青い鳥 (重松清)

April 25 [Tue], 2017, 15:17


重松清さんの「青い鳥」を読みました。
・・・・・・・・・・・・
村内先生は、中学の非常勤講師。
国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。
でも先生には授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。
いじめの加害者になってしまった生徒
父親の自殺に苦しむ生徒
気持ちを伝えられるに抱え込む生徒
家庭を知らずに育った生徒
後悔、責任、そして希望。
一人ぼっちの心にそっと寄り添い、本当に大切なことは何かを
教えてくれる物語。
・・・・・・・・・・・・

どもってばかりの先生だけど、人一倍生徒の事を考えていて
悩みのある生徒を見つけ出して説教臭いことはなにも言わずに
生徒たち自らそれに気づくように仕向けていく村内先生が素敵だった。
それは自分が吃りで辛い思いをしたからこそ人の気持ちが
わかるようになったのかそれとももともと
寂しい人辛い人を見抜けるちからがあるのか

暖かくて優しく包み込んでくれるような話でした。

3月のライオン

April 25 [Tue], 2017, 15:12
劇場にて観賞★★★★
 
切なかった〜。何だか足下が不安定で
ざわざわしちゃうような。
訳もなく涙出てきそうなか切なさいっぱいなお話でした。

好きで将棋を始めた訳じゃない
そうやって生きていかなくては可愛がられないんじゃないか
って言う強迫観念もあっただろう。

子供ながらに必死に生きていくための選択をして
それが本当の子供たちにはウザくて
どうして血の繋がってない子供を優遇するのかっていう
嫉妬と
自分にそこまでの才能が無かったことを
知らされるきっかけになったことを

妬んで恨んで
でもそんな自分もきっと嫌いで

上手くいかないなぁってだけど将棋の仲間や
学校の先生などちゃんと彼の事を見ていてくれる
人たちがいたのはよかったなぁって

彼のせいで壊れてしまった家族をなんとか元に戻したいって
思ってること後編ではやったくれるのかな。
後編が楽しみです。

ラ・ラ・ランド

April 13 [Thu], 2017, 12:54
劇場にて鑑賞。★★★

女優を目指す女性とジャズピアニストを目指す男性との恋の物語

お互いに励まし合い楽しい時を過ごしていた二人だったが
それぞれにチャンスが訪れて二人は成功を祈って
別れることに。
何年かたち女性は成功し男性は場末の
ジャズバーのオーナーにおさまっていた。
彼女は結婚もしなに不自由ない生活をしていたが
ふと懐かしさに立ち寄ったジャズバーに彼の姿を見つけた。
二人の生き方は違ってしまっていた


容赦のない終わり方だった。
始まりはなにかを期待させるものでワクワクしたのに
最後はとても切なかった。
きっと男性も成功したかっだろう
自分がかっこよくなっているところを見せたかったのだろう
だけどピアノはうまく引けなかった。
彼女の彼を見る切ない眼差しが全てを物語っていたように思う。
でもそれでも彼女は彼を嫌いにはなっていないと思う。
違う道を選んでしまったけど
同士のような清々しさも残っていたように思う。

ミュージカルとしてはそれほど凄いとは思わなかった。
ただ見せていく力強さがあったように思う。

2017年冬ドラマ総評

April 03 [Mon], 2017, 8:29
最近、最初と最期しか記事書かなくなってしまったのでカテゴリーをつくるのも辞めてしまった。
冬のドラマ終わりました。
私が見ていたのは以下のもの

・カルテット
・嘘の戦争
・東京タラレバ娘
・下剋上受験
・スーパーサラリーマン左江内
・精霊の守り人(哀しき破壊神)
・大貧乏
・就活家族〜きっとうまくいく〜



・カルテット
面白かった〜。言葉の掛け合い。チョイス
ほわ〜〜んとしててだら〜〜としてて
だけどそのだら〜〜んとした裏にいろんな事情を抱えていて
その抱えている事情から、目を背けるため
考えるため、逃げるため?に集った4人     
その仮面が少しずつはがされていき、それぞれが
自分の生き方を考えたり、答えを見つけたり、決着をつけたり
でも当事者以外の3人がそのことに対して過干渉しないで
ただ見守る。
いいなぁ・・・。うん。いい。こういう雰囲気いいですね。
なかなか普通はできませんね。(ドラマですからね)
でもドラマだとしてもこういう雰囲気を醸し出せる
4人だったからこそできたドラマでしょうね。
最後の最後まで楽しませてもらいました。
サンキュー、パセリ

