今夜の晩御飯

2006年10月30日(月) 23時06分
子1と子3が「太ってしまうから野菜が多い食生活にして」
という。
だって〜二人とも肉がないとおかずじゃないような事いうじゃん。

っていうことでもないけど

今日の夕飯は

スーパーで半額の鮎の塩焼き

肉少しじゃがたくさんの肉じゃが

なめこ汁



子1は小学生のときちょっとローレル指数が多かったが
中学1年の夏にはスラ〜ッとなった。
子3もそうなるだそうと思っていたが・・・
一昨日も顧問の先生に「Rは痩せねぇなぁ〜」
副顧問の女性の先生も
「Rはぶあつ〜い脂肪層の周りに筋肉が付いちゃったのかしら?」
入部したてのころ6人の一年生新入部員を先生は
全員いるか、目で確認するのに
細長いのが2人、小さいのが一人
丸っこいのが3人と捜したそうだ。
でも最近この丸っこいのが子3だけになってきた。

食生活を変えなくちゃいけないのかな〜。
間食をやめさせなければかな〜。

私自身も甘い物好きだしな〜。
・・・と考えているうちに
子3はご飯と汁をおかわりしてた。

*   *   *   *   *

ところでなめこ汁といえばいつも思い出す父の句

耳順とや 喉滑り込む なめこ汁

孔子の論語
60歳で耳順という。
父がここにいたら 「耳順」についてだけでも
ゆうに1時間くらい講義をしただろう。
今なら聞いてみたい気がする。
40をとうに過ぎても戸惑ってばかりの私だけど。

一足早いクリスマス

2006年10月30日(月) 22時55分
今日こんな可愛いブーツを頂きました。


これ、あの福岡の有名なお菓子
「チロリアン」が入っています。
昔CMでやってた「チロ〜リア〜ン♪」って
エコーめいっぱい効かせた歌を思い出します。


昔から懐かしい各地のお菓子
鎌倉の鳩サブレとか
有明のハーバーとか
亀屋万年堂のナボナ
(王貞治さんが「お菓子のホームラン王です」とCM)とか
神戸本高砂屋のマンデルチーゲルとか
子供の頃は憧れのお菓子
たまにしか口にすることのできないお菓子でした。
そんなことを思い出しながら開けました。


中には三色のクリーム入りのチロリアン
こういう類のお菓子大好きです。


きちんと作ったって感じがとっても美味!

可愛いので玄関に飾りました。
一足早くクリスマスが来たみたいです。

上州ダルマ弁当

2006年10月29日(日) 23時07分

これは今月始めに行った東京タワーの
蝋人形館とかトリックアートとかギネス館のある階の一角に
ガラスケースに乱雑に入れられたレトロなグッズ。

このなかのうす茶色の睨みをきかせただるまさん。

これって・・・昔のダルマ弁当の容器じゃない??
見た途端 私、ものすごく懐かしい気持ちになったから
多分そうだと思うんだけど・・。

今は真っ赤なプラスチックで形も丸く
口の部分が貯金箱の入れ口になってます(ここをクリック)。


同時に当時の汽車の車内販売のお茶を思い出しました。
四角くて注ぎ口がついてました。
父が出張に行ったとき空いたのを持ってきてくれて
姉とままごとに使ったのを思い出しました。

今日は普通の日だけど

2006年10月29日(日) 21時36分

これはポテトを揚げて食べてる子1 子2 子3の手。

今日はそう!

BS2 午後3時から5時までと
7時半から9時半までの2部構成で
吉田拓郎とかぐや姫のつま恋コンサート総集編がある。

早めに夕飯を済ませてしまったからお腹がすいたようだ。
私は二部に釘付け。
子2と子3が冷凍のポテトを揚げて
匂いをかぎつけて子1もやってきて3人で食べていた。

先週知人のお見舞いで前橋市まで行き
帰り渋滞に巻き込まれ
帰宅が1時間半も遅れてしまった。

渋滞で動かない車から自宅に電話し夕飯の支度を頼んだ。
半額で買ってあるイサキの切り身を煮付けてと頼んだ。
1回目に出た子1と2回目にでた子3が
私の頼んだことに食い違いができ
帰宅するとものすごい剣幕でケンカしていた。

兄弟だけに喧嘩となると歯に絹きせぬ辛辣な言葉だ。
私の説明が悪かったのだが
きょうだいのケンカは親として辛い。
そこまで言う?というような程傷つけあう。

嫌いな言葉だが「きょうだいは他人の始まり」という言葉がある。
妬みやそねみが自然と生まれる。

私は今まで老若男女たくさんの一人っ子を知っている。
みんな性格がいいのである。
人の気持ちを察する性格の人ばかりだ。
おそらく妬みやそねみがないからだろうと思う。

でも翌日はけろりとしていたので安心した。
「きょうだい喧嘩は犬も食わぬ」という言葉をもある。

子1は運転免許を取ったら真っ先に子3を
どこかへドライブに連れていきたいと言っていたと子2が話していた。
子2は一人暮らしで家を離れたら子3をその街に案内したいといった。
ホッとして心が温まる。
きょうだい仲良くしてくれるのは何より嬉しい。

今日は群馬県民の日

2006年10月28日(土) 22時20分
今年は土曜と重なりましたが大体平日なので
県内の学校関係は休日になり
様々なイベントの他、娯楽施設は無料になるところもあります。

・・・ということで我が家にあった群馬を撮ってみました。


高崎だるま
(いつもはちゃんと神棚に上げてありますが〜)


