予想外に複雑?

October 31 [Tue], 2006, 20:42
ソフトバンクの新料金プランは、“予想外”に複雑

携帯持ってない私が言うのもなんですが、
0円で携帯が使いたい放題なんてありえないですよね。
だったら基本料金を安くしてくれって感じだし。

うちもYahooBBフォンだったとき、そのyahoo同士の電話で
話せばいくらかけても0円でしたけど、他の会社にかけたら
かけた分だけ料金が発生してたので相手がBBフォンじゃないなら
普通の電話とかわらないじゃない?って思った覚えがあります。

なのでこのソフトバンクの0円もまったく一緒ってことです。
相手もソフトバンクの携帯を持っていれば0円だけど
そうじゃない携帯にかけたらかけた分だけ料金が発生する
ってことで、もしかしたら他社と比べて割高になる可能性も
あるってことですよね?

それに伴って他の携帯企業からもまた公取委からもクレームが
ついちゃったという話。
なんだかなぁ・・・・って感じですね。

ま。おいしい話には必ず裏があるってことです。

のだめカンタービレ♪ 3

October 31 [Tue], 2006, 13:39
どうもミルヒー先生登場のシーンのBGMを聞くたびに
「予想GUYだ!」とつぶやいてしまう家族全員。
あかんなぁ。予想外にソフトバンクに洗脳されてる。
しかも最近予想GUYの展開もあったようで!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ま。それはさておき、今回はさくらの回でした〜。

段々と千秋を取り巻く人間たちが増えていき、その中で
千秋が自分と向き合っていくという構図が見えてきましたね。

最後は最高のオーケストラとなり最高の指揮者になるのかな?
楽しみ♪ただ、Sオケが中心になるとのだめの意味が
なくなるような???
だってピアノはオーケストラに入れないらしいし・・・・
マスコットガールだし?何故???プー!(*≧m≦)=3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
指揮科への転向を認められなかった千秋。
一度は退学をと思ったが、のだめが黙っていなかった。
Sオケのマスコットガールを利用してミルヒーに直談判に
行ったのだ。

のだめとのキスを条件に迫ってきたミルヒー先生を
グーで殴ったのだめは千秋をつれてSオケの練習室へ行く。
そこではミルヒー先生の指導を今か今かと待ち受けている
Sオケの面々がいた。

千秋に教えてもらえると聴いたと単に目の色が変わる生徒たち
そして指揮棒を振ることになった千秋。
だが、そのあまりにもひどい演奏に千秋はイライラし
次々と生徒たちを叱責する。

そこに気絶から戻ったミルヒー先生が現れて千秋と変わり
演奏をはじめる
ミルヒーは「キミには大事なものがわかっていない。」と言う。
演奏を聴くと、一人一人はとてもヘタなのに何故か彼が指揮を
とるとそれなりに聞こえてしまうオーケストラに困惑する。

やはりここでの転科も無理ならば・・・と思っていたところに
ミルヒーはキミには私の弟子になってもらうといい。
Sオケの副指揮を任せると言われる。

指揮をすることになった千秋はミルヒーのように
相手を怒るのではなく、悪いところだけをやわらかくわかりやすく
指摘するように心がける。
そこへいつも遅刻ばかりするさくらがやってくる。

さくらは家が貧乏で学費を自分のバイトでまかなっているため
練習も出来ずしかもいつも練習に遅れてきていたのだ。
周りの人間から「お前のせいで俺たちまで悪く言われる」と
言われた、さくらは落ち込む。

そんな時のだめとばったりと会い、さくらの事情を知った
のだめは強引に千秋の家へと引っ張りこむ。
家が貧乏で練習が出来ないというさくらに対して、千秋は
「貧乏なら大学を辞めて練習に専念したほうが今の生活よりは
よほどいいのでは?」
そう言われたさくらは次の日練習に現れなかった。

「千秋先輩は貧乏を知らなすぎます!」とのだめに
怒られた千秋は練習に出てくるように言うためにさくらの家を
訪れるが、彼女の家はなんと!豪邸だった。
だが、彼女の家のものすべて「差し押さえ」されていて
本当に貧乏だったのだ。父親は地下室に案内すると

