風のガーデン 四話

October 31 [Fri], 2008, 19:22
を見た。

よさこい祭に行った貞美、連絡を取り合いながら
ルイの踊りを見守る。
でも結局その後に会う約束をしていたのにルイが約束をすっぽかす。
父親よりも不倫相手のほうに未練があるらしい。

お父さんよりも不倫相手が大事なの?と親戚のおばさんに言われた
ルイは父のことをそれほど重要とは考えてないみたいでしたね。
それよりも大阪に去って行ってしまう恋人?のほうが大事だった。
でもさ・・ここまできたらほとんど脈なしと思ってもいいと思うけど
最後の別れくらいはきちんとけじめをつけたかった。っていうのも
わからないでもない。

貞美はルイには会えたがその後岳に会うために風のガーデンを
おとづれる。
貞三に教わった変な花ことばを一人ぶつぶつ話しながら水を
あげる姿をお遠くから見守る貞美。

空港近くの花やではしっかりと貞美のことばれてましたね。
帰りにその花やによってましたね。
昔を懐かしんでいろいろと話してました。
ここでも女の話・・・・。貞美は本当にあちこちに女がいるようですわ。

一方で、東京では二神が入院しているとマスコミがかぎつけて
とうとう写真まで撮られてしまう。
謝罪をしなければ・・・と病院長はそれを貞美に押し付ける。
貞美は二神と話をしながら自分の病気のことも告白する。

二神のよわよわしい言動に貞美も本音をさらけ出しましたね。
他の誰にも言わなかった自分の病気のことを素直に・・
それは二神にとっても救いで、貞美にとっても救いのように見えました。

ところが前回パッチを貼っていることを知ってしまった。
妙子は貞美に問い詰め、病院長も知ることになってしまいました。

病気をい妻でも隠し通しておくのは無理でしょうね。まして
医者なのだからみんなの協力も仰いでいかないと・・・
そういう意味では今回みんなに知られて良かったですね。


風のガーデン過去記事
1話 2話 3話 4話

人気ブログランキングへ

OLにっぽん 四話

October 30 [Thu], 2008, 19:02
を見た。

結婚おめでとうございます。と会社のみんなの前で発表されちゃった
神崎。
みんなはええ!と驚きつつもお祝いムードなのに
中国の二人は家もお金も持ってないのに結婚するなんて
貧乏くじです!ときっぱりはっきりとものを言います。

中国では家や金を持ってないと結婚する気が起きないそうです。
さすが中国というかんじですけど、でもたしか・・・日本もバブルのころは
三高というのが条件のお嬢様たちがたくさんいましたよねー。
あれと一緒ってっこってす!

ところがそんな浮かれ気分も吹っ飛ぶような出来事が
中国のマニュアルに改ざんの跡があると・・・
前の支社にいたころもこういうことがあったと部長。
神崎に犯人を突き止めなさい!と言いつけます。
ところが神崎はそれはできないときっぱり!
それをすぐに受け取ってちび太が犯人探しを請け負います。

結婚してやめるために婚約パーティを開いてくれようとする
後輩たち・・ところが段取りが悪くて、神崎がテキパキとパーティ会場などを
抑えちゃいます。
なんだか・・・それって悲しいことなんじゃ!
後輩たちもそこは神崎に任せちゃいかんでしょう〜。

そしてこのパーティーに出席してきた伊藤部長
彼は都留に対してこそこそと耳打ちします。
それを見ていたちび太、都留が怪しいとにらみます。

その後各部署のメールのチェックをするように言い渡される神崎
都留のメールに不審なメールがそれを問いただすと
神崎さんのお祝いのパーティのことですよ?と言葉を濁されます。

ところが都留が伊藤部長に言われて改ざんをしていたのでした。
こんなことをするなんてサイテーと神崎は都留を攻めますが
それよりもこれからどうすればいいかを考えようと
神崎は課長にも部長にも自分がミスをしたのだと報告。
そして都留もまた、伊藤部長からデータを流出させろという
命令を拒否します。

都留ちゃんもまさか神崎のこと好きだったなんて。びっくり!
神崎モテモテだなぁ〜。

リンたちが言ってた、自分の夢に向かって何かをすることは
生きている楽しみだと。
でも都留もそれを見失っていた。
ほんとはミュージカルをやりたかった。
でも目の前の昇進を言い渡されてついそちらに気持ちが傾いて
しまった。
でもそんなことをして勝ち取ったものなどは楽しいものではないと
気がついたんですね。

生きていくために仕事をしているのだけど、でもそこに
楽しみを見つけられないようなそんな仕事は生きてる値打もない
ってことなのかな?

