秘密

August 21 [Sun], 2016, 19:11
劇場にて鑑賞。★★★

死んだ人の脳をスキャンして、その記憶を映像化し難事件の謎に挑む
特別捜査機関「第九」室長の薪は新人の捜査官の青木に
死刑囚・露口の脳を見て行方不明の長女の絹子を探し出す
試験を与える。そうして見た脳の中には
刃物を持って祖母を襲っている絹子が映っていた。
「第九」は上の判断により、この事件をこれ以上捜査できなくなり
刑事の眞鍋に捜査を依頼。
絹子を探そうとしていた矢先に彼女自身が自ら弁護士と共に現れる。
父親のはこうのショックから記憶喪失だというのだが
父の記憶の中に彼女が9人の男性と関係を持っている場面が映し出され
ていた。
そこで眞鍋は男性たちの洗い出しを始めるが
1人を突き止めたと思った時、彼は自殺。他の8人も同じ時刻に
自殺していたことが判明した。
9人が同時に自殺したのかという謎を追ううちに
かつて日本を震撼させた凶悪犯貝沼の存在が浮上してくる。
貝沼は既に死亡しているが、彼の脳を見た「第九」の捜査官は
次々と命を落としていた。
薪の親友の鈴木もその捜査に加わり死んでいた。
絹子と貝沼のつながりはどうしてできたのか?どんな関係なのか?
その手掛かりは死んだ鈴木の脳の中に封印されていた。
薪は鈴木の記憶を見ることを決意する。
鈴木が見た、貝沼の記憶とは、そして何故鈴木は自らの脳を壊そうと
したのか?
その秘密が明かされる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秘密ってそういう事だったのか〜って感じ。
貝沼がサイコパスっぽい感じに描かれているけど
(実際サイコパスなんだけど)
その動機が少し弱いというか。

確かに薪のやり方は本当によくない。悪い事は悪いと
きちんと言うべき人間があんな風に施しをするのは
プライドの高い人間ならば屈辱だっただろうと思うが、

それが脳を読むほどのものだったのかな?
と思うと普通に捜査していてもわかりそうな案件じゃないのかな?
と思ったりして鈴木も自分の命をはってまで守るべきものだったのかなぁ?
ってちょっと思ってしまいました。

それよりなにより、絹子のほうがめちゃくちゃ気になって
彼女がどうして貝沼と知り合ってどういう理由で
犯罪に至ったのかをもっと知りたかったし
貝原目線の話をもっともっと盛り込んでほしかったかなぁ。
あれだけの機材を使って人の脳を読み取る必要
はあるのかなぁ。と・・
(そこ突っ込んじゃいけない部分なんですけど)

だって脳を見たせいで狂ってしまったりした捜査官がたくさんいる時点で
このシステムは破たんしてるわけで・・・
存続できるって事の方にびっくりするくらいでしたわ。

蒼路の旅人 (上橋菜穂子)

August 16 [Tue], 2016, 20:05



上橋菜穂子さんの「蒼路の旅人」を読みました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生気あふれる若者に成長したチャグム皇太子は、
祖父を助けるために、
罠と知りつつ大海原に飛び出していく。
迫りくるタルッシュ帝国の大波、
海の王国サンガルの苦悶。
遙香南の大陸へ、チャグムの旅が今始まる。
ー幼い日、バルサに救われた命を賭け、
己の身一つで大国に対峙し、運命を切り拓こうとする
チャグムが選んだ道とは?
壮大な大河物語の結末へと動き始める
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神去なあなあ夜話 (三浦しをん)

August 15 [Mon], 2016, 11:01


三浦しをんさんの「神去なあなあ夜話」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三重県の山奥、神去村に放り込まれて一年が経った。
最初はいやでたまらなかった田舎暮らしにも慣れ
いつのまにか林業にも夢中になっちゃった平野勇気、二十歳
村の起源にまつわる言い伝えや、村人たちの生活
かつて起こった事件、そしてそして気になる直紀さんとの恋の行方
などを、勇気がぐいぐい書き綴る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


勇気の恋の道のりはまだまだ長そうだな〜と思いつつも
にまにましながら読んでしまいました。

繁ばーちゃんのおちゃめっぷりが可愛らしくて
顔が想像できてめちゃくちゃ面白かったし。
まさかデイサービスでPCの使い方を習っていたなんて
面白すぎるし。しかも勝手に勇気の日記を脚色して
書いちゃうし。
おばあちゃんのしわくちゃ顔が目に浮かぶようでした。

