竜馬伝 二十二話

May 30 [Sun], 2010, 22:48
はぅあ!!!
以蔵ちゃんがつかまってしまったー。

っていうか今まで新撰組といえば正義の味方みたいな
印象だったのだけど、龍馬伝で観る新撰組は
超悪人っぽく見えるぞ。
我らが以蔵ちゃんをひっとらえるとはっ!!!許せん。
つーかあんなにうまい具合に以蔵と会えるものなのだろうか?
>龍馬さん

しかし龍馬の妻になるであろう。お龍との対面はまた
衝撃的でしたな。
妹が借金の肩にされ売られてしまうー。と叫んでいるところを
龍馬が5両も出して救ってやるなんてさぁ。
龍馬んちってそんなに金持ちやったんやーーー。知らんかった。
っていうかそう言えば弥太郎にも材木代を肩代わりしてたもんね。
やっぱ金持ちなんや。

容堂さんの下士を片っぱしからひっとらえて処罰するっていうのは
とうとう勝塾にまで及んだんですね。
勝塾のみんなはかばってくれたけどこれ以上迷惑は
かけられんと思ったのか

土佐藩士たちで隠れ家に移動してました。
なんだかナチスみたいだ。

そんなころ先に投獄されていた半平太は
裁きを受けてるわけですが
吉田を殺したのはお前か?という象二郎の問いに
自分ではないときっぱり。
でもそんな半平太をみた象二郎は
半平太の従兄に吐かせようとしてましたねぇ。

ああ。半平太あんたはどれだけの人間を踏み台にして
生きているんだい。
普通はあそこまでされたらゲロっちゃうでしょうが。
自分の従兄だよ〜。

容堂様のためにやってきたんだ!といいはる
半平太ですけど、その言葉を聞くたびに虫唾が
走る様子な容堂さん。

怖い。怖いよ〜。
もっと早い段階で下士など殺しちゃえばよかったなー。
ってなことを言っちゃってましたよ。

こういう理不尽なことが当たり前のように行われていた
時代なんですねぇ。
ただ・・・半平太は実際に吉田を殺すように命じてたしなぁ。
まぁ。半平太に関しては同情の余地なしって感じですけど
それ以外の半平太についてきた人間たちがかわいそうだよねぇ。

と・・・今回は特にババーンと印象に残る物がなかったような。。。

素直になれなくて

May 30 [Sun], 2010, 17:47
もー。なんかなんなのー。って感じ。
どの子にも感情移入ができないわ。

ハルもドクターと付き合うって決めた割には
ナカジに会いすぎだと思うし。

ドクターもハルのこと好きで自分のものにしておきたい
気持ちはわかるけど、みんなの前で「男女の関係」とか
ハルに気持ちを言わせないようにするのは
どうかと思うし・・
っていうかそういった時点で引く!というか
めちゃ嫌いになるわ。

ナカジは桐子に未練があるようで
それでいてハルにもしっかりと思わせぶりな雰囲気を漂わせて
しかも最後はぴーちでしょ?
じゃんじゃこいつ結局女なら誰でもいいんかい!っていう
気分になっちゃうし

ぴーちもぴーちで妊娠して、死ぬことまで考えて
流産して精神的に不安定かもしれないが
すぐに男に頼ろうとするのがもう駄目女〜。って感じで
見ていてイライラするし・・・
しかもナカジと結局そういう関係?になっちゃうの?って
感じだし〜。

まぁ。一番哀れなのはナカジのために体を張って
仕事を与えたのに見返りも求めずただ
ひたすらナカジの幸せを見守り続けるリンダくらいなものね。

最初はドクターが健気ねと思ったけどここにきて
どんどん嫌な部分ばっかり出てきてやなやつって感じだもんねぇ。

リンダ・・・報われないけど、がんばれ!と
今はリンダにくらいしか感情移入できないわ。


ってかナカジとハルって兄弟なんじゃないの?
と思うのは私だけ?

