おせん 二話

April 30 [Wed], 2008, 21:17
いやぁ。オープニングのおせんちゃんはいつもかっこいいなぁ。
と惚れ惚れしちゃいます。
このドラマの雰囲気とマッチしてる感じがしますねぇ。

今回は味噌つくり
女将が突然やってきてお味噌を作ってほしいといいますが、
なんかみんなしり込みしちゃうんですねぇ。
女将さんの舌はそれはもうすごい舌の持ち主だし、
しかも人となりを見る目もすごいらしい。

そんな女将に江崎は月給5万なんてありえないとかいいますよ。
あのねぇ。そんな働きをしてないでしょうが〜!!

おせんはみんながしり込みしている味噌つくりをよっちゃんに
任せます。
最初は大豆を仕入れるところから、そしてそれをさらにより分ける
仕事をさせます。3日不眠不休でよりわけたのに
なんと珍品堂の主人が誤ってより分けた大豆をこぼしてしまい
またダメな豆といい豆が混じってしまい、それをまたもや
よっちゃんにより分けるように言いつけるおせんちゃん

でもあまりにもこき使いながらも
「大豆さんを大事にしないとかわいそうです。」というおせんに
よっちゃん切れてしまいます。

「大事にしないとかわいそうとかいいながら人に対しては何一つ
大事にしないじゃないか!」と・・・

よっちゃんは何もわかってないですね。
おせんはよっちゃんに、味噌つくりを通して自信をつけてほしかった
みんなからほめられるようなことをさせて
みんなとなじめるようにさせたかったのに・・。

何かできないとすぐに放り出すよっちゃんに相変わらずいらっ!
としてしまいます。
よっちゃんの先輩が現れて、その家に転がり込んだよっちゃん
先輩のおばあちゃんが作っているという味噌を使って
朝ご飯を作り、それを食べさせたところ先輩はすごく喜んで
お前はこんなおいしい味噌汁を毎日食べているのか?
といいますが、よっちゃんはそれでようやく一升庵で作っている
味噌汁がどれほど手間隙かけておいしく作ってあるのかが
わかり味噌つくりもちゃんとやろうと思うわけですね。

先輩のほうがむしろよくわかってて、進んで味噌つくりに参加しようと
してました。
そして先輩もまたみんなと協力するということがフィフティフィフティなのだ
ということに気が付くんですね。自分の妻とうまくいってないのは
妻に非があると思っていたけど、そうではなくて相手に対しての
思いやりが大事なんだということも!

うちのダンナさんがよく言うんですよね。
味噌としょうゆだけはお金を惜しまずに買って来い!って
そうすれば、どんな腕の人間でもおいしくできるからって・・・

え?それってどういう意味じゃい!!!!
と思わず突っ込んでしまいましたよ。

おせん過去記事
一話 二話 三話

おせん 1 (1) (モーニングKC)
きくち 正太
4063287092


踊れ
Micro
B00164POPK

おせん オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
B00177YVU0

絶対彼氏 三話

April 30 [Wed], 2008, 19:08
ふおほほほ。キスをするとナイトは初期化されちゃうの?
ええ〜。それじゃ危なくてしょうがないじゃん!ねぇ。
最近すっかりロボットが板についてきたもこみちくんが
笑えるわ〜。

買います!といったから契約書にサインするときに思わず
ミリオネア?ばりの引っ張り・・・・。でも結局サイン
70年ローンで月々20万なんてしがないハケン社員じゃどうがんばっても
払いきれないでしょう〜〜!!

でもそこは大丈夫!買い取ったロボットナイトにもしっかりと
働いてもらうことに!笑。
でもナイトはとにかく梨衣子と一緒にいることが大事なようで
梨衣子の会社の清掃員になっちゃう!

会社のみんなには苦しい言い訳しちゃって
天城(あまぎ)をてんじょう!って・・・。自分のいとこだと
言い張る梨衣子に笑ってしまったわ。

会社で新しい事業を任されることになった創志
梨衣子のシュークリームを役員に見せるが、
「地味だ!」とあっさり言われて却下されてしまう。
っていうか。味見くらいすれば??シュークリームって案外
業界では売れどころなんじゃないの?ケーキよりも
儲かるような気がするのは私だけ??

