あまちゃん (9) 53話

May 31 [Fri], 2013, 23:01
今日は感動だった。まるで最終回のようだった。でもまだ
今日は金曜日、明日こそが今週の締めなのだ。

それにしても北鉄のお座敷列車すごく凝ったつくりで
あれで1500万しかかかってないなんてなんてリーズナブル
とか思ってしまったりして・・・。

そして夏ばっぱは朝の4時半起きしてウニ丼を300個作ったのか。
そりゃ真っ白に燃え尽きるはずだよ。
なのに、そんな年寄りをさらにこき使う大吉・・・。
ってかミサンガの原価をあんな乗客のいるところでばらす
大吉、・・・いいのか?
いくらいつもの倍手当を払うって大きな声で・・。^_^;
でもまぁ。そこまでしてもらったんだもの。そりゃ、
あとから貸切で打ち上げ列車を出すくらいはしないといけないよね。

さてさて、北鉄25周年記念のお座敷列車は
大吉たちの予想をはるかに超えて大盛況。
成人男性のオタクばかりだと思っていたらそうではなくて
ちゃんと老若男女みんな来てくれたようで。
(あれは本当の地元民の人ですよね。番組スタッフも粋な計らいだわ)

アキとユイも衣装もチェンジして
すっかりアイドルらしくなっちゃって。
そして初めて二人でウニットとして聞く「潮騒のメモリー」
すごく初々しくてよかったよ。

そしてなんといっても今日は種市先輩との別れでもありました。
種市先輩は今日東京へ旅立つんだけど、最後に
お座敷列車に乗ってくれてよかった。(ノ_・。)

折り返し駅まで来たときに種市先輩
アキとちゃんとお別れしたし。
「俺… ここで バイバイするわ。
このまま 宮古方面さ乗って仙台から 新幹線さ乗る。」
「お盆には帰ってくっからよ。
そのころは 天野 潜ってんな。」
「うん 潜ってる。」
「じゃあな。」


こんな短いやり取りだったのにその中に詰まったいろんな
思いが本当に暖かくて甘酸っぱくて
ぐわわわわわわわわ〜〜〜〜。ってなってしまったよ。

種市先輩は本当にアキのこと可愛く思ってるんだね。
まるで妹のようにそして南部ダイバーの仲間として

最後にアキは種市先輩を南部ダイバーで送り出して
だけど種市先輩のほうがアキを見送る。

すごくいいシーンだった。何度見てもいいわ。

それにしてもみんながこんなにも盛り上がってジーンとしている中
田原俊彦似の男はやっぱり一人喫茶リアスに取り残されてて
泣ける。(ノ_・。)

そして蛇口さん・・ビデオを撮ってたけど、あれを太巻さんに
送るのかな?ユイに「うまかったよ」と歌をほめていたし・・・。

今日があまりにも最終回っぽかったので明日はどんな展開に
なるのかさっぱりよめませんが、太巻さんがやってくるのかしら?


今日のつぼ
・車内販売しているときに頭を打ってしまったユイちゃん
あれはマジコケだね。
・アキが「千円返して〜」と目をひん剥いたときに
同じ振付を種市先輩が笑ってまねていたこと。
・田原俊彦似の男はやっぱり置いてきぼり。
・そしてなんといっても南部ダイバー、ずぶん先輩かっこよすぎ!
さわやかすぎ!

探偵はBARにいる2

May 30 [Thu], 2013, 20:12
劇場にて鑑賞。

1よりも面白かったw
大泉さんもめっちゃかっこよかったし。
高田君もかっこよかったw

ちょっとあれ?って思ったのはヒロイン役のオノマチさんが
室蘭出身のはずなのに大阪弁しゃべってることかな?
あれはなんでなのかな?何か見落としてるのかな?

