母べえを観ました

2008年01月29日(火) 22時56分

山田洋次監督だし、安心して観に行きました。

というのもその前に評判はよかった「シルク」を観て
私にはちょっとがっかりだったからです。

昔の日本の質素だけど清潔で上品な家屋。
ちゃぶ台も絎け台も懐かしいです。
玄関にある竹製の傘立てが
昔家で使っていたのと同じでした。

ちらっとですが電球を靴下に入れて
穴を繕うシーンなどもありました。
(私は記憶ないですが)

まだ御覧になってない方がいらっしゃるので
内容はほどほどにしますが

吉永小百合さん
本当に綺麗ですね。
内面からにじむ上品さ。
この方が嫌いな世の男性は恐らくいないでしょう。

女性は歳を重ねると内面が顔に表れるといいます。
原爆詩の朗読などきちんと反戦活動をやっておられるし
頭の下がる思いです。

親の毅然とした態度とプライドが
子供を育てるとつくづく思いました。

治安維持法違反で検挙され
それでも自分の意志を守り通す高潔さに
心が洗われる一方
私だったら辛かったり悲しかったりしたら
さっさと転向してしまうんじゃないかと思いました。

最近じわじわと映画のことを思い出すようになったので
また思い出したら書きます。
  • URL:https://yaplog.jp/kamaneko/archive/675
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
かま猫
SERUさん
>日本の伝承文化の映画
確かに!上手いこといいますね!
そうですね〜
三丁目のように当時の様子を「観てくれ!!!」
と全面に押し出さず人物に静かにとけ込み
まさに自然体。
まだ見逃した部分も多々あるような気がします。
海に飛び込んで泳ぐシーンがありますが
さすが普段からスイミングしている吉永さん
泳ぎも綺麗でしたよ。
・・・と書きながらじっと自分のウエストを見る・・・。

岡ちゃん
>現在の軽薄な明るい時代
その通り!(群馬に馴染みの多い児玉清さんの真似)
悲惨なニュースのあと、どうでも良いような
芸能人の話題に画面が切り替わったり
漠然と報道を観ていると乗せられてしまいますね。
「一億総白痴化」といく言葉が昔よく言われました。
平和のこと環境のこと、もう崖っぷちに立たされていますよね。
岡ちゃんも是非御覧になってここに感想を書いてくださいね。

チヒロさん
チヒロさんに観させる決定打を書けてよかったです。
我が家では確か長姉Cちゃんがバザーだかで買い
下宿先から引き上げるとき持ち帰ったような記憶があります。
ちがったかな?
Mr、ビーンもやっていたのですか。
ビデオでは何本も観ましたが映画はまだです。
フランスの風景みたくてというところが
グローバルなチヒロさんらしいですね。
フランスを軽く揶揄したようなところはあったのかな?
去年恵比寿ガーデンプレイスで観た
ラッセルクロウの「プロヴァンスの贈り物」も
イギリスとフランスの軽い揶揄が面白かったです。

まんとさん
あっ!私も!
「陰日向に咲く」を次回は観たいのです。
映画を見に行くときはいつもダンナがリサーチし
決定権があるのですがこれもとてもいいようですね。
岡田くん、黒木瞳と共演した「東京タワー」で
すっかりファンになりました。
「母べえ」は何故か私は泣きませんでした。
時代のしてきたことや戦争が本当に馬鹿馬鹿しいという
怒りで2時間半じっくり観ていました。
私も「幸せの黄色いハンカチ」大好きです!
健さんのかっこよさは言わずもがなだし
最後のどんでん返しあの黄色いハンカチに
ドッと涙が溢れました。

2008年01月31日(木) 6時28分
まんと
山田洋次監督の作品は安心して見れる・・・
ほんとそうですよね〜〜。
私は「幸せの黄色いハンカチ」が大好き。
ラストを知っていてもついつい涙しちゃいます。

今回の作品、監督と吉永さんのコラボ、
絶対いい映画な気がします!!!!
見に行きたいと思いつつ、
ミーハーな私は来週友達と
岡田准一くんの「陰日向に咲く」に行く予定です・・・苦笑。
2008年01月30日(水) 22時19分
チヒロ
かま猫さん

そうですか、やっぱりいい映画なんですね。
こんど見ます! 竹製の傘立て、というところで心が決まりました!
実は、(かあべえ)を横目に、Mr.ビーンを見た私。(ガラ空きでした)
ビーンの行動はともかく、舞台がフランスだったので、それが見たくて。

道路凍結に負けず(?)冬を乗り切ってね。

チヒロ
2008年01月30日(水) 12時53分
岡ちゃん
母べいの映画、見ようと思っていてまだ見てません。かまちゃんに先を越された。治安維持法なんて法律が在って言いたい事が自由に言えない暗い時代が在ったなんて、現在の軽薄な明るい時代には想像も出来ない。そんな時代が来ることのないよう、シッカリ政治を見つめていきたいです。
2008年01月30日(水) 0時47分
SERU
この映画、日本の伝承文化の映画でもあったんですね〜
吉永小百合は若い頃より、キレイになった‥寅さんの映画を
観て、そう感じました。わざとらしさがない‥心が安定している‥
そんな要素も大事なんだなァと思います。
彼女のように「自然に振舞う」そんな風に出来たら良いですね。
2008年01月30日(水) 0時19分
かま猫
みるくちゃん
早速ありがとうございます!
ほんと、女性の憧れですよね。
外見だけでなく立ち振る舞いも綺麗ですね〜。
みるくちゃんも是非御覧になってくださいね!
2008年01月30日(水) 0時01分
みるくちゃん
吉永さゆりさんはいくつになっても素敵な女性ですね!

母べえだけど私生活では母親にはならなかった彼女‥が扮する
母親像が楽しみです

この映画みたいです

2008年01月29日(火) 23時28分
最新コメント
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年06月30日)
アイコン画像K.F3世より
» お知らせ (2013年06月29日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年04月25日)
アイコン画像
» お知らせ (2013年04月19日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年03月21日)
アイコン画像K.F.3世より
» お知らせ (2013年03月20日)
アイコン画像かま猫
» お知らせ (2013年02月28日)
アイコン画像花ぐるま
» お知らせ (2013年02月27日)
アイコン画像かま猫
» 10月26日は (2013年02月09日)
アイコン画像別のK.F.より
» 10月26日は (2013年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kamaneko/index1_0.rdf