2006秋ドラマ感想

December 27 [Wed], 2006, 22:04
秋ドラマ途中から見なくなったドラマが多かったこと
体の調子を崩したり、忙しかったりで見られなかったりで
断念したのもありました。

そんな中見続けたのは次のドラマ
・のだめカンタービレ
・役者魂
・僕の歩く道
・14才の母
・Dr・コトー診療所2006
・セーラー服と機関銃
でした。

●のだめカンタービレ ◎
文句なく二重丸でした!クラシックを聞くと眠くなるような
私ですら、うっとりと聞きほれてしまうくらい。
クラッシックって案外身近にあるものなんだなぁ。
って思わせてくれたドラマでしたね。
たとえば私がよく見るフィギュアスケートではよくクラッシックの
曲が使われていたり、つい最近だとやっぱりソフトバンクの予想外
の曲だったり・・
ああ。聞いたことあるある。これってクラッシックだったのかぁ〜。
と素人にわからせてくれるドラマでした。
でもってそんなわかりにくくて気難しそうなクラッシックの世界を
笑いと融合させて見事に面白くわかりやすくしてくれたのが
このドラマだったと思います。
最初は漫画漫画しすぎてて、ちょっと引きぎみだったけど
2話3話と進んでいくうちにすっかりのだめワールドのとりこになって
いました。
千秋とのだめ・・それを取り巻くオケのみんなの絆
すごくすごくよかった。また千秋とのだめの恋愛?をこんな風に
おもしろおかしく描いているのも新しい月9って感じでよかった。

●役者魂  ○
最初は藤田まことさんを素敵な役者に育てていく?
まことさんを通じて役者とは何か!を松さんが理解していくドラマ
かな?と思ってたら、全然違ってて
でもそれはそれで十分に面白かった。
2.3話目までは脚本家さんの迷いが見え隠れしていたけど
5話目くらいから役者の部分をカットして松さんと子供たち
そして藤田さんの家族を中心に話を進めていくことで
それぞれが家族の温かみをしり、そしてそれぞれが成長していく
というドラマに仕上がってて、ちょっとホロリとしたり、
笑ったりと楽しませてもらった。
血が繋がってなくても十分い家族ができる、絆って作れる
って思わせてくれるドラマだった。

●僕の歩く道  ◎
とにかく感動した、最初は障害者、しかも自閉症という障害
ってので、正直感想が書きにくくなるかなぁ。と思ってたけど
そんな心配は要らないくらいだった。
最終回でテルが自立をする決心をするところは本当に
涙が止まらなかった。
今までの僕シリーズは僕である草剪君が病に犯され
残りの人生を頑張るとか突然妻に家を出て行かれた
サラリーマンが残された小さな子供との絆を取り戻す話
だったり、本人が成長していくドラマだったけど、
これは僕であるテルが中心になって周りの人間を成長させる
という視点で描かれてて、ほのぼのとしてて温かかった。
みんながテルによって自分の駄目なところに気がついていく
というのがすごくよかった。
最後だけはテル自らが自分の意思で成長できたところも
すごくすごく感動した。
この3作品はどれも本当にいい作品だなぁと思った。

●14才の母   △
取っ掛かりの設定に問題があったのでそれが最後の最後まで
尾を引いて、なんだか胸のもやもやが取れないまま
終わってしまったドラマだった。
でも演技をしていた役者さんたちのうまさによって思わず
感動してしまう部分もあって本当にこれは役者さんたちの
うまさでここまでこれたかな?って感じ。
話の内容としては最終回で感想をかいたのでそれが私の
気持ちのすべて。

●Dr・コトー診療所2006   ◎
文句なく二重丸です。前作のときはコトー先生が島になじむまで
のお話で剛利さんとバトル?などがあったけど、今回は
その後ってことで島の人たちのその後が見られて本当に
よかった。毎回、毎回泣かされて、悔しがったり、切なかったりと
いろんな気持ちが入り混じってそれはそれは惹き付けられて
最後まで釘付けだった。
子供たちや島の住民のみんながあのままでそれぞれにいろんなことを
抱えながら暮らしていく日常の風景にコトー先生がちょっと
介入するという感じで話が進んでいくところもこの島の風景と雰囲気に
マッチしててとてもよかった。
なんだかもっともっと見ていたくなるドラマだった。
最後のしめは、医療のもっとも難しい鋭いところをついた話で
鳴海先生の気持ちもすごくわかったし、コトー先生の気持ちもわかるし
で辛くて、切なかった。それでもコトー先生が島の人を家族だと
思う気持ちは変わらないんだろうなぁ・・・
本当は医者はつかず離れが一番いいんだろうね。