そこには超高級なバイオリンの数々が並んでいた。
父はこのバイオリンを集めるのが趣味だったのだ。
「子供よりもバイオリンが好きなのか!」と怒る千秋。
「俺は娘にバイオリンを弾いてほしかったんだ!」と父親。
そんな会話を聞いていたさくらは
「私はコントラバスがやりたいの!」と言いたいことをいい。
やっともとの生活に戻ることが出来たのだった。

やっとSオケがそろったところで千秋はミルヒーにSオケの指導を
するようにキャバクラへ赴く。
ミルヒーに戻るように言う千秋。ところが千秋を見るなり
キャバ嬢たちが千秋をちやほやしたためにミルヒーは激怒し
「Sオケはお前にやる。その代わり私はAオケの指揮をする
あとは勝手にしろ」
と出て行ってしまう。生徒たちはせっかくミルヒーに指導をしてもらえる
と思っていたので、出て行こうとするが、さくらが
「でも私はSオケでオーケストラがしたい。」といい、他の生徒たちも
頑張ろうと決意する。

千秋はミルヒーが言った「キミは大事なことがわかっていない」という
意味がなんとなく理解できるような気がした。
オーケストラにはいろんな国の色んな事情を持った人間がやってくる
それを指揮していかなくてはいけないんだ。ということを・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィギュアスケート(グランプリS)

October 30 [Mon], 2006, 7:22
ミキティおめでとう!!!!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ
フィギュアはシーズン始まったばかりで本来なら出てきても
よさそうな、サーシャ・コーエンやスルツカヤなどの有名な
選手が出てませんでしたが、それにしても見事なすべりでしたね。

最終滑走?組みの中キミー・マイズナーの後で
キミーのあの華麗なスケートのあとで、序盤少し緊張気味に
滑ってたミキティでしたが、中盤からは笑顔も出てきて
最後までメニューどおりのすべりを見せてくれて
本当に綺麗でした。

ステップのところでは少しつまづくところもあったりしてまだ
ちょっと危なげなところありましたけど、
でも最後まで華麗に滑りきって「ミキティスマイル復活」って感じでした。

トリノで15位という不本意な成績だったので、演技が終わったあと
テレビのインタビューを受けるときインタビュアーの人は
毎回、
「調子はどうでしたか?」とか「トリノでは思ったようにできな
かったようですが・・」とか
そういうなんていうのは否定的なことばかりいうので
ちょっと腹が立ちましたね。確かにトリノのときは本当に不調な
時だったと思うんですけど、今は今なのでインタビューする人も
その辺まず「おめでとう」と」か「すばらしかったです。」とか
そういう言葉からかけるのが普通じゃない?ってね。
日本のマスコミは嫌な部分をつくところがあって選手の
精神面に大きくかかわってしまいそうな気がします。
が、そんな状況でもうまく滑りきるのが本物と言われれば
それまでですが・・・・(;^_^A アセアセ・・・

でもまだグランプリシリーズは始まったばかり、
ここだけではなく、今度はフランス、中国と国を渡り歩きながら
の試合です。ここで気を緩ませることなく頑張ってほしいですね。

にしてもミキティ今までにない自信のようなものが出てきてる
感じがしてよかったです。
一方の真央ちゃん。あれれ?どうしちゃったの?
って感じでしたね。最初のステップからのトリプルアクセルで
勢いあまりすぎちゃってシングルになってしまったのが
ちょっと尾を引いてしまったようで、次のコンビネーションも
うまくいかずに結局3位でした。

前回のミキティ同様、成長期の過程にあるから
昨日まで出来てたのに今日はできない。
なんてことがあるのかもしれないな?と思ったりしました。
それにしても少し大人っぽくなって曲も大人っぽい選曲で
なめらかに滑っててショーとプログラムでは、「ほう。」と
ため息が出ちゃうほどでしたよ。

そしてそのおねえちゃんの舞選手
彼女の滑りをじっくり見たのは初めてでしたが、真央ちゃん
にはない優雅さを感じましたね。
この人表現力は抜群ですね。まるでバレエを見ているような
気がしました。
だけど残念なことにジャンプの失敗が痛かったなぁ〜。
あれが決まってるともしかしたらかなり上位に食い込んだかも
もしかしたら1.2.3フィニッシュで日本がとってたかもよ!
って感じでしたね。

