優しい時間

January 21 [Fri], 2005, 12:32
を見た。第二話。

毎回ほんのちょっとした事件がおこって、それが普通に時間と
ともに解決されていくという感じ。
他のドラマにはない。
ジャジャーーン!的なところがなく。
ある日常をそのままドラマにした感じなところがきっと受けているんだろうな
と思う。

今回はとある新婚夫婦が突然、お店に入ってきて、
男は去っていき、女は椅子に座って泣き始める
というところから始まって、
結果的にほれ。新婚初夜っていいましょうか?
あれが何で、そうなって・・・みたいな感じで
ちょっぴり、ぷぷっ!とほほえましく思ったりして・・
女のほうは、喫茶店の女陣たちが男について説くために
別の場所にいって、
男のほうは、どこかに行ってしまうんだけど、結局この喫茶店に戻ってきて
マスター(寺尾聡)が不器用に女の扱いについて
話すんだけど、なんだかうまく話がつながらなくて・・・
って感じでとっても面白かった。

また、この話の軸になっているマスターと息子、拓郎(二宮和也)・・・
そして、この喫茶店で働いている従業員の女の子、梓(長澤まさみ)の
微妙な心境の変化と成長がよくって、
どうなっていくのかが毎回見所になりそう。

今回大雨の中お皿の破片を届けようとする梓が運転をあやまり
増水した川?か何かの中に突っ込んでしまって
立ち往生しているところで、

普通のドラマだったら絶対に、ジャジャーン!な音楽がなって

「う・・動かない。動かないわ。どうしよう!」
「ああぁぁ!!!」

見たいに車ごとながされ〜の。そこに拓郎があらわれ〜の。
たすけぇ〜の。でもあと一歩のところで助けられずに次回のテロップながれ〜の。
って感じになるところが、

普通に車を見つけて駆け寄り、助けてお皿の破片をもって
拓郎の家にいく。と淡々と描かれてて、そういうところが

そうだよねぇ。普通だったらこんな感じだよねぇ。うんうん。
みたいに思わず納得で、でもだからこそすごくリアルで
面白いわ〜。って思った。(笑)

さむっ!

January 20 [Thu], 2005, 16:44
昨日のウォーキングでの夫婦の会話。

妻:「あ。雨が降ってきたよ」
夫:「これくらい雨って言わないよ。それに通り雨だからすぐにやむよ。」
妻:「・・・・」

しばらく歩く

妻:「これでも通り雨っていうのかぃ?段々激しさを増してる気がするんですけど・・・(笑)」
夫:「こんなのまだまだ。それに雨が通っていく通り道を逆走してるから雨がやまないんだよ」
妻:「そうなの?」
夫:「これはまだパラパラだろ?」
妻:「・・・・」
夫:「あれ?踊らんの?」
妻:「?」
夫:「パラパラだけに・・・踊るかと。」
妻:「こうか?」(踊るまねをする)

妻:「っていうかいまどきパラパラって。」
妻:「今の若者でも知ってるかどうか・・・・」
夫:「・・・・」
妻:「無視かぃ!!」


笑っていいとも!

January 19 [Wed], 2005, 15:19
を見た。
杉田かおるさんが結婚したことをうけて、
公開記者会見?とでもいいましょうか?
水曜レギュラーの面々が杉田さんにインタビューしようという企画

これはかなりレアですよ?
だって杉田さんは各マスコミに記者会見の予定はありません
ってFAXで送ってたくらいですもん。

なのでちょっぴり期待していたのに・・・

もぉぉぉぉ!
タモリさん!アンタ!うけ狙いすぎ!!!

いいのよ。毎日、毎日TVにうつってんだから!
もういいでしょう!そんなにみんなの注目あつめたいの?(笑)

って感じで、杉田さんが何か答えようとするたびに
爆笑問題の太田さんとごちゃごちゃとなにかやってて
そのたびにインタビューが中断!

正直きちんとどういう風に付き合ったのか?とか
であったのか?とか
月並みだけどプロポーズはどちらからだとか
どんな言葉かとかそういことも聞きたかったのなぁ。←かなりミーハー(^_^;)

それなのにほとんど聞き取れなくて
うっとうしかったよ!もぉう!!