●セーラー服と機関銃  ○
前半かなり現代風に軽やかな感じで始まったので
ちょっとあれ?とガッカリした部分はあったけど原作が
しっかりしているだけあって、最後は綺麗にまとめてきた感じ。
まさみちゃんの泉はすごくはまってたし、組員さんはじめ
佐久間さんも本当に最後の最後までかっこよかった。
全8話にしたのも正解!と思ってしまった。
これが11話まで伸ばしたらきっと面白くなくなって
しまったかも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・鉄板少女アカネ!
一度見逃したことがあってそれからもういいや。
って感じでリタイアしてしまいました。

・たったひとつの恋
一話を見て首筋にサムボロがでたのでリタイア

・だめんず・うぉ〜かぁ〜
ん〜〜〜?一話見ただけでもういいかな?って思った。

・家族
初回から見てなかった。

・嫌われ松子の一生
面白いものだとは映画の宣伝でわかっていたけど、
Dr,コトーには勝てず・・・・見ませんでした。

のだめカンタービレ♪ 最終回

December 26 [Tue], 2006, 12:47
を見た。
うぉおおおおおおおおおお!!感動!!(TT▽TT)ダァー
よかった。よかったよぉぉぉぉ〜。
えがった。えがった。本当に!
東京タワーなんかどうでもいいからもう1クールやろうよ〜(笑)
それくらいに面白かった。

最終回なんだか急ぎ足で詰め込み感たっぷりだったので
じっくりとあと3.4話付け足してじっくりと見てみたかったなぁ。
ってか、大晦日に「紅白」の裏で4時間くらいぶっとうしで
「のだめスペシャル」やればいいのに!
あたしゃそれやったらそっちみるよ!

のだめが実家の福岡に帰ってしまってそれを追う千秋。
峰くんってば、憎いのう!千秋がのだめに合いに行きやすいように
嘘ついてさ。
でもいい嘘だよね。

すっかりのだめの操縦がうまくなったハリセンは普通のメールを
だしてものだめが食いつかないと悟って、
「プリごろ太NEWS」なんて件名でのだめにメールを
見させる作戦に出るなんて!憎いのう。
のだめに目をつけていた海外の音楽家の下で
勉強をしないか。というメールはのだめの閉ざしていた心を
開けるきっかけになったんだね。

のだめが嘘をつくときは必ず目をそらすことを知った千秋は
本当はのだめもあのコンクールがうれしかったんだと悟るん
だけど、でも強制されるのを極端に嫌うのだめをどうやって
連れ戻そうかと悩んでいるときに偶然に道端ですれ違い。

電話で話しながら、最後に抱きつきっ!!!!!
で、キャーーーーーーーーー!!!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ
って感じだったわ。

「俺を二度も振ったら許さない」
ってキャーーーーーーーー!千秋さまぁ〜〜〜!
真澄ちゃんが聞いたら頭から湯気噴いて怒るわよ〜。
しかものだめの両親はのだめの留学よりも千秋との
恋愛に大盛り上がりだし・・・(笑)

だけど父親は心配してたんだね。のだめは本当に
そういう世界でやっていけれるのかって・・・
でも厳しい練習についていけるかいけないかではない。
放っておいても駄目な奴は駄目。そういう世界なんだから
できる奴は才能を認められて上がっていくものだ
だけどそれはすぐにはわかるものじゃない。
そういった千秋もまた同じ気持ちで頑張ろうとしてたんだよね。

同じ目的と不安を持ってパリにいく千秋とのだめ
お互いを尊重しあっていく姿がいい!

それにしても最後の演奏は本当に感動しました。
泣きながら、指揮する千秋、演奏しながら泣いてる峰くん
真澄ちゃん、感動で泣き笑いの清良。
すごくすごくよかった。のだめも感動の涙流してましたよね〜。

最後の演奏をする前一人一人が、千秋に
感謝を述べるところも、いちいち感動してしまったし・・
みんな本気で泣いてるように見えた。

こんなに面白くて感動できるドラマってなかなかないよね。
しかも恋愛恋愛してないんだけど、二人の心の
奥深くで繋がってる感じがすごく切ないようでそれでいて
くすぐったいようでいい雰囲気だったし・・・

他の学生たちとの交流もああ。いいなぁ。こんな青春時代を
送りたかったなぁなんて思わず思っちゃったし
とにかく面白かったです。

できれば、のだめのその後もみたいけど・・・・・
もしかしたらパート2あり?????(笑)
だけど、そうなると外国で!ということになるから
ちと無理かな?