弁護士 灰島秀樹

October 28 [Sat], 2006, 23:12
踊るのスピンオフ第四弾やってきましたよ〜〜。

いえね。私の中ではストーリーがすでに出来上がってて
一人で大盛り上がりしてたのに、全然違う話でちょっと
がっかりな部分もありましたが、でもこれはこれで全然
いけてました。


あの子憎たらしい灰島の人間らしい一面が具間見られただけでも
ただのゲームオタで金が大好きで権力大嫌いってわけじゃ
ないんだ!
と思ったらちょっと感動しちゃいましたね。
でもやっぱり最後はお金?だったのかな?っていう結末
でしたけど・・・それは灰島らしいかな?とも思ったり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
灰島はある老人詐欺の弁護を引き受けていた。
その弁護で勝訴したが、その弁護費用として賠償金の
8割を自分たちのものにしてほくそえんでいた。

そんな中、国が進めている博覧会会場の埋め立て工事を
めぐって住民との間にトラブルがおき、その埋め立て工事に
反対する代議士が灰島の下にやってくる。
国と戦うということで権力に対して憎しみを持つ灰島は最初は
乗り気だったが、住民たちから弁護の費用が出るので
そんな対した額ではないと聞かされすぐに断る。

そんな灰島の元へ大手IT企業の社長がやってきた。
彼は今の国が進める博覧会の会場にテーマパークを建設する
予定だったのにそれを国によって横取りされたといい。
1億を謝礼に国の計画を潰すように依頼する。

のりのりで博覧会会場となる土地を視察に行く灰島たち
だったが、反対派住民たちが自分たちのために来てくれたのだと
勘違いし、そこの代表を一目見て灰島は気持ちが揺らいで
しまう。

代表の顔が亡き母にそっくりだったのだ。
灰島はIT社長の計画を取りやめにして、国の計画も
止めるようにできないものかと考え始める。そんな灰島に
部下たちは不信を抱き始め、灰島の事務所から去っていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごめんなさいつづきは明日・・・・

ちなみに・・・私の考えてた話っていうのは、
真下正義で最後に自爆して死んでしまった。クモの爆破犯
あれをそそのかしたのは、灰島なんじゃなかろうか?
ってお話でした。

そうすると一連のスピンオフが繋がるような気がしたんですけどね
でもそうすると灰島は間接的に犯罪を犯すってことですもんね。
それはいくらなんでもありえないかな???(;^_^A アセアセ・・・
それにしてもこのドラマでは意外といい人に仕立てて
あったのでちょっとびっくりしました。

室井のときの灰島は超憎たらしかったので・・・・(^_^;)
自分の計画(クモの爆破)がうまくいかなかった逆恨みから
室井を罪に陥れると思うとうまく繋がる感じがしたんですよね。
ゲーム機にもクモのストラップついてましたし
なんか思わせぶりだったじゃないですかぁ。思わずそっち方向を
考えちゃいました。( ̄ー ̄)ニヤリッ
でも違っててよかったです。はい。

セーラー服と機関銃 3

October 28 [Sat], 2006, 8:29
ドラマは見ています。ただここのところ忙しいのと体調不良が
かさなって感想を書くところまでたどり着けませんでした。
みなさん健康管理には気をつけましょう。

ってところで!
先週佐久間さんが銃で撃たれるシーンがあったので、
ええ!もう佐久間さん撃たれちゃうの!と思ったけど
んなわきゃーねーよ。って感じで
泉が渡した縁結びのお守りの中の5円玉に救われて
命を取り留めた佐久間さん

画面のこっちで「んなっ!あほなーーー!」
と叫びつつも微笑ましく見させていただきました。

どんどんと浜口組のやり方は汚くなってきて、
佐久間の昔の恋人の弟を使って佐久間を消そうとしてきます。

佐久間さえいなくなれば目高組など簡単に潰せるという浜口組の
思惑でしたが、泉の説得でなんとか踏みとどまることができました。
目高組の面々は泉が狙われてると思って万全の体制で
泉を守ります。

あれじゃかえって目立つでしょうがーーーー!( ̄m ̄* )ムフッ♪
でもそんな目高組がかわいい♪

今日の金造さんの扇子には
泉にはじきなど見つかっていいわけが通ったときは
「危機一髪」
その後みんなと記念写真を撮ったときには
「一家団欒」
でしたね。
やっぱり金造さん常備5.6本の扇子を持っているようで!
来週は何?どんな文句?ってそっちも気になるようになってきました。

泉ちゃん目高組や学校の中では相変わらずのおとぼけぶりですが、
やはり命がかかった場面ではきりり!と目つきが
変わりました。
だんだん組長らしい一面も出てきましたね。

来週武(あせっかき)が死んじゃうみたいだよ〜〜〜〜!!
嫌だよ〜〜。Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ〜ん!