それと並行してこの村に、老人とヨキくらいの年の青年しか
いないことを疑問に思った勇気が
ヨキの両親たちの謎にも迫っていて。

こんな田舎の村で働き盛りの人たちが一斉になくなって
しまったのをここまで必死に守ってきた
神去村の老人たちとヨキたちが愛おしくも思えた。

また直紀さんとの淡い恋もなかなか進展していかなくて
これまたやきもきしながら読んでしまった。
勇気ももっと自信持ってガンガンいかなきゃいけないよねぇ〜。

教授のおかしな妄想殺人

August 14 [Sun], 2016, 16:38
劇場にて鑑賞★★★


並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、
アメリカ東部の大学に赴任してくる。
若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、
世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、
慢性的に孤独な無気力人間になっていた。そんなある日
たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間
エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。
それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。
すると、あら不思議、奇妙な“生きる意味” を発見したエイブは
たちまち身も心も絶好調となり、
ひたすら憂鬱だった暗黒の日常が鮮やかに色めき出す。
一方、エイブに好意を抱く教え子ジル(エマ・ストーン)は
まさか彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず
ますます恋心を燃え上がらせていくのだが......。


設定が意外とおかしくてエイブはうつ病みたいな感じだけど、
周りの人の方がもっと変な感じでジルがエイブに好意を抱く
きっかけもちょっとよくわからなかったけど、

好きな人と付き合っていながら、エイブと関係を持とうとしたりして
それが結構オープンで恋人にも私エイブが好きなの?
とか言っちゃってて、このこよくわかんない=っていう
そんな気持ちが頭に浮かんでからは

エイブの行動がどうとかそんなことよりもジルのほうが怖かった。

人を殺すという目的ができたおかげ?でどんどん生き生きしていく
エイブがある意味まともに見えてしまったけど、

っていうかファミレスの後ろの席に座った女性のDV夫の話を聞いただけで
そいつを殺せるのは自分しかいないって思いこむこと自体どうよ。って
思うし、

たった一度しか会ってない人の夫をどうやって探すの?
とか、いろいろ疑問は残ったけど、

薬品を使って毒殺という方法じゃなかったら本当。に完全犯罪だったのに
なんであえてそんな危険な行動にでちゃったのかなぁと思ったり。

とにかくエイブは自分の生きる目標となる殺人を犯すことが
目的で、それが完璧なはずと思い込んでいるところが
悲しい感じだった。


シン・ゴジラ

August 13 [Sat], 2016, 23:11
劇場にて鑑賞。★★★★

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、同時に海底を通る東京湾アクアラインでも
トンネル崩落事故が発生、政府は事故の原因を海底火山や熱水噴出孔として
対応を進める。
事前に事故現場の動画を確認していた矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は
巨大生物が原因である可能性を指摘するも、一笑に付される。
しかし間もなくして巨大生物が海上に現れ、多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるようにして
遡上、さらに蒲田に上陸し北上をはじめる。
想定外の事態に、捕獲・駆除などの方向性、
自衛隊出動の是非などの問題から政府の対応が遅れる中、
巨大生物は市街地を破壊しながら都心へと北上を続け
、その途中で形状を変え、二足歩行をもはじめる。北品川まで迫ったところで
自衛隊のヘリコプターが迎撃しようとするが、逃げ遅れた住民がいたため攻撃を中止。
しかし巨大生物は突如侵攻をやめて東京湾へと戻っていった。
100人以上の死者・行方不明者を出した巨大生物の襲撃後
次なる襲来に備えて、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域には放射性物質による汚染が生じていることから
巨大生物は体内に原子炉のような器官を備えていると推測され
また世代交代を経ることなく一個体で進化を続ける「人知を超えた完全生物」であることが判明する。
また、米国との交渉から、数年前にこの生物の出現を予知していた日本人科学者・牧悟郎の存在が明らかになり
残された資料の中で「ゴジラ (Godzilla)」と命名されていたことから
以降その名で呼ばれることになる。
巨災対では、ゴジラに専用の血液凝固剤を経口投与して
血流による熱排出を阻害することで活動を止める「矢口プラン」を立案、準備を進める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歴代のゴジラも見たこともないし、
ハリウッド版のゴジラもまともに見たことなかったのですが
このシン・ゴジラだけは予告がおもしろそうだったので
観てきました。

おもしろかったです〜〜。
子供向けではまったくないですね。

もともと歴代のゴジラも社会風刺的なものがあったように
思ったのですが、これもまさにそんな感じでした。

日本が未曾有の危機に陥った時政府たちは何を考えどう行動するのか?
そんなものが垣間見られて面白かったです。

きっと福島の時もこんな会議が開かれたんじゃないか?
と思うような、まるで他人事のような会話がリアルでした。

なんだかんだいって政治家は素人の集まり、こういうときには
専門家が頼りになる。
でもただ専門家だというだけではダメで、先生先生と持ち上げられている人よりも
そのことに関してオタクっぽい。真にその研究を柔軟に考えられる人が
頼りになるって感じもなんだかあるあるな話だなぁ〜と。

先生と呼ばれる人たちのなんと情けないことか・・・。
無謀だとか考えられないという堅い頭を持たない人たちが
結局うまい案をだし、それを遂行していく感じ。
気持ちもすかっとします。

