2017年春ドラマ総評

June 24 [Sat], 2017, 21:20
なんか・・・・ほとんどレビューしてないのにすみません。
一応総評だけ

私が見ていたものは以下のドラマ
・貴族探偵 (途中リタイア)
・Crisis
・あなたのことはそれほど
・人は見た目が100パーセント
・リバース
・小さな巨人
・櫻子さんの足元には死体が埋まっている

・Crisis
アクションすごく頑張ってたなぁ〜っていう印象。
最終回のブツギリ感がすごかった。
警察と政治家の闇を存分に見せてもらった感じ。
そんな汚い人間たちのために働く能力を持った集団の話
もったいないお化けが出てきそう。
なぜこんなクズたちのために自分の能力を使わなくては
いけないのか・・・
なんだか色々と考えさせる内容だったな。
最後にみんなが何かを考えていたのは
私は国を変えるために動こうとしているように見えた。
面白かったです。
ただMOZUとBORDERと色々混ざりすぎwwww

・あなたのことはそれほど
これほどむかつくドラマはありませんでした。
そしてこれほどツイッターでつぶやきやすいドラマもありませんでした。
面白かったです。突っ込みまくりました。
有島と美智は永遠に幸せになってほしくないと思いました。
みちには特に結婚詐欺か何かとんでもなく悪い奴に
騙されて欲しいとさえ思いました。
それくらいに腹の立つ役柄を波留さんが立派にやり遂げてくれました
面白かったです。
そして東出さんと里依紗さんが自分の相棒を追いつめて行く
様が面白かったです。里依紗さんは冷静にじわじわと
真綿で首を締めるように
東出さんは冷たい刃物で少しずつ切り裂いていくように
相手を追いつめて行くところが楽しかった。(楽しいっていうのも
どうかと思うが「もっとやってやれ〜〜」って感じでした)
みちは人を愛することは永遠にないだろうな。
自分しか見てないし、自分しか好きじゃないような気がする。
有島はまた浮気するだろうな。
そんな気がしたドラマでした。

・人は見た目が100パーセント
ゆる〜〜〜く見られました。
もっとぶっとんだ感じでも良かったのになぁ。
城之内がウジウジしててなんか見ているとイライラしちゃったよ。
自信がない現れなのかもしれないけど
そういうところ、ウジウジした感じじゃなくて
とんでもないハプニングで見せてほしかったかなぁ。
そしたらもっと面白かったのにと思いました。
なんか・・なんかね。もったいないかったです。

・リバース
最終回がちょっとなぁ。蛇足な感じはした。
観終わってから原作を読んだけど、原作の方が
潔くて好きかもしれない。
みんな丸く収まりすぎだし。俺たちがみんな加害者だった
っていうので済ますようなそんなことじゃなくて
重い十字架を背負ったまま生きていくところで
終わっても良かったんじゃないかな。
最近暗い話を避けてハッピーエンドで終わるドラマ多くて
なんかもやっとしてしまう。るものなんですよね。
その点はCrisisは潔かった気がする。

・小さな巨人
日曜日は顔芸ドラマ枠として確立してしまった感じですねw
無駄に熱くて無駄に顔アップが多かった。
香川さんに続けとばかりに長谷川さんも岡田くんも顔に力
入れてたけど、無理しすぎだってばw
いつも同じような顔ばかりが映ってて話の内容が頭に入ってこなかったよ
最終回は笑わせるためだけにやってるとしか思えなかったし、ただ
話の内容は世相を表してるようで面白かったよ。
ってか小野田さんがまさか守ろうとしていたとは驚きだったわ。
とりあえず、警視庁捜査一課はクズしかいないってことでOK?