警視庁失踪人捜査課

May 30 [Sun], 2010, 17:40
結構はまってみてます。

前々回の話はなんていうかタイムリー中のタイムリーな話し
でしたねぇ。

自分の子供を妊娠した女性を
自分の出世や見栄?のために
堕胎させるなんてさ。

もうなんていうか本当に許せんわ〜。
こういうやつ。
こういうやつは●●をずばっとカットする刑でも受けて
一生楽しいことができなくするに限るって思いますわ。

あと前回の話はこれまた恐ろしい話で
どこまでも追いかけてくる妻のお話でしたわねぇ。

まぁ。たしかに彼女のおかげで会社経営を任されるまでに
なった夫ですけども、
あんな女だったら浮気の一つでもしたくなりますってば・・・。
にしても・・
前に刑事だった彼女がたとえ、娘が誘拐されたとはいえ
犯罪に手を染めようとするなんて
ちょっと納得いかなかったというか。

彼女だったらその後の犯罪者たちやその家族がどんなふうに
なっていくのかっていうのを一番よくわかっているはずなのに
娘がかわいかったのならなおさら、
あんな妻の言うことなんて聞くべきじゃなかったですよ。
警察につてがいっぱいあるはずなのに・・
やはりお金が目的だったんでしょうか?

ちょっと残念って言うか。
同情はできなかったな。
それにしても高城さんがなぜ失踪人捜査官になったのか
やっと見えてきましたね。

娘さん、いまだに見つかっていないということですか?

臨場2 七話

May 30 [Sun], 2010, 16:04
小坂さん感情に流されすぎですよ。

それにしてもただの自殺であるはずのこの事件を
ここまで深く追求できる倉石は本当にすごい!

雑誌記者の里緒が小坂を取材したいと申し出てきた
彼女が男性社会で働く女性の特集を組みたいといってきたのだった。
彼女の取材を受けるうちに彼女の気持ちに
感情移入してくる小坂。

そんな里緒が変死体で発見される。
玄関に挟まったパンプス部屋に散らばった嫌がらせの手紙
そしてパソコン画面に映る嫌がらせメール

彼女が取材をしていた婦女暴行事件の犯人安藤の仕業かと
思われた。
彼女が数日前に安藤らしき人間から嫌がらせの電話を
受けていたこと。そして前日に襲われそうになったからだ

だが、壁に残されたへこみと鏡が割れていることが引っ掛かり
小坂は自他殺不明と警察に告げる。

ただ小坂は彼女が自殺をするような人間にみえなかったために
捜査1課のイチに彼女がセクハラを受けていたらしい人物
二人の名前をあげる。

そんな小坂を倉石は叱る。
なぜ勝手に二人の名前を出すのだと
本当に彼女の最後の言葉を拾いきれているのかと。

倉石は最初に里緒にあったときから
何かを感じ取っていたんですね。
ラブホテルで殺された女性
その女性の死体を観る彼女の眼が普通と違っていたこと。

状況は彼女が自殺と物語っている。
でもどうして人がやったようにして自殺したのかというのが
わからなかった。

それは彼女の過去にまつわることでもあったんですね。
自分が女だから女に生まれたから
男が悪いものではなく、自分が女であることが悪いって
母親の再婚相手に暴行をされていた自分。
そしてそんな再婚相手と心中した母親。
母親からお前なんか死んでしまえばいいと言われたこと。

(実際に言われていたのかは不明だけど)
そういう風に思いこんでいたのかな?

でも・・本当は母親はこれ以上娘を暴行させまいと
旦那さんを道連れに心中を図ったんですね。
手首についた指のあと
それが物語っていた。
ただ彼女は知らなかった。
だから母親は自分を恨みながら死んでいったのだと思い込んでいた


いろんな運命のいたずらでこんな風に
人生の大半を自分を責めて生きるようになってしまうなんて
つらいですねぇ。

やっと全部拾ってもらえても死んだあとじゃなぁ・・・。

小坂さんもそこにまで結論がいかなかった。
あれだけ彼女のことを思っていてもその奥の奥まで
見抜けなかったんですねぇぇ。
倉石はさすがだわ。

新参者 六話

May 29 [Sat], 2010, 8:13
もー。どうなってんの〜。
出てくる人物次から次へと違ってて・・

結局やっぱり当初の見立て通り、三浦友和が犯人?

