夏休みの思い出・3

2009年08月31日(月) 23時34分
8月○日 晴れ

主婦友達3人と宇都宮へ・・・・

餃子を食べに行きました!

泊まりは無理だけどどこか日帰り旅行に行こうよ!と盛り上がり

「やはり他府県じゃなくちゃ行った気がしないよ」

「美味しい物を食べに行こう!」

ってことで決まったのが「宇都宮餃子」

運転が上手く車も高級車のWちゃんが運転。

朝からもう餃子スイッチ入ってます。

どこのお店がいいか。はしごもしようね〜・・・

高速が便利になったので1時間半もするとお隣の栃木県。

近くて遠い栃木県。

そういえばほとんど来たことはありません。



宇都宮駅です。
何だかものすごい混雑で駐車場もままなりません。
それもそのはず、夏祭りらしく浴衣姿の若い子がたくさん。



駅前にあった大谷石のカエルさん、愛嬌有ります。


ようやく駅ビルのなかの餃子街に。

お昼もとうに過ぎるというのに長蛇の列。

人気の「みんみん」はあきらめ隣の比較的短い「青源」の列へ。

並びながら後ろで「・・・・だっぴょ〜」「・・・・だっぴょ〜」と。

この「ぴょ〜ぴょ〜」は何だろう?と友達と思うに

「・・・・だっぺよ〜」の略なのかなと。

方言を聴くと「あ〜他府県にきたのだな」と嬉しいものであります。

さしずめ群馬では「だんべや〜」みたいなものかな(^^;



長いこと並んでようやく狭い店内に。

あ〜やっと餃子とご対面!

このパリパリは「羽根」って言うらしいです。

う〜ん、お腹ペコペコだし美味しい〜〜

味噌ダレもついていてあっという間にペロリ。

でもこの定食、500円なのに大盛りの御飯と

大きな器に入ったオリジナルの味噌入りみそ汁。

すっかりお腹いっぱいになってしまってとてもはしごなど出来ませんでした。

夏休みの思い出・2

2009年08月31日(月) 3時26分
7月○日  晴れ 高崎タワー美術館で開催された 山下清展に行きました。 駅の東口から連絡通路ですぐに行けて便利です。 去年の秋に草津の音楽の森で開催された 少年時代の作品展(クリックどうぞ) とは違って、すっかり大人になってその才能も周知になった時代のもの。 正確で細かく描かれた作品、そのデッサン力には驚きます。 「東海道五十三次」と題されたシリーズ 日本の名所各地を訪れたときのその純粋な感想と 素朴な疑問には思わず確かに・・・と唸るコメントもありました。

号外!

2009年08月30日(日) 22時37分
民主党圧勝ですね!

阪神タイガースも巨人に勝ちました!

夏休みの思い出・1

2009年08月28日(金) 1時09分
7月○日 晴れ


ターシャ・テューダー展を観にいきました。

ターシャさんのことを初めて知ったのは
リンクさせていただいている「ニャンコ座レポート」さんのブログです。
ターシャさんよりまだず〜っとお若いnyankaiさんですが
ガーデニングに手芸にイラスト、そして何より生活を楽しむことが
とても似ていると思うのです。

それからNHKの番組「喜びは創り出すもの」を観て
あっ、この人!と思ったのです。
広大な庭のガーデニング・手作りジャム・ロウソク・・・・
ロウソクには本当に驚きました。
絵本作家であり主婦でありガーデナーのターシャさんは
昨年92歳でその素晴らしい生涯を閉じられました。

折しも群馬の高崎市美術館では展覧会を開催していました!
一人車を走らせふらっと行ってみました。



何て可愛らしい風貌


入るとすぐにターシャさんの庭先を真似たセットが!
係員の方が「ここだけは撮影できますよ」と仰ってくださいました。






椅子や道具はターシャさんの使われたそのものだそうです。
何と言うことはないのにとってもオシャレ!


