ドン★キホーテ 4話

July 31 [Sun], 2011, 22:08
父子家庭っていろいろと大変なんだねぇ。
男の人のほうが経済的にはちゃんとしてるから・・
ってことで母子家庭だったらいろいろと手当てをして
もらえるところがもらえないっていうんだもん。

それにしてもあんな小さな子供を夜一人にして
仕事に出て行ってしまうのはちょっとねぇ。と思ったよ。

でもパパはパパなりに娘のこと必死に育てようとは
してたんだろうね。
ただ娘がいるってことがネックになって仕事も
なかなか思うようにできなくて結局は失ってしまうことに
なるんだろうね。

どっちかっていうとパパさんの要領の悪さも手伝ってる
気もしないでもないが・・・。

にしても・・・。クラブのねーちゃんたちと遊んでいたところ
(正確には遊んでいる本人@城田)の様子を見に行ったんだけど
逆切れ〜〜。でもあれれ?
あゆみさんちょっと違うことで怒ってるみたいだったね。

浮気の一つや二つくらいは極道の妻なんだから
許せるけど、それをこそこそと黙ってしていたのが
気に入らなかったんだ。

「あれ」をしてくれたら許してあげるといってた
「あれ」ってのがまさか児童館で開いたおまつりと
つながっていたとは!!!

あゆみさんが若かりし頃、やさぐれていたときに
テキヤだった鯖島があげたお好み焼きを
食べさせてほしかったんだね。

あゆみさんのつぼがいまいちわからんが
興奮したときはタンゴ?を踊り
仲直りしたいときはお好み焼きらしい・・・。

今回父親から引き離された娘がやたらと城田@鯖島に
なついてしまったけど、
いやいやながらもなかなかにちゃんと子守している鯖島が
かっこよかった!!

しっかりといろんなしつけもしてたしね。
「食べる前には”いただきます”を言え」とか
「野菜も残さずくえ」とか・・まぁこれはちょっと違うけど

なんにしてもパパが養護施設にいれることを
決めてくれたのはよかった・・・。
預けっぱなしってわけじゃなくある程度自分の仕事にけりが
ついてちゃんと回っていくまでは!ということだったもんね。
ぜひこのパパにはがんばってほしいよ〜〜。

別冊図書館戦争T

July 29 [Fri], 2011, 21:32
商品がありません。

有川浩さんの「別冊図書館戦争T」を読みました。
一ページ目から嫌な予感はしてたんですよ。
これは相当ハードだなって。。

読み進めるうちにそりゃもう。。なんでしょう。。。。

激甘でコーヒーだったら軽く10杯以上は砂糖入れてるでしょ!
くらいな甘さで
読んでるこっちのほうが恥ずかしくなるような
そんなシチュエーション満載でした。

いやぁ。今までさぁ。中学生のような恋愛をしていた
郁と堂上がですよ?

告白したとたんにですね。
まぁ〜〜。なんつーかこれほどの「バカップル」になろうとは
はぁ〜〜。もうなんか本当に
「あほかっ!」って本を放り投げたくなるほどの激甘な
ラブストーリーでしたわ。


お二人の初めての経験がですね。
あんな風で、こんな風でとかね。。。
まぁ。郁らしいっていえば郁らしいんですけどね!

できれば、堂上が郁の母親や父親と対面するところも
観たかったなぁ。と思いました。
もう何これ〜〜〜。って感じでしたよ。ほんと!!


あ〜〜〜甘かった。ゲップ!

ご馳走様でした。

でもそのほかのカップルのその後も描かれていて
それぞれがそれぞれの形で少しずつ愛をはぐくんでる
姿がほほえましかったです。

できれば、手塚と柴崎にはもうちょっと進展してほしかったなぁ。
手塚は鈍感?というか手を出すのがそうとう遅いので
柴崎が強引にいくしかないと思うけど・・・。

ごうつく長屋

July 27 [Wed], 2011, 15:41
商品がありません。

井川香四郎さんの「ごうつく長屋」を読みました。

私ってやっぱ時代捕り物帳みたいなものがすきなんだなぁ。
と改めて実感。
町年寄(今で言う駐在さん?)の樽屋三四郎が
本所深川界隈の事件を解決していく物語
短編4作からなるお話でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
近頃、江戸中の老舗を買い漁る大店「紅屋」の真の目的は
何なのか
巨大ながやの取り壊し問題で争う、地主と家主、
津波で倒壊した町の再建をごり押ししながらも自分では
何もしない住人たち。
影の集団、百眼の潜入捜査、名主たちとの連携プレー
時には将軍の力も借りながら町人のために力を尽くす
町年寄・三四郎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・花の浮橋
まぁ。いろんなお店を買い占めてそれをろくに運営も
せずにほったらかしってところからして
おかしいと思うのは当たり前。
しかも店を買い上げるというのはその資金源はどこから?
って話になりますよね。
それが意外な方向につながっていくのが面白かったです。