今回は峯子がケーキ屋さんでとった電話の相手が
誰なのか?でした。
電話の相手は峯子の親友であり第一発見者の多美子
彼女の婚約者のコウジタチバナ。

彼は峯子と会う少し前に多美子に電話をかけて
多美子が峯子と会う時間をずらした。
そして自分はその時間帯に峯子と会う約束を
取り付けていたと・・・。

今度こそ絶対にこいつが怪しい?と思えたのに
やっぱり違ってましたね。

彼は多美子と本当に一緒になってパリに行きたいと
思っていたけど、峯子のことが心配な多美子は
イエスとなかなか言ってくれなくて
イライラしていたんだけど、
あのときわざわざ多美子と会う時間をずらしたのには
わけがあって
多美子とコウジがであったのが何年か前のちょうど
あの日にちあの時間だったわけですね。
その時にこそプロポーズを!と思っていた。

それにしても面倒くさいことを思いついたものですよ。
お陰で多美子までコウジのこと疑ってしまったし、
もちろん刑事たちも松宮なんてもう捕まえる気満々でしたもんね。

多美子は自分が峯子の離婚を促したこと
そして離婚後の仕事を見つけてあげることを約束したこと
そして自分たちの婚約を峯子が祝福してないことを
気にしていたようですけど
実は彼女はちゃんと祝福してたんですね。

例の民芸品店のキティちゃんのお嫁さんに
夫婦はしを注文してました。
しかも桜の木の下で出会った二人を思って
桜の模様の入ったものを・・・・。

多美子はそこまで自分を責める必要はなかったみたいですね。

ということは・・やっぱり犯人は三浦友和????

はっきりしろ〜〜。

龍馬伝 二十一話

May 27 [Thu], 2010, 17:53
今までは攘夷か攘夷じゃないか!だけで
藩主たちは動いていたのに、そこに朝廷か?幕府か?
も加わってどんどんややこしいことになっていた
ご時世。

ついにその決着と言うか区切りと言うか?そんなものが
決断されちゃった。
朝廷時の天皇さまがこういった。

「俺は外人が嫌い。って言っただけで、別に切って殺せとか
言ってないしー。」

これを聞いた攘夷信者はそりゃもう大騒ぎ。
「ええ!聞いてないよー。」そして攘夷を推してなかった人たちに
「お前ら〜。天皇さまのいうことを変な風に取りやがってぇ。
とっとと出ていけ〜」

ってなものです。
そうして今や「攘夷もそうなんだけどさ。
こういうことをちゃんと決断できない幕府ってどうよ?」
という気運が高まってきちゃって
薩摩と長州は互いにいがみ合うようになっちゃいました。

そんなこんなで半平太のところにも魔の手が忍び寄ります。
意外と世渡り上手な土佐藩主の容堂さん。
「ま。俺はなんとなくこうなるんじゃないかってわかってたけどねぇー。
ってことで、攘夷。攘夷。って偉そうに言ってるやつらは
牢屋に入れちゃってー。」

とこうです。
半平太はこんな容堂さんにびっくり!
でも藩主の言うことには逆らえません。
しかもそれでも半平太は容堂様は攘夷をしたいと思ってるはず
とまだ自分の過ちに気付いていません。
(っていうか上げたこぶしを下ろすことができなくなっちゃってると言うか)

結局、土佐の勤王党にいる人間たちは
すべて牢屋にぶち込まれることになってしまったようです。

半平太と富の別れはつらそうでした。
全部藩主様のためと思ってやってきたと思っていた
半平太でしたけど、どうやら時代の波に乗れなかったみたいですね。

龍馬は今回あんまり出番なしでしたね。
勝先生が止めてくれたから
龍馬は生きながらえたと言うべきか。

この時代、(今でもそうですけど)時代をきちんと見極めて
流れに乗れるかどうかって大事だったんですね。
半平太は不器用すぎました。



今日の漢字

May 25 [Tue], 2010, 10:39
≫●●を漢字75文字で表すと⇒狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂狂好変人

どうやら昨日の漢字75文字っていうのは
日替わり占いのようなものらしい。

今日は変人って出た。
っていうか本名でやると変態チックな漢字ばかりなのはなぜ?