さんまとSMAPのX'mas

December 24 [Sun], 2006, 15:52
毎年やってますよね〜。
私はちょっと前にやってた、ひとりひとりこういう女の子の
ファッションにぐっとくる!というのが意外と好きだったり
しましたね。

その人の人間性が表れるって言うか・・・
へぇ。SMAPの中居くんはこういうのが趣味なんだ〜。とか
草剪君・・それはちょっとあぶないよ。とか
いろいろ楽しませてもらってそれはそれは面白かった。

いつだったか友達の携帯に突然電話をかけて出てもらう
っていうのがあって、そのときキムタクがなんとウドちゃんに
電話したのには驚いたけど・・・
そんなつながりあるのーーー!って感じで

今回はこんな女にむっときた。とこんな女にぐっときた。
というのをテーマにバラエティタレントの女性人と向かい合わせで
話あうっていうのだったけど・・・

そりゃまぁすごかったです。はい。

途中からだったので前半見てなかったですけど
草剪くんのむっとした女っていうのが
焼肉やで世話を焼いて焼肉をどんどんお皿に乗せる人

これすごくわかるけどなぁ。
女性人からはブーイングの嵐だった。
「やらなきゃ、やらないで文句言うでしょー。」とか
言われちゃった草剪君あたふたあたふた・・・
神田うのなどは
「ノーサンキューって言えばいいじゃん!」って
あのねぇ。
神田さんは言えるさ!そういう人ジャン!
なんでも言いたいこと言える人ジャン
でも世の中あんたみたいな人ばかりじゃないのよ。
こんなこといったら悪いかな?と思っていえない人だって
いるのよ。それが草剪君なの。わかってやれよー。ってね。

あとこんな女にぐっとくるというので
慎吾ちゃん
ボールペンを落としてしまって谷間が見えてしまったとき
すみませんと恥かしそうにいいながら隠す。
SMAPのメンバーからも女性人からもブーイングだったけど
これもわかるなー。
言いたいことがわかるっていうのかな。
何見てるのよ!って感じだと、別に見てねーのに!
ってカチンとくるけど、見えちゃってあら・・・すみません
っていうのは奥ゆかしいというかなんというか。
わかる。わかるよ慎吾ちゃん!とうなっていました。

一方中居君とさんまさんは明らかに駄目だよ。そりゃ〜
作戦に決まってるジャン!というようなことにぐっときたり
するんだねぇ〜。
これは結婚が遠そうだと思ったわ。
だって普段きちんと仕事をこなしている人が
酔って近くにやってきて、甘えて自分の前のほうに
おいてあるたばこに手をのばすってさぁ・・・・
まぁ。男勝りの人がやれば、ああそういうのもあるかもね。
って感じだけど、あのVTRだと明らかに狙ってるもんね。
あんなのに引っかかったら
さんまさんじゃないけど後々、暴露本出される羽目になるよ。(笑)

キムタクの答えはみんなが納得!というもの
まぁそりゃそうだよ。
タクシーで道路の真ん中に止めてそこから降りるときに
後ろに止まってる車にすみませんと軽く会釈するって
人として当たり前だもん。
ただその人が派手でギャップがあるから余計にぐっとくる
というのもわかる。
それに携帯電話で写真をとったのに、こちらが気がつくと
誤魔化すっていうのも腹立つのわかるし・・・
だったら堂々といけよってことだよね?

可哀想だったのは、中居くんのカップルの男性が
握手を求めたのに女性はものすごく嫌がって
指2本分くらいで握手した。
っていう奴。あれはいくらなんでも酷すぎるね。
そもそもそのカップルの男性も自分は好きでも彼女が
好きじゃないっていってるんだから無理にやらせなくても〜
と思ってしまったわ。

それにしてもアレだけの女性人がいるとSMAPといえど
たじたじって感じなのにちょっと笑ってしまった。
SMAPだって人の子だもん。そんなに責めなくても~
と可哀想に思った。

邦画の興収、洋画を抜く

December 24 [Sun], 2006, 9:04
邦画興行1000億円超も、21年ぶり洋画抜く

なんだそうです。
そうですね。ここのところ日本の映画頑張ってると思います。
ドラマから出た続編の映画や、漫画などの人気から出た映画
はたまた小説をモチーフにしたものなど
ジャンルがたくさんあっていろんな人がそれぞれ興味のあるものに
出かけていくことができたってことじゃないかなぁ。

