水芭蕉に会いに

2009年04月19日(日) 22時44分
そろそろ例の「ザゼンソウ公園」に水芭蕉が???と
またまた車を走らせました。
「♪夏がくれば思い出す〜」の歌のせいで夏のイメージですが
実は春なんですよね。


もう雪もなく、早春の木漏れ日が柔らかに差し込んでいます。

やった!

ありました!



ホイップクリームを絞ったようなフワッとした形が可愛いです。


ザゼンソウは前回よりも全開〜〜(なんちゃって^^;)
たくさん咲いていました。
そうそう、この小豆色の部分は花ではなく「包」と言われる部分で
花は黄色い丸い中の突起した部分なんですって!
いやぁ〜知りませんでした(><



途中に見えた浅間山は残雪がこのくらいでした。

ザゼンソウ レポ

2009年03月31日(火) 20時42分
草津温泉に行く途中にある「ザゼンソウ公園」

日曜日に少し時間が空いたので一人で車を飛ばすこと30分。



まだ雪の残る木道を渡っていきます。

ありました!

まばらではありますが赤い頭をちらほらと見せ始めています。








こんな風に寄り添っているようなのもあります。



この絵に釣られついつい「チャリン・・」としてきました。
「パサッ・・」でなくてごめんなさい。

この公園、もう少しすると水芭蕉も見られるそうです。
その頃また来てみようかな。



途中に見えた浅間山はこんな感じでした。

頼もしい冬の花たち

2008年12月25日(木) 1時21分


葉牡丹が大好きです。

なぜこんなに好きなのかと考えるに

子ども時代 花に飢える嬬恋の永い永い冬に

頑張っている
花ではないけど花みたいな葉牡丹を
子ども心に愛おしく感じたからだと思います。




大きい葉牡丹2個と松と南天のセットを買い
職場に売りに来る花屋のお兄さんから買った小さい葉牡丹を
寄せ植えにしました。
松と南天は切って刺してあるだけかと思ったら
ちゃんと根っこ付きでした。


冬に頑張る花代表はやはりビオラかな〜
朝出勤時は霜で真っ白なのに
日中は解けて元気にしてくれています。

信大自然教育園で見た花

2008年10月17日(金) 0時42分
黄色く紅葉が始まった木々を観ながら
緩い坂をのぼり園内に向かいます。


入り口にこんなかわいい人数カウントが。
これがコメツガの実なんですね。
ミニ・まつぼっくりって感じです。


可愛い赤い実がそこここに。
優しく出迎えてくれます。
葉っぱは6枚のとか4枚のとかあるんですね。


ハート型の葉っぱはすでに枯れるか
葉脈を残して透き通った感じになっていて
写真には写りませんでした。
他の赤い実に比べて水分が多く柔らかい感じです。


何でしょね???
太い茎に一個だけ付いた、やや紫を帯びたこの実
ツル状なので「なんとかカズラ?」
山芋とかの葉っぱににていますが・・・?


オオカメノキですかね〜?
検索してもオオカメノキの実は赤いのばかり。
赤い実と黒い実が同居。
なんてオシャレなんでしょう。
しかも徐々に赤から黒!じゃなくて
赤黒はっきり分かれてる・・・
う〜〜ん・・・わからないなぁ。
実の付き方は前回スケッチしたのでほぼ同じだから
きっとそうでしょう。
そうであるべきだ・・・そうにちがいない・・・
そうでないと他に検索しようがない・・・(泣)
撮ることよりスケッチするとわかることもあるんですね。


出ました!
会いたかった「メンタムの実」
子供の頃友だちとそう名前をつけて野山で遊んでいました。
この実をみるとその親友を思い出します。
今はイタリアに行っちゃったけど・・・元気でいるのかなぁ?

