2月の終わりの いろんなこと

2009年02月28日(土) 23時55分
久しぶりの青空・ ひこうき雲も見えました。

我が家の福寿草・枯れ葉やコケの毛布の中からようやく顔を見せてくれました。

矢野さんファン友達・OLのSちゃんが子3にとお守りと鉛筆を送ってくれました。
明日は近くの川で解禁・鑑札を取り少しだけ受験生を忘れしばしの休息です。

もうすぐ給食ともお別れの中学三年生のリクエスト給食は「ビビンバ丼とワンタンスープとシューアイス」でした。
子3の学校では中学三年生は天丼をリクエストしたそうです。

これ 観てきました。
まだ上映中なので 内容は控えます。
メイクのすごさにびっくり!
ブラピだけでなくケイトさんもです。
生きるという事を真っ向から見つめた なかなかの内容でした。

春はいつくるの〜?

2009年02月26日(木) 23時03分


このところ日脚が延びて
帰宅後のポコの散歩も懐中電灯なしでも行けるようになりました。

車を避けて畑の間を散歩したら
もうすっかり耕され春の準備ができています。
農家の方は着々と遣るべき事をやりほんと、頭がさがります。



ずいぶん春らしい景色になってきたなぁ〜と思ったら

なんと!

明日は、今年一番の寒さだそうですよ!

東京でも雪が舞うとか・・・

ああぁ〜〜明日はまた早起きして早出勤で職場の雪かきかぁ〜。



*     *     *     *     *


ところで昨日のこと、

NHKの「プロフェッショナル・仕事の流儀」という番組をみました。

料理人の西 健一郎(71歳)さんが出演されていました。

私は先ずこの方の顔、表情に惹かれました。
なんともいい顔なのです。

(ほれてまうやろ〜〜)

番組の詳細はココをクリックしてみて下さい。

年末にお店を閉じて一週間かけて作るおせちのお重200個を
試行錯誤しながら仕上げていくその料理にかける情熱に
すっかり魅入ってしまいました。

出来た料理を配色よく並べるのに8時間・・・
あーでもない、こーでもないと独り言を言いながら一切妥協を許さない。
そしてそのお重を取りに来られた方にも丁寧にお礼を言い
車が見えなくなるまで見送る姿に
西さんには娘を嫁にだすような気持ちなのかなぁと思いました。

それときちんとマスクし手袋もはめておせちを扱う様子に
喫食までに間のあるおせちに対する意識に清潔感もうかがえました。

厳しかった父親は決して自分からは教えてくれず
それどころか肝心なコツのところになると
真剣に盗み見する西さんに必ず用事をいいつけたのだそうです。

それでもそのうち何を持ってこいといわれても良いように
全て傍らに準備していたとか。

「死ぬまで勉強」という言葉は割とあちこちで聞きますが
西さんは本当に「これでよし」と納得することがないほど極め続け
いつもいつも、より良いものを追い続けているのだなぁと思いました。

料理に限らず、何歳になっても自分の好きなこと、
何かを追い求める人はステキですね。

週刊朝日は今日発売です

2009年02月24日(火) 21時40分

リンクさせていただいている「なべさんの部屋」のnabesanの投稿が
週刊朝日の「犬ばか猫ばかペットばか」のコーナーに載りました!

普段からブログにも勘助くんとあっちゃん(本名・篤姫)
2匹の猫の写真が時々アップされていて 猫大好きな私は
喘息のアレルギーがあるので飼えない分、写真で目を細めています。
特に私は勘助くん あっちゃんのピンク色の鼻が大好きです。

勘助くんの語りで書かれた楽しい文なのでぜひ皆さんも読んでみて下さい。

二匹はどちらも捨て猫。
最近はペットブームに更に信じられないお金をかける飼い主も多く
また、逆に捨てられたり粗末にされたりする
ペット格差社会時代を迎えているなか捨て猫を育てるのは偉いなあと思います。



我が家で唯一買う週刊誌は週刊朝日です。
ダンナがいつも買ってきますが 私は大抵
東海林さだおの「あれも食いたいこれも食いたい」と
山科けいすけの漫画「パパは何だかわからない」だけは必ず見ます。

それにしても 随分前から週刊朝日は薄くなりましたね〜。

*     *     *     *     *

京セラドームでWBC 日本対オーストラリアをやってますね。
イチローはもちろんそうですが城島はほんと、何ていうか・・・
隙がないというか精悍というか・・表情に大リーグオーラを感じますね。

大人のための・ルンルン

2009年02月24日(火) 0時25分
林真理子の著書で「ルンルンを買っておうちに帰ろう」という本があります。

私はその著者があまり好きではないので読んではいないのですが
言葉だけ借りています。

子供達と出掛けた帰りなどに、買いたかった本を買ったり
コンビニなどで今食べたいものを買ったりするときに

「ルンルンを買っていこうか!」と言います。

この「ルンルン的」なものがこのところ本屋には溢れています。

安土城を作るキットが入っていたり

フェラーリなどの車のミニカー入りだったり

マニアックだからこそ大いに売れるのではないかという匂いもします。

「そういえば私はこれが好きだったの!」
「そういやオレはこれが好きだったんだよな〜」
・・・的なノシタルジックさから
中高年消費者は買いたい衝動にかられてしまうような気がします。




私もミーハーのなかのミーハーですから
自ずとその商戦に引きずり込まれてしまいそうになります。

が、今日は我慢しました。(偉い?)