そして、今までは洋画に追いつけ追い越せ!で無理に
アクション映画を撮っていたけど、やっぱり日本は日本らしい
日本人にしか出来ないワビサビの
人情味あふれる映画が多くてそれがまた
邦画を見ようかな?ということに繋がったんだとおもう。

昨日からは私の大好きな「大奥」もやってますしね。(笑)
もちろん仕事が一段落ついたら見に行こうと思っています。

風邪

December 23 [Sat], 2006, 17:56
ここ1週間ほど風邪が治りません。
のどがめちゃくちゃ痛いです。
ノロウイルスじゃなくてよかった。
実は1週間くらい前は、胃のあたりがムカムカして
下っ腹がなんだか痛くて・・・

も・・・・もしかして・・ノロ・・・・!
とか思ってたんですけど、違ってよかった!
近くに内科があるんですけど、毎日8:30くらいには長蛇の列
が出来てて
あれじゃ余計に悪くなるのにぃ〜。
と毎回思います。

で、そんなところへ普通の風邪で行ったら余計な病気
拾ってきそうで、病気なのに病院に行きたくないという
状態で、ずっと市販の薬でだましだまししていて
ちっとも治りません。アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
そろそろ行ったほうがいいのかな?師走だし・・・

そんなわけで、スペシャル番組や最終回が目白押しだと
いうのにHDDに撮りっぱなしで見てません。
見たら少しずつ感想アップしていこうかなと・・・・
思うけど、出来ないまま1月のドラマに突入しそうです。

14才の母 最終回

December 23 [Sat], 2006, 8:26
それなりに、最後までところどころで感動させられました。
やっぱり赤ちゃんが保育器の中で一生懸命生きてる姿を
見せられちゃうと、頑張れ!って思って応援したくなっちゃうし
生きてくれ〜。って思って、それなりに感動はしました。

でもな〜〜んかどうしても違和感がずっと付きまとってしまって
最後まで拍手送りたくなるとか手に汗握るとかそういうのとは
程遠いドラマでしたね。

14才で妊娠というこの構図をこんな風に見せられるとは
思ってなかった。

14才の子達はこれを見てどう思ったんだろう?
ちゃんと捻じ曲がらずに反面教師としてみてくれただろうか?
そこだけが心配です。

今、中学生の間ではどれくらい早く処女を捨てるか!
というのが一種のステータスになってるようです。
私たちが子供の頃はどれだけ早く生理が来るか。
というのがステータス??のようなものでした。
たまにワイドショーなどで中学生の性に関することが
取り上げられたりしています。中学生がモザイク
ごしに出会い系サイトで出合った男の人とセックスすることを
まるで武勇伝のように語っているのを見たりします。
レポーターが
「自分の体が大事だと思わないの?」というような質問を
すると
「ええぇ。だってぇ。自分の体をどう使おうと勝手じゃん!」
というような答えが返ってくるんです。

それくらい性に対しての意識が甘いんです。
なのでそこに一石を投じてほしかった。

なのに、このドラマはその真逆をいってしまってすごく残念です。
命は確かに大切です。
妊娠してしまってそれを「はい。育てられないからと手術する」のも
どうかと思います。
でもまず・・・まず・・・子供が出来るような行為をしない
それこそが命を大切にするってことなんじゃないの?

育てられなくて殺してしまったり、施設に預けたり、虐待したり
そういうことをなくす一歩なんじゃないの?
そこを私はこのドラマに期待してたんですけどね。

それからもうひとつ自分の体も大切に!ということを
挙げてほしかった。確かにドラマの中での出産がどれだけ
大変かというのをやっていました。
でもそれ以前に、セックスをすること事体女の子にとっては
リスクが高く、体を大事にしていない。
ということも描いてほしかった。

なんだか肝心な部分をいつもぼやかして話が進行してて
視聴者の気持ちが置き去りにしてしまったかなぁ。
って感じでした。

命は大切だけど・・それ以前の問題をもっと追及してほしかったな。
最後のほうは波多野さんも柳沢さんもなんとなくいい人になってて
あいまいな感じで終わっていたし・・・
柳沢さんは結局妊娠して下ろしたってことなのよね?
そう解釈していいのかしら?
よくわからないままでした。

