ガリレオ2 3話

April 30 [Tue], 2013, 15:38
ようやく、吉高ちゃんのキャラに慣れてきた〜。
前はおバカな熱血刑事の内海だったけど、
今回は頭でっかちな天然刑事ってところなのかなと・・・。

それにしても今回の事件は本当に物理的でちんぷんかんぷん。
フレイ現象???
なんでも高周波?のマイクロ波?を脳にあてると、
脳に直接声が聞こえるというものらしい・・・
ここまで書いていても全然わからん?
要するに電波よりもさらにさらに密度を濃くしたものって
ことでOK?

岸谷のなぎなた部の先輩が亡くなりその葬儀に
駆け付けたところ先輩の会社の社長が
焼香のあと、急におかしなことをわめきながら走り去っていき
次の日川で溺死していたと。。

社長と先輩は不倫関係にあって、
社長には先輩の呪いの声が聞こえて錯乱し
川に飛び込んだ?と思われていたのだけど

次の日社長秘書までもが同じ現象で会社で暴れはじめ
聞き込みに来ていた岸谷のお尻をカッターで刺してしまう。

社長秘書はとらえられた後取り調べで、頭の中に先輩の声が
聞こえて耳をふさいでも聞こえていたという。

岸谷が精神科などに問い合わせた結果。
特殊環境下におかれると聞こえると。
それを聞いた湯川突然何かを閃いて岸谷に3日間くれという。

そこでわかったのが例のフレイ現象。
普通の周波で特定の人に聞かせようとすれば耳をふさげば
聞こえなくなるでも脳から聞こえるというのはフレイ現象だけ。

そして同じ会社の睦美にまで聞こえるように・・・。
でも社長や社長秘書とは違って女の声ではなく不思議な音。

その音の周波数を変えると・・・・。
なんと犯人が彼女を好きになるような暗示の言葉だった。

うげ・・・。キモイ。

どうやら犯人は社長が自分の好きな女の子に手を出そうとしてる
ということを嫉妬して今回の犯行に至ったみたい。
社長秘書も睦美と仲良くしていたからという理由だけ・・・。

キモイ。

サブリミナルはまったく効果がないのになぜこんなことをしようとしたのか
さっぱりわからないっていう湯川先生。

好きな相手を振り向かせたいときは
なんでもやってみたくなるものなんですよ。
でも湯川先生にはわからないだろうなww



ガリレオ2 2話

April 30 [Tue], 2013, 15:30
今回はダウジング・・。
それも自分が犯人を知っていたから自然に腕が動いてしまったというもの。
ちょっと誰もがわかってしまう簡単すぎる内容でした。