TVのない生活

May 24 [Mon], 2010, 20:38
テレビのない生活を送っていると
いろんなところに遊びにいけますね。
しっかりといろんなブロガーさんの
過去1週間分の記事を読みなおしたり・・・・。(嘘だけど)
それくらいの感じあります。

ところで、ツイッターで良く見かける
あなたを感じ75文字で表すとっていうのをやってみました。

みのむしでやったところ。
≫みのむしを漢字75文字で表すと⇒秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘秘超天才

だって。。。ほほぉう。
最後の超天才が気に入ったな。


ちなみに、本名でやったらこうだっ!

●●を漢字75文字で表すと⇒嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘凄性欲

すげえな。私。。。。
なんとなく当たってなくもない。


あなたを漢字75文字で表します。

新参者 五話

May 24 [Mon], 2010, 19:58
一週遅れで感想を書いてます。
今回のお話は、ケーキ屋さんのお話でした。

峯子が友人に送ったメールの中にまたまた
ヒントになるような文章が。
いつも同じお店に通っていて
相手に気付かれてるかもしれないけど
でも見守ることにした。

峯子が誰かの出産を知りその人のことをこっそりと
応援していた。
その出産間近なのは誰か?

ってことで、このお店に目を付けた加賀たち
そしたらそこにいましたよ。
今にも生まれそうなおなかをした店員さんが
峯子はこのお店にしょっちゅう通っていて顔なじみだった。
だけどお店の店員さんは峯子のことを
常連さんという意識でしかなかった。

でもその妊婦の店員さんにはいつも微笑みかけ
そして殺された当日にもやってきて
プレゼントを渡して帰って行った。
プレゼントの中身はわんこのぬいぐるみ

このぬいぐるみ実は安産のお守りで
人形町の土産物屋で売っているものだった。
峯子が何故これをくれたのかもわからない店員だったのだけど、

実は峯子の勘違いだったんですね。
友人は峯子の息子をこのあたりで見かけ、
そして息子のほうは見失ってしまったけど、その彼女である
亜美のことを追跡した。
そして銀行の角を右に曲がった喫茶店で働いていることを
知らせた。

峯子は息子の彼女がどんな人かを確かめるために
喫茶店に行ってみたのだけど、
友人のメールから2週間後一つ手前信号にある。別の銀行が
友人の教えた銀行と合併したために
同じ名前の銀行が二か所に増えていた。

峯子は手前のほうの銀行を曲がった角にあった
このケーキ屋さんの店員を息子の恋人だと
勘違いしていた。

だから毎日通って見守ることにしたんですね。
彼女が臨月近かったから変に自分の素姓を話すのは
良くないと思ったようで・・・・。

亜美が容疑者!ってな予告だったので
とうとう!とか思ったら全然違ってました。

でも許容範囲というか想定内だったかな。
にしても・・・亜美はこれで容疑者から消えたってことで
いいのかしら??

ケーキ屋さんで殺された当日掛ってきた公衆電話からの相手
これが次の犯人?っぽいですよね。

TVが壊れた。

May 23 [Sun], 2010, 18:59
私が命よりも大事にしていると言っても過言ではない
TVが壊れました。

もうずいぶんと前から声は聞こえてなくてDVDレコーダーに
回線つないで、何とかしのいでましたけど、
(どういう原理で出来てるのかはさっぱりです。
旦那さんがやってくれたので!)

今日は朝からうんともすんとも映像が映りませんがな!

修理は明日来てくれるのですけど、
今日はなんだかお通夜のようにしんみりしておりますよ。

昨日取ったものも観てない。。。。
つーかうちのテレビこれで5度目の修理なんですわ。

一回目画面に真っ黒な縦線が出た時は、
丸ごと変えていってくれたんですよ。
それがどうですか?
その後も不具合不具合ですよ。

ふざけるなぁぁぁ。って感じです。
思えばこのプラズマを購入したのもプラズマが
流行る前だったような・・・。
新しいものを出たばかりで購入したのがいけなかった!

そういえばエコキュートも全部とっかえて言ったよなぁ。
あんまり最新式のものに手を出すのも考えものだよねぇ。
つーか全部旦那さんがそういうの好きだから
困るんだけどさぁ。。。

ほんと!うちの家電ってよく壊れて修理に出すこと多いんだよねぇ。。。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)