・櫻子さんの足元には死体が埋まっている
観月さんのドラマだなぁ〜っていう感じ。
蝶形骨なんていうものがあるのもはじめてしった。
犯人はサイコパスだったのかな?蝶形骨を集めるのが趣味な青葉英世
人間の醜さを忌み嫌い。だったらその醜さを利用して
蝶形骨を集めようとしているサイコパスでしたね。
こういう輩には何を言っても無駄っていうか・・・。



ということで私が今季一番いいなぁと思ったのは
1位 リバース
2位 Crisis
3位 あなたのことはそれほど

でしょうか・・・2位は甲乙つけがたいです。

では夏ドラマでもよろしくお願いします。







2017年冬ドラマ総評

April 03 [Mon], 2017, 8:29
最近、最初と最期しか記事書かなくなってしまったのでカテゴリーをつくるのも辞めてしまった。
冬のドラマ終わりました。
私が見ていたのは以下のもの

・カルテット
・嘘の戦争
・東京タラレバ娘
・下剋上受験
・スーパーサラリーマン左江内
・精霊の守り人(哀しき破壊神)
・大貧乏
・就活家族〜きっとうまくいく〜



・カルテット
面白かった〜。言葉の掛け合い。チョイス
ほわ〜〜んとしててだら〜〜としてて
だけどそのだら〜〜んとした裏にいろんな事情を抱えていて
その抱えている事情から、目を背けるため
考えるため、逃げるため?に集った4人     
その仮面が少しずつはがされていき、それぞれが
自分の生き方を考えたり、答えを見つけたり、決着をつけたり
でも当事者以外の3人がそのことに対して過干渉しないで
ただ見守る。
いいなぁ・・・。うん。いい。こういう雰囲気いいですね。
なかなか普通はできませんね。(ドラマですからね)
でもドラマだとしてもこういう雰囲気を醸し出せる
4人だったからこそできたドラマでしょうね。
最後の最後まで楽しませてもらいました。
サンキュー、パセリ

・嘘の戦争
これも面白かったよ〜。
両親と兄弟を殺され、その罪を自分の父親のせいだった
とうその証言をさせられた男の復讐劇
嘘には嘘を。
人を殺すことなく詐欺でとことん追いつめて
社会生活をさせなくする。
にしても仁科家はみんな騙されやすすぎ。
関係者の周りに必ず顔を出しているのにその不自然さに
だれも気付かない不思議ww
まぁそんなことがありつつも、どうやって
それをうまくかわすかを楽しませてもらいました。
大杉連さんもっと嫌な奴でもしかしたら・・と思っていたのに
ただの友達で園長だったのが残念。
草gくんの他のドラマの影響受けすぎですね。

・東京タラレバ娘
なんとなく見続けたドラマでした。
面白いって言えば面白いんだけど、
金髪が10歳以上も年上の女性たちをそんなに毎回
相手にするか〜?とか色々考えちゃいました。
それにどのキャラも、なんか手近なところでなんとかしよう
っていうどうしようもない感じの女子ばかりで応援する気も
なかったし・・・。
あ〜。こういうのあるよねぇ〜。と思いながら見られるのは
同世代の子たちだけだろうな。

・下剋上受験
みてるの結構きつかった。
サダヲさんは好きだけど、このパパさんは嫌い。
でも父親が娘を中学受験させようとすればおのずとこういう感じに
なっちゃうんだろうな〜っていうあるあるで
自分の鏡みたいで見るの嫌だなぁ〜って感じるドラマでした。
(あ。私はそんな教育ママじゃないですけど)
子どもが出来ないことにイライラして八つ当たりしてしまったり
やれないときに「どうしてできないんだ!どうしてできないんだ!」
って追いつめる様はなんかね・・・。あんまり気持ちの良いものでは
なかったな。
本人が反抗してたけど徐々にできるようになってきた
というのならまだしも、最初からそれほど乗り気でもなくて
父親の見栄や意地みたいなところもあっただけに余計に・・
途中でなんどもリタイアしそうになりました。

・スーパーサラリーマン左江内
藤子不二雄の漫画を実写化ということだったので
許された部分はたくさんあったかな。
ああ。原作では多分ジャイアンのお母さんみたいな感じなのかな?
とか思っていたのでキョンキョンのアレにも脳内変換でなんとか
観られたっていうか・・・・。(^_^;)
いっちゃなんだか左江内って結構責任感もあるし
やることちゃんとやってるし、かなり優秀だと思うがwww
取り敢えず、ムロさんをはじめ脇役が本当に面白かった。
二郎さんと堤さんのやりとりはどこでマジ笑いするかを
確認するのがたのしかった。