でもどうしてもあきらめきれない創志は、銀座の店長に
昔おじいさんが作っていたようなシュークリームを置いてくれないか?
と頼み込み、銀座の店長もその味を見てこれならいいでしょう!
と置いてくれるのだが、なんと副社長はそれを知って首という。
ええ〜。その程度で首???

なんだかこの副社長は見た目だけを重視してるけど何かを
忘れてる気がするなぁ。
そのあたりなんで社長は何も言わないんだろう?
それとも創志が副社長の目を覚ましてくれると思ってるんだろうか?

それにしても梨衣子が必死にシュークリームを作るのを手伝ってるのを
見てやきもちを焼くナイトしっかりと会社の前で朝まで待ってたんですねぇ。
「だって梨衣子が設定したんでしょ?”ちょっとやきもち焼きな彼氏って”」って
笑ったわ。

それに・・・・あの女〜〜〜〜〜。むかつくわねぇ。
梨衣子がちやほやされるのが嫌なのねぇ。
ナイトにキスまでしちゃって・・・・。
でもそのせいで初期化されちゃったよ〜〜〜。
どうなるんだ。梨衣子!
でもこれで今までうっとうしがっていたナイトのことを少しは
気にかけるのかな?

絶対彼氏過去記事
一話 二話 三話 四話 五話

学校へ行こうMAX

April 30 [Wed], 2008, 11:17
最近これの楽しみはなんといっても女装男子であります。
世の中には、どうやってがんばっても可愛くなれない女子が
いるというのに、
ちょいちょいとメークをしただけでこんなに可愛く変身する男子が
いると思うと、なんだかどんなに努力しても可愛くなれない女子から
抗議の電話が殺到しそうだ。
と思ったりします。

っていうかやっぱり元がいいというのは何をしてもいいんだなぁ。
としみじみしてしまうわけです。

それにしても回を重ねるごとに綺麗な女装男子がどんどんとあらわれて
もうなんだか本当にずるい!ずるい!といいたくなってしまいますね。

今回は(前回嵐のみんなに女装男子をスタッフとして送り込み
どっきりをしかけたんですが誰も見破れずあとでV6から男子だと
聞かされてびっくりしてた。)
のを見ていて、「もっといますよ。」というV6の面々に言われて
それじゃあ見に行ってもいいですか?
ということで二宮くんが女装男子の会場に来てましたが
もうこれが最高に面白かったですわ。

いけてるなぁ。を連発でもう本当に危ない世界に足を踏み入れそうな
位に男子に翻弄されていましたねぇ。
もうそんなところに超受けでしたわ!

しかもアクリル板を使ってキスって!!ぶぶぶー。
男子学生のほうがすっかり乗り気でアクリル板の向こうで
キスの準備してるから、男とわかっていてもどきどきですわねぇ。
もうその姿が笑えて、笑えて腹が痛かったですわ。

なんだか妄想も膨らんじゃって海岸で水しぶきをあびて
きゃっ!とかやってる姿を見たいとか・・・
俺らの中で誰が一番好みかとか・・・・。
おいおいおい。。。男だよ〜。
と突っ込みたくなってしまいました。

それにしてもこれは本当に面白い企画ですねぇ。
二宮君の狼狽振りが面白かったですわ。
男じゃなかったらいいのに!と思ってるところもなきにしもあらず?
だったのでは???と思わずにいられないような顔をしてたような・・・・。

ぼんくら(上)

April 28 [Mon], 2008, 14:58
商品がありません。

宮部みゆきの「あかんべえ」を読んでからすっかり時代物
ミステリーにはまってます。笑。

ぼんくらもそのひとつ、あるぼんくら同心が長屋で起こるちょっと
した事件を推理していく物語なのですが、
最初のうちは長屋の中のひとつの店子(たなこ)の内部事情に
よってひとつの店子が減り、ふたつ減り・・となっていったのですが、
あれ?なんかちょっと違うぞ?と思い始めたころから
どんどんと話が広がっていくんですね。

そしてどの店子の店移りにも実は裏でからくりがあったと
気が付くわけです。
その元をたどっていくと、一番初めに起こったある殺人事件と
結びつくということも・・・
そしてそれが起こってしまったのは、もうひとつこの長屋全体の
事情があったのだということも・・・

