エイジ (重松清)

August 05 [Tue], 2014, 22:30
商品がありません。

重松清さんの「エイジ」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぼくの名前はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンに
ある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が
発生して、犯行は次第にエスカレートし、ついに捕まった
犯人は、同級生だった。
その日から、何かがわからなくなった。
ぼくもいつか「キレて」しまうんだろうか?
家族や友達、好きになった女子への思いに揺れながら
成長する少年のリアルな日常
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

存在感もなく、でもそれなりに話したこともあった
同級生がある日突然通り魔として警察に捕まった。

クラスメイトたちもエイジも最初はその噂でもちきりで
野次馬根性であることないことを話していたりしたけど、

そのうちにマスコミが騒ぎ立て、学校の様子も変わっていき
自分たちも同級生と同じ中学生という括りの中に
入れられてしまって、そういう目で見られるようになる。

そんな中でもちゃんと学校はあって、テストもあって
友達ともしゃべったりして、

だけどなんだか居心地の悪さがずっと付きまとう
どうにかしたいのに、どうにもできない。

人とは少し距離を置いた頭のいいタモツ
いつもいい加減なことばかりしてお調子者のツカっちゃん
そしてボク。

普通に中学校生活を送っていたら考えもしなかったことを
同級生が逮捕されるということで考える機会ができて

タモツは常に冷静で客観的に分析する能力はあるけど
同級生のことも客観的に見ることしかできず、
周りがどんどん成長していくのに逆に成長がとまってしまう。

お調子者のツカっちゃんは、同じような事件現場を見たせいで
被害者の立場からものを考えるようになり
人に危害を加えるということがいかに人の人生を狂わせて
しまうのかを知って

そしてエイジは自分にも同級生と同じように人を殴ったり
してしまうそんな感情があるからもしかしたら
同じようなことをしてしまうかもしれない。
そうなってしまったらどうしようと悩む

大人は中学生の自分たちをどうにかしてコントロールしようと
してむやみに監視しようとするし、

自分には自分なりの考えがあるし、悩みもあるし
口に出して言いたくても言えない。
うまく伝えようとしても伝えられない
そんなもどかしさでイライラしてしまう。

子供でもなくてかといって大人でもない
中途半端な時期だから心が揺れ動く。

それがとてもリアルに描かれていた。

中学生の不安定な気持ちと恋愛の話と反抗期と
いろいろがまじりあった物語でした。

7月の読書メーター

August 05 [Tue], 2014, 11:11
2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2339ページ
ナイス数:96ナイス

タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)感想
殺人の起きないミステリー人を観察して、彼らの悩みを解決していくって言う感じかな?こじんまりした大衆食堂のようなフレンチの店だから気づくことや一人一人の悩み解決に役立つ料理が出せるんだろうなと・・・。口数少ない三舟シェフが数少ないヒントからお客さんの悩みを引き出して解決する感じ。パ・マル。近くにあったら行ってみたいお店です。
読了日:7月27日 著者:近藤史恵
空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
読了日:7月21日 著者:池井戸潤
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)感想
これは多分実話をもとに書かれた小説ですよね?大企業の隠蔽体質が浮き彫りになってて面白かったです。下町ロケットと同じように中小企業が大企業を相手に戦っていくところは読んでいて爽快。大企業の中でも組織内でのやりとりがあって顧客そっちのけで自分たちの保身ばかりを考えていたりするところにイライラ。そしてそれを密かに暴こうとする記者や企業を支援する銀行まで関わって社会というのは一筋縄ではいかないものなのだと改めて感じられる話です。今まではやられっぱなしだった赤松運送の反撃が楽しみ。下巻を読みます。
読了日:7月20日 著者:池井戸潤
エイジ (新潮文庫)エイジ (新潮文庫)感想
中学二年生。とても多感な時期。大人にも子供にもなりきれない中途半端な時期そんな時に起こった事件。それをきっかけに少しずつ成長をしていく物語、同級生が通り魔を起こした周りがどんどんと騒がしくなり、最初は面白がっていた自分たちもその騒動に巻き込まれだけど現実はいつもと変わらなくてだけどすごく変わっていてそれを口にしたくても口にできないどういえばいいのかわからない。そんなもどかしい気持ちがリアルに描かれていた。そういえば中学生のころはこんな感じだったなと思い出させてくれる。自分のクラスの子が加害者だったから、考
読了日:7月17日 著者:重松清
新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)
読了日:7月11日 著者:池井戸潤
イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)感想
なんだか普通の恋愛小説だな。と思って他の人の感想を見たり、解説で再読のすすめを読んだりしてもういちどさらりとおさらいしてみて気が付いた。たっくんがマユを表現する描写とマユの性格がいまいちあってない。何か裏がありそうな子だなとは思っていたけど、これは再読しないとわからない。確かに後で読み返すといろいろとおかしなところがたくさんあるわ〜。後半でのたっくんの性格もあまりにも違っていたし・・・。と思うとマユってやっぱり怖い。そして前半のたっくん可哀想・・・。
読了日:7月2日 著者:乾くるみ

読書メーター
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)