・精霊の守り人(哀しき破壊神)
あのファンタジーをここまで実写化してくれたのには本当に
頭が下がるNHKじゃないとできないよね。
綾瀬さんのアクションも日に日にかっこよくなっていったし
もう原作を読んでいるのでどうなるのかはわかっているので
どれくらいに映像化してくれるのかを楽しんでみてました。


・大貧乏
これタイトルが悪いよね。
なんでこんなタイトルにしたんだろう。
大企業からリストラされたシングルマザーが会社の不正に
気付いて戦っていく話だったのに、タイトルで損してるよなぁ
って思った。
あとね。子供たちが割とやりたい放題だったのが、ちょっと
目についたかな?シングルマザーで子供のために
会社と戦うって感じのお話だったけど可哀想っていう
気分にならなかったよ。(^_^;)
伊藤君の弁護士としての顔とそうでないときの顔は
可愛らしくてもっと見ていたかったんだけど
小雪さん・・・・。んん。。。。。。がちょっと伊藤君と合わな過ぎて・・・。
まぁ・・・そんな感じです。

・就活家族〜きっとうまくいく〜
これもリタイア寸前だった。
面白かったよ。最近のドラマっぽくないくらいに
がっつりとしたホームドラマで
みんながみんな自分の事だけ考えてて
それぞれ就活してて騙されそうになって
でも全然話し合わなくて、アーイライラって感じで
面白かったけど、それだけに見てるときつかった〜。
当てはまるところはあまりなかったけど
ありそうでなさそうで、
ただ家を買う事ってそんなに大事にしないといけないの?
とか色々考えちゃってね。
最終的にちゃんと新しい家を買ってそこに住むことに
なったけど、なんていうか・・・。モヤモヤって感じでした。


というわけで私のランキングは
1位 カルテット
2位 嘘の戦争
3位 精霊の守り人
4位 東京タラレバ娘
5位 スーパーサラリーマン左江内氏

かな。

カルテットは他の4つよりも群を抜いて好きでした。


2017年冬ドラマ一覧

December 25 [Sun], 2016, 21:21

2016年ドラマ総評

December 24 [Sat], 2016, 15:06
いつもは年間のランキングはやらないのですけど、
取り敢えず今年はやっときますwww

今年のドラマの総評はこんな感じでした。
2016年冬ドラマ1-3月
2016年春ドラマ4-6月
2016年夏ドラマ7-9月
2016年秋ドラマ10-12月
その中で私が気に入った上位5位はこちらです。

1位 真田丸
1年通してのドラマなんですけど、やっぱりこれが一番
面白かったかなぁ。最近最終回を迎えて記憶が新しいという
ところを差し引いてもすごく面白かったです。
歴史に疎くても楽しめるつくりであるし、
歴史上の人物それぞれのキャラも楽しめるし
何よりも真田幸村という人生の最後の最後で花開いて散って行った
武将。正直それまでの人生の大部分は地味?だったはずのものを
周りのキャラを引き立てる引き立て役としてずっと描いてきたこと
そこが良かったです。
大河というと主役が決まると「誰?それ?」という人物が急に
どんな歴史の一ページにも首を突っ込んでかき回すという感じに
なっているのに対して、この大河はあくまで信繁は信繁として
最大の事しかやってない。だから正直父の昌幸が死に
九度山から大阪城へ入ってからしか主役らしいところがない。
だけど面白かった。戦国時代の一人の武将。
真田家の二男坊というスタンスをずっとたもったまま話が進んで
最期だけ美味しいところを持って行ったという感じ。
そして真田丸はあくまで真田家目線でしか描かれていないので
真田の人間の心の動きだけをひたすら追い続けているところも
とても良かった。