杉田さんもこの場を借りてみんなに報告したかっただろうに・・・

ま・・・そこがいいともだ!といえばいいともなんだけどね。

救命病棟24時

January 19 [Wed], 2005, 7:43
第二話目・・・を見た。
とってもリアルな感じで、よかった。
きっと、もし東京であんな地震があったらあれではすまないほどの
被害だと思うけど、でもきっとあんな感じなんだろうな。
という気がした。

今回、本当ならばすべての人を助けたいのに
それができない、進藤先生の苦渋の決断を見てて
「でも実際問題。もう助かる見込みのない人を何時間も
かけて救うのならば少しでも助かる見込みのある人を
何人も救ったほうがいい。」
ていうのが、
こういう状況ではしかたのないことなんだ。
これが生きるってことなんだろうな。
と思わせてくれて、

なんだかんだいっても所詮人間も大自然の中のちっぽけな
存在なんだなぁ。
逆らえない状況もあるんだなぁ。としみじみ感じた。

そんななかでもやっていかなきゃいけない
っていうのは本当につらいことだと思うし、
こういうことがあったら本当にみんなが協力し合わないと
解決に結びつかないんだな。
って改めて思った。

どうしてもこういう災害になると自分が!自分が!って
なってしまうから・・・・

果たして自分はどれだけ周りのことを見られるかな?なんてことも考えた。

ところでそれにしても進藤先生のメス裁きはすごいよね。(笑)
一番目に診察して血管を損傷した患者さんが
めぐりめぐって小島先生の病院に回ってくるなんて!!

そして恋人と連絡がつかなくて、ついくじけて病院から
抜け出して恋人の下に行こうとした、小島先生の
やる気をおこさせるなんて
進藤先生、にくいよこの!って感じ。

まだまだこの話は続きそうでどうなっていくのか
わからない。目が離せないですね。

ごくせん

January 19 [Wed], 2005, 7:39
あああ。私としたことが見逃しましたぁ!

前回旦那さんに進められてみ初めて以来すっかりはまってるごくせん

やっぱり仲間由紀恵ちゃんはこうでなくっちゃ!って感じなんですよね。
前にフジテレビで韓国っぽいドラマ(ごめんなさい見てないんです。)
をちらとだけ見たけど、
あれはごくせんやトリックのイメージがあって
どうもむずかゆくて見てられなかった。

なのでやっぱり返ってきたごくせんすごくすごく見たかったのに
なんで見逃したのか・・・
悔やんでも悔やみきれない!

次回は絶対見るぞ!と意気込んでみる。

オーシャンズ11

January 18 [Tue], 2005, 20:43
を見た。

もうすぐ「オーシャンズ12」が公開する。
その前に映画の宣伝をかねて・・・ということだけど、
これがとても面白かった。

どの俳優さんも個性的でかっこよかった。
今度のオーシャンズ12では、この11の続きのお話みたいなので
これを見てから見るとまた違った意味で楽しめるんだろうな。
っていう感じ。

それにしても・・・泥棒するにはお金かけすぎ!
って感じでさすがアメリカね。って感じだったよ。
それに見合うだけのお金を盗むんだけどね・・・

なんだかいかにもアメリカっぽい泥棒の仕方でめちゃくちゃ
面白かった。
欲をいえば・・・あの元妻がどうのこうのっていうのは
あんまり入れなくてもよかったんじゃないかぁ・・・ってことかな?
普通に、泥棒だけを楽しみたかったな。

つながらない

January 17 [Mon], 2005, 15:56
昨日は一日ネットにつながりませんでした。

旦那さんはほくそえんでいましたよ。

「やっぱりなぁ。神様は見てるんだよ。あんまりやるなってことさ。」
などといいつつ鼻歌歌ってましたよ。

うううう。そんなにあれですか?私やってますかねぇ?

結構時間的にはここに来てからやれなくなってきてると
思うんですが・・・・??

違いますか?

発掘あるある大辞典

January 17 [Mon], 2005, 15:55
を見た。
今回のテーマは「集中力」
まさに私のためにある言葉だと思った。
最近集中力がない。仕事でもそうだ。家事でもそうだ。
どうも注意力がなくいつも散漫な感じなのだ。
なのでこれは見なくちゃ!

