正義の味方

July 31 [Thu], 2008, 18:38
感想を今まで書いてこなかったけど意外とはまってるのが
これです。

毎回お姉ちゃんのとんでもない。自己中な行動に
妹が振り回されてお姉ちゃんのとんでもない自己中な行動が
なぜかいつも良いほうに転じてなぜかおねえちゃんは世間で
「正義の味方」になっちゃうという・・・・。

もう気軽に見られてわはは〜〜〜。って楽しんでます。
志田ちゃんがコミカルなのでそれほど、お姉ちゃんがひどくて
理不尽なことをやらせてるように見えないところがまたミソですよね。

ゴンゾウ  五話

July 31 [Thu], 2008, 18:11
じっくりと地に足のついたドラマを見せてくれるゴンゾウ!
刑事ドラマをやらせたらやっぱりテレ朝は日本一ですねぇ。

地道な捜査な感じがいかにもテレ朝風・・・。
でもそこがまた魅力的。
しかも一つの事件でこれだけ話を引っ張るなんてすごい。
そして、それにも関わらず毎回新事実が出てきて
徐々に事件が解決していくというこの手法も面白い。

前回は天野もなみの東京に出てきてからの足取り
前々回は、もなみが打たれた時に現場を見ていたであろう人間の取り調べ
そして今回は殺人にかかわった拳銃の出所
少しずつですが真相にたどり着いています。

そしてそこで黒木の過去も明らかになっていくという。
この構造がまたうまい!
思わず引き込まれてみてしまうドラマです。

拳銃が普通の拳銃ではなかったために逆に足がつきやすくなって
すぐに突き止めることができた黒木たちだったけど、
本当は末期がんの奥さんを旅行に連れていくためのお金がほしかった
こともあったが、実は技術師として
お父さんは、幻の拳銃を作ることが楽しかったといっていた。

だから悪いことに使われるとわかっていても直してみたかったと・・・
でもそれで人が殺されたことを知って自らの手を打ち砕き
そしてたぬきと呼ばれるブローカーを探そうと決意する。

ブローカーを突き止めるお父さん
なんとか追いつめるけど、結局逃げられてしまいましたね。
しかもそれまでやたらと張り切っているように見えていた
ゴンゾウもこのお父さんを助けるときに
過去のことを思い出してしまった。

自分も同じような境遇であったがために、
自分を一番信頼してくれていた女の子を死なせた罪の意識に
さいなまれて、精神が錯乱してしまう。

どうやらゴンゾウは過去に女の子を死なせてしまったんですね。
しかもその子のことをゴンゾウも心底好きだった。(恋愛感情ではないほうの)

薬を再開したといいましたが、それでも出てくるフラッシュバック。
この事件がゴンゾウの過去もえぐりだしていくようですね。

ゴンゾウ過去記事
七話 八話

モンスターペアレント 五話

July 31 [Thu], 2008, 18:01
今回はモンスターではなく、本当にたたいたのにそれを
隠ぺいしようとした校長のお話でした。

会社などの社長が校長に就任して学校を指導する。
最近はそういうのも聞いたりしますけど、
会社ではある程度の大人を相手にしているけど、
今回は社員にあたる子供だけじゃなくその保護者まで
ついてくるので、さすがの校長もお手上げだったわけですね。

自分の名誉や地位におぼれるあまり肝心の子供のことを
まったくおろそかにしてる校長でした。

そこが外から来た人が好調をやるということの盲点だったかも
しれないですね。

放課後の学校で教師が、子どもを殴ってしまった。
子供の親は当然怒ってのりこんできますが、
校長はのらりくらりとかわし、それを高村に押しつけてきました。

そして事実はなかったとして保護者を一方的にモンスター扱いし
さらに校長は雑誌にそのことをはなし、記事にしたててしまいます。
行き場を失った保護者は自分が悪かったのだと
反省するのですが、他の子供がこの事件を見ていました。

本当はかっとなって殴っていたというのです。
最初は先生のほうが保護者に謝ろうと言ったのに
校長は自分の地位や名誉を保つために隠ぺいしようとします。

結果。モンスターのような保護者になってしまったんですね。

なんていうか、周りの保護者もずいぶんとこの校長を
持ち上げてましたけど、結果校長も引くに引けない立場に
なってしまったんですよね。
こういうのって本当にこわいなぁ。って思いました。

本当は違う意見を持っていても周りがそういう風に流れていくと
ついていかなくてはいけなくなってしまうっていうのかな?