2位 逃げる恥だが役に立つ
やっぱりこれじゃないでしょうか。実質季節ごとのドラマ部門だけで
言ったらダントツ1位です。
面白かった。来週が楽しみになるドラマでした。
実際こんな独身がいたら気持ち悪くてしょうがないんですけど
でもそこは漫画ベースなのでそんなことは気にならず
ヒラマサとみくりの心の声と実際の行動がちぐはぐで思っていることが
なかなか行動に移せない感じとか
ジリジリしながら見てしまいました。
そしてその周りにいるキャラたちもめちゃくちゃ面白くて個性的で
最期には収まるところに収まって。
とにかく面白かったです。特にみくりの妄想には毎回笑わせて
貰ったし、みくり語録も面白かった。

3位 世界で一番難しい恋
これも不器用な独身男性が好きな女の子に告白するまでの話でしたねw
こっちは逃げ恥とは違ってツンデレ。
でも逃げ恥以上に零時がお子様で、小学生並みの愛情表現で
面白かったです。
これも周りにいる秘書さんと運転手さんいなかったら絶対にくっつかなかった
パターン。
いやぁ。笑わせてもらいました。

4位 黒い十人の女
原作はドロドロなんですよね?でもそれをここまでコミカルに
変えて面白くできるなんてバカリズムさん天才としかいいようが
ありません。
10人の愛人の心の声が実際のやり取りとギャップがありすぎて
でも「わかるわかる」って思わせるところとか面白かったわ。
出来れば風には何かしらの鉄槌をくらわせたかったけど、
あれはあれでいいのか?とも思いましたww

5位 勇者ヨシヒコ
正直3作目ともなると少しワンパターンになるかと思ったけど
相変わらず面白かったですね。
ところどころでジェネレーションギャップがあって私が
わかるものと子供がわかるもので笑いのツボが違っていたりして・・
それにしてもヨシヒコは別格で面白いですわ〜。
山田さんはじめキャストの皆さんやゲストの皆さんも絶対に
楽しんでるでしょうし、そういうのがこっちにも伝わってきて
余計に楽しくなっちゃうドラマですね。
4作目あるかなぁ〜。あったらうれしいな。

ってな感じで2016年のドラマランキングはこんな感じになりました。

ドラマ@見とり八段さんのベストドラマランキングにも
投票させていただきましたw


2016年も楽しいドラマたくさんありました。
ツイッターで突っ込めるドラマは割ととんでもないドラマが
多く、そういうのが結構印象に残っちゃうのがあれなんですが・・・。


今年もたくさんの面白いドラマと出会ってよかったです。
またツイッターのフォロワーさんたちと突っ込みながら見るドラマは
余計に楽しいし。

いろんな出会いも会ったし、
来年もまた良いドラマに会えるといいですねぇ。

ではでは今年はこの辺で
また来年もよろしくお願いします。

2016年秋ドラマ総評

December 18 [Sun], 2016, 21:26
秋のドラマが終わりましたね。
録画視聴を含め私が見ていたのは以下のドラマ

・逃げるは恥だが役に立つ
・レディダヴィンチの診断
・地味にすごい校閲ガール〜河野悦子〜
・ドクターX
・勇者ヨシヒコと導かれし七人
・砂の塔〜知りすぎた隣人〜


途中リタイア
・chef
・キャリア
・家政婦のミタゾノ
・IQ248 (見たり見なかったり)

・逃げる恥だが役に立つ
恋ダンスブームやムズキュンなどなど色々はやりましたね〜
プロの独身をあそこまでにしたみくりは本当にすごいですよ。
普通はあんな男嫌ですからね。(私だけ?)
うっとうしいじゃないですか。自己評価が低い人って・・・。
面倒くさいけど、そこはまぁ。惚れたものの弱みとでも
言いましょうか?
みくりの妄想は毎回おもしろかったしそれぞれが
相手のことを色々と考えているのにそれがうまく伝わらなくて
どんどんずれていくところとか
周りの誤解っぷりとかとにかく毎回驚きと楽しさがいっぱい
詰まってました。
もっともっと見ていたかったけど、もっとみたいな〜っていうところで
終わるのが多分一番いいんですよね。

・レディダヴィンチの診断
どんな病気かすぐにわからないものを診断していくという
所は面白かったのだけど主人公が自分の上司?に対して
タメ口だったり、なんか知らないけど威張ってたりする感じが
どうも好きになれませんでした。
最期までどうしてこの人こんなにエラそうなの?という疑問だけが
頭をぐるぐるまわってたので話にいまいちのめりこめなかった。(^_^;)