吉高ちゃんのキャラも相変わらずで正直乗り切れないww

ある家の老婆が殺された。
そしてその家で飼われていた犬も消えていなくなっていた。

殺人事件として現場の張り込みをしていた岸谷は
ある女子高生がその家から出てきてダウジングをして
犬の死骸がある場所を見つける。

そして湯川先生の出番・・・。

実はその女子高生、事件の夜偶然にも犯人が
犬の死骸を捨てるところを目撃。

だが自分の知っている人だったために警察に言うのを
ためらい。
いつも自分がやっているダウジングで真実を突き止めようとした。

捨てたのが犬だとは思わなかったけど
事件を知ってもしかしたらと思って始めたわけなんだねぇ。


でもまさかそれが自分がよくいくパン屋さんのご主人だったとは

それにしても殺されたおばあさん家に金の延べ棒を置いておくのは
不用心すぎるよ。

舟を編む 

April 30 [Tue], 2013, 15:05
劇場にて鑑賞。

いや〜。これ面白かった〜。馬締さん本当にすごい〜。
というか辞書にかかわった人みんなすごすぎるよ。
こんな細かいこと本当に好きじゃなきゃできないと思う。

辞書は間違いがあってはいけない。

だから普通の本を作るよりも何度も何度も同じ工程をして
校正を何度も繰り返して、そして何十年もかけてようやく
一冊の辞書ができるんですね。

一から辞書を作ることの大変さを教えてもらいました。
またその説明文を作る工程も本当に大変。

誰もがわかるように、でも長くならないように簡潔に。

難しい。難しいです。
【右】という字の説明だけでも辞書ごとにいろんな説明が
されているんですね。

西を向いたときに北にあたるのが右。

アナログ時計の一時から五時の方向。

でもこういったものが一度使われてしまったらもう使えない
だから新しい説明文を考えなくてはいけない。

そして街角で見かけたり聞いたりしたもので初めて聞くものは
「用例採取」して・・・辞書に乗せる候補にする。

今・・・ネットやギャルの間でどんどん新しい言葉が生み出されてて
こうやって辞書を作ってる人は

「ひぃぃぃぃ!!もうやめてくれ新しい略語とか作らないでぇ〜」
って思ってるんじゃないか?と思いながら見てしまいました。


辞書を作る工程の難しさも面白かったですが、
馬締とかぐやさんの恋物語も面白く。
辞書編集部のみんなの暖かいまなざしとかチームワークも
面白くて

前半は笑って、後半は真剣に見入ってしまいました。


できれば松本さんに大渡海を見せてあげたかったけど
馬締のそれまでの努力をずっと見続けてきた松本さんには
それが見えてたんじゃないかな?とも思ったりして・・。

いい映画でした。



追伸
本好きが高じてなのか又吉さんが出ていたり。
辞書のポスターにオダジョと時効警察つながりの麻生さんが
いたりと、そんなところも面白かった。

往復書簡 (湊かなえ)

April 30 [Tue], 2013, 14:31
商品がありません。

湊かなえさんの「往復書簡」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で
彼女のかつての教え子六人に会いに行く。
六人と先生は二十年前の不幸な事故でつながっていた。
それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが
六人目となかなか会うことができない。
過去の事件の真相が手紙のやり取りで明かされる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長編小説かと思ったら短編集でした。
どれも手紙のやりとりだけで話が進んでいきます。

その中でも「二十年目の宿題」は吉永小百合主演で
「北のカナリア」というタイトルで映画化されたんですね。

確か映画では北海道かどこかで合唱団?とかいうことでしたが
「二十年目の宿題」は全然そんな感じではなくて
原案といえども、ずいぶんと設定を変えたんだなぁと
びっくりしてしまいました。

小学校を卒業して以来ずっと年賀状を送っていた敦史の
ところに定年を迎えた竹沢先生から手紙が来て
六人の近況を聞きたいってことで、彼は
その六人に会って近況を聞くことになったのだけど
そこで彼らから竹沢先生と自分たちとの間にあった
ある事件を聞かされることになってどんどんと彼らの話を
聞こうと進んでいくけど、
最後はそういうオチだったのか〜とちょっとびっくりしました。
敦史もこの事件に図らずもかかわっていたんだなぁって・・・。
竹沢先生なかなか心憎い演出をしますよね。
でもそのおかげで敦史の本当の気持ちが聞き出せるわけだし
たぶん本人的にはショックが大きかったと思うけど
それを乗り越えたときは絆が深くなったのでは?
と思ったりしました。

「十年後の卒業文集」もこれまたオチを見てびっくり
ええ〜。そういうことだったのかと・・。
となると本物の悦ちゃんは何をどう思って過ごしていたんだろう?
とこれまた気になってきたりします。
クラスで仲良しだった女子4人男3人、
十年ぶりにその中の二人が結婚する
ということになり、 久しぶりに披露宴で顔を合わせるのだが
千秋だけが出席していなかった。どうやら千秋は
ある事件をきっかけに行方不明になっているという
千秋がどうして失踪したのかそれを知るために女友達の3人に手紙を出す。
小さな山へ登って転んだ千秋が顔に大きなけがをして
その頃付き合っていた男子と別れて行方不明になった。
その千秋と付き合っていた男の子が今回結婚したのは静。
3人が千秋に対してどんなふうに思っていてあの事件のことを
どういう思いで見てたのか。手紙だけのやりとりで千秋がけがを
した状況と事件の真相を追っていく。

