盾してますよね?

=======================

実際には、2級と言えど

けっこう幅があるんです。

確かに、「全聾」の方もいらっしゃいます。

でも、実際は聴力が残っている人も多いです。


じゃあ、「補聴器をつけても聞こえないレベル」ってのはウソなん?

いえ、ある意味本当です。

訳わかんないですよね?



それは、一般の人が思う「聞こえない」と

聴覚障害の分野での「聞こえない」が、違うんです。



一般の人が思う「聞こえない」は、

無音の世界、静寂の世界ではないでしょうか?

でも、この分野では「内容が掴めない」状態を

「聞こえない」と言います。


会話だったら、声は聞こえるが内容が掴めない。

外を歩いている時だったら、音は感じるが、

車のクラクションなのか犬の吠え声なのかが分からない。


つまり、「音」は感じるんです。

なかなか役に立てられないだけで。


視覚障害でも同じことが言えるんですが、

「全盲=暗闇」ではないんです。


そして、同じ2級でも

低い音が聞きにくい人、逆に高い音が聞きにくい人

全体的に聞こえにくい人

・・・個々に違います。


コミュニケーション方法もいろいろ。

もう、こうなったら十把一絡げに説明することは無意味!


個人個人を、じっくり見て下さい。

時間をかけて付き合ったら、少しずつ分かるかも知れません。


これに尽きます。



ちなみに、「聞こえるけれど、聞こえない」状況を

分かりやすく書かれたブログがあるので

ご紹介いたします。

タイトルは【聴覚障害者の聞こえの可視化】

http://ameblo.jp/ayamisasaki/entry-10955199862.html

ただ、しつこいようですが

ここに「例」として描かれている聞こえ方についても

実際には個人差があります。


補聴器をつけて

「役に立てられる音が30%くらい」の人も居れば

「70%くらい役立てられる」人も居ます。


ですので、

個々とじっくり付き合わないと、

分からないことなんですよね。

鬼の首 取ったつもりが 鬼と化しA

2014年02月12日(水) 8時59分


【佐村河内守氏の障害詐称疑惑に関して】


〜マスコミに問う〜


2014年2月6日、午後2時40分に始まった
佐村河内氏のゴーストライターを続けていたという
新垣氏の会見から数日が経ち、
報道の内容が、「別人による作曲」から
「障害詐称疑惑」が中心となりました。

佐村河内氏の説明のないまま、
「詐称の証拠」として幾つかの「素材」を引っ張り出し、
確かな裏付けもない状態で
新垣氏の受けた「印象」を根拠に、
いろんな波紋を広げてきましたね。

今のところ、その「素材」はこんな感じですね。


@あまりにも流暢に喋る

A複数の人数で打ち合わせ中、
 部屋の外で起こった大きな音に反応した。

B(自宅で)インターホンに反応した

C手話通訳の動きが終わらないうちに氏が喋り出した



はじめに断っておきますが、
私は佐村河内氏を庇うつもりはありません。
ただ、貴方がたの情報の流し方は、
必死に生きる聴覚障害者や関係者に
ダメージを与える以外の何物でもないんです。

私が問いたいこととは、
「詐称の証拠」として取り上げた素材について
実際に聴覚障害者はどんな工夫をしているかを、
一度でも調べましたか?ということです。

おそらく、調べていらっしゃらないでしょう・・・
調べていたら、あんな情報の流し方はできないでしょう。。

ですので、僭越ながら私が、
より実情に即した情報をお届けいたします。



@について。
「全聾」であっても、
流暢に喋る方は・・・たくさんいらっしゃいます。
大人になってから聞こえなくなった人たちです。
確かに、年月とともに
発音やイントネーションが崩れてくる人もいますが
全てではありません。
従って、佐村河内氏が流暢に話すことも
特別不思議なことではないんですよ。

Aについて。
一緒にいる人たちが一斉に同じ方向を向けば、
その目の動きを察知して、例え音が聞こえていなくても
音源があると思われる場所に視線をやるものです。

Bについて。
重度の聴覚障害者がいる家には大体、屋内信号装置と言って
インターホンの音やFAX受信、赤ちゃんの泣き声等を、
光や振動で伝える機械が備え付けられているんです。
画像の物は見た目腕時計ですが、振動で知らせてくれるんですよ。