・地味にすごい!校閲ガール〜河野悦子〜
本来の校閲は絶対にこうじゃないのはわかってますが
石原さとみのファッションや恋愛を楽しむドラマなので
それほど拒否反応はありませんでした。
むしろ楽しんでみていた方です。
校閲と校正の違いも判らないわたしですが、でも
本当に少しの事でも調べてそれを指摘したり訂正したり
するのが仕事で、それって本当に地味だけど大変なんだろうな
というのは伝わってきました。
何気にコウエツの天職なんじゃないかな?と思ったり。

・ドクターX
安定した面白さでした。
でも泉ピン子さんのキャラがいまいちたってなかったような?
それがちょっと残念ですね。
もっとバチバチとやりあってほしかったよ。

・chef
いまいちだったかな?でも主人公がポジティブで
だんだんそれに慣れてきました。
最初はうざい〜痛い〜って思ったけどwww

・砂の塔〜知りすぎた隣人〜
ツイッター向きの突っ込みドラマでしたね。
最初に犯人だ!と思った通り生方が犯人でした。
でもそれ以上に大きな罪を犯してる人もいるし・・
そっちが気になる私でした・・。
にしてもタワマンの奥様のマウンティングの話とか
弓子の謎の行動とか本当に要らない要素がてんこ盛りでしたね。
ミスリードっていえばそうなんだろうけど・・・。
話の内容とキャラの使い方がちぐはぐで亜紀には全然
同情もできなかったし。意味不明な行動が多かったし
ハーメルン関係なかったし・・・。
なんていうか・・。もったいない話でしたね。これって
原作あるんでしょうか?だったらどんな話なのか読んでみたいです。

・勇者ヨシヒコと導かれし七人
文句なく面白かった〜〜。
ミュージカル回は神回だったかもwww


そしてそれ以外のドラマは観てたんですけど
途中からリタイアしてしまいました。

という事で
私のランキングは

1位 逃げる恥だが役に立つ
1位 勇者ヨシヒコと導かれし七人
3位 地味にすごい!校閲ガール〜河野悦子〜

でしょうか・・・。

2016年秋ドラマ一覧

September 30 [Fri], 2016, 19:28
2016年夏ドラマも残りあとわずか・・新しいドラマの情報も
ちらほら!という事で恒例の秋ドラマ一覧を作りました。

まだわかってない部分もあるので加筆します。

取り敢えずわかっている分だけ
この記事はしばらく一番上にあげてあります。
最新の記事はこの下です。


フジ
月9  「カインとアベル」 出演:山田涼介
火9  「レディ・ダヴィンチの診断」 出演:吉田羊
木10 「Chef~三ツ星の給食〜」 出演:天海祐希
日9  「キャリア」 出演:玉木宏

TBS
火10 「逃げるは勝ちだが役に立つ」 出演:新垣結衣
水11 「コック警部の晩餐会」 出演:柄本拓
金10  「砂の塔〜知りすぎた隣人〜」 出演:菅野美穂
日9 「IQ246〜華麗なる事件簿〜」 出演:織田裕二

テレ朝
「相棒season15」 出演:水谷豊
木8 「科捜研の女」 出演:沢口靖子
木9 「ドクターX」 出演:米倉涼子
金11 「家政夫のミタゾノ」 出演:松岡昌宏

日テレ
水10 「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」 出演:石原さとみ
土9 「THE LAST COP」 出演:唐沢寿明
日  「レンタル救世主」 出演:沢村一樹

テレ東
金8  【石川五右衛門」 出演:海老蔵
金11  「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 出演:山田孝之

NHKと深夜枠ははずしてあります。
すみません。


また情報が入り次第
私の期待値なども織り交ぜて記事を追加していきます。

2016年冬ドラマ総評

April 09 [Sat], 2016, 17:07
冬ドラマ終わっちゃいましたね〜。
さていつものように総評を、でもあくまで個人的なものなので
自分の意見と違うなぁ。と思っても生温かく見守ってください。