「15年後の補習」は、ある日突然海外ボランティアに行って
しまった純一になぜ何も相談してくれなかったのかと問い詰める
ことから始まった万里子の手紙。
15年前の記憶がない万里子。それを二人は今まで思い出さないように
してきたのだけど、手紙をやり取りするうちに記憶がよみがえって
くるという。
同級生がいじめられていてそれを止めに入った万里子。
でもその喧嘩していた同級生二人がそれぞれ不運の死を遂げた。
万里子がなぜ記憶を失ったのか、どうしていじめはあったのか。

3つの話に共通するものは、
一つの事件でも見方を変え人を変えてみるだけで
こんなにも解釈や思いがちがってくるのだなということ。

メールが主流なのにあえて手紙で書くことによって
考える時間ができる。

考える時間ができるってことはその時の感情ですぐに返事を
しないから冷静に対処ができて。

だからお互いに本当に言いたいことを吟味して伝えることができる。

ってことなのかなと・・・。

読んでから書いて、投函して相手に届くまでに時間があるから
真実味が増すのかなぁ?なんて思いながら読みました。
面白かった。

植物図鑑 (有川浩)

April 30 [Tue], 2013, 11:23
商品がありません。

有川浩さんの「植物図鑑」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。
しつけのできたよい子です。
思わず拾ってしまったイケメンは火事万能のスーパー家政夫のうえ、
重度の植物オタクだった。
樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」を
する風変わりな同居生活が始まった。
とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)”道草”恋愛小説。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

有川さんと言えば、甘いラブストーリーってくらいに
なんだよなんだよ。この甘酸っぱさは〜〜〜って毎回読んでる
こっちが恥ずかしくなる恋愛小説を書くのですが、

今回はそれプラスお料理と、そして花の名前まで教えて
もらえてお得感満載の小説でした。

世の中に「雑草」という草はないんですねぇ。
道端で見かける花にもちゃんと名前があるし、
そしてその中でも結構食べられるものがあるってのを知って
驚いてしまった。

本当にすぐそこにある雑草がてんぷらやおひたしになるんだねぇと。
これを読んでいるとなんか摘んできて料理したくなる気分に
させてくれます。
春になるとよく見かける小さな青い花が好きだったんですけど、
それがなんなのかこれ見てわかったし。面白かったです。

っていうか行き倒れの男を拾うっていうのはちょっとありえない
設定ではあるんですけど、いかにも少女漫画に出てきそうっていう感じが
乙女???心をくすぐりました。

それにしても、拾ってその日泊めるのまではいいけども、
次の日引き止めちゃうって・・・。ちょっと軽率すぎるというか。
いくらタイプだとはいえ。そんなことするのかぁ?
と思ってしまったり、

そしてそれを襲わないこの同居人も男として普通じゃないよ〜とか
いろいろと思いつつも、
女子はこんな男の子いればいいなぁ〜って絶対に思う
理想の男の子像を描いてくれててそういうところが
有川さんだなって・・・。思いました。

書きたいと思う気持ちになれないドラマ

April 30 [Tue], 2013, 10:49
今季のドラマ。
なんだか書きたい〜〜って思わせるのがあんまり
ないのです。

というか「あまちゃん」と「八重の桜」が面白いので
もうそれで十分って感じになってるというか・・(笑)

別に面白くないってわけじゃないんですよ。
どれもそこそこ面白いから・・・。

だけど記事にするまでもないな〜。って感じ。

その中でも

「空飛ぶ広報室」は面白いと思う。

ってか「あまちゃん」見られればそれでいい!って感じww
だからほかのものにあんま興味を惹かれないって感じかなw

八重の桜 17話

April 30 [Tue], 2013, 10:23
覚馬さんが総髪に〜〜〜〜!!!
そんなにも長崎に長いこと滞在していたのか〜と思ってしまった。

ああ。それにしても会津はどんどんと追い込まれていってますよ。
もうそこまで忠義を立てなくてもいいのにさぁ。

本当に慶喜はうまいよねぇ。
帝が崩御したとみるや、容保に子供がいないことを理由に
自分の弟を養子として差し出すとか・・・。
容保もそんなの蹴っちゃえばいいのに、なんかいろいろとしがらみが
あって断れない状況に持ち込まれちゃってさ。