・ねこめ小僧
ねずみ小僧じゃなくてねこめ小僧なんだ!と
笑ってしまったけど、結局いろんな人情が絡んでいて
ほろりとさせるお話でした。

・ごうつく長屋
小梅ばあさんはみてくれはごうつくだけど
長屋の人たちを愛して淡路やや、表店のひとたちや
世間から守ってくれていたんだなと思う
これもあったかくなる人情ものでした。

・寝るは極楽
人の情けはためならず。というけども
まさにそんな話、津波によっていろんな町が破壊され
そんな中でも町の吹き溜まり盗人や咎人がたくさんいるという
町を同じように救っていく三四郎が
爽やかだった。
おかげで本当は悪人じゃなくて周りによって
悪人扱いされてただけの人たちが心を
入れ替えてくれたのがよかった。

ロック〜ワンコの島〜

July 27 [Wed], 2011, 15:34
劇場にて鑑賞。

可もなく不可もなくという感じでした。
これをもし東北の被災者の人がみたらどんな風に
感じるんだろう。とただただそれを思いました。

島にいつもどれるかわからない。

火山が噴火したことで、いろんな決断を迫られる
家族の物語。

物語は淡々と日常を追っていくだけなんだけど、
一歩ずつ少しずつ、自分の置かれた環境に
なじんで決断しなくてはいけないことができた時は
ひとつずつ解決していく。

本当に一歩ずつ一歩ずつ。
一足飛びに何もかもが解決するわけじゃなくて
つらい思いをして悩んで・・・。そして決断していく。

そんなことが綴られていました。

映画はハッピーエンドで終わっているけども。
東北の人たちは、これがまだ何十年も続くのだろうと思うと
先が見えない不安がいっぱいあるんだろうなと思う。

毎日クーラーにあたりながら何不自由ない生活を
送っている私たちには到底理解できないことなのだと思う。

この映画を観ているとそんなことを思い出す。

ロックはかわいかったです。また僕もいい味を出していました。
僕の泣き顔や叫び声や我慢する顔がどれもどれもぐっと
きました。

そしてそんな中で一生懸命・・・というか
とにかく前向きに明るく振舞う肝っ玉?はっちゃけ?母ちゃんが
とっても魅力的でした。

華和家の四姉妹 3話

July 25 [Mon], 2011, 17:19
まさかまさかの展開。
もっと明るくて爽やかで痛快なドラマ化と思ったのに
こんな展開になるなんて・・・。

ママがまさか海外で事故にあってその後日本に
帰ってきてから亡くなってしまうなんて
この先どうなっちゃうんだろう〜。

パパさん後悔が相当なものだよ。。
最後の最後にちゃんと誤れずに死んでいったんだよ。

どうなっちゃうんだよ。。。
せっかく、パパさん自身少しずつ若かった頃
ママさんと一緒になろうと決心したいろんな場所を
めぐってママさんのよさを改めて確認していた矢先だったのに

なんだか急に重い話になっちゃったなぁ。。。

桜子は桜子で完全な「都合のいい女」みたいな扱いだしねぇ。
やっぱりエサ(体)を先に与えちゃだめだよ〜。

それにしても竹美と元旦那さん
なんだかいい感じなのに何で分かれたんだろうねぇ。謎だ。

ドン☆キホーテ 3話

July 25 [Mon], 2011, 17:04
もうなんだろう。この面白さ。たまらないですわ。
鯖島(私はずっと鮫島だと勘違いしてた)の乗り移った城田が
たまらなくかわゆい♪と思ってしまうのです。

そんな城田のことを巨人の星のねーちゃんみたいに
いつもこっそりと影からのぞく幸子が笑えますしね。。
この子一体何があったんでしょうね。
所長とわけありみたいですけど、まさか親子ってわけじゃないですしね。

でもなんだかこの子も今回の少年のように
都合のいいときだけ財布代わりに使われているようですし
早いとこあんな友達?とは縁を切ったほうがいいと
思うけどね。

今回は警察にまで目をつけられている少年の更生の話でした。
どうやら海賊版DVDの運び屋をやってるらしい。
警察はこの少年からさらに大きなグループの検挙を
狙っているようですが、やっていないという少年を保護するために
児童相談所へやってきたんですね。