仕事が嫌だ。嫌だと思わずに楽しみを見つけろってことなのかな?
そう思うと結婚でなんとかしようとしている神崎も同じですよね。
来週は神崎も考え直すのかなぁ???

OLにっぽん過去記事
1話 2話 3話 4話 きじ5話

泰葉さん・・・・

October 30 [Thu], 2008, 9:17
朝のワイドショーを見ていたら泰葉さんが
終結宣言とやらをやってました。
え?離婚してからなんかあったの?と思っていたら
なんか騒動を起こしてたみたいです。(しかも一方的に・・・)
なんか彼女らしいですね。
話を聞いてるとどうやら泰葉さんがプロデュースした亡き
父親のことを扱った舞台の演出と出演を断ったからだとか・・
でもさぁ。離婚してるんでしょ?だったら普通は降りるよねぇ?
違うかなー。それに対して何でやめるのよ。って
脅迫メールを250通送るってのはなんかちょっと子供じみてるって言うか
意味不明でした。

小朝師匠にしてみたら離婚したのに元妻の父の舞台の演出や出演って
どうなんだろう?と
そういう意味会いもあるんじゃないかと思うんです。大人だし・・・・。
なのに自分の父のことを雑に扱ったとかもっと関わってほしいとかって
なーんか次元が違うって言うか。
この人って子供のころから相当わがままにやりたい放題にされて
育ったんでしょうねぇ。それか極度のファザコン?
集まった報道陣もよくあの会見をちゃんと聞いていたなーと
感心してしまいました。
えっと・・誰だったけかなぁ?峰さんの奥さんが小説家
になりたいと言った時にマスコミが何事?といって会見にいき
あまりにものあほらしさに途中で退席したってのがありましたけど、
今回もそれと同類な様な気がしました。

っていうかこれは一平さんが三平を襲名披露する時に
同時に演じるものだとか・・・
そのための話題つくりだとしたら・・・・こういうやり方は
弟さんに対してあまりにもかわいそうって感じがします。
もっと正当な方法できちんと襲名披露しますから見に来てね♪
ってやればいいのにねぇ。
マスコミをうまく使ってるといえば使ってますね。
でもこういうやり方する人は嫌いだわ。
それにしてもこの一家ってなんかちょっと変わってるよね?
騒動起こしてマスコミにかまってもらって仕事貰おうとしてる感じがする。


追記:なんか他にも脚本家さんやらなんやらとゴタゴタ
もめてたみたいですね。そっちはどうなってるの??解決してるの?
マスコミはそっちを聞きたいんじゃないの?
なんかさぁ・・・・この人っていったい何なの?って思ってしまうわ。
同情してほしいのかなんなのかしらないけど、
こういう内輪もめをいちいち記者会見開いてみんなに発表するっていう
神経がわからん。

2008グランプリシリーズ(アメリカ)

October 29 [Wed], 2008, 8:40
を見た。

やっぱキム・ヨナ選手は強いわ。
非の打ちどころがないっていうのかな?
一回トリプルジャンプがシングルになったけどそれを
もろともしない。その後の演技!
観客も私もジャンプ失敗したっけ?って忘れるほど!

曲をしっかり聞いてそれに感情をつけてしかも難しい技を繰り出す
できるようでなかなかできないことを簡単そうにやってのける。
やっぱ女王の風格ですねぇ〜。本当にすばらしいって感じでした。

特にダブルアクセルからのコンビネーションジャンプの2回目のジャンプの
高さはすごいなーって。。
びkっくりしますよ。

中野を20点以上上回る点数での優勝はまぁそうでしょうねぇ〜。と
言わざるを得ないですよね。

そして中野さんですよー。
この人の左足踏切のジャンプのときはいつも不格好なんですよねぇ。
そこがどうしてもあれなんですけど・・・
表現力をさらに高めてスピンやスパイラルでの点数を稼いでいるようでしたね。
トリプルアクセルをあえてやらなかったのもまぁ正解だったかなぁ?

