暴れん坊ママ 七話

November 29 [Thu], 2007, 15:26
を見た。

前回、佑樹が「僕もお受験する!」なんていうもんだから
さあ大変。あゆは今まで、一度も自分から何かをやりたい
なんていわなかった佑樹が今回初めて自分の意思で
受験したいと言ったことを受け止めて、受験させようと
しましたよね。
それに反対したのは哲のほう。

確かに私立に行かなくても公立でも十分勉強はできると思うんですけど
それでも今はゆとり教育で4年生あたりから当たり前のように
塾に入れてるお母さんたちもいますからねぇ・・・。

タマちゃんじゃないけど、先のことを考えれば公立も私立も
金銭的には同じなのかなぁ?と思ったりします。
ただ、私立の質にもよりけり・・・っていう
気がしないでもないです。
最近少子化で、定員割れが多いと聞きますし・・・
ま。そんなことはどうでもいいですけど・・・

あゆは、お受験に必死になって佑樹にいろんなことを覚えさせようと
します。塾にも入れようとすると他のままさんから
「今からなんて無理に決まってる」と言われますが、
北条ママに誘われてついていってみると意外や意外
佑樹は結構優秀だったのです。
塾の先生も佑樹の編入を認めてくれます。

ただ模擬面接で、「お母さんは佑樹君を生んだときどんな気持ちでしたか?」
と言う質問に詰まってしまいます。

そして受験に受かるために嘘くらいついてもいい!
といい哲と喧嘩をしてしまいます。
そしてあゆは毎日のように佑樹を特訓しますが佑樹は
唯一運動が苦手でした。
そしてそんな佑樹をみてあゆは思わず、叩いてしまいます。

あゆは自分が必死になっていたのは佑樹のためではなく
自分が子供を生んだことがないから受験に失敗したんだと
みんなに言われないようにするためだったと反省します。

哲も受験するのに嘘をついてまでする必要はないよ。
それに本当のことを言えばいいじゃないか。
一生懸命愛情をかけて育てていることを見るための
面接だし、運動ができないからといって入れないような
学校なら、その程度の学校なんだよ。
とあゆを慰めます。

本当にそうだよね。
5歳6歳の子供のどこを見て学校へいれるっていうのよ。
両親がちゃんと愛情を注いでいるかってのは
もちろんだけど、子供がちゃんと自分の考えを持ってるかとか
素直か元気で明るく過ごしてるかってそういうことを見るだけだと思う。

おしゃべりが得意で、杓子定規の答えしか言わない
(北条息子みたいな)外面がよくってママに操縦されてますって
そんな子供を信用できるかって話ですよ。

あゆは佑樹を生んではいないけど、でもその分いっぱい愛情を
注いでるんだもん。十分すぎるくらいだよ。

でも・・・・受験当日・・・・・佑樹は受験をやめた!って!!!!
りこちゃんが他の男の子と結婚するって言ったからって!!!!


や・・・・やっぱり哲の子供だった・・・・ってことよね。。。あははは・・・

あゆの苦労はいったい・・・って感じだったわ。

暴れん坊ママ過去記事
一話 二話 四話 五話 六話 七話 八話

スワンの馬鹿 七話

November 29 [Thu], 2007, 12:53
を見た。

スワニーは本当に毎回真澄の手のひらの上で転がされてるよなー
って思うけど、今回もまさにそんな感じで大笑いしてしまったわ。

働きマン 七話

November 29 [Thu], 2007, 12:16
を見た。

失恋して、立ち直るために仕事かぁ・・・てっとりばやいけど、
でもそのせいで仕事に支障が出るようじゃ、出てこないほうが
会社のためにはいいよね。
菅原が言ってたけど、
「心の隙間を仕事で埋めようなんて甘いんだよ!」
の一言に尽きると思うわ。

自分ではそこまで痛手だと思ってなかった失恋だったけど、
松方にとっては、恋愛も仕事よりも大事なものだったんだねぇ。
仕事の原動力になっていたのが恋愛だったわけだから・・・

あれ?なんで・・・と言いながら涙を流す松方
切ないわ〜。
それに新二からの電話もきつかった。
「俺のところにある荷物ヒロの家に送っておいたから
ヒロのところにある荷物は捨てていいから」
って・・・新二はもう次を選んでるって意思が見えたよねぇ。

仕事で企画も通らないし、いつもならやらないような
つなぎの仕事を任されてもそれすら満足にできないで
カメラを置き忘れてくる痛恨のミスをした松方だったけど
松方はどうしても新二のことを吹っ切ることができなかったんだねぇ。

でも田中の言った
「相手に言いたいことを伝えたらいいじゃないですか?
それであきらめられるかどうかはわからないけど、
でも何も言わないでいるとどんどんたまっていくだけですよ。」
ってのもよかったね。

結局松方はそういう周囲の言葉で、自分が今何をすべきか
ってのがわかったっていうかね。
新二に最後に言いたいことを言おう。と決心できたっていうか。

「新二・・・私ね。別れたくない。今でも新二のことが
好きなんだ」
って・・・
新二の答えは
「ありがとう・・・・・でも・・・・・ごめん。もう戻れないんだ。」
っていう言葉だったけど、
それでも松方はそういわれてやっと吹っ切ることができたって言うか
あらためて仕事に打ち込もうとできたっていうかね。

やっぱり気持ちの中でもやもやしたままのときって
何にも身が入らないものだよね。
きっちりと決着がつけば、次に迎えるって言うか

新二は前回松方に、「ヒロといると息が詰まるんだ。
自分が駄目な人間に見えてくる」ってちゃんと伝えたから
そこで吹っ切れてたんだよね。

今回は松方が吹っ切るばんだった・・・。

それにしても、吹っ切った松方のこれからはちょっと怖いかも
しれないぞ・・・(笑)

働きマン過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)