北村くんのお母さん、勇気を出してあの時の事件のいきさつを
話したことえらいって思いました。
周りに流されず、悪いことは悪いっていえるっていいですよね。

モンスターペアレント過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話

ハチワンダイバー 

July 30 [Wed], 2008, 17:59
ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)柴田 ヨクサル

集英社 2006-12-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハチワンダイバー 2 (2) (ヤングジャンプコミックス) ハチワンダイバー 3 (3) (ヤングジャンプコミックス) ハチワンダイバー 4 (4) (ヤングジャンプコミックス) ハチワンダイバー 5 (5) (ヤングジャンプコミックス) ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)


旦那さんの友達に借りてきて読んでいます。
いやぁ。びっくりしました。
ドラマのハチワンはほとんど話が忠実に再現されてるんですね。

ただ、なんていうか・・・絵が・・・もうちょっとどうにかならんのかね?
っていうタッチの絵でしたなぁ。
これを思うと
ヒカルの碁 (1) (ジャンプ・コミックス)

の絵のタッチは本当にきれいでかっこよかったですわ〜。

そよちゃんはドラマのほうがはるかにかわいい。
ハチワンも・・・
それにしても途中から春日兄弟とかなんで出てきたんでしょうか?
あれをやるなら原作のままゲームセンターでネット?の将棋を
やるのをやってみたり三面対局をやったりしたほうがもっと
盛り上がったのに〜。

ちょっとそのあたり残念に思いましたね。
原作はやっと鬼将会にたどり着くところまで来たところです。
だから鬼将会がどんなものかもさっぱりって感じです。
ドラマも別に鬼将会の最後までやらずとも
鬼将会の入り口に立つハチワンの後姿で終わってもよかったのにねぇ。
あの終わり方には本当にびっくりしましたもん。笑。

それに原作ではあの幼馴染や将棋サロンの娘はでてこないのね。
どうりで彼女たちが出てくると違和感があったはずですわ。。。。笑。



ボーン・アルティメイタム

July 30 [Wed], 2008, 17:41
ボーン・アルティメイタム
マット・デイモン, デヴィッド・ストラザーン, ジョーン・アレン, ジュリア・スタイルズ, ポール・グリーングラス
B0011XVU8G


見ました〜。
ボーンが、一作目、二作目となしえなかった、自分の過去への
旅行?というべきか。を暴いていくものでした。

ボーンがなぜ、トレッドストーンに入ったのか?そして
どうして記憶を失ったのかなどなど・・・それを明らかにしていくもの
でした。

いやぁ。マッドデーモン相変わらずかcっちょええなぁ〜。
って感じですわ。

自分の恋人が殺されて、いよいよ。自分は何者なのかを
考える時がきたというか。
それに向かっていく時も本当に一人なんですよね。

とにかくアクションがすごくて毎回感心させられっぱなしですけど
今回もアクション満載でよかったですわ。

結局自分で志願してスナイパーになった。
ってことなんですよね。
でもある意味では誘導されてもいたというべきか。

最後もやっぱりボーンだな!
と言う終わり方なのがグッドでしたわ。
でもこれからも闇の世界で生きていくのかな?
それとも・・・・・
もう死んだことになってるからこれ以上は追跡されないのかしら?

続きを作れと言われたら続きができそうな終わり方でした。

太陽と海の教室 二話

July 29 [Tue], 2008, 14:46
感想を書くつもりはなかったけど、一応ちょっとだけ・・・。
我が家はハリポタ週間だったので、どうもその気持ちが抜け切れず
だったりしますが・・・。

いやぁ。前回はうざいの声が圧倒的に多かったこのドラマ
私は期待薄だったせいで、「まぁ。そこそこ見られるかも?」
と思ってましたが、

今回でやっぱりなんていうか。みんながうざいっていうのが
ちょっとわかる気がしましたね。
正直えっと織田さんがKYな感じにしか見えなくて・・・。

ってか。ツルが最高によかったっす!(ツルじゃないって?)
今回も女の子に必死に片思いする役柄でしたけど、
本当にいい奴。

吉高さんが家族の愛情が少ないからって遠足でお弁当作って言ったりとか
ずっとずっとそばにいてずっとずっと好きでいて
そんな純粋な気持ちがすごく伝わってきてよかったですよ。

ただ・・・あの要くんに拉致されていったとき?
電話を受けて濱田くんがホテルに行くんだけどさ・・
あれだけ騒いでたら、隣の部屋から誰か「何ごと?」って言って
出てこないかな?そこから助けを呼べばいいのに・・・とかね。
フロントへ行ってカギをもらって来いよとかね?