だけどそこで警察の顔を見て俄然張り切っちゃう城田!
自分のハネムーンをぶち壊されてたんだね。

しかもそいつに手柄を立てさせないがために
連れてこられた少年文也を庇うことにしちゃうんだもんな。(笑)

だけど文也は次の日逃げ出しちゃって・・・。
鯖島組の組員使って文也を探し回るって・・・。(^_^;)

文也は学校でもどこでも目立つ存在じゃなく友達も
いなくて唯一の友達と呼べるのがネットで知り合った
運び屋仲間だったわけなんだねぇ。

でも警察に追われてると打ち込んだとたんに
返事がこなくなってしまった。
本当のともだちなんかじゃなかったんですよね。

城田は
「ダニエルの気持ちなんてわかんねーよ。
お前は文也だろうが。」
「これが友達だっていうんなら、なんで本名使わないんだよ」

とまともなご意見を文也にぶつけるんだな。
それで文也も気が付く。

警察にその後追われるんだけど
所長のナイスなフォローで警察に補導?されるところまでは
いかなかったようで・・・。なんだかんだでいい話だった。

やってることはハチャメチャだったけど、今回も
ネットやそういうものをまったく知らない鯖島だからこそ
その本質が見えてたって気がするな。

陽はまたのぼる 1話

July 22 [Fri], 2011, 23:49
いやぁん。男だ、裸だ。裸祭りだ〜。わっしょい!わっしょい!
ええもん見せてもらいましたわ。ププ。

じゃなくて・・・。
陽はまたのぼる。今期イケメンドラマが数あれど
このドラマがもしかして一番イケメン度高くない?
って思うくらいに爽やか&汗臭男子がわんさかいて
うれしいわ〜。

それにしても「最後の晩餐」の遠野とこのドラマの遠野が
ちょっと結びつかなかったなぁ。
確かにひとつの事件を追う姿というか刑事という職業に
対して前向きというか真剣なのはあれなんだけど

こんなに熱血漢な人だったとは思わなかったよ。

でも言ってることはいちいちごもっとも!
嘘をつく奴は警察にとっては致命的だ。とかね。
どんな人間も警察に向いているやつなんていない。とかね。

最近は警察に入る人間も軽い気持ちでやってくる人が
多いらしい。遊び半分でやれる仕事じゃないってことを
わからせるため。

だからこそそこを叩き直して優れた本当にやる気のある
人間だけを入れてほしいと頼まれちゃう遠野なのね。

今回はビデオ店に押し入った
失恋男の立てこもりに巻き込まれちゃった宮田を
救うべく立ち上がった遠野だったけど、
かっこよかったっす。

自分の弱みも見せつつ犯人の気持ちになって
武器を使わせず最小限の罪で自ら投降させるなんてさ。

年季が違うよね。
遠野のやり方に反発してた宮田もこのことで
すっかりやる気になったのに・・・・。

遠野は刑事がいい仕事だとは思ってない。
お前らにもっともふさわしくない職業だ。
みたいなことを宣言しちゃってるよ。

まぁ。確かにそれも本当にごもっとも。なんですよね。
人を疑って追い詰めて捕まえる。。
とてもよい仕事とは思えない。

でも遠野は仕事を続けてる。
そこに何かあるんでしょうねぇ。

ハリーポッターと死の秘宝 part2

July 21 [Thu], 2011, 21:45
劇場にて鑑賞。

ああ。なんだろう。もう終わりなんですねぇ。
でもなんかまだまだ続いていきそうなそんな気がする
終わり方でした。

いやぁ。満足満足。
思えばこの映画だけは公開初日に行っていた気がします。
そして待ちわびて待ちわびて原作も読んだり
前もってDVDで復習したりしていったものです。

それが終わってしまいました。
10年間ありがとうございました。楽しかったです。
このハリポタの話では家族みんなで話し合ったりすることが
できましたしね。家族そろって見に行く映画って結構珍しいかも・・

原作とちょっと変わってしまったところもあったけど
そんなところはどこ吹く風
本当に素敵な仕上がりでした。

みんなが成長していくのを見続けられることができただけでも
よかった。


そしてね。やっぱりハリーはすごいです。
ってかハリーを取り巻く仲間たちが本当にすごい。

そしてスネイプの愛の力これがあってこそだと思うんですよ。
どれだけ人に恨まれ憎まれようとも
自分の気持ちを貫いた・・本当につらかったと思うのに・・
最後の最後までそれを貫き通して死んでいった。

