コード・ブルー 最終回

September 12 [Fri], 2008, 17:52
みんなすごくいい顔してた。
救えなかった命のことをみんな悔やんでいた。
でもだからこそ今自分にできる精一杯のことをやるんだっていう
決意みたいなものがそれぞれに芽生え始めたっていうところで
終わったのがもう最高によかった!

そして何よりもいつもお調子ものだった藤川が黒田に
「俺に行かせてください」って訴えたところそして黒田が答えたところ

思わず「藤川〜〜。がんばったねぇ〜。」とこっちで手を合わせて
拝んじゃったよ。いつもと違った顔つきがよかった。

人が人を成長させるっていうのは本当だねぇ。
それが命にかかわることだったらなおさら本当に、その一瞬一瞬で
成長につながっていくだろうな。

っていうか、このドラマは本当に最初から最後まで感想が書きづらい
ドラマだった、一話の中にエピソードがてんこ盛りなので
全部羅列してたら日が暮れちゃうから・・・。笑。

でも若い先生のそれぞれの成長がとっても初々しかった。

藍沢は最初は本当に冷静で患者をただの実験台?とも
思えるような言動が多かったけど、黒田の腕を斬り落としてから
本当に医者としてどう患者に向き合っていくべきかを悩むように
なってそれはそれで医者として成長したしるしだと思う。

白石はお嬢様〜。っていうのが最後まで付きまとって
あんまり活躍もしてなかったけど、でも優等生なりに
与えられた仕事はきちんとこなすところとか正義感の強いところは
現場できっちりとやっていけるだろうと思った。

緋山は患者さんに感情移入することが多いけど、それはそれで
とってもいいこと。患者さんの気持ちを第一に考えてくれる
医者と言うのはなかなかいないし、アフターケアができるって
すごいことだと思うから

冴島はキビキビしながらきっとこれからもフェローをちゃんと
支えて行ってくれると思う。
最後に彼氏のもとへ行ったのは、いろんな事故を見て
命の大切さや今!生きている人への優しさを忘れないってことに
気がついたからなのかな?

そして藤川・・・・。いつもお調子ものだったけど、今回は違ったね。
ずっと黒田からは駄目というレッテルを貼られてたけど
ずいぶん成長した。なんといっても人の気持ちを汲むことが
できるのにかけてはこの藤川の右に出るものはフェローの中に
いないんじゃない?
その上で、今回の事故で新たに強さ!も加わったから
鬼に金棒?かな?笑。でもまだまだ・・って感じだけど・・

そして黒田先生、息子に「おとうさん」って呼んでもらえて
うれしかっただろうな。息子にとっては自慢のお父さん
何か言いたいことがあったみたいだけど、それはロスに来た時に
教えるって・・・・もー憎いね。息子よ!

感想になってない感想だなぁ。
でもこれがすべて!

人の命を救うというのは本当に難しい。医者がどれだけ
すぐれていても救えない命はある。でも最善を尽くすのが医者の役目
ですよね?

コード・ブルー過去記事
一話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話 

ゴンゾウ 最終回

September 12 [Fri], 2008, 13:11
ひねりはなかったですね。乙部が犯人でした。
でも・・・・。乙部はかなり病んでいたんですねぇ。
だから人の愛と言うものを知らずに育った
人を愛するということが、人のいうことをそのまま実行することだと
思っていた乙部は本当にかわいそうな人ですね。

それはやっぱり小さなころに父親に暴力をふるわれて
その父親を刺してしまって、母親にすがろうと思ったら
母もまた自ら命を落としてしまったということから
心のよりどころをなくしてしまったからなのかもしれないですねぇ。

もし乙部のお母さんが乙部のことをちゃんと守ってあげていたら
もしかしたらこんな犯罪を犯さなかったかも・・・と思うと切なく
なりました。

そして佐久間は母親を半身不随にされたことで黒木を恨んでいた
わけではなかったんですね。
自分が13課を負かされるようになっても、
黒木が・・・黒木が・・といつも黒木の実績のことと比べられていて
それが佐久間に苦痛を与えていたんですね。
ここにも心の闇がありました。

ただ救いだったのは佐久間がそれだけの恨みだったことですかね。
もっともっと奥深く恨んでいるのかと思ったらそうじゃなかったのは
よかった。

そして松尾先生。まさか乙部とも面識があったとは思わなかった。
黒木が松尾先生のところで治療を受けるもっと前に
乙部のほうが先に治療受けてたんですね。
その松尾先生が「人を愛しなさい」と言ったから歪んだ愛し方を
してしまったんですねぇ。
人を愛するっていうことは「こういうことをしなさい!」と一言で
言えないところがあるから難しいですよね。
だから松尾先生の言うとおりにしたのに、みんな愛してくれない
愛はない。という結論に達してしまった乙部・・・
もう歪みすぎです〜〜。

でもって今回のことで黒木も松尾先生がどれだけ大事か分かった。
杏子ももっと生きて、松尾先生を大事にしてっていう意味で
現れたんですね。

いやぁ。最初はそれほど気にも留めてなかったゴンゾウでしたが
はまりましたわ〜。
まさか一つの事件がこんな風にいろんなものにリンクしているとは!
本当に面白いドラマでした。

また出てくる俳優さんがみんな渋くてよかったわ〜。
何気に佐久間が最後もいい人でよかったよ。
それにしても先週の予告では佐久間が黒木を撃ったように見せてて
くわ〜。予告に騙された〜。って感じでしたわ。笑。

ってかよくよく見てみたらこのドラマの脚本家さんって
あの「キサラギ」の脚本家さんなんですね。(今頃?)
この人はこういうのうまいですねぇ。ちょいとこれから注目かも!
と思ってしまいました。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)