中日残念!

October 28 [Sat], 2006, 0:05
日本シリーズがはじまってから旦那さんにチャンネル権を
奪われ思うようにTVが見られなくてちょっとイライラぎみの
私です。

で北海道での試合見させてもらいました。
ああ。ふがいない・・・・・_| ̄|○ ガクッ
しかも暗いよ〜〜〜!!

もう少し日ハムを追い込んでほしかったなぁ。
終始あちらのペースだし・・、わかるよ!そりゃなんとしても
日本一になりたいって気持ちは!
でもそれが焦りに変わってしまっては元もコもないよ!

ああ。ふがいなさすぎて応援する気持ちも起きなかった。
旦那は機嫌が悪いし・・・・(;^_^A アセアセ・・・
だってしょうがないじゃん!そんなのやってる本人だって
一生懸命だろうしさぁ〜。

で・・・・また今日も「残念セール」をやりましたよ。
エンドレスで「燃えよ!ドラゴンズ!」が店内放送でかかってて
頭痛くなりました。(;^_^A アセアセ・・・

別に野球のファンじゃないけど歌詞を覚えそうになったよ。
あれって「一番●●が塁に出て〜♪二番●●がヒットエンドラン〜♪」
とかっていう選手の名前バージョンもあるよね?
なのにうちのお店でかかってるのはずっと
「つばめを落とすとか牛をどうとか・・・龍が打ち負かす〜♪」みたいな?
そういう球団バージョン?もあるのか〜。と改めて感心しつつ
必死にレジを打ってました。

ちなみに日本ハムは安売りしなかったなぁ。
すればいいのに!!!

役者魂 2

October 25 [Wed], 2006, 10:36
このお話はねぇ。なんていうかものすごくシュールなんですよ。
で、どわはははは!って笑うんじゃなくて
フッ!( ̄ー ̄)ニヤリ!
って感じで笑えるストーリーなんですよね。そこがいい!
私のつぼに入ってくるんですよねぇ。

あの大福にたっぷりと粉が乗ってないと駄目って
かえって食べにくそうなのに!って思ったりして
しかも子供たちがそれを先に食べちゃってて残ったひとつを
手づかみで持っていって出すと
「粉がたっぷりのってない!」と怒られ
子供たちの手やほっぺたについてる粉を払ってふりかけ
持って行くってあーた!!!

汚ねぇぇーーーーーーー!!!!

知らずに食べる海造が海造に!!笑ったわ。
汚ねぇ〜〜〜〜!って・・・・

いつまでも子供たちが劇場にいることにイラつく海造は
母親を探して連絡を取らないと幕を上げないとわがままを
いう。


のだめカンタービレ♪ 2

October 23 [Mon], 2006, 22:07
今回も面白かったなぁ。
ますますパワーアップって感じ。しかも最後のミルフィ先生
怖いよ〜。
で、なんで泡吹いて倒れてたのか知りたい〜〜〜。
あ。確か中盤でのだめが千秋に抱きつこうとして千秋が
鼻つまんでたっけ?
あれはのだめがあまりにも臭すぎてチューする前に
倒れたってことか!納得!プー!(*≧m≦)=3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
指揮科に転科しようとした千秋だったが、シュトレーゼマンが指揮科の
先生になると聞く、届出を出そうとするとシュトレーゼマンに破られ
お前が嫌いだからという理由だけでお前を指揮科に入れることは
出来ないといわれる。
それを聞いた千秋はここに用はないと退学することを決意する。
だが千秋を密かに思っている奥山(小出恵介)とのだめはなんとか
留めさせようとする。
バイオリン科の峰龍太郎(瑛太)は、学園祭のためのバイオリンを
練習していたが、他にも再試験が待っていたそれに合格しないと
また留年ということでなんとか一緒に演奏をしてくれるピアノ科の
生徒を探していた。
以前千秋に申し出たときは、千秋にこっぴどく断られ千秋にだけは
演奏を頼むまいと思っていたところにのだめが現れる。
さっそく演奏を申し込むとあっさりと了承される。
演奏をした峰はのだめとのソウルが合う!と絶賛し再試験に一緒に
出てくれないかと頼む。