普段は面倒なことが大嫌いでのらりくらりと平和に小競り合いを
収めてきていた(見守っていた?)同心の井筒平四郎が
その重い腰を上げざるを得なくなった。
そんな物語です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鉄瓶長屋という長屋があった。北町の深川近くにあるこの長屋で
あるとき殺人事件が起きる。
普段は何事も起きないような平和な長屋での突然の殺人事件。
この長屋で商いをしているお徳はその日の朝方不振な足音を
聞きつける。
足音を追ってそこへ行くと、そこは差配人久兵衛の家だった。
そこには震えるお露がへたりこんでいた。
そしてお露はこう話す
「殺し屋が来て兄さんを殺してしまった。」と・・・・
お露の兄太助が何者かによって殺されたのだと
ところがお徳はそのお露の着物の袖口にべっとりと何かがついているのを
見つける。
この鉄瓶長屋を見回る同心井筒平四郎は小平次を伴って
この事件を解こうとするが・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初の事件、太助が殺されてしまいます。
お徳と平四郎も・・・そして誰もが一目瞭然のこの殺人事件
でもこれはほんの序章にすぎないんですね。

その後に次から次へと、ちょっとした事件が起きてどんどんと長屋の
住民が減っていくのです。
最初は久兵衛がいなくなったことによって後から差配人になった
佐吉が若すぎることが原因か?などということもささやかれたんですが
それがどんどんと違った方向へいくんですね。

短編の小説で5つほど鉄瓶長屋の話が出てきて、あれ?
「長編小説と銘打たれてるのに短編じゃない?」なんて思ってると
最後に出てくる「長い影」でその本当の姿が現れるんですよね。
だから短編の5つをじっくりと読んでおくことをお勧めします。

長屋でのお徳と平四郎のやりとりや、小平次とのやりとり、
一番の大事件になる「長い影」の話になってでてくる弓之助やおでこ
のやりとりがかわいくて面白いんです。
子供なのに平四郎よりもしっかりしているというか。
それで平四郎は本当にいろいろと推理を助けてもらえるというか。
また弓之助がめっちゃ切れ者で先回りして平四郎を支えてくれる
というか。

そしてまた鉄瓶長屋のお徳がいい味を出してますね。
この肝っ玉?おばちゃんがいないと本当に長屋が暗くなってしまう
というくらいに!
そんなお徳だけは大事にしたいと平四郎も思ってる感じがまた
いいんですよねぇ。

平四郎はのらりくらりと事件をあんまり深く考えたくないと
思っているのにどんどんと深みにはまっていってしまう。
そして小平次、弓之助、おでこ、政五郎などの活躍によって
どんどん平四郎は事件の奥深くまで入り込んでいくんですね。

最後の最後はよかったな。と思える結末ではあるんですけど、
でも・・・何も知らずに利用されていた長屋の人たちやお徳さんが
ちょっと可哀想かな?という気がしました。
でも平四郎が最後まで何も言わずに黙っていてくれたおかげで
お徳さんも幸せ?かな?と思いました。
あと佐吉もね!

篤姫 十七話

April 28 [Mon], 2008, 7:20
篤姫のお輿入れも決まり、幾島や西郷もバタバタと忙しく
なってきました。
でも西郷が作らせた嫁入り道具を幾島は気に入らず、
もう一度作り直しなさいといいます。
天下人の将軍に嫁ぐのだから最高級のものを用意しなくてはいけないと

このころの財政は緊迫していたのに、こういう用意だけは
派手に派手に・・と格式ばかり重んじるのがどうにも嫌ですね。
いつの世も女のこういうものへのこだわりにはうんざりしてしまいます。

その一方で、英姫から自分が輿入れの際に用意したものが
あるのでそれを差し上げますといわれ、幾島は歯噛みして
怒るのですが、篤姫は
「よいではないか、母上の使ったものなら私も喜んで
受け取る」といいます。
それでも幾島は歯がゆく思ったのか、さらに西郷に命じて
これ以上のものを用意せよ!というのです。

幾島の遠吠えに近い怒りには笑ってしまいましたが、
篤姫はさすが聡明な女性ですね。
小説では「私がもし今和泉の母に同じようなことをされたら
すごくうれしく思います。ですから母上の気遣いもまことに
ありがたくいただきます」と言っています。