全国で四月に申請された「地域ブランド」なるもの374件のうち
52件が新たに認定になったそうですね。
京都・和歌山が多かったです。
群馬では今回この一件だけですがこのダルマが第一号だそうです。
条件として「知名度」ってありますがちょっと曖昧な基準ですね。





焼き饅頭

時々ここでも登場しますが
北風に吹かれながら香ばしい炭焼きの匂いが
上州っ子の胃袋を刺激します。
他府県民には不評ということも話題にのぼります。
自虐的なんだろうか?群馬県民。






上毛カルタ

県民はほとんどこのカルタを諳んじます。
最近 都道府県のおもしろネタテレビ番組で
どのくらい県民にこのカルタが浸透しているかという
路上インタビューしたらしいのですが

ギャルに「浅間のいたずら」と言うと即答で
「ぉにのおしだしぃ〜?」(鬼の押し出し

座ってたむろしてるヤンキー兄ちゃんに

太田金山」と振ると
「こそだてどんりゅう〜〜?」(子育て呑龍

雷とからっ風」と振ると
「ぎりにんじょう〜?」(義理人情

などとだるそうな中にも嬉しそうに答える映像をみて
スタジオ大爆笑だったそうです(子2談)

しかも何を聞くか説明なくも
条件反射的に即答するのが群馬県民なのです(笑)

小学生のころから校内カルタ大会は白熱します。

そういえば私が小学生の時は
「ち」は「力あわせる160万」だったのですが
その後10万ごとに改訂され
今は「200万」なんですが人口は減ってるんじゃないのかな?
でも心情的に減らせないよね。

りんご〜の気持ちは〜

2006年10月26日(木) 23時16分
これも先週末のこと



お見舞いがあったので持って行こうと思い
子2と近所のリンゴ園に行きました。
「陽光」という品種。今年も真っ赤です。



子2も自分のホームページ用に携帯で写真を撮っています。

来月に入るといつも
「新世界(ここをクリック)」という品種を作って下さっているリンゴ園が
不作で送れるものが出来なそうだというのでがっかり。
でも自宅用なら少しあるから来月はじめにいらっしゃいとのこと。



お見舞いにパイを作りました。






パイシートなので簡単。

おめでとう!日ハム

2006年10月26日(木) 23時06分
とうとう今年のプロ野球日本一が決まりましたね〜。
おめでとう北海道!
北海道には日ハムファン友達が数人いるから沸いている様子を子3とみて感動しています。
優勝シーンっていいですね。
感きわまった新庄選手の涙 フルスイング三振も…何だか良かった。
新庄選手 「引退やっぱりやめちゃおっかな〜」なんて言うんじゃないかな〜なんて思ってたけどやはり引退ですね。本当にお疲れ様でした。

練習試合観戦雑記

2006年10月24日(火) 23時16分
先週末の子3の練習試合は車で30分のO中学校
練習試合では色々なグラウンドに行くことが出来て楽しい。
設備のいいところ悪いところ様々だけど
観戦だけの保護者にとっては勝手ながら
ベンチがあって木陰があってトイレが近いと助かる。

その点このO中学はよかった。☆☆☆
大好きなタイサンボクの大木があった。




感動のあまり真っ先に木の写真を携帯で
パシャパシャ撮ってる私って変?




このグラウンドの難点は
線路と川原に挟まれていて
右中間に大きく当たると線路にボールが飛びそう。
レフト側ファウルはボールが川に流れていってしまう。

さて試合
1試合目はキャプテンのエースが投げて引き分け。
2試合目 念願の登板が来たサウスポーAちゃん。
(イ・ビョンホン似)
Aちゃんとは少年野球でもバッテリーを組んでいた。
そこで試験的にキャプテンがマスクをかぶり
子3がなんとショート。そして4番。
子3の張り切り様は並大抵ではない。
丸っこい体でめいっぱい立ち回っている。



何しろ卒業文集の未来の自分は
井端からショートを奪っていると書いていたくらいだから。
ショートバウンドを上手く取ったのが一回。
そのあと内野の連携ミスで6回にはまたキャッチャーに戻った。
4番の仕事は1ベースヒットにセンターとライトに大きく打ち上げアウト。
でもこの試合Aちゃん頑張って4−2で勝った!

時代祭り

2006年10月24日(火) 23時04分


京都から22日の時代祭りの画像が届きました。

日曜と重なったらしくすごい賑わいだったとか。
私の好きな坂本龍馬に扮装した人ですが
歴史上の人物でも人気のある龍馬だけに
沿道の見物客の声は厳しく
「え〜っ?あれが〜?貧相やな〜」と
ブーイングがすごかったみたいです。
本人に罪はないけどね〜。

それにしても私も京都時代 何度か見たけど
あの扮装の人選はどうやって決めているんでしょう?
オーディションとかあるのかな?
保存会に太いコネのある人がやるのかな?

ヒラタケ

2006年10月24日(火) 0時57分


またキノコを頂きました。
これは初めてではありません。
これはヒラタケというキノコです。
ソテーにいいみたいです。

とりあえず今日はけんちん汁に炒めて入れてみました。
最新コメント
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年06月30日)
アイコン画像K.F3世より
» お知らせ (2013年06月29日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年04月25日)
アイコン画像
» お知らせ (2013年04月19日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年03月21日)
アイコン画像K.F.3世より
» お知らせ (2013年03月20日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年02月28日)
アイコン画像花ぐるま
» お知らせ (2013年02月27日)
アイコン画像かま猫
» 10月26日は (2013年02月09日)
アイコン画像別のK.F.より
» 10月26日は (2013年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamaneko/index1_0.rdf