ゴジラは生き物として形態を変え、上陸したかっただけなのに
放射能を持っていたというだけでこの仕打ちwww
すこし可哀想に思いました。

なんとなく続編ができそうな終わり方でしたね。

ちょっと突っ込みどころもありましたが、
第二形態(蒲田くん)が上陸してすぐに姿を消したからと言って
すぐに普通の生活はしないでしょ?とかね。

そんなところはありましたけど、こういうのがゴジラなんだよねって
思わせてくれました。
ゴジラを変に正義のヒーローっぽくしたり、何か心があるように
描いていないところも普通によかったな。って思いました。




マネーモンスター

August 13 [Sat], 2016, 19:12
劇場にて鑑賞。★★★★

面白かったです。
ドキドキハラハラしました。

正直言うとテレビ局に乗り込んできた男にはあんまり同情の余地は
ないんだけど、
株ってそもそもリスクがあるものだし、それを全部物故んじゃうのが
そもそも行かんのじゃない?
と思うけど、話は底の部分へのスポットではなく。

その株がどうしてそれほど下がってしまったのか。という
企業側への疑惑の方に持っていく。

企業が裏で操作をしていたら、そりゃ株はさがっていくわけで。
すべて私利私欲のためにそんなことをされてしまったら
株主さんはたまったものじゃないってこと。

いかにもアメリカらしい映画でした。


高台家の人々

August 13 [Sat], 2016, 16:22
劇場にと観賞★★

テレパスを持って生まれてしまうって結構不幸なことだよなぁ
聞きたくもない他人の心の声が常に聞こえてくるのって
本当にしんどいと思う。

だけどそれが好きになってしまったら
別のことに変わってしまうよねぇ。

予告ではコメディ色が強いものなのかと思ったけど
結構真面目な恋愛映画でした。

テレパスだと気付いてしまった木絵の行動がまた面白くて
可愛らしかったけど、
その木絵ですら、自分の心をすべて読まれてしまうことに
抵抗を感じて結婚までしようとしていたのに突然ドタキャン
してしまう。

でもそんな木絵も光正たちの不幸を感じることで
ようやく、彼を受け入れることができるようになる。

光正たち三兄弟だって、好きでそんな風に生まれてきたわけじゃない
皆、心が読めてしまうために恋愛に臆病になっていて
自分たちで壁を作っている。

なんとも切なくて悲しい。

木絵の妄想は彼らにとって癒されるものだったのだろう。
だから木絵のことをみんな好きになっていった。

きっと心が読めたとしても木絵ならば心の中で相手に
文句を言えてしまうのではないか。

今までずっと人と話すことが苦手で妄想の方が好きなくらいなのだから

とても可愛らしい映画でした。

桜ほうさら 上下巻(宮部みゆき)

August 12 [Fri], 2016, 19:02
宮部みゆきさんの「桜ほうさら上下巻」を読みました。
・・・・・・・・・・・・・・・・
父の汚名をすすごうと上総国から江戸へ出てきた古橋笙之助は
深川の富勘長屋に住むことに。
母に疎まれるほど頼りなく、世間知らずの若侍に対し、
写本の仕事を世話する貸本屋の治兵衛や、
お節介だが優しい長屋の人々は、何かと手を差し伸べてくれる。
家族と心が通い合わないもどかしさを感じる中、笙之助は
「桜の精」のような少女・和香と出逢い
・・・・・・・・・・・・・・・・
江戸で父の死の真相を探り続ける古橋笙之介は、
三河屋での奇妙な拐かし事件に巻き込まれる。
「桜の精」のような少女・和香の協力もあり、
事件を解決するのだが
ついに父を陥れた偽文書作りの犯人にたどり着いた笙之助
絡み合った糸をほぐして明らかになったのは
上総国とうがね藩に渦巻く巨大な陰謀だった。
「真実」を突き付けられた笙之助が選んだ道とは・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上昇思考が強いプライドの高い奥さんのために
自害に追い込まれた父が本当に出来た人だったなぁ。
と思っていたのに最後に待っていたのは
兄の裏切り。

笙之助だけが家族の中でニュートラルな存在で
すべてを俯瞰で見られていたけど、
でもその俯瞰というのも本当に小さな部分だけで
家族が裏で何をしていたのか。何も知らされなかったけど
知らされなかったからこそ、まっすぐに正直に
生きることができてよかったんじゃないかなと思った。

母親が余計な出世欲を長男に託しさえしなければ
起こらなかったことなのが何とも・・・

そしていつも自分よりもはるかに出来が良くて
周りから期待されていてそれを受け止めていて偉い
と思っていた兄が実は笙之助の生き方に憤りを
覚えていたというのもなんだかなという感じ。

それにしても御家を守るため、そして母を守るため
必死に戦ってきた父はやっぱり懐深く愛情も深かったと
思う。

兄とのやり取りのあと、周りの人は彼も傷を負っていたからだ
と言ってたけど、私はやっぱり、そうではないような気もする。

Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)