バイオリニストってことで標準語も話すし・・・。
なんだかその辺統一してほしかったかも・・・。^_^;

それにしても前回よりもパワーアップした二人のやり取り面白かったです。
そしてアクション?お色気?もろもろよかったわ〜。
高田君、何を考えてるかわからないけど、やるときゃやるって感じが
好きだわ〜。

時々、「まほろ」の行天や「あまちゃん」の蛇口さんを思い出してしまった。
ひょうひょうとしてるけど、ちゃんといろんなものを見極める目を持ってる
ところみんな似てるよなぁって。

そして犯人??と思われる渡部さんの選挙ポスターw
オバマを意識してるように見えるけど私には「ノッチ」にしか見えなくて
ポスター出るたびに半笑いしちゃったし。

あと探偵たちが行く喫茶店のブラジル人??どこの人?かよくわからない
ウエイトレスが「あまちゃん」の栗原さんで

蛇口さんと栗原さん出てきてそこでもまたププッ!と笑ってしまったりして
特に栗原さんとのギャップ?(同じような雰囲気もあるけど)
「そったら格好をして・・栗原ちゃん〜〜〜!」と思ったり。
別の角度から見れて楽しかった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仲が良かったオカマのマサコが殺され、
警察もちゃんと操作をしていると思ったのだけど
なぜか捜査が進展しなくて、

探偵の耳にはマサコが政界の人間とつながりがあって
知ってはいけないことを知ったために消されたのだという
噂まで出てきた。

マサコに何があったのか?知ろうとしたとき現れた
一人の女性、彼女は自分のファンだtったマサコを
殺した犯人を突き止めたいと二人に協力を申し出る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかしまぁマサコちゃんの人生は壮絶だったんだね。
事件を追っていくうちにマサコちゃんの生い立ちがつらいもの
だったことが判明していって、

ようやく犯人にたどり着いたと思って
真正面から向かっていったけど、その犯人(トモワキ)も
政界でやるべきことをやるために多少のことは犠牲にしても
しょうがないと思っていて、

ただマサコちゃんがテレビに出て手品で優勝できたことは
素直に喜んでその喜びを示しただけだったのにね・・・。

人は思わぬところで妬みや恨みをかっているというか・・・。
こんなことで殺されたのかと思うとかわいそうだった。

そしてマサコちゃんの死の真相を突き止めようとした
バイオリニストの弓子。彼女の気持ちを考えるとまた切なかった。

あまちゃん (9) 52話

May 30 [Thu], 2013, 19:38
北鉄お座敷列車当日。ローカルテレビの中継も入って
アキも準備万端、観光協会で出番を待っているのに
肝心のユイがこない・・・。

と思ったら、なんとトイレにこもってたんだねぇ。
前日に水口@蛇口さんが電話で誰かと話しているのを
聞いてしまって、それで急にドキドキが止まんなくなって
しまったらしい〜。
蛇口さんの電話の話題に出ていたのは東京では有名な
ぷろじゅーさー?の荒巻太一(通称:太巻)秋元康似

彼の分も席をとってあるから見に来てほしい。
ただ二人ともキャラはいいけど歌唱力がいまいちと言われてしまって
ユイにとってはそれが怖い原因になっちゃったみたいだよ。
せっかくアキと楽しもうとしてたのに今度はユイが尻込みする
ことに・・・。^_^;

でもそんなユイにアキは
おらだって怖えよユイちゃん。だけど それ以上に楽しみだ。
覚えてる? こないだユイちゃんに怒られたべ。
「思い出作りじゃねえんだから真剣にやんねば駄目だ」って。
ユイちゃんの足引っ張んねえように頑張るけど。
だけどおらにとっては大事な思い出だもん。だって今日で最後だもん。
いいべ?ユイちゃんと 電車さ乗って歌いてえもん。
思い出作ったって いいべ?


って、おかげでユイもやる気が出てきたみたい
っていうか最初からやる気満々だったようでコートの下には
しっかり海女の格好してたけどね。

こうして、二人そろってお座敷列車は発車していったよ。

大吉なんかは人がいっぱい来ただけでもう満足しちゃって
ユイちゃんいなくてももうやめていいべ〜とか
黒字ハイになっちゃってるし。

薄いサングラスのプロデューサーは最初は余裕かましていたのに
時間が近づいてきたら急に切れるし

アキがやりたくないといった穴埋めに雇った
田原俊彦似の芸人さんは、ユイとアキが列車に乗った
とたんに降ろされちゃうし・・・(TT▽TT)ダァー

いろんなことがあったけど、ユイとアキが笑顔で電車に
乗れてよかった〜。

蛇口さんがどんな思惑を持っていようと、
アキとユイの思い出の1ページだもんね。
邪魔はさせないよ〜〜〜!って感じだよ。

そして昨日ずっと謎だった逆Vの字は
「潮騒のメモリーズ」のMを二人で合体させるための
逆Vだったんだねぇww

ってかあの列車には太巻さんは乗っているのか?

