堪忍箱

September 06 [Sat], 2008, 20:07
商品がありません。

宮部みゆきの短編集「堪忍箱」読みました。

この本は、推理物ではないのですよ。
なんていうのか人間の裏の顔を映し出した話というのかなぁ?
読んだ後に不思議な感覚になります。

人と言うのは恐ろしいものだと思ったり不思議だと思ったり
今の世の中にも通じるな〜。と思ったり
すべての話にオチがないんですね。
あとはご想像にお任せします。って感じで終わってるので
喉に何かつっかえたまま!って感じで

あううう。そこをもうちょっと書いてくださいよ!
と思わずお願いしたくなっちゃう感じです。

堪忍箱などは、あるお店のおかみさんと、
おじいさんが火事でなくなるんですが
ある女中がお店に代々伝わるという「堪忍箱」というのを
生き残った一人の娘に託すんですね。
でもこの箱を絶対にのぞいては駄目だというんです。
この箱をのぞいてしまうと災いが待っていると・・・
でも本当は箱には何も入ってない(と私は思う)
先代の主人が何事も我慢が大事ということを後世に伝えるためだったと
思うんですが、
それが代を経ていくうちに、どんどん方向が変わってしまった。
そして事件が起きた。
ある女中の嫉妬心から起きた火事だったということが・・
それはすべてこの堪忍箱のせいだということに気がついたお駒は
自分がこの箱を持ってすべてをなくしてしまおうとするんですね。

堪忍箱という得体のしれないもののために、みんなが振り回されて
よこしまな考えをして災いを起こすのだとなんだかすごく深い話でした。
代々この堪忍箱があるおかげで疑心暗鬼に陥って
死ななくてもいい人間が死んでいたのかもしれないって思うと
奥が深いわ〜。と思ってしまうわけです。

そんな感じで収録されてる8話がとっても不思議なものばかりなんですよ。

1.堪忍箱
2.かどわかし
3.敵持ち
4.十六夜髑髏(いざよいどくろ)
5.お墓の下まで
6.謀りごと
7.てんびんばかり
8.砂村新田(すなむらしんでん)

十六夜髑髏は、結構怖い話でしたね。
女と言うのは怖いなぁ〜。っていうかね。これは堪忍箱と
同じ雰囲気の話でした。

てんびんばかりも女同士のありそうな話でしたよ。
相手のことをうらやましがるっていうのは今も昔も一緒で
それが近くに入ればいるほど、どんどん膨らんでいく。
でもこの二人はそれをうまく自分たちの中で消化して
う〜む。って唸ってしまいました。

砂村新田はちょっと切なくなっちゃう感じのお話でしたね。
お母さんに話して聞かせてあげてもいいんじゃないの?
って思ったりしました。

魔王 十話

September 06 [Sat], 2008, 8:21
「あれは事故だったんだよ」
直人から聞くのではなく、直人の父親栄作から11年前の
真実を聞いちゃった。
(てっきり最後に直人から聞くものだと思っていたからこの展開は
びっくり。)

「息子さんの言うことを信じるんですか?」
「親が信じてあげなくてどうするんだ。」
領にとっては衝撃な発言だった。

あれが事故・・・。でも直人も領に言う
「本当はあの事件の後あなたの家に言ったんです。
謝ろうと思って、でも誰もいなくて・・どうすれば許してもらえるんですか?」
「僕に死ねというなら死にます。」

領はどんどん自分の考えていたことと違う真実を知ってしまう。
「曲った道をまっすぐだと思い込んでいる。」栄作
「自分はどうなんだね。自分のために他人を不幸にしているではないか。」
どんどん追い詰められていく領。

あううう。ここにきてやっと魔王様も真実を知りましたよ。
しかも事故だったということを!
そして自分が正義だと思っていたことが全部直人や栄作と同じことを
してるだけにすぎないってことを!

でも止められなくなってる。
しおりにもうやめてください。とお願いされても
もうそれもできなくなってる。

もしももっと早くに栄作とこうやって話していれば、もう少し早くに
直人と逢っていれば、もう少し早くしおりにもあっていれば
領もこんな復讐をしなくてすんだのに・・・。
領のバカバカバカ!

そして典良が宗田を殺したことわかってしまいましたね。。。。
そして逮捕。直人にとってはつらい選択だったけど、
自分が間違った道を歩んだ結果人に恨まれることになった
だから兄にはちゃんと罪を償ってほしいまっすぐに生きてほしい
と思ったんでしょうね。つらい選択です。

ってかあの写真に日付も時間も映ってなかったような?
それで証拠として十分なのか?なんてね。

魔王過去記事
一話 二話 三話 四話 七話 八話九話 十話 十一話
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)