・嘘の戦争
これも面白かったよ〜。
両親と兄弟を殺され、その罪を自分の父親のせいだった
とうその証言をさせられた男の復讐劇
嘘には嘘を。
人を殺すことなく詐欺でとことん追いつめて
社会生活をさせなくする。
にしても仁科家はみんな騙されやすすぎ。
関係者の周りに必ず顔を出しているのにその不自然さに
だれも気付かない不思議ww
まぁそんなことがありつつも、どうやって
それをうまくかわすかを楽しませてもらいました。
大杉連さんもっと嫌な奴でもしかしたら・・と思っていたのに
ただの友達で園長だったのが残念。
草gくんの他のドラマの影響受けすぎですね。

・東京タラレバ娘
なんとなく見続けたドラマでした。
面白いって言えば面白いんだけど、
金髪が10歳以上も年上の女性たちをそんなに毎回
相手にするか〜?とか色々考えちゃいました。
それにどのキャラも、なんか手近なところでなんとかしよう
っていうどうしようもない感じの女子ばかりで応援する気も
なかったし・・・。
あ〜。こういうのあるよねぇ〜。と思いながら見られるのは
同世代の子たちだけだろうな。

・下剋上受験
みてるの結構きつかった。
サダヲさんは好きだけど、このパパさんは嫌い。
でも父親が娘を中学受験させようとすればおのずとこういう感じに
なっちゃうんだろうな〜っていうあるあるで
自分の鏡みたいで見るの嫌だなぁ〜って感じるドラマでした。
(あ。私はそんな教育ママじゃないですけど)
子どもが出来ないことにイライラして八つ当たりしてしまったり
やれないときに「どうしてできないんだ!どうしてできないんだ!」
って追いつめる様はなんかね・・・。あんまり気持ちの良いものでは
なかったな。
本人が反抗してたけど徐々にできるようになってきた
というのならまだしも、最初からそれほど乗り気でもなくて
父親の見栄や意地みたいなところもあっただけに余計に・・
途中でなんどもリタイアしそうになりました。

・スーパーサラリーマン左江内
藤子不二雄の漫画を実写化ということだったので
許された部分はたくさんあったかな。
ああ。原作では多分ジャイアンのお母さんみたいな感じなのかな?
とか思っていたのでキョンキョンのアレにも脳内変換でなんとか
観られたっていうか・・・・。(^_^;)
いっちゃなんだか左江内って結構責任感もあるし
やることちゃんとやってるし、かなり優秀だと思うがwww
取り敢えず、ムロさんをはじめ脇役が本当に面白かった。
二郎さんと堤さんのやりとりはどこでマジ笑いするかを
確認するのがたのしかった。

・精霊の守り人(哀しき破壊神)
あのファンタジーをここまで実写化してくれたのには本当に
頭が下がるNHKじゃないとできないよね。
綾瀬さんのアクションも日に日にかっこよくなっていったし
もう原作を読んでいるのでどうなるのかはわかっているので
どれくらいに映像化してくれるのかを楽しんでみてました。


・大貧乏
これタイトルが悪いよね。
なんでこんなタイトルにしたんだろう。
大企業からリストラされたシングルマザーが会社の不正に
気付いて戦っていく話だったのに、タイトルで損してるよなぁ
って思った。
あとね。子供たちが割とやりたい放題だったのが、ちょっと
目についたかな?シングルマザーで子供のために
会社と戦うって感じのお話だったけど可哀想っていう
気分にならなかったよ。(^_^;)
伊藤君の弁護士としての顔とそうでないときの顔は
可愛らしくてもっと見ていたかったんだけど
小雪さん・・・・。んん。。。。。。がちょっと伊藤君と合わな過ぎて・・・。
まぁ・・・そんな感じです。

・就活家族〜きっとうまくいく〜
これもリタイア寸前だった。
面白かったよ。最近のドラマっぽくないくらいに
がっつりとしたホームドラマで
みんながみんな自分の事だけ考えてて
それぞれ就活してて騙されそうになって
でも全然話し合わなくて、アーイライラって感じで
面白かったけど、それだけに見てるときつかった〜。
当てはまるところはあまりなかったけど
ありそうでなさそうで、
ただ家を買う事ってそんなに大事にしないといけないの?
とか色々考えちゃってね。
最終的にちゃんと新しい家を買ってそこに住むことに
なったけど、なんていうか・・・。モヤモヤって感じでした。


というわけで私のランキングは
1位 カルテット
2位 嘘の戦争
3位 精霊の守り人
4位 東京タラレバ娘
5位 スーパーサラリーマン左江内氏

かな。

カルテットは他の4つよりも群を抜いて好きでした。


Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)