かなり迷ったのは

横山光輝のプレミアムマガジン。

5冊くらい出ていますが最新号は「魔法使いサリーちゃん」でした。

「三国志」も面白そうですが

私が一番好きな「水滸伝」がそのうちに出ると思いますから

そのときまで我慢我慢。

大体こういったシリーズ本は創刊号だけ破格の値段です。

で、通常は千円前後が相場。

今の私に千円は・・・う〜〜ん・・・。微妙な線です。危うい線です。

ほろ酔いだったりちょっと良いことがあったりして
ハイになっていたら絶対手がでています。

落語の本にもうっかり誘惑されそうになりました。

創刊号が古今亭志ん朝だったし。

(私は偏った落語好きなので
志ん朝・志ん生・枝雀・米朝以外は聴く気がしません)

ま、これも枝雀が出たら買いましょうと諦めました。

でも・・・もっと私にアプローチしてくる強敵がいました。

日本の叙情歌CD付きです。

表紙に谷内六郎の絵があります。

しばらく取っては置き取っては置き、してましたがやはり諦めました。

こういうのはまだこれからも出るでしょうから退職後に買いましょう。


チェ・ゲバラ U

2009年02月22日(日) 23時58分
二部作の後編をみてきました。

「チェ・39歳別れの手紙」



前編がキューバ革命の快進撃で上り坂だとすると
こちらはまるで転げ落ちるようなイメージだった。

独立の歓喜にわくキューバをあとに
同志カストロへ手紙を残し各地へ革命の為失踪するゲバラ。

独裁政治に抑圧されるボリビアの人民を救うため
それに人生を注ぐ。

ところが実際の革命という目的遂行は非常にアナログ的であり
様々な困難が待ち受け、ふとしたミスから居場所がばれてしまったり
政府軍に捕らえられた仲間に拷問などにより秘密情報をばらされてしまう。

作り物ではない現実に「あぁ・・確かにそうだろうなぁ」と
見ていて時折深い絶望感に襲われる。

革命を誓った同胞も体力的に、精神的に時に信念を捨ててしまいそうになる。
悲しいかな、それはそうだろう。
「衣食足りて礼節を知る」とかいうけど
ゲバラのような確固たる信念を持っている人ばかりではない。
それでも真の革命家になるために屈しない仲間はいる。