でもどの演技も丁寧で綺麗でしたよねぇ。
安藤とどちらがすごかったかといえば私も文句なくこちらです。
正直去年の世界大会のときも実質中野のほうがすばらしかったと
思ってるくらいなのですよね。
確かに大技を繰り出してないから点数は低かったけど完成度の高さは
すごかったし、みんなスタンディングオーベーションだったくらいに
よかったもん。
(まぁ素人目には・・ですけど・・)

そして安藤ですね。
4回転封印してきましたかぁ〜。でも調子がいいのならやらせてあげれば
いいのにモロゾフさん〜〜〜〜。
そういうところで、やらせないと選手のモチベーション下がりませんか??
失敗してもやってみて感触つかめたら次につながりそうなのにねぇ。
まぁ。いいですけど・・・。

それにしても今回安藤はなーーんでもないところでの転倒やふらつきで
点数を下げちゃってましたね。もったいない!!本当にもったいないです。

あとコンビネーションジャンプが(私などはちゃんと飛べてる)と思ったのに
ジャッジの厳しいこと!
何度も何度もスローモーションにして見極めてるんですねぇ。
こりゃ真央ちゃんも苦戦をしいられそうだなぁ。なんてみてました。

でも去年と思うと笑顔も戻ってきたしやる気もありそうなので
中国大会待ちに待ってます。
それにしても安藤は2大会ともキムヨナと対戦かー。
なんかかわいそうだよ〜。

セレブと貧乏太郎 

October 29 [Wed], 2008, 8:25
を見た。

チームバチスタ。録画してなかったーーーー。がっくし orz・・・
昨日に限って頭が痛くて寝てしまったのよーはうーん。

前回のキスに続き今度は太郎のいる町商店街にまで
アリス財閥の魔の手がーーーー。
って裏で手を引いてるのは、あの坊ちゃん?とママン!でしょうなぁ〜。
ったくふてーヤローだ!

キスをしたところをマスコミ各社にいろいろ言われて太郎の周りも
大騒動!
困っちゃってるところへアリスのママン!が突然会社にやってくる。
こんな貧乏な男と付き合ってるの?あなたとアリスは住む世界が違うのよ?
と言われて太郎は困惑。
こんな貧乏な男と同じ生活なんてできないでしょ?
と売られたケンカに、アリスはできるわよ!と思いきり買ってしまい。

なんだかわけもわからず一緒に住むことに・・・
ところが超がつくほど貧乏な太郎の家で不自由しまくりのアリス。
おなかがすいたので商店街にくりだすが、
カードで買い物もできない。
仕方なく家に帰ると棚の上に封筒が・・その中のお金を使いまくって
食べ物をゲット・・・

ところがその封筒のお金は商店街の祭りのための大事な費用だった。
商店街の人たちに返済を迫られお金を取りにアリスは家に戻るが
あなたは貧乏な生活ができるって言ったわよね?とママンに言われて
しぶしぶかえる。

ところが返済のあてがなくて商店街で働くことに・・・でも
やることなすこととんちんかんで商店街の人たちも爆発!
ところがこの写真を撮っていたカメラマンのブログ?が目にとまり
若者たちが商店街に殺到!
おかげで募金も集まり祭りを開くことができた。

だけど・・・・・。そのころこの商店街を買い上げてアリスタウンなるものを
つくる計画が持ち上がっていたのだった。


アリスちゃんブラックカードなのねぇ〜。
でも商店街でカード使える店なんてないよなー。
小銭も持ち歩いてないのかアリスちゃんは・・
しかも携帯もカードも使えなくされていてにっちもさっちも
いかなくなっちゃう。

それにしても太郎は懐が深い一応はアリスのことを怒ってみる物の
商店街の人たちに頭も下げて・・・
アリスもちゃんと謝ればいいのに
あyまらないし〜。その辺は相変わらずお姫様体質のようね。

でもお祭りが開かれてそれに参加したアリスはうれしそうだった。
アリスが商店街で見かけたということで棚ぼたで募金集まったけど・・
いや。商店街にはいくだろうけど募金まではしないだろう〜。
と思ってしまったわ。

それにしてもやっぱお金持ちのところには自然とお金が集まるもの
なのね・・・貧乏人はどこまでいっても貧乏・・・
自分を見るようで嫌だったなぁ〜。しみじみ。

それにしても・・・アリスタウンって・・・・
あそこが一等地という感じもしないのに・・・・
何故?やっぱあの坊ちゃんの悪だくみ?
そうまでしてアリスを手に入れたいの??