そして、そんなとき斉彬から江戸にくるように申し渡されていた
尚五郎はよろこで江戸に来るのですが、
なんと三ヶ月もたたぬうちに薩摩に帰るようにと命じられます。
それは小松が身罷ったという知らせでありました。
小松がいなくなったので薩摩に帰り小松の養子になるがよい
という斉彬の命だったのです。
そして妹のお近との縁組はどうじゃと勧められるのでした。

突然の言いつけにびっくりする尚五郎。
それを気遣ってか斉彬は篤姫に尚五郎を合わせるのでした。

でも・・・そんなことをしたら尚五郎は余計に篤姫に対して
離れがたい気持ちができると思ったんですけどねぇ。

っていうか地震のお話はあれで終わりなんでしょうか?
地震が起きたおかげで英姫とのわだかまりが解けたというのが
小説での篤姫とのやり取りだったのですが・・・・。なしなのかしら?
ちょっと残念です。

それにしても家定は御台所の話をしても
そ知らぬ顔でしたね。しかも阿部に「姫様はとても聡明な方にて・・」
という言葉に対して
「聡明など・・何にもならぬな。特に大奥に対しては・・・」
とつめたい言葉です。

この言葉の意味は本当に深いですよね。
大奥では子供を産むことこそがステータス。頭がいい、悪いは二の次
といったところでしょうか?
それとも、今頃、御台所や世継ぎやら騒ぎ立てる幕府に嫌気が
さしてるような言葉にも取れます。
そんなことは今の情勢にとってはなんの対処にもならないと・・・。
頭がいいのか?悪いのか?さっぱりわからない家定ですね。

篤姫過去記事
一話 十話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話 十七話 十八話

ROOKIES 二話

April 27 [Sun], 2008, 8:18
暑苦しい川藤に、とうとう若葉たち四人も根負けしちゃったね。
もう冒頭からいい話や〜。って感じでうるうる〜。って
きちゃいましたよ。

川藤が前の学校を追い出されるきっかけになった先輩のところに
行く阿仁屋。「お前洗脳されてるのか?」って・・・。
もうおこちゃまねぇ〜。「おっぱい飲みたいのっ!?」って
私なら切り替えしちゃうわ。

でも阿仁屋を探しに来た川藤に向かって先輩言うんですよね。
「俺夢があるんです。教師になりたいんです。」って
くうううう!いい奴じゃぁ。先生を見てこんな教師になりたいって
思ったんだよね。

一方で、熱く熱く野球部に入れようとする川等に
若葉は反発して「おれ、本当はサッカーがやりたかったんだよ!」
と冗談でいったら、本当に喜んでしまう川藤
「わかった!サッカー部の顧問に頼んでみよう!」と
意気込んでしまいます。

でもサッカー部の顧問は彼らを入れたくないために無理難題を
川藤にいいつけます。それは一週間でサッカーグラウンドの草むしりを
全部しろ!ということでした。
若葉たちにそれを伝えるが全然動こうとしない若葉たち・・・
それでも川藤は
「あいつらが俺に始めて夢を語ってくれたんだ!」といって
若葉たちが入部できるようにサッカーグラウンドの草を全て自分が
取ってしまいます。

草むしりを全部終えてそれをサッカー部の顧問に打ち明ける川藤。
ですが、サッカー部の顧問は
「最初からあいつらを入部させる気はなかった。」
「自分が手を焼いているからといってクズをこちらにまわすな!」
とまで言われてしまいます。
それを見ていた若葉は怒ろうとしますが、川藤は言います。
「彼らはクズなんかじゃありません!」と・・・

それを聞いた若葉は野球に戻ることにします。
そしてその仲間たちも・・・。

クズって決め付けて何も見ようとしてないのは教師の方たち
でも川藤は、彼らの心の奥の気持ちをちゃんと見ようとしている
信じてるといつもいう川藤。

もともとは情熱を持って野球をやっていた彼らがそんなに
簡単に夢も何もかも捨てるはずがないと思って信じてるんでしょうね。

若葉たちは、川藤が自分の首がかかってるから必死になって
おれたちを野球部に来させようとあえてそういう作戦に出てるんだ
と勘ぐりますが、
「あいつは直球しか投げないからな。」と阿仁屋
な〜んだわかってるじゃん!って思ったんだけど、
まだ野球部に入ろうと思わないのね。

