タカラモノ

2005年10月24日(月) 23時19分


雪嶺と 林檎を隔て 玻璃澄めり
遠くには輝くような雪を被った峰
手前には林檎
その二つを隔てている窓ガラスもまた
曇りなく透き通っている

亡き父の俳句
ストレートすぎて誤解されることも多かった
でも心の中はいつも高潔をモットーとしていた父

この雪嶺という言葉を戒名の中に使った
自分で戒名を決め 懇意のご住職にお経を上げて頂いた
型にはまることなく全てを曇りない眼で視ていた父

完璧な人はいない
でもいたずらに自分を落とすことなく
プライドを持って
この句に恥じぬよう
生きていきたい


  • URL:https://yaplog.jp/kamaneko/archive/92
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
かま猫
tritonさん
反応して下さって本当に嬉しいです。
しかもこの句の命「三層の距離感」に気がついて頂けたとは・・
お主なかなかやりますなぁ〜。
またいつか句をアップしたいです。

ちひろさん
コメントありがとうございました!
実はブログを始めようと思ったときからこの句のことは考えていました。でも自分なりに聖域ですので上手く表現できるか心配でしたがちひろさんにお褒めの言葉を頂き感無量です。

yayaさん
非常に光栄です。
yayaさんも俳句をされるのですね!素晴らしい!
全てをそぎ取って言葉に表すと俳句になるといいます。
折に触れて父の俳句は頭をよぎります。
2005年10月27日(木) 0時30分
こんばんは。
長々と文章を書き連ねてしまう私には
削ぎ落とされて残った言葉の
珠玉の輝きがまぶしいです。

錦繍に 白球を追う 夜寒かな
2005年10月25日(火) 23時43分
ちひろ
美しい林檎のフォトと俳句、そのコメントに涙しました・・・
俳人の最高の理解者(の一人)だなあ。
今ごろあの世で照れていますね、きっと。
かま猫さんのコメントも最高に冴えています。
感激・・・・。ちひろ
2005年10月25日(火) 20時51分
triton
おばんです。
うわー、おいしそうなりんご!べっぴんさんのりんごですなあ。
かま猫さんの文学的な素質はお父様譲りでしょうか。
目の前にぱっと風景が広がるような句で、思わずしばし目をつぶってしまいました。
その、隔てている瑠璃の色、どんな色かなあ。。。
なんて、思いがめぐります。

今夜は東京もきれいな星空です、めずらしく。
明日の3戦、気合い入れて応援するで〜。
2005年10月25日(火) 2時33分
最新コメント
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年06月30日)
アイコン画像K.F3世より
» お知らせ (2013年06月29日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年04月25日)
アイコン画像
» お知らせ (2013年04月19日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年03月21日)
アイコン画像K.F.3世より
» お知らせ (2013年03月20日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年02月28日)
アイコン画像花ぐるま
» お知らせ (2013年02月27日)
アイコン画像かま猫
» 10月26日は (2013年02月09日)
アイコン画像別のK.F.より
» 10月26日は (2013年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamaneko/index1_0.rdf