あ、でも、佐村河内氏がこれを使っていたかどうかは知りませんよ。

Cについて。
音声言語で会話される方々も、
相手の話が終わらないうちに
自分の話を始める方はいらっしゃるでしょう?手話でも同じ事ですよ。
マナー上はどうかと思いますが・・・。

あと、手話は手の動きだけではなくて
表情や目の動きも「言葉」です。
通訳を介した場面で、音声言語を目や表情で「通訳」する事もあります。
その時、通訳の手が動いていないからと言って
「あなた、聞こえてるでしょ?!」なぁんて、言わないようにして下さいね。


繰り返しますが、
私は佐村河内氏を庇っているのではありません。

ただ、「流暢に喋るから」「インターホンに反応したから」
「通訳の動きが終わっていないのに話しだしたから」ということで、
本当に障害を持っている方々が、
「詐称だろ」と疑われないようにしたいだけです。



貴方がたは、佐村河内氏に「騙されて」
今、鬼の首を取ったかの如く、
同氏への疑いの材料を持ってきては
面白おかしく叩きのめしていらっしゃいますが、

仕返しをしているつもりが、いつの間にか自分たちも
【鬼】になっていることに、そろそろ気付いて下さいね。

鬼の首 取ったつもりが 鬼と化し@

2014年02月11日(火) 19時26分


【佐村河内守氏の障害詐称疑惑に関して】


〜聴覚障害者に告ぐ〜


気をつけろ!
「健常者のようになれ」と強いられて、発音や読唇に励んで
必死に健常者に近づいたら、
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!
大人になって聴力が落ち、
流暢な発音を残したままだと
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!
屋内信号装置を取り付けて、
インターホンに反応できるようになったら
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!
通訳を介した場面において、
相手の話の途中で内容を掴めて自分の話を始めたら、
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!
一緒にいる健常者が大きな音に反応した時に、
他の人の目の動きに合わせて
音源があると思われる方向を見たら、
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!
健常者中心の社会で、必死に生きれば生きるほど
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!
「健常者が思う障害者像」に合わない行動をすると、
詐称を疑われるかも知れないぞ!


気をつけろ!


気をつけろ!


気をつけろ!・・・

タイムスリップ

2014年01月30日(木) 21時43分
天六にある

大阪くらしの今昔館に行ってました^^

以前住んでいた地域の、
手話サークルの社会見学にお呼ばれしたんです(o´∀`o)
河内長野に引っ越して4年・・・
既に会員ではないのに
折に触れてこうやって声をかけてもらえる。。
ありがたい事ですね〜♪

「これも一重に、私の人徳のお蔭です!」
・・・なぁんて、人生幸朗(往年の漫才師)のマネをしたところで、
分かって下さる方々は少ないかも。。。(´・ω・`)ゞ

話が逸れました^^;

久し振りに会うサークルの皆さん、元気そうで良かった☆

一緒にタイムスリップして、
お昼ごはん食べて、喋って楽しかったです^^

感謝☆

(※薄暗い中スマホで撮った写真、、ピントがほぼ全滅・・・orz)







歌舞伎役者の版画です^^;
たぶん、ブロマイド写真のような感覚なのかも。。




犬もいました(笑)




ここは薬局です^^
「ウルユス」・・・は知らないけど、
喘息のある私は妙に気になる一軒(笑)



薬局の中は、
韓国から来られた旅行客の皆さんで盛り上がっていました

奥にある、小さい引き出しがたくさんある収納箪笥・・・
メチャ好きです
■プロフィール■
■代替テキスト■
■名前:結亀■
■HOME■
「かめはうすへようこそ」
2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kame-biyori
» 不惑の齢に突入! (2016年10月06日)
アイコン画像-あの-
» 不惑の齢に突入! (2016年10月06日)
アイコン画像質問です
» 佐村河内氏の記者会見を見て感じた事 (2016年05月13日)
アイコン画像kame-biyori
» 佐村河内氏の記者会見を見て感じた事 (2016年05月08日)
アイコン画像質問です
» 佐村河内氏の記者会見を見て感じた事 (2016年04月27日)
アイコン画像結亀
» ご報告 (2016年01月31日)
アイコン画像千代田のファン だんなです
» ご報告 (2016年01月30日)
アイコン画像結亀
» ご報告 (2016年01月20日)
アイコン画像千代田のファン だんなです
» ご報告 (2016年01月20日)
アイコン画像結亀
» ご報告 (2016年01月11日)
Yapme!一覧
読者になる