ママンはきっと坊ちゃんと裏で手を組んでるのよね?
それで財閥をもっと大きくしようとしてるのかしらん?

セレブと貧乏太郎過去記事
3話 4話

人気ブログランキングへ

イノセント・ラブ 二話

October 27 [Mon], 2008, 22:57
を見た。
なんとなくありえへん展開にむむむ??って感じになってきたよ。
一応温かく見守るけど・・・

仕事は結局辞めちゃったから新しいところを探したのね。
駅の掃除をする人・・・
なんで佳音はこういう人がやらなさそうな仕事ばかり選ぶんだろう?
あの若さならもっといい職がありそうなものなのに・・・。

でもって絢也を見つけて尾行・・・ストーカーだよ〜。
私の過去を知ったらみんな去っていくからって・・・
そんなことをしたらみんな去っていくにきまってるよぉー。

そして家に言ってみるとちょうど鍵が開いているからって
部屋まで入っていくって・・・どこまでも危ない子だよ〜〜〜。
そりゃ不審者扱いされて怒られもするでしょう。
まだあの程度で済んだのは本当に絢也が超がつくほど
お人好しで聖花のためだけに生きてるようなものだからなんだよ〜。

でも佳音が部屋まで侵入したおかげ?で聖花がほほ笑んだ。
ということで、昴に頼んで、部屋を掃除するのを頼むなんて
こっちもどうかしてるーーーー!!

部屋の掃除をすることで聖花が絢也にやきもち焼くからって・・
確かに眼もぱちぱちし始めたし・・少しは刺激があったのかも
しれないが・・・

昴は絢也のことが好きなんだねぇ?
聖花の呼吸器をはずそうとしてた。
絢也を独り占めにしたいの?だったら、佳音をあの家に招き入れるのは
うれしくないはずなんじゃ?
なのに、「これからも絢也を世話してやってほしい」なんて
火に油注ぐようなこといっちゃって・・・
佳音はしっかり奥さん気取りになっちゃってるよ。

ところであの記者。耀司のところにもきましたね。
最初は両親を殺したと自白したのに、一変して今はやってないと
いいはるのはどうしてか?って・・・
あの記者耀司が誰かをかばってると思っているようだ。
かばっているのはやっぱり佳音のこと??
でも彼女はすっかりそれを忘れちゃってるってこと?

佳音にも兄はえん罪かもしれないから真実を追求しよう
なんて甘いこと言って佳音と一緒に事件を暴いていこうとしてるよ。

それにしても聖花はどうして植物人間になったんだろう?
昴の話だと、結構遊んでる女っぽい感じだったね。
どちらかというと絢也を振り回していたって・・・
小悪魔な女だったってことなのか?
今では絢也も俺は彼女のどこを愛しているんだろう?なんて
言ってるし・・・。

この二つの謎が解けるまではなぜか見続けてしまいそうだ。

イノセント・ラブ過去記事
1話 2話 3話

2008グランプリシリーズ(アメリカ)

October 27 [Mon], 2008, 8:23
いやいやいや。またこの時期がやってきましたねー。
ドラマの合間にフィギュアを見ないといけなくて
これは大変です。

とはいえ、ドラマはすべて録画でこれをリアル視聴してますよ。

シングル男子!
小塚くん!!優勝おめでとう!!!!
もう彼は本当にかわいくてですねー。
好きなんですよぉ〜。
いつもは繊細で丁寧な滑りをしてくれるんですけどね。
エキシビジョンなどでは結構ハイテンションな曲で滑ってくれるので
ええ!とそのギャップに驚いたりするんですけどよかったわ〜。