何より辛いのは(折角、といういい方は変だが)
人民のために革命に乗り込んでいるゲバラの事よりも
何もしらない農民は政府軍に力をかしてしまう。

酷い労働条件にストライキをするボリビアの坑夫が
全員虐殺されたなどというニュースは人民には知る由もない。

いかに独裁政治かを農民にひとつひとつ丁寧に説得するゲバラ。

残った仲間も辛さに堪え精神力で希望を持ち続ける。
精神不安定になる同胞に根気強く説得するゲバラ。

居場所をばらされたために食料・薬・武器などの物資を断たれ
自らも持病の喘息と闘いながらも諦めないゲバラ。

時々出る発作の喘鳴を聞くと私も入院したときの辛さを思い出し
思わず深呼吸してしまった。

完全包囲で次々と殺される仲間。

そしてとうとうこの下の写真の時である。
ものすごい人数の政府軍に完全に包囲され
最後の弾も使ってしまう。

まるでプライドを傷つけられるような捕らわれるシーンには
深い憤りを感じた。





最後のシーン

ボリビアの政府軍によって拘束されたあと
手も縛られたまま処刑されてしまう・・・。

打つ兵士の方だけ映され、射殺の音だけなのだが、その瞬間の
「ゲバラから見たであろう視界」のアングルには戦慄が走った。

建物の乾いた土を地面すれすれに倒れ込むように映すカメラワーク
そしてまっ白な視界がやってくる・・・・。
涙もでなかった。

この実際にあった出来事にどうしようもない怒りに震えた。


そしてエンディングは南米の民族音楽風の曲がかかったがその後
エンドロールはただただ音がなかった。

映画館では普通、帰りを急ぐらしい数人がポツリ、ポツリと立ち上がるが
誰一人として立ち上がらず微動だにしない。

物音一つ立てずかなり長い時間のロールが流れた。

暗い映画館で異様な雰囲気が流れたが
私自身も色々なシーンが頭を駆けめぐり微動だにできなかった。



世の中にはチェのような人とそうでない人に別れるような気がする。
私は・・後者だろう。

映画タイタニックにもあったが救命ボートに
混雑に紛れてこっそり女子供優先のボートに乗る男。
それを最高の軽蔑した目で見、すぐ人命救助の職務につく乗組員。

極限状況でも私は人間愛を語れるだろうか・・・全く自信がない。
体力的に・・極限状況でもそこでプライドを持てるか全く自信がない。

でもゲバラはそうだった。
いつのときも人々の幸せを考えた。
自分だけよければいいという考えにこそ人々の不幸があるのだろう。

映画の中、戦闘シーンで一瞬神々しく見える瞬間があった。
もちろん終始カリスマ性は失わなかったが。

かくまってくれた村の子供達と写真をとる笑顔が眩しかった。
この笑顔こそがゲバラなんだろうと思った。

アメリカはボリビアとともに手を組んでいたわけだが
捕らえた後の処刑は反対したという。

それは「ゲバラが永遠に英雄になるのを恐れた」からだという。

かくしてゲバラはアメリカの懸念どおりになったのである。

寒く浅い春

2009年02月22日(日) 1時03分

原稿を届けに夕方中学に行くと
紅梅が寒そうに蕾を少しだけ開いていました。


使うところがあったのでまたイチゴやさんに車を飛ばしました。
いつもの大好きな雑木林も雪がとけないまま
シーンと静まり返っていました。


途中、噂に聞いていた「ダチョウを飼っている家」を発見!
真冬は氷点下10度は楽に超えると思われるこの地区で
ほんとびっくりです!
茶色いのはエミューですかね?
家の方は見あたらなかったのでわかりませんでした。

お皿に乗った春

2009年02月22日(日) 0時46分

この日の給食はビーンズシチュー・クリスピーチキン
花野菜サラダ・オレンジ でした。
花野菜サラダはカリフラワー・ブロッコリーに
型抜きした人参を蒸したものも入り青じそドレッシングで和えてあります。
型抜きの残りはミキサーにかけ粗みじんにしシチューに入ってます。
外は雪でしたがちょっと春を感じたメニューでした。


この日も給食はジャガイモのそぼろ煮・さわらの胡麻みそ焼き
アーモンド和え(粉末アーモンド・砂糖・醤油のドレ)
サワラも魚へんに春ですもんね。

あわわわわ(((゜д゜;)))

2009年02月21日(土) 14時21分
お昼 のんびり 天地人の再放送など見ていると電話が鳴りました。
中学校の文化委員会担当の先生から
「あのぅ…中学校PTAだよりの卒業生保護者からの原稿…昨日が締め切りだったんですが…」
ああっ! そうでしたっ!
受話器持ってペコペコ平謝りし今書いています。
ちなみに私…こともあろうに文化委員です…(恥)

あ〜今頃職員室では「R(子3)の母ちゃんは最後まで変わらないなぁ」とか言われてるんだろうなぁ〜
お弁当持ちの日を忘れて子3がお弁当箱にカロリーメイトを二個入れて行った日も「さすがRの母ちゃん」と言われたらしいしなぁ…

あっ そんな事より原稿原稿…
ブログ書いてる時間あったら原稿書きなさい…御意…

テスト前日みたいに追い詰められると違う事がしたくなる癖はなかなか治りません。
ほんじゃ また。



雪ですっ\(゜□゜)/

2009年02月20日(金) 6時42分
昔は「気象庁、気象庁」と言いながら食べれば食あたりしないとか言われてましたが

ドンぴしゃでしたね〜

ほんじゃ 雪かきがあるので 行ってきま〜す

うぅ〜〜寒いっす!

2009年02月19日(木) 0時08分
先週末のポカポカ陽気のあとのこの寒さ!

冬将軍がんばりすぎです〜〜。

今年の冬から○○シャツを二枚着ちゃってます。

♪部屋と○○シャツと私〜〜♪なんてすぐ歌ってしまいます。

でも東北組の子1,子2は全国の天気予報をみる限りでは
ただただ雪の中のようです。

初めての冬はよく雪の写メールを送ってきましたが
最近は慣れたのか うんともすんとも言ってきません。


今日仕事の帰り

西の太陽の両脇にこんなミニ彩雲??みたいのが出ました



今日の給食

食パン★ブルーベリージャム★牛乳★オムレツ★ひよこ豆

とうふだんごのスープ★ごぼうサラダ




とうふだんごをパートさんと栄養士さんと三人で
40分くらいかけてただただ丸めました。

360食分のとうふだんごは

@ 挽肉7キロ 
@ おから5キロ
@ 豆腐3キロ

@ 日本酒1,4キロ
@ おろししょうが400グラム
@ 塩130グラム
@ 片栗粉500グラム

を、こねこねして10円玉くらいの団子をたくさん作りスープに入れました。

寒い日は温まりますが・・・忙しかったです(^^;
最新コメント
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年06月30日)
アイコン画像K.F3世より
» お知らせ (2013年06月29日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年04月25日)
アイコン画像
» お知らせ (2013年04月19日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年03月21日)
アイコン画像K.F.3世より
» お知らせ (2013年03月20日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年02月28日)
アイコン画像花ぐるま
» お知らせ (2013年02月27日)
アイコン画像かま猫
» 10月26日は (2013年02月09日)
アイコン画像別のK.F.より
» 10月26日は (2013年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamaneko/index1_0.rdf