織田さんもなぜに屋上からロープで登場?とかね?
いろいろと????マークだらけでした。
しかも要くんは見つかったとたんにどこかにいって出てこないし・・・
普通ひと悶着あってもいいよね?
しかもずっとドアの前で叫びっぱなしでその中で説教って・・・
せめてドア開けてあげてから説教しなよ。
と思わず突っ込んじゃったよ。

とりあえず・・・なんか本当によくわからないドラマだなぁ。って・・・
思わずにいられなくなってきた。

ただ、生徒たち一人一人の青春群像劇はとってもいいんだよなぁ。
本当に青春!って感じでね。
普通に先生と生徒のドラマじゃ駄目だったかな?って思ったりしたよ。

あとね・・・
織田さんがホテルに行く前に急にスポットライト浴びて胸に
手を当ててたのは何?
うちの次男は
「何?何かはじまるの?」ってまるでエスパーでも見るような目で
見てたよ・・・
でも結局何も始まらず・・なんかよくわからなかったなぁ・・・。
もしかしたら変身でもするかと思ったよ。

篤姫 三十話

July 29 [Tue], 2008, 14:16
薩摩が朝廷から勅許を受けたことによって、
井伊は朝廷が幕府に口を出すようになってきたしかも
諸大名たちと組んでいると思い。

それに加担した者たちを次々と罰するように仕向けて行くようになります。
世に言う安政の大獄の始まりでした。

井伊が幕府に対して敵対するものをどんどんと弾圧していく中で
篤姫に対しても、反抗的な態度をとるのはわかるような気がします。
篤姫はそもそも一橋を推していたわけだし、
斉彬の意志は譜代も外様も幕府も関係なく今の世の中をよくしていくのが
大事と考えていたわけですから・・

だから上様ともども篤姫にお目通りをした時
「もう上様にはほかに後見人役として務める者がおります」
ときっぱりとはねつけたのはわかります。
たとえ今は、徳川の人間であってももともとは父の命を受けて
大奥に上がったことは明らかであって、
もしかしたら内部から徳川をなんとかしようとしているのでは?
という井伊の考えもあったのかもしれないです。
しかも上様がまだ若いとなれば、母親と言う地位をどれだけでも
振りかざすことができると・・・

そう考えれば井伊がああいう物言いをするのもなんだかうなづけて
しまいます。

(本当の家茂ももっと幼かったので発言もほとんどできなかったでしょうし)

ただ篤姫は純粋に事の次第をちゃんと見極めたい。と思っていたんでしょう。
そして若い上様を後ろから支えたいと思っていたに違いありません。
でもそれが握りつぶされてしまうんですね。

でも今回は家茂もちゃんと
「亡き、公方様がそうおっしゃられていたのなら、それに従わねば
なりません」とちゃんと言ってくれたことはうれしかったです。

そしてその家茂に
「母上」と呼ばれたことは、悲しみにくれていた篤姫にどれだけ
希望の光をみせたことでしょう。
自分を慕ってくれる人がいるというのは、大奥のような狭いところでは
本当にうれしいものだったんでしょうね。

ただ、城を一歩外に出た先はとっても騒がしく
大奥とはまるで別世界の出来事だったのかなぁ?
なんて思いました。

そして・・・・ひとり、またひとりと篤姫の前から去っていくものたちの
中で本当に篤姫の心の支えになっている幾島までもが
とうとう城から去りたいと言い始めましたね。

もうすでにやるべきことはやった。ただそれが果たせなかったのが
悔しいと・・・。
篤姫には「ご自分をお攻めにならぬよう」と言ってましたが、
幾島の最後の反抗に思えましたね。
そうやっていうことで、ちょっとだけ篤姫に意地悪してるような・・・。
「ほれ!みたことか!」と言いたかったのかな?
なんて斜めに見てしまいました。


篤姫過去記事
一話 十話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話 十七話 十八話 
十九話 二十話 二十一話 二十二話 二十三話 二十四話 二十五話 
二十八話 二十九話 三十話 三十一話

ROOKIES 最終回

July 29 [Tue], 2008, 13:58
今頃?って言われそうですけど、
私はここ数日間ポッターデーを過ごしてまいりましたので今頃です。

そうそう。うちの旦那さんの会社ではマジで「ポッター休暇」とやらを
申請した輩がいるらしいです。(本を読むために)
時代は変わったのう。
私も思わず、旦那さんに
「あんたも”ポッター休暇”をとればよかったのに・・」
と詰め寄ってしまいました。