その日のだめに夕飯をご馳走してくれと頼まれていた千秋は
練習後の二人が仲良く峰のお店で食事をしているところを見て
しまい。がっかりする。そこへ元カノの彩子が現れて
また付き合おうと言い出す。
それを見てしまったのだめはショックのあまりまともな
演奏を出来なくなってしまった。
慌てた、峰はなんとか二人をくっつけようとするがすべて
失敗。奥山も一緒になって千秋を振り向かせる作戦を決行するが撃沈。
ますます盛り下がるのだめに頭を抱えていた峰。
そして再試験当日のだめがマンションの玄関先で倒れて
いるのを見つける千秋、とりあえず峰のところに連れて行くが
とても演奏を出来る状態ではなく、仕方がない俺がやる
といって千秋が伴奏をすることになる。

のだめ同様「好きに演奏しろ」と峰にいう千秋そして演奏が始まった。
千秋はまたもや自由奔放にバイオリンを弾く峰にどんどんついていき、
峰もまた「俺がやりやすいように弾いてくれる」と感心するのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は峰龍太郎の回でしたねぇ。最初はエレキちっくなバイオリンを
弾いていましたが、のだめとのソウルはぴったりで
千秋とは峰が弾きやすくする引き立て役としての役割を
十分にこなし、すっかり千秋を尊敬するようになりました。

アフロとのだめの一騎打ちもどちらも箸にも棒にもかかってないのに
お互い闘争心むき出しで笑った!

千秋も他の生徒からは天才と呼ばれていましたが
実は3歳からずっとバイオリンを弾いていて、血のにじむ努力を
していた。
だがまだまだ納得いくようなものではないといってましたね。
それによって峰も肩の荷がおりた感じでした。
峰はどこか自分の才能に見切りをつけて逃げていたんじゃないだろうか
でものだめと千秋によって呼び覚まされた。
千秋は誰よりも先に峰の才能を読んでいたようでしたね。
う〜〜ん(ーΩー )ウゥーンすごい男だ千秋!sさすが何様俺様千秋様
だよ!


ってか今回ののだめの扱いが可哀想過ぎる〜〜〜〜!
千秋にも峰にも奥山にもビシバシ叩かれどつかれて・・・・
(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
可哀想だけど笑ったわ〜〜!!

●感想
一話


鉄板少女アカネ!2

October 23 [Mon], 2006, 16:23
ぶはっ!!(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
もう突っ込みがいがあるドラマだなぁ!でもそんなとこが好きだ!
明石の鯛で料理バトル!

話はシンプルだけどそこに至るまでの経緯が笑える。
グルメコミックだからもうちょっと”うんちく”たれて鯛をどうやって
調理していくかっていうのもメインに持ってきてくれると
もっと面白いのにぃぃぃ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
父から送られてきた鯛を見たアカネはさっそく明石へ行く。
一緒についていった心太から、とある料亭のおかみと
そこで働く女の子が大変だと聞かされる。
その料亭は息子が継ぐはずだったのだが、母親への反抗心から
逆にそのあたりいったいのやさぐれ男たちを呼び込み
お店から客を追い払い店を潰そうとしていたのだった。
それを知った心太は、自分がこの店を救ってやるといい。
近くに開催される鯛グルメフェアで優勝することを約束する。

そんな話を聞いたアカネだったが、目的は父を探すこと
といって相手にしなかった。
そんなとき自分の鉄輪号の中にある料理道具一式を
売ろうとしている黒金に出会い。一喝する。
が、側で女の人が具合悪そうにしているのを見かた。
なんと母親にそっくりの女性が倒れていた。
アカネは彼女を家に連れて行く。
彼女こそ心太が言っていた料亭のおかみだったのだ。
病気を患い、自分ではグルメフェアに出ることができない
息子ともうまくいってないという話を聞き、人肌脱ぐことを決意する。