そして太巻さんは過去にアイドルを目指していた
春子とトラブルがあったんじゃないの?
と思ったり思わなかったり・・・。

明日はとりあえず北鉄お座敷列車が成功するのを楽しむじぇ。


今日のツボ
・田原俊彦似の男が踊っているとき、栗原ちゃんが笑いを
こらえきれずにお盆で顔を隠して笑っているところ。
・ユイに変わったことがないか?と聞かれたアキが
「潮騒のメモリーズです!」ニカッ!と笑った後の
薄いサングラスのプロデューサーのちょっと表出ろ発言。
・大吉の「黒字ハイ」

あまちゃん (9) 51話

May 29 [Wed], 2013, 18:48
種市先輩を見るとやっぱりどうしても元気がなくなちゃうアキ。
でも落ち込んでても食い気だけはあるようで、
春子にはごはん「イラネ!」なんて言っておきながら
そっと部屋から出てくるあたりが可愛いw

で、アキが列車に乗らないと決まったものだから
急きょ決まったトシちゃん似の男ww
彼はトシちゃん以外できないらしいし・・・。

しかも観光協会にはキャンセルの電話が鳴りやまないらしい。
ユイよりもアキが見たいのか。それとも二人じゃないと見たくないのか
ファンの心理はわからないけど、これはユイとしても
結構きついものがあるようで・・・。

でユイはアキの家へ・・・。ユイはアキに嫉妬してたんですね。
この町では自分が常に一番だったのに、東京からやってきた
転校生がいきなりアキちゃんアキちゃんと可愛がられて
もてはやされて・・。それが面白くなかった。
でもってアキは種市先輩のことで浮かれてて
種市先輩もそれらしく振舞ってて。

どうして私じゃないんだ。って・・・。
ユイちゃん、自分の醜い部分を全部アキにぶちまけてくれました。
これってすごいよねぇ。
ここまで自分の嫌な部分を嫉妬している相手に言えるってことが
すごいと思う。

それでも、そうまでしてでもやっぱりあこがれているのは
東京でアイドルでってことなのかもしれないけど、
でもそれよりなによりアキと友達でいたいという気持ちが
強いってことなんだよね?

そしてアキもアキで、こっちに来てみんなから可愛がられて
浮かれてて、ユイよりも自分のほうが可愛いって
調子に乗ってたってww。お互いに仲直りできてよかったよ。。

でもってそんな二人の会話を聞いてた春子がすごいよ。
「男取られたら悔しいのが人間!妬んで恨むのが健全な女子!
もっと ユイちゃんと張り合えばいい。喧嘩すればいい!
男だって取り返せばいい!地獄に落とせばいい!
あんたたち何も変わらない。2人とも可愛いし2人ともバカだし
2人とも子どもなんだから!」
って・・・

こんな風に言ってくれるお母さんってなかなかいないよ。
本当にいいお母さんだ。

そして種市先輩は種市先輩でユイとアキのために看板を
作ったりして、

そんな看板を見たアキもお座敷列車やろうって

うう。なんて青春なんだ!

そして種市先輩の卒業の日にもちゃんと挨拶もできたし、
アキも成長したよね〜〜〜。

と喜んでいたのもつかの間・・・。
ミズタク@蛇口さんが誰かと電話で話してる・・。しかもどうやら
業界の人と??それをユイが聞いてるぞ??

やっぱり蛇口・・・・。潜入探偵。。。もとい。スカウトだったのか?

図書館戦争

May 28 [Tue], 2013, 19:49
劇場にて鑑賞。

原作やアニメでは出せない臨場感がある作品。
アニメや原作よりも実写のほうがいいな!と思える作品じゃ
ないでしょうか?

面白かったです。
岡田君のアクションは見もの。本当はこんなにも肉弾戦は
ないんだけど、岡田君のSPの時のあのアクションが
認められて???きっとこのような映画になったのだと思う。

終盤に向けての格闘技のようなアクションが本当に素晴らしかった。

最初の出会いの場面がものすごくあっさり目で
え〜?と思ったけども、そのあとにきちんとそのあたりが
描かれていて、こういう構成なのね。と思ったり。

そしてなんといってもあの児玉清さんが写真で登場
日野の悪夢で亡くなったという設定で出てきているのが
すごく良かったです。

原作者の有川さんが稲峰さんは児玉さんをイメージして
描いたといっていたので、児玉さんもあちらでとても
喜んでいるのではないでしょうか?