と頑張ってみてみた。
テストが5問あったけど、2問しかできず、
集中力低下と診断された。
ああ。やっぱりという感じ。

で、それを何とかする方法としては、

・マーチをBGMにして何かをする。
・緑茶を集中したい30分前に飲む。
・頬を思い切り叩いて集中力を高める。
・これから集中するぞというときに黄色いものを見る。

などがあるそうだ。

マーチを聴きながらっていうのはたとえば車の運転とかなどに
適しているらしい。

緑茶を飲むというのは、これから勉強しようというような
リラックスしながらも集中したいときに使うといいらしい。

頬を思い切り叩くというのは、スポーツなどで記録を出したり
するのに適しているらしい。

黄色いものを見るというのは、注意力が散漫になったとき
見ると集中力を戻してくれるらしい。

ということで、今度から仕事中は黄色いカゴに集中することに
しました。
(うちのお店はカゴが黄色なのです。(笑))

めちゃイケ!

January 15 [Sat], 2005, 21:36
を見た。

嫌いだ、嫌いだといいながら結構見ちゃってるところが矛盾してるね。(笑)
で、今回
岡村さんと、10代の男女が恋愛について語るっていうのを
やってて、

岡村さんがいろいろと恋愛って何だよ。付き合うってどういうことだよ。
とかいっしょうけんめい力説してたんだけど、
ほとんどコテンパンに10代の女の子や男の子たちに言い負かされてしまって

これはやっぱり恋愛をどれだけしてるかって言う経験が
ないものと、あるものの差だよね〜。っていうのが思い切り出てて
岡村さんがかわいそうになってしまった。

あの人は本当はお笑いなんて目指すつもりはなかったのに
矢部さんに誘われて入っただけなので、正直あんまり面白い人間では
ないと思うんだよね。
中身はものすごくまじめで純粋な人だと思うので、
あの芸風のまま普段も面白いって思われるとやっぱりつらいんじゃないかな?

もし普通に会社員とかになっていたら、今頃ちゃんと普通に
恋愛もして、もしかしたら結婚もしてたかもしれんやろうけど、
こういう世界で顔が売れてしまうともともと真面目だから
あんまり浮ついて恋愛とかできないんだろうな。

なんか最終的にはおれはどうしたら恋愛できるんだ!
みたいな恋愛相談になってて、正直見てられなかった。

なんでこんな企画したんだろうね。岡村さん・・・・・・

前に負け犬の遠吠えでも書いたように、
久本さんといい、岡村君といい本当に本当に恋愛したくてしょうがない人が
こういう番組をやるのは見てて痛すぎる。
こういうのをやることによって、世間の見る目が余計に
恋愛できない。とか結婚できない。っていう風になっていくようで、
なんでそんなに自分をいじめるんだろう。
っていう気持ちにさえなってくる。

普通にしてたらいいのに・・・
あんまり、したい、したい。って目をギラつかせているときほど、
びびって寄ってこなくなる。
肩の力抜いたら、きっといい人が現れるとおもうんだけどな。

A.I

January 14 [Fri], 2005, 9:43
を見た。

ああ。もう最初から見たかったよ。
お風呂入ってて、途中からなので、最初の部分見逃した。
それが最大の失敗だった。

SFファンタジーってなんだろう?
ってずっと思ってたのよ。
映画公開中はね。

でもやっと分かった。すごい。うん。SFファンタジーだった。

あのロボット役のデェイビットくんの演技がすごいうまいのね。
(役の名前がデェイビットです。)

最初見てないから分からないけど、
多分お母さんと生き別れになっちゃったんだろうね。
で、多分この男の子も瀕死状態で、どこかの研究機関に
もっていかれて、この子の思い出か何かを人工知能に
変えてロボットとして生き返らせるのかな?

違ってたらごめんよ。

でもロボットとなっても7歳の子供
お母さんが恋しくて、その研究所から飛び出してお母さんを
探す。

ってお話でなんかこの子がロボットなだけにすごく
純粋で、一生懸命お母さんを探してて、
本当にそういうのが涙をさそったね。
途中で、悪い人に捕まえられて壊されそうになるんだけど、そのとき
「僕はピノキオじゃない!」
っていうところがあって、そう!そうよ。まさにこれはSFのピノキオだわ!
って思うような感じの映画だった。

特に最後のほうは、かわいそうで、でもあったかくて
本当によかった。
って感じなんだけど、
劇場で見たかったなぁ。っていうのが感想。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)