暑さでどうにかなってるんだな。私も・・・・。

さて・・・・ルーキーズ最終回です〜。
もうなんですか!超感動的でした。

でも見てると痛々しくて・・・試合が終わった後に安仁屋に抱きつく
御子柴を見て
「御子柴!胸!胸!肋骨ひびはいってるんだから!
そんなことやったら痛いって、痛いってば!」

と思わず突っ込んでました。
だってそのあとも川に飛び込んでみたり、安仁屋ってばすごく
元気なんだもん。おかしいじゃん!

とはいえ、肋骨にひびが入って、この先野球ができないかもしれないと
言われた安仁屋ですけど仲間にはそのことを黙って出場
でも当然投げられなくなるんですよね。

マネージャーだけはそれを知ってるから
「フルスイングは一回だけ、全力投球も一回だけ」
と念を押すんですけど、
「おれはどうなったっていいんだ!」
って最後まで投げることを考える安仁屋・・・

確かに今勝たないといけないと思う。
でも今だけでこの先はそれでいいの?と思わず思ってしまったよ。
ここまできたら、絶対に次も!次も・・・って人間欲が出るでしょ。

今を大事にしないと・・・って医者のような気分になってしまいました。

球場の外で待っている川藤もさ。
球場にきた医者に「お願いです!これが最後なんです。
生徒の気持ちを優先させてください!」
って・・・。

でも私はやっぱり安仁屋の将来のほうが気になってしまった。
でも御子柴がそれに気がついて、安仁屋には最後の最後本当に
ピンチになったときに実力を発揮できるようにそれまでは温存しておこうって
きめて、ベンチにいない先生の代わりをしっかりと務めてましたよね。

それに若菜と桧山、若菜も手のけがで1か月は無理と言われたにも
かかわらず、それでも打ってみたいと桧山と約束するんですよね。
そして桧山・・・自分が活躍できていなかったにも関わらず、
本当なら最後・・自分だっていいところを見せたい場面で
若菜と交代、もうマジで桧山いい奴〜〜〜〜〜〜〜!!!

今岡が頑張って8回まで守り抜いて・・・そして安仁屋ですよ。
必死に、必死に頑張って・・・・そして守った。

本当に偉かったです。
そしてそれを支えたのはやっぱり川藤でしたよ〜〜〜。
ベンチに勝手に入ってきて大丈夫か?と思ったらやっぱり
高野連に監督を退くっていってたんですね。

でも一年後あいつらの前に現れましたよ。
「待たせたな。」って・・・
みんな笑顔で迎えてくれて・・・
本当によかった。

ってか秋にはスペシャル!!!そして映画化決定!!!
うひゃーーーーー。2クールにしなかったのは、そっちが
あったからなのねぇ〜〜〜〜。

しかしそれまでが長いよ〜。

ROOKIES過去記事
一話 二話 三話 五話 六話 七話 八話 九話 十話 最終回

ハリー・ポッターと死の秘宝

July 28 [Mon], 2008, 18:21
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
松岡 佑子
4915512630


やっと読み終えましたーーーーー!!
いやぁ。面白かったです。
ドラマそっちのけで読み上げました。
もうこれで終わりだと思うと本当にさびしい限りです。
でもしょうがないですよね。

いつかは終わりが来るってことですもんね。

発売日に翻訳した松岡さんが書店の前で魔法使いの格好をして
アナウンサーにコメントを求められたとき

「とてもドラマチックでした。みなさんの期待を壊さないと
思います。満足のいく結末でしょう。」
と言ってたんですけど・・・本当にそんな感じでした。
面白かったです。

ただ、私が想像していた終わり方とはずいぶん違いました。
てっきり、あの人は実はピーーーーーーで、ピーーーを持ってて
本当はピーーーなのに、違うふりをしてるだけだと思っていたし、
ハリーをピーーーーー!ってして、そしてハリーはピーーーーー!って
やってヴォルデモートがピーーーーーー!
で、最後はピーーーーしてピーーーするのか?

って思ってたのに実際は
ハリーがピーーーーーで、ヴォルデモートがピーーーーーで
あの人がピーーーーーー!でこの人もピーーーーーーで
この人がピーーーーーー!ならあの人もピーーーーーーで
あいつがピーーーーーーー!
あいつもピーーーーーーーー!