原作ではいまいち迫力が伝わらなかった戦争?の部分も
ものすごく迫力があって面白かったし。

ただ・・あんな風に戦争を起こすのにいちいち
「今からやりますよ」的なことを宣言してやるのには
ちょっと笑ってしまったけど、確かに原作でもそんな感じだったかな?

文字を読んでると違和感のないこともこうして映像にすると
違和感を持つこともあったりといろんな発見がありました。

できればほかのメンバーももう少し活躍させてほしかったし
図書隊メンバーの普段のテンポのいい会話をもっと
聞きたかったというのもありますが、
まぁそこは時間が決まってるのでしょうがないんですね。

まだまだ原作もたくさん出ていることだし
シリーズ化してみてみたいです。

他のキャラのスピンオフだっていくらでも作れそうな映画ですしね。

とにかく岡田君のアクションに萌えたいひとは必見の映画ですw

あまちゃん (8)

May 28 [Tue], 2013, 16:15
「おら、どきどきがとまんねぇ」

忠兵衛が沖に出る日がやってくる。
夏ばっぱは海に出て行ってしまう忠兵衛に別れを言うのがつらくて
ウニの作業小屋からでてこようとしなかったが、いざ行くとなった時
ようやく出てきて家族写真を撮ることに。
そしてしれっと居座っていた正宗だったが春子からとうとう引導が
渡される日が・・・。
春子は正宗と一緒にいることで、自分がダメになってしまかもしれないと
正宗との別れを決めることに・・。
だが正宗はクリスマスにアキにプレゼンをと渡すまでは帰らないと
いうのだった。
クリスマス、サンタを信じている秋にプレゼントを渡した正宗はアキに
春子をよろしくと頼んで一人静かに天野家を去っていくのだった。
そしてアキは種市先輩と試験に受かったらデートするという約束のために
潜水士の資格取得に奮闘し年明けにはようやく合格できるのだった。
合格を聞いたアキはさっそく種市に報告をするのだが
種市は返事をごまかすばかり・・。
そのころ北鉄には廃線の危機が訪れていた。
起死回生を狙う大吉はユイとアキに「お座敷列車」に乗ってもらい
客を呼ぼうという提案をする。
そして実現のために着々と準備をすすめるのだった。
ところが肝心のユイもアキも歌が微妙で弥生からの指導がはいることになる。
弥生から歌のレッスンを受けつつ毎日を過ごしていたアキだったが
種市先輩のことが頭から離れず、ユイに怒鳴られてしまう。
それでも種市のことを忘れられないアキは思い切って種市先輩に
告白をするのだが、種市先輩は、ユイと付き合っていると
言われてしまう。
種市からユイとの関係を知らされたアキは自転車ごと海に飛び込んでしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ETかよ!と全員が突っ込みを入れた今週。
種市先輩そこまで事細かにユイとの付き合うきっかけの話を
してあげなくてもいいのに〜〜〜。

アキの傷口にこれでもか!これでもか!と塩をすりこんでいたよねw
正直者と言えば正直者なんだろうけどさ。

話は前後するけど夏ばっぱやっぱり忠兵衛さんの体のこともあって
すごく心配なんだろうね。今まで死んだつもりでいてくれと
言われても半分は生きて帰ってくると思っていただろうに
今度ばかりは心臓の病気もわかったことだし
本当にどうなるかわからないから最後にちょっとだだこねて
引きこもりたくなる気持ちわからないでもないわ。

そして春子もけじめをつけました。
今まであれほどうざかった正宗だけど、なんとなく北三陸にも
打ち解けてきてたし春子もなんだかんだと正宗とやってたから
このまま終わるようには思えないんだけど離婚届を
クリスマスプレゼントで受け取った後に
背中で結婚指輪をはずしていたから・・もうこれで本当に終わり
ってことなのかなあ。。なんかさみしい・・・。

それにしても正宗の特殊メイクには驚いたよ。
あれならサンタクロースを高校生になっても信じててもおかしくないよ
え?