1年は会津に帰って国許の情勢を見たかったのに、
それを許さないなんて慶喜本当にひどい奴だよ。

沈みかけた泥船に自分一人が持ち上げられて乗せられているのは
嫌だってことなんでしょうか?
「会津を道連れにしなけりゃやってらんないよ。」ってところでしょうけど、
そのために帝、帝て帝を盾にするなんて・・本当にあくどすぎるぜ慶喜。

そして覚馬さん長崎で銃の買い付けと目の治療。
でも目のほうがあっさりと失明するって宣告されちゃった。
そのせいで、焦りを感じた覚馬さんってば
レーニンさんとの商談もろくに聞いてない感じだよ。

覚馬さんが自暴自棄になって商談をダメにしそうになったけど、
修理さん、目だけで仕事をしてるわけじゃないでしょって、
今まで見てきたもの。こと。そしてなんといっても体のすべてを
使って会津を守ればいいじゃないかって・・。
良いこと言うよ〜〜(゚ーÅ) ホロリ

そんな中、会津では三郎がようやく出征することができるって
喜んでる。(全然喜べる状態じゃないのに・・)
難が転じるようになんて南天の詩集を着物に施してる
八重だけど、これがもうどうしてもフラグにしか見えなくて。
なんだか切ない。

でもそんな中でひとりだけ不安を感じてる尚乃助さん。
三郎がお城が遠くからでもよく見えたってことを言うのを聞いて
不安を感じてた。
お城が遠くからよく見えるということは狙われやすいって。。
砲弾が戦のメインになりつつある今、それは丸裸ってことだもんね。

いろんなところで、会津は後手後手に回ってる気がする。


あまちゃん (4)

April 27 [Sat], 2013, 18:27
「おら、ウニが獲りてぇ」
ユイの動画をヒビキ一郎がネットにアップしたところ
あっという間に鉄道ファンとアイドルファンんの目に留まり
北三陸に観光客が押し寄せてくるようになった。
そのおかげで、町の商店街も夏ばっぱもうに丼も喫茶リアスも
大繁盛。だが急な観光客の増加に北三陸の観光協会は
準備が追い付かず商店街の人たちもあまりの人に
お店を閉めてしまう。
なんとか頑張ってほしいと思う。大吉。
臨時列車などでやりくりしているがみんな疲労困憊。
そして徐々に準備も整いはじめヒロシが観光協会のHPも
作ることになった。
そしてその頃、アキは海に出てもなかなかウニを獲れないでいた。
この間夏ばっぱのいうことを聞かずに入った海で危うく命を落としそうに
なりそれがトラウマとなって足がすくんでしまうのだ。
そんなアキにヒロシはHPへのPRを依頼する。
が、うに一つとれない自分が何をPRするのだ。と落ち込む。
だが、ヒロシと話しているうちにだんだんと気持ちが高ぶってきて
自分からPRをやりたいと言い出す。
そしてPRのビデオを撮ってもらったアキ。
それをユイとともに観光協会のHPにアップしたところなんと
アキにもファンが殺到する事態に。
ウニを獲ったことがないアキだったが、観光客を前に格好をつけて
潜るもなかなかとれずまたもやがっかり。
しかもシーズンはあと1週間で終わり
今月の最後にはウニの本気獲りというのが行われることを知った
アキはそれに出たいと夏ばっぱに申し出る。
夏ばっぱはそれならウニをちゃんと獲れたら許してやると言われる。
が一つも獲れないアキは焦りを募らせ落ち込む毎日。
そんなアキを見ていた海女のみんなは
アキが潜ったときにさりげなくアキの網の中にウニを入れるという奥の手を
使う。アキは初めてのウニに喜ぶが実はあんべちゃんがこっそりと
自分の網に入れてくれたのだ。
ところが、夏ばっぱはそれを知りつつもアキに本気獲りの
許しを出すのだった。
アキは海女のみんなが自分のためにウニをとってくれていることを
知り、それが申し訳なくて、観光客に秘密を話してしまうが、海女の仲間たちから
「観光客はそんな裏話を聞きたくてやってきてるんじゃない。」と言われ
「海女はサービス業」と夏ばっぱに諭される。
ウニが獲れないまま本気獲りの日が迫っているアキに春子は
一番空気を使うのは脳みそだといい。何も考えないのが一番と
アドバイスをする。ところがその前日、アキへの思いを抑えきれなくなった
ヒロシが告白をしてしまう。何も考えてはいけないと思っていたのに
それを聞いたアキは動揺し一睡もできなくなってしまう。
そして迎えた本気獲りの日・・・。
いつもと違う環境でびびるアキだったが、意を決して海に飛び込み
そしてようやくたった一つのウニを獲ることに成功する。
そしてそのウニはその年の神様にまつるウニとして奉納されたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやぁ。ユイちゃんがあのヒビキ一郎に見いだされ??
動画サイトにアップされて人気が出たのはいいけど、