って感じですわ。ほんと!
ただね。やっぱり戦いなのですよ。そう。戦い。最後の・・・決戦!
ハリーが死ぬか、ヴォルデモートが死ぬかの戦い。
でもハリーにはたくさんの仲間がいて
ハリーを助けようと必死になってるんです。
だから、当たり前なのですけど、悲しいことがたくさん
起こるんですよね。

もう私はあの子が死んでしまったのが最高に悲しかった。
マジで泣いたよぉ〜。しくしく
でも本当に最後はよかったな。って思える結末でした。
本当によかった。うん。よかったよ・・・・。もう会えないなんて
悲しいけどなぁ。。。。


これが映画になったらどんな感じになるのか想像するだけで
楽しかったです。
ロード・オブ・ザ・リングのような壮大な戦いになりそうな感じでしたよ。
やってる規模はやや小さめ?ですが・・。笑。

そして最終章ですが、それはやっぱり女性の著者ならではの
展開だなぁ。って感じがしました。
男性だったらおそらく、最終章はなかったかもしれないなぁ〜。
って思いました。

それにしてもハリーポッターは全世界の子供や大人たちを
とりこにしてますが、なんていうか本を読み終えて
そりゃそうだよ〜。と思わずにいられない感じを受けました。


ナルニア国や、黄金の羅針盤などを読みましたが、
昔に書かれたので、古臭く感じるのか?それとも
訳した人間の技量がないのか?もともとの文章がそうなのか
わからないんですけど、ナルニアや黄金はいまいち感情移入
しにくい文章だったんですよね。
でもこれは違う。それが引き込まれるかそうでないかの違いにも
つながるなぁってひしひしと感じました。

もう一度、前の謎のプリンスを読み返したいと思います。



さて・・・・ここからはネタばれありです。
読んでない人はクリック禁止です。

魔王 四話

July 26 [Sat], 2008, 8:11
ようやくこの事件が自分への復讐だと気がついた直人。
自分には刑事の資格がないと退職届を出す。
ったく・・・。やっと気がついたのね。

そんなときに領のもとへ池畑というジャーナリストが近付いてきた
芹沢の顧問弁護士になるというのを聞きつけて
やめてほしいと頼む。
領はそれを逆手にとって「彼の息子は警察ですから」と追い返す。

でもこの追い返し方は流石ですね。
池畑に芹沢や直人の身辺をもっと探ってもっと追い詰めろと
言ってるのも同然ですもんね。
しかし、芹沢の顧問になることを決めた領に池畑は
「あなたにも知られたくないことの一つや二つあるでしょう」
と逆に弱みを握られる結果になってるけど、領はそこまでも計算づく
なんでしょうかね?

そして山野ですよ。彼が本当は直人たちにいじめられていた。
それを仲裁に入ろうとした領の弟英雄が殺されてしまった。
そういうことなんですね。
そして山野もこの事件を目撃していた。

なんていうかこれだけみんなに見られてるのに・・・それでも無罪って
どうなの?って感じだけど・・みんなにお金を渡して口止めでもしたのかなぁ?

しかも山野が前回の空ちゃんの誘拐犯。
直人は山野がこの事件の黒幕だと思い、出版社を訪ねるけど
山野は知らないとそして「君は償いをしなければいけない」と
最後にぼそっと「せいぜい苦しめばいい」って・・・
山野は一番の親友を失ったんですもんね。

直人は山野と空ちゃんを合わせて知ってるかどうかを聞き出そうと
するけど空ちゃんと山野の二人の絆は深かったなぁ。
「悪い人が聞いても絶対に知らないって言うんだよ」って・・・
空ちゃんが寝返ってしまったら計画はパーだけど
空ちゃんは案外頑固だったんだなぁ。
ただあの時の領の顔はこわばっていた。いつばれるか心配だよねぇ。
子供のことだし・・・・。

そして領とこの計画を立てたのかな?
直人が英雄の家族を探し当てるけど母親はもうすでに亡くなってるし
しかもお兄さんまでもが死んでるというのを知る。

もちろんこれは領の偽装工作だよね。
復讐のためにすべてを捨てた。自分の名前や過去すら・・・
ただ・・・・最後に出てきたあの女の人(優香)のことをお姉さんと
呼んでいた。
成瀬の性はここから来てるみたいだけど養子にでもなったの?
しかもあのお姉さん足も悪そうだし眼も見えてなさそう・・・。

魔王過去記事
一話 二話 三話 四話 七話

Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)