ジョーカー許されざる捜査官 一話

July 14 [Wed], 2010, 22:28
うわ。。。。思いのほかダークだ。
もうちょっと軽いかと思っていたのだけど・・・
必殺仕事人は結構お気楽に観られるけど、
それが現代になるとこんなにもドロドロ〜。とするものかな。
ちょっと映画の「告白」が頭をよぎりましたよ。

伊達(堺雅人)は、警察の中では浮いた存在で
ほとんど窓際族と変わらない扱いの刑事さんなのね。
上司なのに、下っ端にめっちゃいろんなことを言われちゃって。
特に来栖ってば、ついこの間まで倉石にめちゃんこ
言われてたくせに〜。エラソー。あ。。。。ちがうちがう。

でもそれは表向きの顔ってこっとなのね。
何度も何度もフラッシュバックで出てくる
両親を殺された子供のシーンは
伊達本人の小さなころのことなのね。
それにしてもどうして両親はあんな風に殺されなきゃいけなかったんだろう?
彼の両親も悪に手を染めていたようにしかみえない
シチュエーションだわ。。。。

しかも小学生くらいの男の子に向かって
「俺を殺してみろよ。」とか「俺を殺さなかったから両親が死んだ」とか
なんなんだこの犯人?って感じで?マークが一杯に
なってしまったわ。

ま。それはともかく、
両親を殺した犯人をナイフで刺しちゃったことがある伊達・・・。
そのことを封印したまま刑事になって・・

そして法から逃れてうまくやった犯人たちに
正義の鉄槌を下すってことなんですね。

普段はやる気のなさそうな、駄目刑事だけども
でも新人の宮城は一目で伊達が
ああいう犯罪に対してめちゃくちゃ怒ってるんだって
見抜いてましたね。

改造したモデルガンで、ペットを試し撃ち
でもそれでは飽き足らず、子供を拉致してきて
足を撃ち泣きわめく姿を観て楽しんでから胸を撃って
それを河原に無造作に捨てる。

片方の靴だけを両親に送ってその箱に盗聴器を仕掛けて
両親が泣き叫ぶのを楽しむ。。。。

そんな猟奇的な犯人なのに、警察の官僚の息子っていうだけで
無罪放免!
確かに許したくなくなる気持ちわかりますわ。
両親の涙の訴え、気持ち考えたらね。

伊達の上司の井筒(加賀一丈史)は、伊達の過去も知ってる感じだし
もしかしたら、伊達のやっていることを知っていて
黙認してるのかもしれないですね。

ただ、昔刑事で今はライターの片桐(りょう)は
正義感強そうだし・・前から神隠しがあったってこと
ちょっと不審に思ってる部分があるみたいだから
もしかしたら彼女がこれから神隠しのもとである原因を
突き止めようとするかもしれないなぁ・・・・。

でもって鑑識の久遠は・・・伊達のワイシャツのボタンを
次に犯行が行われるであろう場所で拾ってるのに
ニヤリと笑っただけだったから・・・
彼はもしかしたら、伊達の仲間なのかもしれないですねぇ。。。

で・・・今回のあの憎たらしい犯人
彼自身の改造銃で撃たれたのかと思いきや・・・
生きてて、しかもクルーザーに乗ってましたよ?
あれってどういう意味?
クルーザーで海をさまよいながら死んでいけ?ってこと??

いまいち最後がよくわかりませんでした。


まずは一話・・・・なのでこれからどうなっていくのか
わからないけど、伊達の過去とか
周りの刑事たちがいずれ事件の真相に気付くくんじゃないかとか
いろいろと考えてしまいます。
そういう意味で楽しみ♪


龍馬伝 二十八話

July 14 [Wed], 2010, 18:33
龍馬・・・逃げたんじゃなかったのか?
まだ土佐にいたのね。
しかもいきなり半平太の牢屋にって・・・
この人すごい度胸っていうか
ここのセキュリティはどうなってるの?
と心配になります。前回は弥太郎が簡単に
調書を盗っていったりしてたし・・・。
以蔵に毒まんじゅうを持って行ったりできてたし・・・。
牢屋の番人いないんじゃないの?ってくらい手薄です。

それにしても龍馬はどこにでも首突っ込みたがるなぁ。
まぁ。そうじゃないと「龍馬伝」と言えないわけなので
主役はどこにでも顔を出しちゃうわけなんですけども・・・。

海軍操練所やそのほかもろもろのことはイイの?って聞きたい。

さてさて・・・今回は何と言っても半平太さんでした。
にしても・・・なんかすごい違和感を覚えました。

あの殿さまって、下士をものすごく忌み嫌ってませんでしたか?
それなのに龍馬が吉田を殺したんだと象二郎から聞いたとたんに
半平太の所に出向いて、
わしは幕府のいうことにイエスイエスばかりいうのが
嫌になった。
こんなワシのことをよく慕ってくれた。
(私の記憶が確かならコンなような事を言ってた)
って・・言ってましたよね?