アキも人気出た〜〜〜。よかった〜。
ってかなんで地元のみんなが観光のことについて話会ってる
場に必ずヒビキ一郎はいるんだよ。

しかもアキがアイドルのようになったことをいちいち分析してるし
むかつく〜〜。
それにしてもここにきてヒロシが、マジでアキへモーションかけはじめた
ことにちょっとびっくりしているよ。

しかも春子に先に報告って・・なんなんだww
でもって春子に玉砕。
そしてアキに言うもアキからも玉砕って・・。もういいとこなしじゃないか。
だけどそんなヒロシが好き。

でも来週はどうやら強力なライバルが出てくるみたいだから
やっぱりヒロシは「ヒロシです・・・。」って言ってるのがお似合いなのかも
しれない。

それにしても急な観光客の増加に観光協会や商店街の人たちが
追い付いていけないっていうのはありがちで面白かったねぇ。
ウニ丼も普段は20個売るのもやっとなのに、3倍の60個も70個も
売れちゃうんだもんね。

でもそういうことに浮かれてないユイは本当にすごいっていうか
冷めてるっていうか・・・。自分分析力がすごいっていうか。

そしてアキwwヒロシのおかげ?でアキもめちゃくちゃアイドルに
だけどアキとしてはそれどころじゃないわけだよね。
もうすぐ海女としての仕事が終わってしまうのに
ウニ一つ獲れなくて。でもそれを何とかするために
周りの海女さんたちが協力するのが微笑ましかったわ。


と・・思っていたら、それも海女の伝統みたいなものだったとは・・。

だけど周りにそうやって協力してもらってウニを獲ることに
罪悪感を持ってるアキは、
みんなにそうしてもらうことによって、トラウマから抜け出すことが
できたようにも思うんだよね。

夏ばっぱのいうことを聞かなかったばかりに
潮に流されて危ない思いをして・・・。
自信をなくしかけていたわけだもの。

でも本気獲りの日。
がんばったよねぇ。
最初はビビッていたのに、潜り始めたら必死で
あの必死な姿を見ていたらこちらまで息を止めてしまっていたわ。

そして夏ばっぱと春子、灯台の監視小屋から双眼鏡を
奪い合いながらアキの無事の収穫を喜び合って

帰ってからもひとつだけしかとれなくてごめんっていうアキに
「一生の宝だ」って言ったり。

三宝にまつられたウニを写メで必死にとったりと
本当にうれしそうでこちらまでにやにやしてしまった。

八重の桜 16話

April 23 [Tue], 2013, 15:42
火事がおこってみねがいなくて・・・。もしかしたら火事に
巻き込まれたんじゃ!ってみんな心配したけど
みねがうちにいてくれて本当に良かった。

それにしてもみねを探しに行こうとした八重をさっとかばって
「私が行って参ります」ってきりっとした態度で
出ていく尚乃助様のかっこええこと〜〜〜〜!!!!