若葉たちはとうとう根負けしちゃいましたけど・・。笑。
もともと野球をしたいという気持ちがあるんだから、それを
素直に表現する場所を作ってもらっただけなんだよね。

最後のユニフォーム?に着替えてのグランドへ行く姿には
さすがに笑ったわ!!若々しさがねぇぇぇ〜〜〜〜!!!ぶぶ。
でも恥ずかしそうにグラウンドに入っていく若葉たちがかわいかった。

ROOKIES過去記事
一話 二話 三話

Around40 三話

April 26 [Sat], 2008, 16:20
前回は奈央がちょっと嫌な奴に見えました。
仕事もできて、家庭も持っていて、素敵な旦那を持って、そして
さらには、子供も〜。と思っている。
でもな〜んか雲行き怪しくなってきましたよ。

子供を作って、出版業界でこんなにキラキラ生きてるのは私だけよ!
みたいな特集をしようとした矢先、子供ができにくい体だということが
判明しました。

なんかこの夫婦お互いに、上っ面のかっこよさだけを追求している
気がしますね。奈央も奈央だけど、旦那さんも子供のことを
切り出したときまずは自分の子供を作るというよりは仕事がらみで
それはいいかも!と考えるなんて・・・なんか空恐ろしいものを感じて
しまいましたわ。

で、瑞恵は自分が社会から取り残されてしまったのではないか?
という焦りからカウンセリングを受けに行きますがなんとそこにいたのは
岡村だったりして、すっかり岡村に打ち解けて、
しかも打ち解け方が、ちょっとあらぬ方向に・・・・。笑。
このあたりずっと社会から遮断されてきた主婦なのですね。
若い男の人に親身に話を聞いてもらうって
あれ?もしかして?気が合う?あれ?いい男?
なんて感じで急に、色気を出して身なりを整えちゃったりして笑。
40過ぎたって・・・(まだ39だけど)女は女なのよねぇ。

前から思ってたけど、お弁当をいつも食べずに
「パン食べた」っていう息子!それなのに必死に弁当作る瑞恵の気持ちが
わかんないなぁ〜。
私だったら、「え?パン食べたの?じゃあ次から弁当作らなくていいのね?」
ってちょっとうれしかったりするけどね。
でも「パン代が高くつくから、お小遣いの範囲で食べなさい」って釘は
さすけどね!(そしたら弁当のありがたみもわかるってもんですよ。)

で、聡子ですわ。
結婚相談所には行かなくなったけど、その代わりもう結婚は
やめようかとそろそろ考え始めてきちゃったよ。
そんなときに、岡村の「付き合ってください。」に思わず誤解しちゃったりして
思わずぷっ!って感じでしたわ。

そこへ持ってきて、瑞恵のちょっといいな?って思っている人が
岡村だと知った聡子は、急に瑞恵に冷たい態度を取っちゃったりして
それに気が付いた瑞恵が
「もしかして聡子私に嫉妬してる?」って・・・ぷぷぷ〜。
聡子さんはわかりやすいなぁ〜。


聡子にとってはちょっと変わった岡村は、実はとってもいい心理士なのね。
あまり患者と近づきすぎるなと釘をさしたのに、
口が聞けなくなった子供と親しく付き合って・・・
聡子が「患者とは距離をとらないとダメ。特に子供の場合は
親の承諾なしで診る事はできないのよ!」
というけどけっしてひるまずに
「でも彼は悩んでいるようです。」とちゃんと子供が親のことで
悩んで口が聞けずにいるのだとわかってましたねぇ。
おかげで母親が倒れたときにすぐに電話もかけてきてくれて
本当は子供ちゃん母親がアルコール依存になったのは自分のせいだと
自分を責めていたんだね。それで口が聞けなくなってしまった。
でも岡村のおかげで口が聞けるようになった。

そんなところを見ていた聡子は次第に岡村を尊敬?するように
なったみたいだ。
無鉄砲だけど見込みはある!ってね。(そっちのほうでだけなのが
聡子らしいけど・・・)