でも容堂ってものすごく半平太のこと嫌ってませんでしたか?
なんかお酒飲んでクワガタと戯れてたり、お釈迦様の掛け軸を
観てたりしただけだったのに
あの間に幕府への想いとかいろいろと考えていたってことなんですかね?
なんかよくわからん。

で・・・結局半平太は容堂がそこまで言ってくれるならと
真実を話し、結局武士としてけじめをつけろと言われてしまうんですよね。

なんか・・・・う〜ん。
この辺のあたりが私にはいまいち理解できなかったです。
容堂のために攘夷をしようとした半平太だったけど
容堂はそんなことは望んでおらず・・
下士のくせに出しゃばった真似をしたからこそ
勤王党の人間を片っぱしから捕まえていたんですよね?
しかも吉田を殺した罪もあるから
自分の右腕を殺された恨みもあるはず・・・。

だけど・・・本当は容堂も半平太のことを
認めていたの?
でもって・・・自分が攘夷もろくにできなかったことや
帝に何も言えなかったこと?そして
幕府にはペコペコしてたことに自分自身腹を立てていた
その矛先がお前たちにいったのだ?

という意味に取ればいいのかな???

誰か教えてください。

そして以蔵ちゃん・・・うわ〜〜〜ん。
最後の最後まで半平太のことを思って
何もいわず、最後まで師と仰いで死んでいく。。。。
なんて健気なの〜〜〜!!!

でもな。以蔵ちゃん人を斬りすぎているのは確かだよ。
もちろん半平太のためだったんだろうけども、
あの頃はそれが当たり前だったんだろうけど
でもやっぱりそれは罪なんだよ。。。。

だから私は同情しないよ。

にしても半平太ってば、龍馬に会ってやっと
目覚めたって最後の最後にそんなことを思ってもね。。。。
遅いよ!
弥太郎だって龍馬だって他のみんなだって
今まで何度も言ってきたのにさ。

うぬぼれ刑事 一話

July 10 [Sat], 2010, 15:59
このドラマを録画で観る前に、ひみつの嵐ちゃんの
マネキンファイブを見ちゃったものだから
あのうぬぼれっぷりがまたまたおかしくておかしくて!

いやぁ。みんなうぬぼれてる〜〜。
てっきりあの共演人はみんな刑事で、
うぬぼれ刑事をたしなめる役目かと思っていたのに
刑事とは全く関係なくて、しかも
どんどんとうぬぼれを祭り上げる役目だったとは!!!
めっちゃおかしかったです。

長瀬君とクドカンさんのドラマって毎回
感想を書きにくいのが多いんですが
今回もそうみたいです。

視聴は続けますけど、感想は書けそうにないなぁ。。。。
小ネタ拾うのも私苦手だし・・・・。

毎回うぬぼれが恋をしてしまう相手こそ犯人っていうのは
どこかで観たような・・・・。

確かキャナメさんが同じような刑事役を深夜枠でやってませんでしたっけ?

今回は加藤あいさん、
同じゲームクリエイターの男性社員を殺してしまう
というか事故で亡くなったんですけどね。
最初は一緒にゲームを開発していったのに
いつしか彼が自分のものとして世に出して言って
最初はそれでもいいと思っていて
手助けになるならと思っていたのに
エスカレートして彼女をぞんざいに扱うようになったんですね。
で・・彼女はやめる前にすべてのデータを消去しようと
したんだけど、彼に見つかってもみ合いになり
棚の上にあったキャラクターの置物が頭に落ちてきて
死んでしまったと・・・。

うぬぼれフォーの面々があのバーで集まって
めっちゃアホな会話を毎夜繰り広げるところが最高に
面白かったですわ。

これは全部拾いきれないっつーの。
でも余命3.4日の花嫁には笑った!
どんな病気やねん!
交通事故か急性の病気じゃないとありえへんし〜。

でもその映画と会社に入るためのIDパスとスイカの
お陰で事件は無事に解決したんですもんねぇ。。
これはうぬぼれの手柄?ということなんでしょうか??