だがそこにまた食品メーカーの令嬢が現れ料亭の立ち退きを
言い渡す。怒ったアカネは自分が勝負をする!
と言い出す。

ところが、大会の食材である鯛はすべて令嬢が買い占めて
しまっていたのだった。
困り果てたアカネだったが、従業員の女の子がどこからともなく
鯛を持ってきた。それを使って新しい料理を完成させるアカネ。
(実は息子がこっそりと渡していたのだった。)

だが大会当日、黒金がまたしても食材の鯛を食べてしまった。
困ったアカネは他の出場者から鯛を分けてもらおうとするが
すべて断られる。そんな時、おかみが言った言葉
「鯛に捨てるところはない。せっかく鯛をいただくんだから
すべて使って成仏させてあげないとね。」を思い出し
料理人が捨てようとしていた鯛のあらをもらって
鯛のあんかけやきそばを作る。大会は見事アカネの優勝。
おかみの息子もこれを見ていて改心しおかみの店を継ぐことに
なった。
「ありがとう」というおかみにアカネは
おかみから大事な言葉をもらい勉強になったとお礼をいって帰って来た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●感想
一話

セーラー服と機関銃 2

October 20 [Fri], 2006, 23:06
ぶはっ!(≧∇≦)ブハハハ!今回も面白かったです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひょんなことから目高組組長に襲名してしまった。泉
でも銃撃があったり、島をあらされたりとてんやわんやになる。
なんとか話し合いでけりをつけたいと思った、佐久間と泉だったが、
逆になめられてしまい。
目高と縁を切らないとお店を潰すと商店街の人間たちに
暴力をふるうようになってきた。

そんな時、泉のアパートに謎の女が現れる。
その女は泉に対して父親の愛人だったことを告白そして
請求書といって、手紙をおいていく。
そこには父親から「俺に何かあったら泉を頼む」と書かれたものと
泉に当てた手紙が入っていた。
そこには何事にも一生懸命になるのはいいが全部一人でしょいこま
ないように、そして一本筋を通すようにと書かれていた。

そしてまた組の島が荒らされる。なんとか阻止しようとする泉。
ストリップをすれば止めてやるといわれて、やろうとするが
そこに佐久間が現れて、俺に免じてここは引き取ってくれ
と頼む。
それを見て「今日だけはお前に免じてやる」と言い残して
去っていく。

泉はこのことで組長としてみんなから認められることになる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうなんていうか痛快な感じでしたね。
等身大の女子高生のとぼけた感じがすごく出てておもしろかった。
やくざの世界を少しでもわかろうとビデオを借りてきて見たり、
今時流行らない、「おひかえなすって!」をやっちゃったり。
思わずプー!(*≧m≦)=3って感じでした。

でもこんなに弱小でしかも女子高生が組長なんて
あれだけ大きな組(濱口組)ならすぐに潰せちゃうだろうに・・・・

でもそこは何か裏がありそうですよね。
なんか父親の愛人(真由美さん)も本当に泉の味方なのかしら?
ってちょっと疑ってしまったり・・・・(^_^;)

それにしても気になったのは最後の警官ですよね。
怪しい!小市さん前はぶっきらぼうでもいい人だったのに
でも怪しい役をやらせても天下一品だわ!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
怪しすぎるわ。泉を泳がせてヘロインのルートを探ろうと
してるのね。ひどいひと!

っていうかあの青森出身の稲葉さん何言ってるか
さっぱりわからず、字幕スーパーつき!って(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
おもしろいぞ!
それに対抗して金蔵さんの扇子!あれって毎回文句を
直筆で書いてるんですね。いったいどんだけ扇子持ってるんだろう?
(笑)その場面のTPOに合わせて取り出すのに大変そう。

でも泉にとっては、浜口組が本気で島を狙っている
本当に堅気が足を突っ込めるようなそんな場所じゃない
そんなことをひしひしと感じる結果になった今回の事件だったんじゃ
ないだろうか。

次回も楽しみだよ〜〜!!!でも佐久間さんもう撃たれるの?
それはないよね♪

●感想
一話
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)