って感じだわねww
それにしても種市先輩罪な男だわ〜。
ユイのこと好きなら好きで最初からアキと距離をとって
あげればいいのに数々の誤解を招くような言い回しをしていた
気がするぞ??

それにユイもユイだよ〜〜。
まさか種市先輩がお台場にいくからという理由で
付き合うのを了承って・・ひどくないか〜〜。
と思う反面。

アイドルを目指しているから一筋の光がみえたらそれを
つかもうと必死になるものなのかなぁ〜と思ってみたり・・・。

なんにしてもアキの失恋がかわいそうだったよ。

あまちゃん (9) 50話

May 28 [Tue], 2013, 15:58
「おらの大失恋」

ユイがアキの家にやってきたけどそれを見たアキは
ユイを突き飛ばしてウニ丼の作業場へと立てこもり。

ユイはユイでアキが種市先輩のことで浮かれてることに嫉妬を
していたようで、「種市先輩がなぜ自分じゃなくてアキなのか?」っていう
所にも引っ掛かりを覚えていた様子。
それにやっぱり東京へ行くっていうのがポイント高かったみたいで・・

で春子に、きっぱりと「ああ。東京に彼氏がほしかったのねぇ〜」と
言われちゃ始末。まぁこれにはユイも反論できませんわね。

しかしまぁここまでこっぴどく失恋したらアキも立ち直った時は
そうとう強くなってると思うよ。

とはいえ、ユイがいくら謝ってもやっぱりこれはこじれるわけで
元気になって学校へは行くようになっても顔をあわせようとしない
アキなのですよ。

そしてそんな状況を知った大吉はじぇじぇ〜〜!!!と驚くんです。
すでに北鉄お座敷列車には多額の資金を投入して
あとはアキとユイに歌ってもらうことで成功させることになっていると
いうのにそのアキが下りるというのだからそりゃたまったものじゃ
ありません。

諸悪の根源、種市先輩を刑事ドラマのごとく観光協会に呼び出して
大吉、吉田、菅原、栗原、ヒロシで取り囲んで取り調べ・・・。

(吉田)全く えらい事してくれたな種市君よ。
本当だよ。おとなしく アキちゃんとつきあってればいいものをよ。
(ヒロシ)何が不満なんだ?アキちゃん めんこいべ。
(菅原)今からでも遅くない。より戻せ。
(種市)いや 無理っす!自分の気持ちに嘘はつけねえっす。
(大吉) 自分の気持ちなんかどうでもいいべ!?
北鉄は今 存続の危機にさらされてるんだよ!
お座敷列車は起死回生の町を挙げての一大イベントなんだじゃ!
間違いなく 北鉄は廃線だべという現実を踏まえてもう一度 聞く。
アキちゃんとユイちゃん君が好きなのは…。
(種市)ユイです!
(ヒロシ)アキちゃん めんこいべ!
(大吉)3〜4日こっちさ いる間だけ 彼氏になれ。
(種市)いや 無理っす!自分の気持ちに嘘はつけねえっす。
(大吉)お前の気持ち一つでローカル線1本 救えんだよ!
俺だって 北鉄好きだし無ぐなってほしぐねえっす!でも… 無理っす。
第一 今更 天野に交際申し込んだってOKしねえと思う。
不器用で バカだけど人の本心は見抜く勘のいい奴です。
自分は 天野を傷つけてしまった。 もう つきあう資格ねえっす。

まぁ種市先輩もなんも悪くないわけで・・
大人のよこしまな事情がこんな事態を生んでるだけで・・・。
ちょっと種市先輩もかわいそう・・。

で、ユイが功とともにやってきて一人でもやるからと宣言していきましたが、
それもなんとも心もとない感じだよね。。

そしてアキにはミズタクこと水口さんが話しかけてます。
この人どうも怪しい〜東京にやたらと詳しそうだし
芸能界にもなんか精通してそう・・・。

アキのことをあれこれリサーチしてるみたいだし。。
あやしい〜。

が、アキはまだ種市先輩を見ると逃げ出してしまうくらいに
傷ついてるぞ・・立ち直るまであと5日・・・どうなることやら。

あまちゃん (9) 49話

May 28 [Tue], 2013, 15:39
「おらの大失恋」

先週から今週にもちこまれたアキの失恋。
でも実は種市先輩勝手に付き合ってると思ってただけで
ユイ的にはそうでもなかったみたいだぞ?