でも・・ちょっと言わせてもらうと昨日のすべり
最初の4回転は着地に失敗、そのあともジャンプの後どんづまり!
ってのが見られたので、、ああ。これは優勝なしだなぁ〜。なんて
思ってました。
でもそのあとに滑ったジョニー・ウィア選手とエバン・ライザチェック選手が
意外と点数が伸びなくて小塚君優勝だったのですよ。

でもエバンさんは確かに4回転転んでましたけど、その後は無難に
終わったと思ったのに141点代ってのがびっくりでした。
3連続ジャンプの一番最後が回転不足と取られて2連続ジャンプ扱いに
なってしまったのかなぁ?と;・・・

それにしても小塚君おめでとうございました!!!
うれしさのあまりか。なんでおれ?って思っていたのか
インタビューにもまともに答えられてませんでしたね。
そこがまた初々しかったです。

人気ブログランキングへ

篤姫 四十三話

October 26 [Sun], 2008, 19:07
を見た。(先週見逃しました。土曜日の再放送さえも見逃したガッカリ!)
家茂の死が大奥にも伝えられて悲しみにくれる篤姫と和宮
和宮には家定からお土産にと京の西陣織が
形見として贈られます。
それによってさらに和宮は悲しみにくれて
京に帰ると言い出します。

家茂の最後はどうであったか?と勝に聞く篤姫
それはそれは安らかに眠るように逝かれました。と聞き
悲しみにくれます。が同時に
篤姫と和宮を頼むと言っていたと聞き、
篤姫は感慨深いものを覚えるのでした。

ところがそう思っていた矢先、帝が亡くなってしまうのです。
私がちゃんと任務を果たさなかったのがいけなかったのか?
と自分を責める和宮でした。

周りの人間は和宮が京へ帰ることに対して疑念を
抱くのですが、篤姫はこのような時だから帰りたいのも
無理はないと止めようとはしませんでした。

それを聞いた和宮は篤姫様はなぜそのようにお強いのですか?
とたずねます。
私が強いのは家定さまがそばについているからだ。と答える
篤姫・・それによって和宮もまた、このような時だからこそ
逃げるのではなく、江戸に残って徳川を守っていこうと
決意するのでした。

そのころ、薩摩では小松が上洛をしようとしていました。
長州が幕府を打つことはないだろうと・・・
お近にお琴と別れてくると宣言して出かけますが、
京ではお琴が子供を抱いて待っています。

小松様の子供ですよ?
と言われた小松はあたふた・・「わたくしの?」と
すっとんきょうな声を出します。
ったくもー。わたくし以外にお琴がどうやって子供を
産めるって言うのよ。このカマトト野郎!

そしてすっかり子供にメロメロ
世継じゃーとかぬかしています。
ったく・・・小松・・・なんだよおまえは・・・。

そして家茂亡きあと、亀之助では小さすぎるということから
慶喜が政権をとることになっていくのです。
篤姫は幕府に慶喜の後継は絶対に亀之助に!
と念を押すのでした・・・

ところがニヤリとたばこをふかしながら笑う慶喜・・・
彼の思うところはなんなんでしょうか・・・。


篤姫過去記事
一話 十話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話 十七話 十八話 
十九話 二十話 二十一話 二十二話 二十三話 二十四話 二十五話 
二十八話 二十九話 三十話 三十一話 三十三話 三十四話
三十五話 三十六話 三十七話 三十八話 三十九話 四十話 四十一話 
四十三話 四十四話

人気ブログランキングへ

ブラッディ・マンディ 三話

October 25 [Sat], 2008, 21:52
を見た。
折角優しくしてあげたのに馬鹿ね!とピストル向けられたけど
近くのビルの屋上からマヤめがけて警察が発砲!
藤丸助かりましたよ。
しかも警察に知らせたのはほかでもない藤丸自身!
カーっ!!かっこいいっす!
まさか音弥に電話すると見せかけて警察にかけてたとはーー。
おばちゃんすっかり騙されたよーーー!

警察に連れて行かれたマヤと藤丸。
マヤはなかなか組織のことに口を割らずに
しかたなくその道のスペシャリストにお任せすることに・・
「おれは殴ったりけったりで吐かせるけどな。」
「私たちはそんな乱暴なことはしませんよ。」
と言いながら、電流ビリビリのほうがひどいと思うのは私だけ?