私はハリーがヴォルデモートを殺せたのはスネイプのおかげだと
思ってるんですよね。

あとロンやハーマイオニー彼らがいなかったらハリーは
すぐにでも死んでいた。

ハリーの意地っ張りなところを幾度も正してくれたこと
本当にすごいと思いましたよ。

とにかく素敵な映画でした。
いろんな仲間も今回のことで死んでしまったりしたけど・・。
でもそれはハリーだけを守るためじゃなく。
自分の愛すべきものを守るためなんですよね。。。

本当にいい映画でした。どうもありがとう。


追伸
そういえば、ダンブルドアのあの話がさっくりと削除されてたのは
ちょっとあれでしたね。
できれば、その話を入れてほしかったかな。

ドン☆キホーテ 2話

July 21 [Thu], 2011, 21:31
もー。パソコンリカバリしても全然調子がよくならない
ってか前よりも悪くなってる〜。
これは買い換えろということ???(笑)

さてさて・・・ドンキホーテ!2話もわらかしてもらった〜。

引きこもりの少年宅へ訪問して彼の写真を見せてもらった
鮫島・・・じゃなくて城田さん
「おおっ!」って叫ぶからてっきり彼のお姉ちゃんがめっちゃ
グラマーだとかそんな不純な動機かと思ったら
もっと不純?な動機で
鮫島の大好きな漫画が彼の部屋に全巻そろっていて
それが読みたいがためだったなんて〜〜〜。
ぷぷ〜。大笑い。

でもこの引きこもりの少年宅は
少年がただ単に受験の失敗を苦にしてそれで引きこもりに
なったってわけじゃなkったんだよねぇ。

家族がみんなてんでバラバラに自分の部屋で食事をしてみたり
すぐに仕事が忙しいといって子育てや教育のこと全部
母親任せな父親。。なのに都合が悪くなったりすると
怒鳴って人のせいにする。
これじゃ息子も引きこもりたくもなるってもんだよねぇ。

そんなことを知ってか知らずか
ずかずかと勝手に上がり込んじゃって漫画を読みふける城田
に笑っちゃったよ。

城田があんまりにもあれこれとしつこくするものだから
いい加減うんざりした少年はなんとなんと
自ら家を飛び出していっちゃったよ。

引きこもりが引きこもりをやめたんだからいいことじゃないか。
っていう城田だけど、
この少年ただ単に誰かにかまってほしかっただけかもしれない。
だから・・・・。漫画の最終巻を持って逃げ出したというのに・・

それをとっ捕まえにきた城田ってば、
漫画を取り上げたらすぐに少年の家に帰ってしまったよ。
しかも家族がそのことでけんかし始めちゃったものだから

うるさい!って家族みんな家から追い出しちゃって・・・

それで結局家族がみんな団結してくれたからよかったけどさ。。。

これって城田は狙ってやったんでしょうかね?
漫画を静かな環境で思い行くまま読みたかったという理由だけ?

どっちにしてもこの城田の行動が
家族の絆まで深めちゃうんだから・・・。笑ってしまったわ。

最近家族の中も殺伐としてて会話もほとんどないっていう
家庭も多いだろうから。
こんなことでもないと家族もまとまらないのかもしれないね。

アリアドネの弾丸 2話

July 20 [Wed], 2011, 21:43
誰かが友野さんが死んだあとにパソコンにアクセスしてた。。。

その人物が友野さんを殺したってこと?
友野さんの死因結局なんだかわからずじまいだったね。
来週はそのあたりきっちりとわかるんだろうか。。。

それにしてもなくなった家族もいろんな人がいる
友野さんの家族は解剖して切り刻むのが嫌だと
拒否して

谷口さんの家族は母の死に方がおかしいから
解剖してくれって頼むし

いろいろあるものですね。
私はどちらかというと前者のほうが若くしてなくなったのだから
おかしい?と思って解剖をしてあげたくなるし
知りたいとも思うけどね。

おばあちゃんだと歳も歳だし脳から出血って言われたら
素直に納得しちゃう。

それにしても自転車って怖いなぁ。
最近自転車事故って多いんだってね。。
私も歩いてどこかにいくことが多いから気をつけよう〜。と
思ったわ。

しかし警察はAIのこと目の敵にしてるけど
それでわかることがあったらいいと思うけど・・・。
なんだか警察の仕事が増えるのが嫌だといわんばかりの
雰囲気が漂っていたぞ・・・。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)