展示室ではたくさんの絵本原画・写真・言葉・手製の品・・・
観ているだけでどんどん心が豊かになっていくような気がします・・・・

たくさんの心に残る言葉も。

「人生は短い、嘆いている暇などないの」

「初めから恵まれているより 足りない位の方が人生から喜びを引き出せる」

「何もしなければ何もうまれない」
(これって・・・ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」にもあったような・・・


「美は見る人の目の中にある」

などなど・・・

見終わっての売店もあれもこれも欲しくなるものばかり。


絵本原画の展示にもあった、一番気に入った絵本を一冊買いました。

元々外国のクリスマスのイラストとかだ〜いすきなのです。


クリスマスにむけての準備などについて細かく描かれています。
その中の一番好きなページを書きます。


ツリー用の木を見つけて帰るころには、あたりはまっ暗です。

家が見えてきました。

窓からもれる光の、なんとホッとすることでしょう。



サイン頂いちゃいました!

2009年08月23日(日) 1時24分

主婦になってからの友達Tさんのお嬢さんが モデルさんで
今回なんとサインを頂いちゃいました!

今、テレビにラジオに雑誌にCMに大活躍の生方ななえさんです。

まさかサインなどと大それたことを考えたこともなかったのですが
そもそも子3が中学3年の時、とある先生が
ななえさんのファンだという話をしたときに
「えっ?その人のお母さんは家の母と友だちですよ」と言ったら
先生、すごく驚き「ええ〜〜っ?!」ということで
では、その先生のためにサインを頂こうということになり
我々主婦友は便乗が得意ですからね、頂いちゃったという訳です。

お願いしたサインをTさんがご主人とお出かけのついでとかで
わざわざ家まで届けてくださったのです。

Tさんはもちろんスレンダーな美人なのですが
ご主人もこれまたハンサムでなるほどね〜と納得したかま猫でした。

今日、慢性鼻炎の薬が切れたので耳鼻科に行ったら
待合室の本棚、ななえさんが表紙を飾ってまして思わず写メを・・・(^^;

う〜〜ん・・・綺麗〜〜綺麗すぎる・・・。


リンク集追加のお知らせ

2009年08月23日(日) 0時33分


今を去ること一年前
例によってお盆のお墓の掃除をしながら ずらずらと並ぶ石仏さまたちの中に
不思議な物を持つ方がいて 多分蓮のつぼみだろうと思うのだけど… と
急に調べたくなり検索していたところ あるホームページを発見。

その名も「石仏の辻

石仏は皆目わからない私ですが お願いしてリンクさせて頂きました。
管理人さんは 石仏さま求めて果敢に今日も行く行く川口浩 いえ
タケチャンマンさんです。

(写真は今日発見した秋)

仙人屈へ行ったこと・奥の院

2009年08月21日(金) 7時33分
胎内屈からさらに坂をのぼると奥の院が。
屈折したナイーブなかつての若かりし父が時々こもったところ。
生前も楽しそうにそんな思い出を語っていました。




奥にも観音様が

さぁ、そろそろ帰ります。

長いこと仙人屈記事にお付き合いありがとうございました。
お蔵入りしそうな記事が山積みなのでまた徐々にアップしていきます。

仙人屈へ行ったこと・胎内屈

2009年08月21日(金) 7時25分
羅漢の洞窟の脇道に「胎内屈」がありました。
ミニ・胎内巡りといったところ。
急な坂を登ります。





岩ゴケもきれい。

仙人屈へ行ったこと・3(花編)

2009年08月19日(水) 7時27分
下界からさほど離れていないのに
ひんやりした洞窟近辺には、何とも可愛い花が!
でも〜うぇ〜〜ん(泣)・・・私どれも名前を知らない〜






父がよく登っていたころも咲いていのたかなぁ

仙人屈へ行ったこと・2

2009年08月18日(火) 1時21分
さて、その洞窟の中にはなんと18体の羅漢さまが!

光が射し込んでいるところしか撮れませんでしたが
圧倒されます。







↑これは一番奥の観音様。

続く
最新コメント
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年06月30日)
アイコン画像K.F3世より
» お知らせ (2013年06月29日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年04月25日)
アイコン画像
» お知らせ (2013年04月19日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年03月21日)
アイコン画像K.F.3世より
» お知らせ (2013年03月20日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年02月28日)
アイコン画像花ぐるま
» お知らせ (2013年02月27日)
アイコン画像かま猫
» 10月26日は (2013年02月09日)
アイコン画像別のK.F.より
» 10月26日は (2013年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamaneko/index1_0.rdf