八重も思わずキュンってなってしまって
抱きついちゃったりしてwww
「私の一番大事な人だから」ってぎゅ!ってしてるけど、

いや・・・。八重さん・・・。また再婚するから・・・とはいえない
視聴者のつらさ・・・。

でも正直ここまで尚之助さんといい雰囲気だと
(前にもツイッターでつぶやいたんだけど)
「梅ちゃん先生」の松岡のようにあとから
ジョーと結婚することになってもジョーが受け入れられないんじゃないかと
心配してしまうわ。。。

そしてうらさん・・・やっぱり娘をきつく叱っていたのは
それなりに覚悟を決めてのことだったんだねぇ。
こんな情勢で覚馬さんが無事に戻ってこられるかどうか
わからないから、だからしっかりしなきゃって
思いすぎてその思いが強すぎて娘にもしっかり育てなきゃ
って思ってしまってきつくあたってたんだね。
でも今回のことで少しは気持ちにゆとり?ができたようで・・・。
よかった。

さて・・そんな八重たちをしり目に京では・・・。

慶喜はまぁ。本当にのらりくらりといろんなものを
交わしているねぇ。
「こんな幕府など壊れてしまえばいい。一度壊れてから
再生するんだ」ってなことを言ってたけど・・・。

正直。そこまで本当に考えていたのかどうか・・・。
やっぱり最後には徳川の将軍になって、周りが責めてきたときに
自分はどうやってうまくそれを回避できるか?
それを考えていたようにしか見えず・・・。

一度は長州との和議を持ちかけていたくせに
裏では朝廷から撤退するように命令するなんて・・・。

やってることがめちゃくちゃですわ・・
そりゃ容保さんもええ加減にしてください!
それじゃこっちが困るし周りも困ります!

って言いたくもなるってもんですよね。
だけど、そんなことはどこ吹く風・・・。

この慶喜をやってる小泉さんがまぁ。めちゃくちゃハマリ役。
お父さんが首相だったそのときもお父さん二枚舌っぽかったから
やっぱり親子ねぇ〜とか全然関係ないけどそんな風に
思ってしまったりして・・・。この役はこの人しか
おらんのじゃないの?って思ってしまうわね。

で、将軍も慶喜に決まったことだし、自分は
晴れて会津に戻れる役目は果たし田と思ったのに・・。

孝明天皇が崩御・・・・。

容保さんあれだけ信頼されてしかも直々に
話までされて、並々ならぬ思いがあっただけに
これはショックだよねぇ〜〜。

で・・・このショック受けてる心の隙をついて
慶喜がオレを守ってくれっていうんだろうね・・。
ああやっぱり嫌な奴。。。

勝が長州と幕府の和議の仲介役になるって聞いた
覚馬たちが勝に詰め寄ったとき、
「徳川の存命が大事か国の存亡が大事か考えてみろ!」
って言ってたけど、

こういう風に言ってくれる人が容保さんのそばにいたら
いいのに・・・。覚馬たちがこういうことを
容保さんに言えるような立場だったらいいのに・・


ってか勝を容保に合わせるくらいのことができたら
よかったのに・・って思うわねぇ。。。


容保さん自分の家臣のいうこと耳かさないから・・・。

あまちゃん (3)

April 21 [Sun], 2013, 15:49
「おら、ともだちできた!」
夏休みが終わるのと同時に東京へ帰る予定だった春子とアキ
だが二人はそのまま北三陸に残ることになった。
夏ばっぱとの確執があった春子だったが、意地を張りつつも
「ここで暮らすことにした。」といい。「ただいま」とようやく言えた春子。
そしてそれを受け入れた夏ばっぱ。
こうして3人の暮らしが始まった。
家族3人のルールも決め、アキは北三陸の高校へと転入。
学校が終わると海女としての修業も始まった。
ところが、海に潜ることはできてもなかなかウニを採ることができない
アキ。それを焦ったアキは夏ばっぱに沖には行くな。4時を過ぎてから
潜るなという言いつけを破り、海流に流されわかめに足をとられてしまう。
美寿々たちに助けられ事なきを得たアキだったが
夏ばっぱから、「海をなめてかかるようなものは海女になる資格はねぇ!」
と無期限謹慎を言い渡されてしまう。
一方で、大吉は過疎化が続く北三陸をなんとか盛り上げていこうと
会議を開き、みんなから意見を集うがなかなかいい案が浮かばない。
悩みながら喫茶リアスでもう一度話し合おうと集まるが
そこでヒロシから「ミスコンを開いては?」と提案を受け
それに飛びつく。
そのころアキは友達になったユイの家に呼ばれるが
ユイの父親で県会議員の父親とヒロシがぎくしゃくしていることを
知ることになる。
そしてユイの夢も教えてもらう。ユイはなんと東京でアイドルに
なることを夢見ているのだった。
冗談かと思っていたアキだったがユイは本気らしい。
ミス北鉄にも選ばれたユイ。夢を追い続けるユイを見てアキも
夏ばっぱに許しをもらいもう一度海女として海に潜りたいと
願い出る。
それでも反対した夏ばっぱだったが、それには海女仲間の
かつ江の息子の死が頭をよぎっていたせいでもあったのだ。
かつ江は自分の息子を海で亡くしており。
海の怖さを知らせるためでもあり、そして大切な孫を海で失いたくない
という祖母としての気持ちからあれほどに厳しく言い渡したのだった。
それを知ったアキはこれからは無茶をしない!と誓い。
夏ばっぱに許してもらうのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友達できた!ってもう先週とっくにできてると思ってたんだけど
高校に転入していよいよ本格的に友達としてユイと仲良く
なったってことなのかしら。

