2006夏ドラマ感想!

September 22 [Fri], 2006, 21:11
まともに見たのは

・結婚できない男
・マイ☆ボス、マイ☆ヒーロー
・不信のとき
・サプリ

だけでした。

・結婚できない男は、最初また阿部さんかぁ〜〜。
って感じでま。ちょっと見て面白くなかったらやめよ。
と思っていたんですが、最初からインパクトありすぎ!
お尻丸出しなんて!
あの!阿部寛が!!!もうここからどんどんはまりました。
とにかく桑野のいちいち嫌味な部分がつぼにはまりまくり!
いるいるいる。こういう男!!
って思うと同時にその周りのキャラクターもいるいるいる
って感じで、台詞などのテンポのよさや掛け合いが最高に
面白くて最後の最後までええええ!!!
と驚く展開が待ってて面白かったです。
文句なしにこの夏の一押しドラマでした。

・マイボスは笑いあり、感動あり!で本当に面白かった。
なんといってもすごいのは長瀬さんの生徒とヤクザの
演じわけですね。
本当にうまいわ〜。と思ってしまいました。
生徒としてのマッキーを見ていると今の若い人たちの
情熱のなさ。などに対してのメッセージかなぁ?
とも取れる感じがして、若い人たちももっともっと
情熱を持って何かに向かって頑張るってことを
覚えてもらえるといいのになぁ。なんて
思わせるドラマでした。

・不信のときは、ちょ〜〜〜っともっとドロドロなのかな?
と思いきやそうでもなくって、焦点がちょとだけボケてる
感じがしました。
特に家政婦の和子さんの存在にギモンを感じて
しまったり・・それは最終回でなるほどね!とわかったんで
すけど・・・道子とマチコの何故?の部分をもっと
掘り下げてもらえるともっと面白かったですね。
あと、和子さんが義雄のフォローをしすぎてて
それで話が面白くなくなってしまった部分もあって
それがちょっと残念でなりませんでしたね。

・サプリは、自分でもよく最後まで見たなって感じです。
これはひとえに今岡親子のお陰にほかなりません!(笑)
主役のお二人とそれをかき回すはずの二人の
絡みがいまいちうまくいってなくてドキドキ感が
なかったのが残念でしたね。
あとどうしてもミナミと勇也が兄弟に見えてしまって。
色気を感じませんでした。


あとのドラマは3.4話まで見てましたが、どれも
リタイアしました。
なので感想は書きやすかったですね。
途中で体調を崩したりしてそこからみなくなった
ものもありましたね。

不信のとき 最終回

September 22 [Fri], 2006, 8:09
余命3ヶ月と宣告された義雄。だが延命措置を一切
拒否し、道子、マチコから復讐を受け、不信感から
口を聞かなくなってしまった。
そんな二人を見ていた和子は
義雄ときちんと話し合うようにすすめる。
「私は流産がきっかけで子供が産めないカラダになった。
だから同じ悩みを持つ貴方を応援してきた。
でも今の貴方は最低よ。赤ちゃんを産めばそれでいい。
そんなものじゃないはずよ。」
「あなたもマチコさんも最低よ。あなたたちは子供がほしくて
作ったんじゃない。自分に自身をつけるために
子供を作っただけよ。」

それを聞いた道子近藤に会いに行く。
和子に義道くんの幸せを願うなら義雄さんと離婚して
ちゃんした父親と一緒に暮らすのがいいと言われたからだ。
だが、本当に道子は体外受精のために近藤に署名
してもらっただけだった。

近藤に別れを告げた道子はマチコに会いに行く。
マチコに本当父親は誰か?と問いただす。
だがいわないマチコ。道子はでも義雄は愛していたのでしょう?
と聞く。
それでも答えないマチコに道子は義雄に会いに行ってほしい
と頼む。
余命を聞かされたマチコは
それでも私は会いにいけない。会ってはいけなかったのだ。
私は愛人だから相手の家庭を壊すようなことをできない。
だから貴方がちゃんと義雄さんを見てあげてほしい。
という。

一方義雄も道子を病院に呼びきちんと話がしたい
という。生命保険の証書を見せ、キミと義道のために
何か残しておきたい。そう告げる。
道子は自分のしてきたことのおろかさを改めて知り
私と義道は貴方の家族。血は繋がってなくても
義道は貴方の子供に間違いはない。という。