最後まで綺麗綺麗にまとまっててドラマとしてはまぁ
これはこれでありなのかもと思いましたが、
なんか思っていたのとあまりにもかけ離れてたので
がっかりしちゃいました。
そもそも最初のとっかかりがなんだか成り行きっぽい感じで
もしあれがうんと清らかに付き合っててというのならこの展開
納得がいきますけど、でも途中から「キリちゃんが好きなんだよ!」
みたいに急に二人が愛し合ってた!見たいに言われても
なんだかなぁ?って感じでしたし・・・

最後に結婚したいとか5年後には学校へ行くなどというような
ことを言っていましたが、桐野母がいってたように
「世の中そんなに甘くない」というのが当たり前だと
思います。なので、そこをもっと突っ込んでくれよ!と
毎回思っていました。

最後に桐野母の言った言葉が一番温かく感じました。

ミスドその後

December 21 [Thu], 2006, 21:11
ああ・・・・・・・
ミスド・・・のプロジェクタークロックがほしいといって
1週間とたたないっていうのに・・・
今日次男にドーナツを買ってもらってこれで
ポイントたまるぞーと思っていたのに。

「お母さん。残念なお知らせです。
”プロジェクタークロックはご好評につき賞品がなくなりました”
だってさ。」

と悲しいお言葉が・・・・・・

この私がですよ!普段そんなにドーナツに大枚なんぞ
はたいたことのない私がですよ!
ドーナツを必死に食べたのに!

ミスドのばかぁぁぁぁぁ!!!!
もう絶対に食べてやらない!

ミスドの景品

December 18 [Mon], 2006, 20:44
この間広告に入ってたんですけど、
ミスドで新しいキャンペーンやってるんですよ。

でね。前々からどうしてもほしかったものがあって
なかなか普通では売ってないし、しかも可愛いものが
あんまりなかったんですよね。それがこれ!

プロジェクタークロック!

ミスドのポン・デ・ライオンがプロジェクタークロックに
なってるなんて!超うれしい!こういうかわいいのを
待ってたのよ!

今日から30パーセント引きで150ポイントためると
もらえるらしいから、次男に塾帰りに買ってきて〜!
と頼みました。

3回くらい通えばもらえるかも・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
楽しみ♪

フィギュアスケートGF2006

December 18 [Mon], 2006, 10:21
ううう。残念!
NHK杯で123フィニッシュだっただけにすごく期待
しすぎてしまった。

でもすごいことだよ。トップ6の中に日本人が3人もいるなんて
昔からは考えられないことだよね。


とはいえ、なんでぇ?なんでこんな成績になっちゃったの〜。
ってがっかりでした。

真央ちゃんは果敢にトリプルアクセルに挑戦して転んだので
しょうがないにしても・・・
ミキティはなんだかう〜ん。どうしちゃったの?って感じでしたね

それにしても高橋選手いったいどうしたの?何があったの?
と思ったら、気持ちが悪かったって・・・・
体調をかなり崩して痛みたいだね。
もしかして日本で「ノロウイルス」持ってロシアにいったのか?
ミキティも具合が悪いようなことを言っていたし・・・
みんなロシアの寒さにやられちゃったみたいだね。
でもショートプログラムであれだけ完璧な演技を見せられた
あとだっただけにものすごく残念。

正直ミキティと真央ちゃんの一騎打ちでどちらか金をとるか
それだけだと思ってたのに・・・
これだからフィギュアはわからない!


それにしても韓国のキム・ユナ選手本当に見事なすべりでしたね
あれだけ完璧にされちゃうと・・・しょうがないかな?
って感じでした。

惜しかったのは、織田選手体調もよくて、調子もよかったのに
転んだのが本当に悔しいだろうね。
あれで転ばなかったら多分優勝だったと思う。

それにしても・・・日本のフィギュアのレベルってすごく高く
なったよね〜。昔伊藤みどりがトリプルアクセルであれだけ
苦労してたのに・・・・すごいわ。
ミキティも真央ちゃんも!

交通事故をしやすい星座

December 16 [Sat], 2006, 14:49
交通事故をおこしやすい星座

なんてのがあるんですね。
私がよく遊びに行く「絵日記でもかいてみようかNEW」さんちで
発見しました。

ががーん。

第2位にランクイン!
やっぱなー。確かにあたってる。
みずがめ座ってさぁ。天性の才能の持ち主なのよね〜。
感覚が発達してるけどルールにのっとるのは苦手なのよ。

と勝手に分析。
っていうか、ただ単にボーットしてるだけなんだけどさ。
私の場合。

てか。すごいよ。ふたご座
車運転しながら新聞読めるって!
んなわきゃーない!byタモリ風
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)