Around40過去記事
一話 三話 四話

ラストフレンズ 三話

April 25 [Fri], 2008, 16:31
志村うしろ!うしろ!って感じ?
美知留が何か行動を起こすたびに、旦那と二人で
美知留そんなことしたら、殴られる。殴られる。と突っ込んでいました。

もうちょーー。怖いんですけど、宗佑が・・・。
あんな男とよく一緒にベッドで寝られるよねぇ。
私ならやだよ〜。でも殴った後は優しいからやっぱり一緒に寝るのかな?
なんかもう動悸が止まらなくて寝不足になって体壊しそうだよ。

って言ったら、「それは俺のほうだ!」と旦那に言われました。
ええーー。どういうことー。意味わかんなーい。うふっ

ま。そんなやりとりをしつつ見ました。
瑠可はとうとう美知留が宗佑に暴力を振るわれてるのを知って
しまいましたね。
でも宗佑の奴「ふざけてたら倒れただけ」だなんてよく言いますよね。
そんな言い訳通用する分けない、現にタケルも美知留が暴力を
受けてるんじゃないか?って確実に思ったみたい。

瑠可は美知留を呼び出して問いただしたのに
「私、今まで人に愛されたってっていうことがなかったの。
でも宗佑は違うの。愛されてるって思えるの。」って・・・
あれのどこが愛されてるって思えるって言うのよ〜。わかんないなぁ。
瑠可が「勝手にしろ!」っていう気持ちもわかるわ。

宗佑の言うとおりに毎日毎日過ごしていたら本当に仕事ができなく
なっちゃうよね。せっかく、店長も認めて少しずつ仕事を増やして
くれていたのに彼氏のために早く帰りたいんですとか彼氏が
嫉妬するから男の人は切れませんとかそんなのダメに決まってるし。

愛にはいろんな形があるからいいけどさ、でも我慢したり
自分のことをさらけ出せないようなものってちょっと違う気がする。
多かれ少なかれあることだけどその差は大きい。

アルバムを塗りつぶされた美知留はとうとう我慢できなくて
言ってしまった。「友達だよ。私は一番大事な友達とも会っちゃいけないの?」
「私の瑠可を悪く言わないで!」
って・・・・。美知留と瑠可は心の奥の奥ですごく深く結びついてるんだね。
宗佑は瑠可のオトコな部分を見破ってしまった。
だから異常に嫉妬してるんだ。男の嫉妬はみっともない。
美知留は殴られてシェアハウスに逃げ込んできた。

タケルの元カノが出てきましたね。
彼女がタケルをセックスレスにさせてしまうほどひどいことをしたのかな?
その辺次回あたりから見てみたいです。

ラストフレンズ過去記事

一話 二話 三話 四話

ホカベン 二話

April 25 [Fri], 2008, 8:15
夫をさしてしまった妻、情状酌量を求める灯に対して
もういいんです。と頑なに拒む。
なぜなんですか?と問いただす灯だったが
それ以上は何も言ってはくれなかった。

そして真希ちゃんを一時的に預かることになった灯。
その日、真希ちゃんの面倒をどうするかで母親と口げんかになる。
それを聞いていた真希ちゃんは振るえ、そして戻ってきた灯に
そっと手を差し伸べた。

その手を自分のスカートの中に入れる真希ちゃん
そこでようやく事の真相に気が付いた灯。
そう。母親が必死に自分の罪を来てまで守りたかったものは
夫の暴力ではなく、子供の性的虐待だった。
法廷に出て戦えば嫌でもそのことを証言しなくてはいけない。
そうなってしまうと、世間からいつまでも後ろ指を指され
そして子供の将来にも傷がつく。だから自分ひとりが悪者になって
いればいいのだと・・・。

一方で夫の弁護士は、今回のことを知って、だったら示談金を
払ったほうがよいのではないですか?と持ちかけてくる。
そうすれば、事の真相は世に出ないから徳ではないかと

弁護士は武器を使って戦っている。
クライアントが望んでいるのは、勝つことだ。

そう同僚の弁護士に言われる灯
そこで思いついたのは、自分を解任してくれと頼むこと。
杉崎に裁判を頼んで自分は今事件から手を引くと。

そして公判が始まった。
検察側が殺意を持って刺したと殺人罪を主張するのに対して
杉崎は傷害致死にあたると真っ向から否定する。
そして、証人として灯を申請した。

灯ちゃんも母親も傷つけずに公判を勝つにはどうしても必要なことだった。
夫の手から真希ちゃんを母親に取り戻すにはどうしても
幼児虐待の話を持ち込まないと無理だと気が付いたからだった。