でもって、そのころ警察の隔離病棟?には
例の看護婦さんが・・・でも彼女はウイルスを体内に
持っていながらも発病はしない。
どうやら彼女がウイルスに感染してから取った行動に
発病を遅らせる作用があるらしい。
それを研究すれば・・・と言っていた敷村先生が

アゲハ蝶男に拉致されたー。と
思ったら、それを手引きしたのはなんと藤丸の父だったー。
父は藤丸にお前たちのことを守るとか言ってたのに
敵だったの??

そのころ、なかなか口を割らないマヤに対して
加納がもっと電力上げろ〜。というと観念して
テロリストのアジトに連れていくと約束。
でもそれには藤丸も同行してほしいと・・・

テロリストのアジトに行くまでにマヤは藤丸をかく乱させる
ようなこと言ってましたねぇ。
「あなたのお父さんは私たちの仲間よ。そして
この中にも私の仲間がいるわ。」って・・・

後ろにいる車を見てつけられてることに気がついた
加納たちは、駐車場に入って車を撒くが、そのあとの一言で
藤丸は誰がスパイなのかを知る。

てっきり「あの青い車を捕まえれば済むことだろ?」
といった加納だとばかり思ってたよ。
でもその前に青い車と言ったのは宝生・・・
だから宝生だったのねー。

いや。旦那と二人であの言葉のどこがおかしいのか?って
CM中に議論してたんだけど、
その前に言った宝生が怪しいとは思わなんだ。
トンネルの中で青い車がはっきりと認識できないってね。

でも加納さん撃たれちゃったよーーー。どうするんだよ。藤丸!
っていうか本当に藤丸のお父さんは敵なの?
敵だと思わせといて実は味方ってことだよね?
私は藤丸のとうちゃんを信じるよー。



ブラッディ・マンディ過去記事
1話 2話 3話 4話

人気ブログランキングへ

チーム・バチスタの栄光(上)

October 25 [Sat], 2008, 20:12
商品がありません。
海堂尊のミステリー、チーム・バチスタの栄光を読みました。
ドラマが始ってから読み始めたの。
それってどうなの?って感じですけど、映画を既に見てるので
あれに近い感じなんだろうと推測されたので
読んでも大丈夫だろうと決断しました。

さすが「このミス大賞」に選ばれたことはあるという感じです。
あ。でもまだ上巻しか読んでませんけどね。
面白いです。

映画の場合は竹内さんが・・・ドラマでは伊藤君が演じていますけど
そのどちらにも当てはまらない主人公田口君がいいです。
彼の無気力〜。な感じがこの本を面白くしてますね。

無気力と言っても何もしないわけではない。頭もそこそこ切れるし
言うべきことはズバン!と大学病院の教授に対しても言う。
だけど大学病院という組織にあって、この人の位置がすごいっていうか
よく生き残れるよなーと
この調査を依頼した高階教授じゃないけど思ってしまいますよ。
高階教授は彼のこういうところが面白い
(権力の中に決して入ろうとしない自分の世界を持っている)
というところに目をつけて彼に白羽の矢をたてたんでしょうね。

上巻ではとりあえずチームバチスタの面々一人一人に事情を聴くということで
終わってしまっています。
まだ白鳥のしの字も出てきていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
田口公平は、東城大学医学部付属病院の神経内科にいる。
彼のもとに突然病院長から呼び出しがあり、
この大学病院のエースである。チーム・バチスタの
術死に対する内部調査をお願いしたいという申し出があった。
何故窓際の俺が外科のエースたちの調査をしなければいけないのか?
と不思議に思う。
だが、この術死には不自然な点があり、
病院内のリスクマネジメントにすぐに調査をするのは
性急すぎるというのだった。
チームバチスタを引っ張っている桐生がその申し出をしてきたと
聞き驚く田口だったが、とりあえず聞き取り調査を始めることにする
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人一人を田口が丁寧に調査していく過程が面白かったです。
それぞれに個性があり、それぞれいろんなことを感じている。
それを田口はうまく聞きだしていて、
それはやっぱり神経内科だからこそなせる技?とでもいいましょうか?

人気ブログランキングへ
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)