にしてもユイの家は結構ぎくしゃくしてるんだね。
金持ちで父親が厳格な一家のダメ息子っていう
あるある家庭。。
なんといってもユイの父親は県会議員の功(平泉成)だもの。
たった1年半?で戻ってきちゃった影の薄いヒロシです。(小池徹平)
にうるさいのも無理はないよねぇ。
田舎だもの。すぐにあれこれと噂だけは広まってしまうものね。
で、そんなお兄ちゃんをしり目に自分はこんな田舎を出て
アイドルになるんだ!って夢見るユイに

結構現実的なアキは「聞かないふり」をしようとしたけど
失敗してるのが笑えたわ。
東京でいろんなことを知ってるアキからしたら
何を寝ぼけたことを・・って感じなんだろうけど、
まぁ自分のことをかわいいと自覚してるユイだから
それはそれで困るよねぇ。。

さてさて、アキを引き止めた春子。
夏ばっぱに、どうしてあの時と止めにこなかったのか。って
昔の自分のことを持ち出してた。
アキを止めに来なかったように、春子が出ていくときも
止めてくれなかったんだね。
夏ばっぱ曰く、「来るものは拒まず、去る者は追わず」
なんだろうけど、でも夏ばっぱだってさびしいはず・・・。
もう少しお互いに素直になればいいのに。って思ってしまうわ。

それでも「何かゆうことねぇか?」っていう夏ばっぱに
「ただいま」ってふてくされていう春子が可愛かったり・・。
本当は親の愛に飢えていたんだろうねぇ。
こちらも素直じゃない。

で、アキはアキで潜ることはできるようになったのに
どうしてもウニが採れない。
唯一とれたのは本物の500円。
いやぁ。あの海の中500円玉を拾うほうがウニを採るよりも
難しいと思うけど??
ヒロシのためにちょっと頑張ったみたいだね。

ただそれ以外には全然ウニが採れないものだから
焦って夏ばっぱのいうこと聞かずに海に入ってしまったけど、
本当に誰かと一緒に潜るのならまだしも
新人海女が一人でなんて本当に無謀。
夏ばっぱが怒るのも無理はないよ〜。

かつ江さんの息子さんが海で(漁師としてではなく子供の
サンダルを取ってあげようとして)亡くなったのを
気にしてたんだね。
海で身内が亡くなることを数多く経験してるからこそ
もし自分の孫がって思ったら、
春子にも申し訳ないし、自分も許せないしってところだと思う。
だけど、夏ばっぱちょっと大人げないよ〜。
もっと最初から言ってあげればアキだって素直なんだから
すぐにわかってくれるはずなのにさ。
本当に夏ばっぱの意地っ張り。

そして北三陸の過疎化をなんとか食い止めようとしてる大吉。
面白いよねぇ〜〜。
首脳会議って・・ほとんど出演者みんなだしwwww
ミス北三陸だって出来レースだしwww
面白すぎるわ〜〜。

で・・・HPにアップしたユイの動画を見てめっちゃたくさんの
カメラ小僧?が北三陸にやってきたけど・・・。
アキもこれで注目の的になっちゃうの??

来週が楽しみだよ〜。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)