灯は、真希ちゃんを預かったときのことを証言する。
「パパはいつも喧嘩をしたときに触るの。そうするとすごく喜んで
ママにひどいことをしなくなるの。」と・・・・

母親は執行猶予付きの判決が下され親子は新しい名前をもらって
ひっそりと別の場所で暮らすことになった。

母子殺人事件の判決が出た後でのこのドラマは結構身につまされる
ものがありましたね。
エムザのほかの部署ではどちらかというと弱者と戦い
法を駆使して、強いものが利益を勝ち取ってます。
でもプロボノだけは違った。

灯の同僚が悩んでいる灯に言います。
「クライアントは何を望んでいるんだろう?」と
「よくわからないけど、勝つことなんじゃない?」と答えます。

殺人事件の判決の前に見ていたら、なるほど〜!とすぐに
納得したかもしれないけど、今回は見ていて
本当にそうなのかな?勝っても何も変わらないよね。
と思ってしまいました。
結局は被害者はいつまでたっても傷がいえるわけではないですし、
戻ってくるわけでもないですし・・むなしさだけが残るような
気がします。判決が出た直後はこれでよかった!
と思うかもしれないけど、その先もずっとずっと事件のことを忘れる
ことはないと思うし、勝ってもいい気分にはならないだろうな。と

今回のこの判決でも、相手がほぼ100パーセント悪いのに
刑も与えられ、そして生まれたときにもらった名前まで捨てて
日陰?とまでは行かないでも何か後ろめたさを背負ったまま
生きていかないといけないわけですから・・。

弁護士にとっては勝つ!ことでも被告や原告にとっては
何もかわらないんでしょうね。ひとつの区切りをつけるに過ぎない
そんな気がしました。


ホカベン過去記事
一話 二話 三話

絶対彼氏 二話

April 23 [Wed], 2008, 17:27
あっという間に5日間のお試し期間が過ぎて、返品の日がやって
来たのにいきなり、お買い上げありがとうございまーすって
しかも1億って!!!そりゃびっくりするわなぁ。

なんでもお試し期間に破損をさせると買い取りになるとか。
ひいいいい。そんなこと一番に教えてくれよ〜。って話ですよね。
でもこういう大事なことっていつも端っこのほうに小さな字で
わざと読めないように書いてあったりするんだよなぁ〜。

でも7日間の間に修理代だけでも払ってもらえば返品可能だって
うまくできてるなぁ。
っていうか前回お話した、壊れすぎだからもっとナイトの
体のパーツを研究したほうがいいよ。というのは作戦で
もしかしたら、購入させるための手口?とさえ思ってしまうわ。
新手の詐欺ね!(冗談ですが)

でも梨衣子の通帳にあるのは60万あと40万足りないということで
何かいいバイトがないか聞くと・・そりゃもう夜のバイトしかないでしょう〜。
ってことで、泣く泣くクラブでバイト。
でもそんなんでもたった3万5千円にしかならずにどうしようかと悩んで
いると、
急にナイトが家からいなくなっちゃう。

なんとナイトは、梨衣子のピンチだとばかりに、あらゆるバイトにせいを
出すわけですよ。
しかもこれが皮肉なことに、自分の返品のためだと来てるから
泣かせる〜〜。ロボットはそんなことまで理解できないモンなぁ。
ただ単に梨衣子のためって必死なのが悲しいよ。

でも結局お金ができて、いざ返品となってしまったときに
情が移って「買い取ります!」って言っちゃう梨衣子はなんとも
可愛い子だよ。

そんな梨衣子の可愛さに見せられた男が一人いるけどねぇ。
梨衣子はまったくもってそのことに気が付いてなくて
逆に嫌がらせだと思ってるからなぁ。
案外鈍感だ。今までもこういう風に思ってくれてる男の人が
いたのに、知らずに通ってきたんじゃないのかしら??

絶対彼氏過去記事
一話 二話 三話
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)