ラストフレンズ 三話

April 25 [Fri], 2008, 16:31
志村うしろ!うしろ!って感じ?
美知留が何か行動を起こすたびに、旦那と二人で
美知留そんなことしたら、殴られる。殴られる。と突っ込んでいました。

もうちょーー。怖いんですけど、宗佑が・・・。
あんな男とよく一緒にベッドで寝られるよねぇ。
私ならやだよ〜。でも殴った後は優しいからやっぱり一緒に寝るのかな?
なんかもう動悸が止まらなくて寝不足になって体壊しそうだよ。

って言ったら、「それは俺のほうだ!」と旦那に言われました。
ええーー。どういうことー。意味わかんなーい。うふっ

ま。そんなやりとりをしつつ見ました。
瑠可はとうとう美知留が宗佑に暴力を振るわれてるのを知って
しまいましたね。
でも宗佑の奴「ふざけてたら倒れただけ」だなんてよく言いますよね。
そんな言い訳通用する分けない、現にタケルも美知留が暴力を
受けてるんじゃないか?って確実に思ったみたい。

瑠可は美知留を呼び出して問いただしたのに
「私、今まで人に愛されたってっていうことがなかったの。
でも宗佑は違うの。愛されてるって思えるの。」って・・・
あれのどこが愛されてるって思えるって言うのよ〜。わかんないなぁ。
瑠可が「勝手にしろ!」っていう気持ちもわかるわ。

宗佑の言うとおりに毎日毎日過ごしていたら本当に仕事ができなく
なっちゃうよね。せっかく、店長も認めて少しずつ仕事を増やして
くれていたのに彼氏のために早く帰りたいんですとか彼氏が
嫉妬するから男の人は切れませんとかそんなのダメに決まってるし。

愛にはいろんな形があるからいいけどさ、でも我慢したり
自分のことをさらけ出せないようなものってちょっと違う気がする。
多かれ少なかれあることだけどその差は大きい。

アルバムを塗りつぶされた美知留はとうとう我慢できなくて
言ってしまった。「友達だよ。私は一番大事な友達とも会っちゃいけないの?」
「私の瑠可を悪く言わないで!」
って・・・・。美知留と瑠可は心の奥の奥ですごく深く結びついてるんだね。
宗佑は瑠可のオトコな部分を見破ってしまった。
だから異常に嫉妬してるんだ。男の嫉妬はみっともない。
美知留は殴られてシェアハウスに逃げ込んできた。

タケルの元カノが出てきましたね。
彼女がタケルをセックスレスにさせてしまうほどひどいことをしたのかな?
その辺次回あたりから見てみたいです。

ラストフレンズ過去記事

一話 二話 三話 四話

ホカベン 二話

April 25 [Fri], 2008, 8:15
夫をさしてしまった妻、情状酌量を求める灯に対して
もういいんです。と頑なに拒む。
なぜなんですか?と問いただす灯だったが
それ以上は何も言ってはくれなかった。

そして真希ちゃんを一時的に預かることになった灯。
その日、真希ちゃんの面倒をどうするかで母親と口げんかになる。
それを聞いていた真希ちゃんは振るえ、そして戻ってきた灯に
そっと手を差し伸べた。

その手を自分のスカートの中に入れる真希ちゃん
そこでようやく事の真相に気が付いた灯。
そう。母親が必死に自分の罪を来てまで守りたかったものは
夫の暴力ではなく、子供の性的虐待だった。
法廷に出て戦えば嫌でもそのことを証言しなくてはいけない。
そうなってしまうと、世間からいつまでも後ろ指を指され
そして子供の将来にも傷がつく。だから自分ひとりが悪者になって
いればいいのだと・・・。

一方で夫の弁護士は、今回のことを知って、だったら示談金を
払ったほうがよいのではないですか?と持ちかけてくる。
そうすれば、事の真相は世に出ないから徳ではないかと

弁護士は武器を使って戦っている。
クライアントが望んでいるのは、勝つことだ。

そう同僚の弁護士に言われる灯
そこで思いついたのは、自分を解任してくれと頼むこと。
杉崎に裁判を頼んで自分は今事件から手を引くと。

そして公判が始まった。
検察側が殺意を持って刺したと殺人罪を主張するのに対して
杉崎は傷害致死にあたると真っ向から否定する。
そして、証人として灯を申請した。

灯ちゃんも母親も傷つけずに公判を勝つにはどうしても必要なことだった。
夫の手から真希ちゃんを母親に取り戻すにはどうしても
幼児虐待の話を持ち込まないと無理だと気が付いたからだった。

灯は、真希ちゃんを預かったときのことを証言する。
「パパはいつも喧嘩をしたときに触るの。そうするとすごく喜んで
ママにひどいことをしなくなるの。」と・・・・

母親は執行猶予付きの判決が下され親子は新しい名前をもらって
ひっそりと別の場所で暮らすことになった。

母子殺人事件の判決が出た後でのこのドラマは結構身につまされる
ものがありましたね。
エムザのほかの部署ではどちらかというと弱者と戦い
法を駆使して、強いものが利益を勝ち取ってます。
でもプロボノだけは違った。

灯の同僚が悩んでいる灯に言います。
「クライアントは何を望んでいるんだろう?」と
「よくわからないけど、勝つことなんじゃない?」と答えます。

殺人事件の判決の前に見ていたら、なるほど〜!とすぐに
納得したかもしれないけど、今回は見ていて
本当にそうなのかな?勝っても何も変わらないよね。
と思ってしまいました。
結局は被害者はいつまでたっても傷がいえるわけではないですし、
戻ってくるわけでもないですし・・むなしさだけが残るような
気がします。判決が出た直後はこれでよかった!
と思うかもしれないけど、その先もずっとずっと事件のことを忘れる
ことはないと思うし、勝ってもいい気分にはならないだろうな。と

今回のこの判決でも、相手がほぼ100パーセント悪いのに
刑も与えられ、そして生まれたときにもらった名前まで捨てて
日陰?とまでは行かないでも何か後ろめたさを背負ったまま
生きていかないといけないわけですから・・。

弁護士にとっては勝つ!ことでも被告や原告にとっては
何もかわらないんでしょうね。ひとつの区切りをつけるに過ぎない
そんな気がしました。


ホカベン過去記事
一話 二話 三話
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)