ホタルノヒカリ2 一話

July 10 [Sat], 2010, 12:17
ぶちょお。とホタル帰ってきました〜〜〜〜。まってましたよーーー。
いやぁ。ホタルのぼけっぷりは相変わらず!
冴えまくりです!!!好きだなぁ〜。ホタル♪

GOLD 一話

July 10 [Sat], 2010, 11:56
天海ねーさんの新たなドラマが始まりましたね。
番宣観る限り、あんまり興味が持てなかったんですけど
観てみたら意外とこれからひと波乱ふた波乱ありそう〜。
と思いました。

いやぁ。悠里ってすごいなんていうかスパルタママさんなのね。
なんか嫌な感じ。
(だからあんまり初回から観る気が起きなかった)
自分の理想を子供たちに押し付けてる感じですねぇ。
次男君じゃないけど、あんな中でずっと育てられたら
そりゃ犯行の一つもしたくなるっていうもんですよ。

三人の子供たちはどの子もみんな金メダルを目座して
日々練習していて、でも長男君は競泳で記録が伸び悩んでいるし
次男君は、そろそろ反抗期みたいだし、
長女は、コーチのことが好きみたいね。
でもそのコーチはどうやら悠里のことが好きみたいだけどさ。

悠里は兄の遺志をついで今の会社を興したんですねぇ。
そして父の気持ちを引き継いだ。。
もしかしたら悠里自身もかなり自分の気持ちを押し殺してるのかも
あのお父さんかなり教育に偏った考えの持ち主そうだしねぇ。

で・・そんなときにやってきたのが新しい秘書の長澤まさみちゃん
彼女はぼぉ〜っとしてるようで意外と芯がしっかりしてそうな感じ
もしかしたらこの不思議な関係の家族をいい方向へほぐして
いってくれるんじゃないか?って思いますわ。

そして悠里の旦那さんで子供たちの種馬さんには寺島さん
いやぁ。彼は飄々としてるけど・・・意外と
子供たちのことや悠里のこと陰で心配してる気がするなぁ。

長男、次男、長女に続いて三男くん・・・
彼もこのドラマのキーパーソンになりそうね。
一人だけ病弱、そして悠里は彼にだけはとっても優しい。
彼のいうことだったら悠里も聞かざるを得ない
そんな気がしますわ。

初回は人物紹介・・・これからどうなっていくのか
わかりませんが・・。
でも今の悠里が徐々に変わっていく。っていうお話だと
思いましたね。

究極の家族愛。。。あると思います!

GOEMON

July 10 [Sat], 2010, 10:06
GOEMON [DVD]
B003EVW51Y


DVDにて鑑賞。

あのキャシャーンを撮った監督だということは
知っていたので、劇場では鑑賞しませんでした。
キャシャーンはひどかったもんねぇ。。。
でも知人に面白いよ。と言われたので
観てみるかな?という気持ちで観てみました。

いやぁ。なんていうか時代劇?っていうのかな?
歴史物をよくここまででアレンジできるものだと
感心してしまうくらいの映像でした。

まぁ。衣装がすごいですわ。
いったいいつの時代?って感じ。
でもって時代の中に出てくる人たちもたぶん
同じ時代には生きてない人たちなんでしょう。

でも不思議とそういうのを感じなくて
素直に普通に面白かったです。
ある程度の歴史の流れを知っていれば
いいので、信長→秀吉→家康の流れが
ちゃんとできててその中に
あの天下の大泥棒と言われる五右衛門が
絡んでくると言うお話

なかなかエンターテイメントな感じに仕上がってました。
面白かったわ
最初は五右衛門が一応メインなんだけど
途中で出てきた才蔵(大沢たかお)がめっちゃいい味だしてて
中盤から後半に至っては彼のほうが完全に
主役を食っちゃってる感じでした。

で、あの有名な釜ゆでの刑に処せられた件などは
ええ。まさか才蔵だったの?
って思ってしまうほど・・・・
うまく作られてましたよ。

なので、そのあとの五右衛門の活躍が
ちょいと印象薄めに感じてしまいましたけど、
でもまぁ。歴史っていろんな解釈ができますからね。
わかんないこと多いし・・・。

なのでこんな風に大まかなあらすじだけ変えずに
後は監督の好きなように描いてる映画って
観てると楽しいですよね。


詳しくはSimple*Life映画感にて

龍馬伝 二十七話

July 05 [Mon], 2010, 19:51
龍馬さん、海軍操練所を追い出され?って
どこに行こうか思案していましたねぇ。
だって勝先生は西郷の所へ行けというのだけど
なんだか西郷は何を考えているのか
読みづらくて用心したほうがいいって感じですもんね。

そんなフラフラ龍馬のところに弥太郎から手紙が!
なんで?と思ってみてみたら
なんと武市と以蔵が殿さまに捕らわれて拷問を
受けているという知らせ。

ここまで龍馬には届いていなかったんでしょうか?
たしか捕まったというニュースは龍馬の耳に入って
いたはず・・
この時代のことなら捕まった後どうなったのか
すぐにわかりそうなものなのに・・・。
しかも人斬りをしていたということも重々承知のはずなのに
今更???