今回はこの「シロモノ」をスケッチしました。
葉っぱがさほど光沢なくギザギザに注意して書きました。


ず〜っと知りたかったものの名前がわかりました!
子供の頃「ヤスゴ」と呼んでいた実。
ブルーベリーの原種かな〜と思っていましたが
全く名前がわからず「ヤスゴ」で検索してももちろん出てきませんでした。

でもこの赤い葉の紅葉はおそらく同じです。
もっと大きな木でしたが・・・
「ウスゴ」と「ヤスゴ」似ていませんか?
何しろ当時の秋の野山の楽しみは黒くなったヤスゴを食べること
ポケットいっぱい持ち帰り母に見せること
(もちろん大人は食べませんでしたが)


志賀高原で出会った花たち

2008年09月18日(木) 0時30分

スケッチも目的だったので私はこの「オオカメノキ」を描きました。
久しぶりだったので全然ダメでした。
ハクサンフウロを描く人
山や雲、風景を描く人 様々です。
子3はトリカブトとロープウェイを描いていました。

愛してやまない夏水仙

2008年08月17日(日) 11時29分




朝に夕に美しい姿を見せてくれる夏水仙
長い茎をどうしても撮りたくて四苦八苦。

大好きな 夏水仙

2008年08月13日(水) 5時15分



先日アップした夏水仙のつぼみが
朝日を浴びてほころび
昼には花弁を広げてくれました。

これから噴水のような様相を見せてくれます。

オーニソガラムが咲きました

2008年05月23日(金) 2時06分
今年は花の当たり年でしょうか?
このオーニソガラムもずいぶん増えました。

奇跡のルピナス新芽も育っています。

ところで「オーニソガラム」という名前
つい最近知りました。

前記事の「シラーカンパニュラータ」と同様
花ぐるまさんのサイトで偶然見かけたのです。

それまで「葉がでてからすっと咲く涼しそうな花」と
呼んでいました。






白と緑のしましまのつぼみがまた可愛いですね!

シラーカンパニュラータ!

2008年05月10日(土) 0時14分

家の庭にあるのに名前を忘れていた花がありました。

だいぶ前に生協で買った球根
一緒に買った「アガパンサス」は覚えていたんだけど・・・。

毎年花を咲かせてくれていますが
今年はずいぶんと増えています。

そんなこんなの毎日
偶然にも花ぐるまさんのサイト
「我が家の花・花・花」さんで見つけました。

そう!「シラ−カンパニュラータ」!!!

感謝感謝です!

こういうツリガネソウ系の花・・・
ホタルブクロとかカムパネルラとか大好き!
触ったら綺麗な音がしてきそうじゃないですか?






*   *   *   *   *

さて、こちらは「オダマキ」

知り合いのお庭にありました。

私の好きな花ベスト3に入る花です。

花の形と言い葉っぱの形と
青磁がかった色と言い最高です。
なぜこんな楚々とした形ができるものでしょうか?





このオダマキより大振りで茶色い感じの花が
子供のころ過ごした野にたくさんありました。

当時「山の学校」と「海の学校」ということで
神奈川県の片瀬小学校と毎年交流会を行っていました。

確かその時は生徒のお母さん方も数人一緒で
みんなで野に行ったとき

男の子たちが(おそらくワイルドな様子をみせて
かっこつけたかったのだろうと思うのだけれど)

「これはアメフリソウと言ってこの花が咲くと
雨が降るんだ」
と言ってその花を無惨にも倒していったのです。

お母さん方は
「あらまぁ〜可哀想ねぇ」と言いました。

そんなこともふと思い出しました。



牡丹寺

2008年04月30日(水) 0時19分
今日(29日)は昭和の日だとか。
毎年暑いですね〜この日は。

車で50分ほどの日本の真ん中といわれているS市にある
通称「牡丹寺」へ行きました。

実家の宗教と同じ「浄土真宗・大谷派」のお寺です。
昔、専業主婦だったころ、義母とよく平日に来ましたが
もうかれこれ十数年ぶりです。

でも花は相変わらずの美しさで楽しませてくれました。


花はそれはそれは美しかったのですが
下の写真はどれも同じようなのですが
撮った身にすると
我が子の写真がどんな同じようなのでも
可愛いと思ってしまうような感じで
ついつい欲張って載せてしまいました。


最新コメント
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年06月30日)
アイコン画像K.F3世より
» お知らせ (2013年06月29日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年04月25日)
アイコン画像
» お知らせ (2013年04月19日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年03月21日)
アイコン画像K.F.3世より
» お知らせ (2013年03月20日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年02月28日)
アイコン画像花ぐるま
» お知らせ (2013年02月27日)
アイコン画像かま猫
» 10月26日は (2013年02月09日)
アイコン画像別のK.F.より
» 10月26日は (2013年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamaneko/index1_0.rdf