華麗なる一族が名古屋に!

February 03 [Sat], 2007, 17:58
ちょっと前にニュースでやってたんですけど、
華麗なる一族が名古屋の市役所でロケされたそうです。
すごいんですよ。

こんなのが地方局の夕方のニュースになっちゃうんですから。
プー!(*≧m≦)=3

なんでも大蔵省をイメージしてTBSの製作者さんから打診が
あり、市役所のほうも快くOkしたのだとか!

大蔵省での話ということで、木村君などはこなかったようで、
仲村トオルさんなどが来たようです。

名古屋の市役所って明治だか昭和の初期に建てられたもので
外観がその当時のままの姿なんですよね。
何話でその場面がでるのかわかりませんが、かなり楽しみに
してしまいます。

拝啓、父上様 四話

February 03 [Sat], 2007, 17:45
を見た。
正直、三話くらいまでは話の内容が暗すぎて
これって本当にコメディ?と思ったんですけど、
ところどころに面白さがちりばめられてて、
なんとなく私の好きな感じのドラマになってきました。

特にこの四話の最後は最高に笑った!

じわりじわりと笑いが出てくる面白さ。
このドラマが面白いと感じるのはやっぱり私がそれ相応の
年になったからなのかな?と!

若い人にはちょっとこの感覚が物足りないだろうな
と思います。
なんていうのかな?感想はすごく書きにくいですはっきり言って!
だから毎週書こうという気持ちにはならないんですけど
ほのぼのとしててすごく楽しい。温かい気持ちになります。

そのなかでもストーリーはきっちりしてて、次はどうなるの?
ってのもあるし、いい意味で新入りのあの子・・・(名前忘れた)
が面白いし、楽しいドラマだと思う。

ってか何がツボかって、八千草薫さんが、あたふたとしたり
かわいいしぐさをするのが大好き♪♪
かわいいおばあちゃまで、今でもまだまだ現役の女なんですよね。
言葉のひとつひとつがかわいくて、
う〜〜ん。これならあの代議士の愛人になっていたのも
うなづける!と思わせてしまうんですね。

いやはや。楽しいです。

今回のツボは「母さん」と思わず呼んでしまった。二ノ宮君に
対して雪乃さんが
「あらぁ♪初めて母さんって呼んでくれたのね♪」といって
ちゅーしようとするところ!よかったわ〜。
ちなみに私もよく息子にやろうとします。

すぐに「キモイなー。うざいし!やめてくれ!」と言われますが!
小さいときはすぐにチューしてくれたのになんだぃ!なんだぃ!
って思います。プー!(*≧m≦)=3

ブレイブ・ストーリー下巻

February 03 [Sat], 2007, 17:29


を読んだ。
この本を読んでから映画を見たんですけど・・・
やっぱり本のほうが断然面白い。あたりまえだけど・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタルは旅をしていくうちにミツルに出会いますが、
ミツルは女神の塔で自分の願いをかなえるためなら
ビジョン(幻界)の人間たちがどうなろうとかまわないという
風で、次々と魔法で自分の宝玉を取っていきます。
ワタルは天文学に詳しい星読という人から
ビジョンにハルネラという時期がきていることを教えられます。
ハルネラとは女神が魔族と約束をして
ビジョンを守るために千年に一度、ヒト柱を立てて
その人柱をおくことで、ビジョンの境界線を作るというもの
でした。
そしてその人柱はビジョンの人間がひとり、そして旅人から一人
という決まりがあることを知ります。
もうすでに宝玉を4つもそろえたミツルを見てワタルは
自分がその一人になるのだと確信します。
でも宝玉の最後のひとつは北の大陸にあるのです。
そこには老神を守っている国があり、闇の鏡があるというのです
その闇の鏡を壊してしまうと魔族がビジョンにあふれ出る
ことになり、ビジョンは崩壊してしまいます。
その闇の鏡を守っているのが、最後の宝玉だったのです。
ワタルはミツルにそれをさせまいと追いかけるのですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタルがヒト柱になってしまうと自分で思い込み
沈んでいるところをすくってくれたのは他ならない
ビジョンの仲間たちでした。
ミツルはビジョンをほとんど一人で旅していたんだけど
ワタルはいろんなヒトと出会い、別れだんだんと強く
なっていきました。

ワタルとミツルの決定的な違いはそこでした。
ヒトは一人では生きて行けない。でもヒトと出会うことで
強くなっていく。
そんなことがいいたいのかな?と思える本でした。

いや。最後の最後まで本当に楽しく読める本でした。
映画は本当にもったいない感じでしたね。
せめてアニメで3.4ヶ月くらいやってくれるとこの面白さが
たっぷり味わえるんじゃないかな?

フルーツバスケット22巻

February 03 [Sat], 2007, 11:47


いやはや。あれれ?というまにみんなの呪いが
一気に解けていってしまったので、正直ちょっと
ショック。
もう少し丁寧に描いてもよかったのでは?
とちょっと不満。

でも最後は由希か夾かどっちかだと思ってたけど
呪いの深さから言ったら夾かなぁ?
と思ったのに、由希だったのにはちょっとびっくり。

でもまだ23巻につづくんだよね。
だってシグレとアキトのこともあるし、
アキトとレンさんのこともあるし・・・
問題山積だもんね。

ああ。また面白かったコミック終わっちゃうだなぁ。
寂しい。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)