って感じではありますが、
弥太郎の心の叫びにほだされて
これはいっちょわしがいかにゃいかん!
って感じで土佐にもどりまいしたよ。

そして弥太郎には、吉田東洋を殺した時の様子を
調書した文書を盗んでこいと命じて
兄上や姉うえたちには
脱藩した自分と縁を切って他人になってくれないか?
とお願い。

そして何をするのかと思ったら
後藤収二郎のところへ出向いていって
吉田東洋を殺したのはわしじゃー。
と言い放ちましたよ。。

確か前にもそんなことで龍馬は疑われて
いやしませんでしたか?

あれれ?なんか?あれ?
おかしな感じです。
今更またいちいち名乗り出るバカいませんよね?
それまで逃げまくっていたのに・・

こんなのばれまくりじゃないですか!

全然以蔵や武市のことを助けようとしてるように
見えないのは私だけ???
余計なことをしてさらに以蔵たちの疑いを濃くしちゃったような
気がしますよ。


それにしてもいくら縁を切ったとはいえ
あんなことを言ったら、
やっぱり兄や姉たちに迷惑かかるよなぁ。。。
どうするんだろう?
龍馬は言うだけ言って逃げればいいけどさ・・・・。

なんだか無責任な男に思えてきたぞ?

なくもんか!

July 05 [Mon], 2010, 6:18
なくもんか 通常版 [DVD]
B0038J5O5Q


DVDにて鑑賞。
以前の阿部サダさんの舞子Haaaaaan!!のように
コメディコメディしたものかと思ったら
結構シリアス。人情物でした。

ヤマちゃんがいろんなつらいことを
いつも笑顔で乗りきってきていたのは
そうすることでしか生きるすべがなかったからなんですね。

父親に捨てられて、血のつながらない
総菜屋さんの親父に育てられ
山ちゃんという総菜屋さんの看板を
山ちゃんに!と言われていても・・

心の中ではずっと泣いていた。
母親に会いたい。母親が会いに来てくれると思っていたら
死んでしまっていて、
代わりにわかった弟の存在だったのに

その弟からも邪険にされて・・
でもいつも笑顔でニコニコして
争いをしないのは、
そうすることでしか自分を維持できなかったから・・・。

なんとも切ないお話でした。
最後の最後に兄貴として頼りにされた山ちゃん
その時ばかりは本当に心からの笑顔だったように思った。

詳しくはSimple*Life映画感にて

踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!

July 03 [Sat], 2010, 17:18
いや〜〜ん。待ちに待ったOD3を観てきました。
7年間待ったかいがありました!!

ただ、スピンオフの方たちまででてきてるので
一つ一つのエピがちょっと薄い感じはしちゃったけど、
でもいつものメンバーにあえてすっごくうれしいですわ♪

いろいろとネタバレしちゃいたくなるけど、
ここはぐっと我慢ですね。

ただ、実行犯の彼があの彼だったとはぁぁぁ!!!
としみじみ時の流れを感じましたよ♪
でもすてきなリンクだわ〜〜〜。
さすが踊るこういういところも手を抜かない感じが好き♪

あと新たに加わった湾岸署のメンバーもそれぞれに
頑張っていたし、

室井が偉くなってしまって青島とあまり絡むような場面が
なくなってしまったのはちょっとさびしいけど
そこを、鳥飼(小栗旬)くんと青島との確執が
昔の室井vs青島を彷彿させてよかったね。

もし今度踊る4ができたらこのあたりの確執が
また面白くできそう〜。って思ったわ。

あとは、スピンオフの夏美とか和久さんの甥っ子とか
めっちゃよかったよ。
できればもっと彼らが問題起こしてくれたらよかったのに!
って思ったわ。
そしてなんといっても・・・和久さんがいなくなって
その穴埋めはとっても大きいはずなのにそれを感じさせない
雰囲気に作られててとっても優しくてよかった。
みんながちゃんと和久さんのことを思っている感じが
出ててすごくうるるっときた。

詳しくはSimple*Life 映画感にて
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)