・ダメな私に恋してください
・フラジャイル
・ヒガンバナ
・カナコとナオミ
・スミカスミレ
・私を離さないで
・怪盗山猫
・家族ノカタチ
・ちかえもん


・ダメな私に恋してください
深キョンがとにかく可愛かったわ〜。
これは深キョンだから成立する話で、普通30歳の
こんなアホっぽい女の人はこんなイケメンが惚れることはまず
ありえませんからね。
そこのあなた!あなたのことです!!
しかし深キョンはこういう抜けた役が本当によく似合う。(褒めてます)
で、まあまあそこそこ。普通に楽しく見ました。
突っ込みどころも適度にあって・・。
ほんわかしてて、イライラもしないし、ワクワクもしない(え?)
ぼ〜〜〜とみられる良いドラマでした。(え?)

・フラジャイル
もうこの病院の先生たちは本当にダメなやつばかりで
こんな病院に行きたくねぇ〜〜〜。って思いました。
だってどういう病気なのかはっきりしないのに検査はしないってさ
それ医者が決めることじゃなくて患者さんが決めることだからね。
もう一度お願いしますって言ってくれる医者はありがたいよ。
ってか・・。うん。そういえば、医者ってあんまり検査を薦めないかな?
医療費の負担を考えてのことなんだろうけど
わりと患者側からこれを検査してくださいって言わない限り
やってくれない感じがするような・・・。
とはいえ、明らかに病状がよくなってないのに検査しないって
どうなの?と思うのでそりゃ「俺の言うことは絶対だ!」って
言われてもしかたないよね。っていう。
そんな感じのドラマでした。結局彼の過去とかあんまり触れられなくて
どうして医者辞めて病理医になったの?ってところわからなかった。
あれ?もしかして私が見逃してるのかな?まぁ。いいや。

・ヒガンバナ
人の心の声が聴こえすぎるからヘッドホンつけてるんだよね?
だけど割とそれを取ってる時も結構あったような気がしたんだけど
それに相手がいま何を考えているのかっていうのは
聴こえてこないのね。
それが聴こえていたらすぐに事件解決するのに〜。と毎回
思いながら見てました。
それに死んだ人の声しか聞こえないし、それをつぶやいても
側に誰かいなかったら意味ないし・・いろいろと不便な能力だな〜。
とか。最終回結局大地真央はいい人になってしまって
ちょっと残念でした。

・カナコとナオミ
単純に面白かった。毎回突っ込みどころが満載だし、
高畑さん最高!!!
あんな穴だらけの犯罪なのになぜか毎回応援したくなっちゃう
ちょっと不思議なドラマでした。
これはツイッター向きの楽しいドラマでした。(いや楽しいはずはないが)
でもガチャガチャつぶやきながらハラハラできるドラマでしたね。
最後は出国できたのできなかったの?どっち?
って感じだったけど、多分捕まらなかったんだよね。
とはいえ、これで終わりとは到底思えないけど、
それにしてもお姉ちゃんがものすごく追いつめているのに
どうしてそんな風にうまい具合に勘違いできるんだ〜〜〜〜。
っていうことが多々あって、面白かったですわ。
内容的には????って感じではあるけど、突っ込めて楽しかったということで
ラブラブマーク3つになりました。

・スミカスミレ
松阪慶子さんが桐谷美鈴ちゃんに〜〜〜。ってのが結構衝撃的でした
でもなかなか面白かったですよ。特に美鈴ちゃんが一生懸命
松坂さんのあの独特な言い回しを真似している感じとか
がんばってるなぁ〜って思いました。
ただね。相手役の子にいまいち華を感じなかったのがなぁ。
ファンの方すみません。
それとレイさんはどうして屏風に封じ込められたのか?
そのあたりがはっきりとしなかったのでなんかもやもやはずっと
残ってる気がします。
どこかで男の子があまり有名な人じゃないので
レイさんとくっつくんじゃ・・・と思ってましたがそんなこともなく
めでたしめでたしになってしまいましたね。
ところで白猫さんの方はなんで出てきたのか・・・・。
全然活躍してなくてなんだかもったいないな〜と思ったのでした。