それが証拠に回想では種市先輩がユイに
「この間つきあおうって言ったべ」って言ったら
「この間のは予約です!」って言ってたもんな。しかも

「予約っていうか予告!?
来週から2人はつきあうでしょうっていう!」
「よくない!逆に、なぜその1週間が待てないかな〜!?」
なんて言ってるもんね。

ようするにこれって北鉄のお座敷列車が終わって
種市先輩が東京へ行ったら付き合い始めましょう?ってことでしょ
それまではユイとしてはなんとしても北鉄お座敷列車を成功させて
アイドルとしてのステップアップにしたいとそう思っていたわけで・・。

なんという計算高さ!!!ユイちゃんのブレのなさに脱帽だよ。
がしかし、種市先輩がユイのことを「そっち」と呼んだ時に

「そっち?アキちゃんは天野で私はそっち?」と半キレしてたので
もしかしたらそれなりにユイも好きなんじゃないかと推測は
してうるんですけど、

にしても種市先輩から事細かにユイと付き合うことになった
いきさつ聞いたアキはETのごとく海に自転車ごと飛び込んで
風邪ひいちゃったよ。

でも漁業のみんながみんな優しくしてくれて
本当にアキちゃん愛されてる。。

だけど、そんなことより失恋のほうが重くのしかかって
春子なんかは「あの子は取扱いが難しい子なんです!」なんて
言われてるよ。。

つーか。大吉さんみんなにアキが失恋したこと一斉送信メール
するなんて・・ひどい。

町中のみんなにアキの失恋が知れ渡ってしまったじゃないか?
そしてヒロシはめっちゃうれしそうにしてるし・・。
でもあんたにはすでに栗原さんがいるじゃないか・・。

とはいえ、ユイも罪な女だよねぇ〜〜。
アキよりも種市先輩よりも東京を選ぶんだもんなぁ。

そしてアキはすっかり気配を消して
囲炉裏ちゃんになってるし・・・。(ノ_・。)

アキに謝るために家にやってきたユイだったけど
失恋から立ち直れないアキはお座敷列車に乗るのは嫌だ
って言ってるぞ・・・・。どうするんじゃろ。

永遠の0 (百田 尚樹)

May 25 [Sat], 2013, 17:39
商品がありません。

百田尚樹さんの「永遠の0」を読みました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。
そういい続けた男はなぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。
終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を
調べていた。天才だが、臆病者。
想像と違う人物像にど惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる。
記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県庁おもてなし課

May 25 [Sat], 2013, 17:26
劇場にて鑑賞。

思っていた感じとちょっと違ってました。
もう少し、錦戸くんがおもてなし課として高知の観光を
盛り立てていくのかな?と思ったら

わりとその話はあっさりめ。
民間の女の子を登用したほうがいいという話も
メリットがいまいち伝わらず・・
もともと原作もこういう話なんでしょうか?

あとは、錦戸君とそのプロジェクトに加わることになった
清遠さんと県庁とのかかわりがメインという感じの
お話なのかな?それと清遠さんとその息子と娘の
複雑な関係の話。

どうもそちらのほうに重きがおいてあったように
思います。

高知の観光を盛り立てていく話だと思って見に行くと
ちょっと肩すかしを食らう可能性があり。

でもそうじゃなくて最初から錦戸君と堀北ちゃんたちの
恋模様?や人間模様の話だと思って見に行くと
すごくさわやかな気持ちになる映画です。

そして主役の錦戸君を通り越して
高良くんと関めぐみちゃんの恋愛模様のほうが
前面に出てる感じでしたね。


堀北ちゃんはちょっともったいない感じでした。
もう少し活躍させてほしかったかな?
なんかいろいろと・・。うん。ごめんなさい。

すごくいい映画だとは思ったんですけど、
先も読めるしちょっと物足りなかったです。


高地は自然がいっぱい。そのいっぱいの自然こそが
高知の強みで観光の目玉。

エンディングで高知の観光名所がたくさんでてきてその
自然の綺麗さにうっとりします。
本当に高地って県全体が観光地なんですね。

Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)