・わたしを離さないで
重いドラマでしたね。ファンタジーだけどこんな風に
誰かに臓器を提供するためだけに自分が生まれてきたのだと知ったら
気がくるってしまうと思う。
あの学園で絵を習わせたりして、提供者に人格があり、
同じ人間なんだということを知ってもらおうと教育してきた
校長の気持ちが伝わることができたらよかったのに
でもそれすら叶わないそんな世界。
しかもその提供者から提供を受けることすら、気持ちが悪いと
思うようになってきているというのだから人間はなんて傲慢なんだろうって
思いますよね。
校長が教育をさせたのは果たしてよかったのか・・・。
教育を受けていたからこそ、最後まで人として生きられたのではないかと
思ったりします。
学園が崩壊してからのあの施設は家畜を飼っているようなそんな感じに
なってましたもんね。
だけど提供者にしてみたら、いろんなことを知っているからこそ
自分が自分でありたいと願ってしまうし・・・。
とても難しいドラマでした。正直あのうっとうしかった美和が
亡くなってからのドラマは少し失速したように思えました。
美和のわがままは二人に提供者という気持ちを忘れさせる存在で
あったようにも思えて美和が美和らしく死ねたこともよかったな。って
思いました。このドラマ何気に美和が引っ張っていましたね。

・怪盗山猫
私やっぱり、亀梨君のドラマってどうも合わないわ・・・。(^_^;)
まぁ土曜日にのんびりとながら見するにはよかったかな。
あんまり続きを気にしなくてよかったし・・・。

・家族ノカタチ
自分の寿命が長くないからと言ってマンションで魚焼いたり、お風呂に
イカ泳がせるのはやっぱり許せない。
けどまぁ。なんていうかいろんな家族のかたちがあってよかったなぁという
印象、親子の絆も外野がたくさんいてくれたおかげで
なんとなくよくわかるようになったし、
結局一人でいたいというのはただのポーズで一番人と一緒に
いるのが好きなのが大介だったんじゃないかな?
恵の正体がわかるまではなんだかイライラする展開だったけど、
わかってからは面白かった。

・ちかえもん
最後のオチはん?????って感じだったけど
概ね面白かったよ〜。松尾さんがこんなに面白い人だとは
思わなかった。
あの独特なイラストもシュールで好きだったし、
キャラクターもみんなすごく似合ってて文句なしに面白かったです。
良いドラマの時は感想があんまり浮かばないんですよね。
すごく良かった!!!っていう気持ちが強くてwww


ってわけで、冬のドラマ感想こそかかなかったものの
上記のものは完走しました!

ツイッター向きドラマはつぶやけるけど重いドラマとかつぶやきずらいのは
リアタイで見ないで録画で見ました。
逆に面白いのもじっくり楽しみたいので録画で・・

ってなるとどうでもいい感じのドラマではつぶやいてたかなwww

もうそろそろ新しいドラマも始まります。
またみなさんとつぶやいて楽しめたらいいなと思ってます。

2016年冬ドラマ一覧

January 05 [Tue], 2016, 20:17
2016年1月からの連続ドラマ情報を一足早く??
一覧にまとめました。
詳しいことはリンク先へ飛んでください。
新しい年、楽しいドラマに出会えるといいなぁ。
年明けまでこのページをトップにあげておきます。この下の記事が
最新記事です。
後日私のドラマ期待値を書こうと思ってます。
深夜枠は省いてあります。NHKはそれぞれ話数が違います。

2016年冬ドラマ一覧

フジ
月9 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」出演:有村架純
火10 「お義父さんと呼ばせて」出演:遠藤憲一
水10 「フラジャイル」出演:長瀬智也
木10 「ナオミとカナコ」出演:広末涼子
土11 「傘を持たない蟻たちは」出演:桐山健

TBS
火10 「ダメな私に恋してください」出演:深田恭子
水11 「悪党たちは千里を走る」出演:ムロツヨシ
金10 「わたしを離さないで」出演:綾瀬はるか
日9 「家族ノカタチ」出演:香取慎吾

日テレ
水10 「ヒガンバナ」出演:堀北真希
土9  「怪盗山猫」出演:亀梨和也
日10 「臨床犯罪学者 火村英生の推理」出演:斉藤工
日12 「MARS~ただ君を愛してる〜」出演:藤ヶ谷太輔
木12 「マネーの天使」出演:小薮一豊

テレ朝
木9 「スペシャリスト」出演:草g剛

NHK
火10 「愛おしくて」出演:田中麗奈
木8  「ちかえもん」全8回 出演:青木崇高
土10 「逃げる女」全6回 出演:水野美紀
日10 「嫌な女」全6回 出演:黒木瞳
日8  「真田丸」出演:堺雅人


まだ公式HPがアップされてないものもありますので
リンクがすべて整ってません、随時修正加筆していこうと
思っています。

一路

November 01 [Sun], 2015, 14:00
   

浅田次郎さんの「一路」を読みました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
失火により、父が不慮の死を遂げたため、
江戸から西美濃・田名部群に帰参した小野寺一路。
齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々のお役目
参勤道中お供頭を仰せつかる。
失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰
差配に不手際があれば、ただちに家名断絶と追いつめられる一路
だったが、家伝の「行軍録」を唯一の頼りに、いざ江戸見参の道中へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中山道を江戸へ向かう蒔坂左京大夫一行は、次々と難題に見舞われる。
中山道の難所、自然との闘い、行列の道中行き合い、
御本陣差し合い、御殿様の発熱・・・・
さらに行列の赤では御家乗っ取りの企てもめぐらされ・・
到着が一日でも送れることは御法度の参勤交代。
果たして、一路は無事に江戸まで道中を導くことができるのか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父親に死なれて、初めて国許にかえった一路が父から何も
教わっていない参勤道中のお供頭を務めることになって
そのことで右往左往するお話だと思っていたのですが、

わりとあっさりと参勤道中のメンバーも決まり、
つつがなく歩きはじめちゃったのには少し驚きがありました。
もう少し出発するまでに手こずるのかと思っていたので・・・。

ですが、そんなにすんなりとみんなが一路についてきてくれたのには
田名部藩のお家騒動があって、それをみんな知らないふりをしながらも
応援するためだったんですね。
団結力が高まったのも、何も知らない一路に任せておいて
もし万が一何か粗相があった時に、その責任を負わせられるのが
お殿様だから

田名部の家来たちはみな養子であった将監に田名部藩を
継がせたくはなかったんですね。

ただお殿様自身は自分がうつけのふりをすれば
自然と将監の方に家督が譲られると考えていたというのが
何とも切なかったです。

将監のこと本当に兄として尊敬をしていたのだなと・・・。
ただ将監はお殿様のことを亡き者にしようとばかり画策していて
将監を跡継ぎにせずお殿様に跡を継ぐように言い残して
亡くなった大殿様はそんなところもわかっていたのかな?と

一路にしてみたら、自分の父親を殺されたのですから
将監憎しなのはしょうがないんですけど。

それにしても参勤道中は本当に生死をかけた行軍というのは
ふむふむと納得する感じでした。

みんな死に物狂いで(一路が大昔の行軍録を見つけたから余計に
だけど)道中を歩けたこと一路の力だけではできなかったのだし
これも父のお蔭だったんですよね。

図書館戦争

November 01 [Sun], 2015, 13:59
劇場にて鑑賞。★★★

う〜ん。(-"-;)正直言うと前回よりも話の内容が薄い感じでした。
すこし設定を変えてしまったからいけないんだろうけど。

そのせいで突っ込みどころが満載になっちゃった感じ。
アクションシーンがほとんどを占めていて、それはそれで見ごたえは
あったのだけど、

本を守る図書隊が図書館に立てこもって戦闘を起こしたら
元も子もないでしょ〜。ってずっと思いながら見てました。

その図書館にしかない貴重な資料だってあるだろうに・・
(まじめか!)

でも岡田君はじめみんながすごくアクションを頑張っているのは
見てとれたのでそこは素直に面白かったです。

Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)