幾日かたち、道子とマチコは偶然会う。
「ここに来たのは偶然?それとも必然?」
というマチコに
「いいえ。偶然よ。」
それぞれがそれぞれの道を歩きはじめる・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局、道子の子供は体外受精というのはわかったけど
マチコのほうはわからずじまいでしたね。
でももしかしたら彼女も病院に通っていたので
体外受精だったのかな?と思ったりしました。

序盤は和子の独壇場で、まるで和子が主役のような感じ
でしたが、脚本家の方は有吉佐和子さんの作品を
少しアレンジして、愛する夫と子供を大事にする
姿を描きたかったと言ってますので、
和子の言葉はまさに脚本家さんの言いたい事だったのかな?
と思いました。

それにしても最後義雄はあっけなく死んでしまって
ちょっと可哀想でしたね。
でもまぁ。ウーマンウォーズ!っていうくらいですから
女の戦いを見せたかったんでしょうね。

結婚できない男 最終回

September 20 [Wed], 2006, 15:15
いかにも!!!桑野信介らしい終わり方で笑ってしまった。
最後の最後には夏美も一枚上手になって
桑野さんに「どうしても」という言葉を言わせましたよね。

これぞまさしく大人の恋愛!って感じがすごく出てて
よかったです。
いや、本当にこのドラマは日常にあふれているクスっと
笑ってしまうシチュエーションをものすごくうまく表現して
あって、信介を取り巻く人たちもみんな個性的で
面白くて本当に楽しかった。

前回、ビデオ屋さんとコンビニの店員さんが
お休みしてたのはなんと結婚式挙げてたからだ!
っていうのもわかったし・・・そんなコネタもいっぱいあって
面白かったぁ。

みちるは最初から失礼というか、信介とどっこいどっこいだよ。
っていうくらいにズケズケものを言うほうだったけど、
今回は夏美も失恋した看護婦さんに
失礼なことをいって泣かせちゃうし・・・
あれって、段々桑野化してるってことだよねプー!(*≧m≦)=3

みちるの気持ちを知った英治たちがみちるの送別会を
開くと嘘をついて、信介とみちるとくっつけようとするけど
それを聞いていた麻耶は
「それってどうなの?」といい。
夏美が来たことを知ると、
「これはいい実験になるかも・・・」とほくそえむところは
面白かった。私も思わずうんうん。うなっちゃったわ。

桑野は自分じゃわかってなくてもものすごく夏美を
頼ってるは洋服選びのところでもよくわかったしね。
(でもすぐに相手のせいにするところが信介らしいけど・・)
夏美もみちるの行動を見ていて自分の気持ちに
ようやく気がついたようで、
「私たちは今までドッヂボールをしてきたけど
私、桑野さんとキャッチボールがしたいです。」
っていうところがもう超いい感じだった♪♪

ストレートに好きですとかそういうのを言わないんだけど
でも逆に言わないからこそものすっごく気持ちが
伝わるっていうかね。
いくら鈍感な桑野でもさすがにこれはちょっとわかったようで、
でもどうしていいかわからず戸惑っててね。
そこが可愛かった。

ボールを返しにきましたといって桑野が言った台詞が
うまく家を設計することができないから
好きかも知れないけど、結婚はできない!って・・・
(≧∇≦)ブハハハ!なんやねん!!!
ってことで、やっぱりここでも夏美を怒らせることに
なっちゃう。もう最高!!!

信介の言いたいことはわかるんだけどね。
夏美もきっとわかってるんだろうけどね。
信介の不器用さがなんとも言えずおかしかった。
大事だからこそそう簡単に設計できない。
それくらいに大事ってことなんだよね。
察しておやりよ。夏美さん!って思わずいいたく
なっちゃった。

でもラストは「自分から圧力鍋があるからうちに来ませんか?」
と誘って
「それ、誘ってるんですか?」と聞く夏美に
「あ。・・あなたがどうしても!と言うなら」と信介
それを聞いた夏美は
「別に。どうしてもじゃありません。でも・・・桑野さんが
どうしてもと言うなら」と切り返す。
「じゃ・・・じゃあうちに来てください。」と信介

最後の最後まで結婚してほしいとか付き合いましょうとか
言わないところがミソ!でしたね。
これから不器用なりに二人で喧嘩しながら
付き合っていくんだろうなぁ〜。という終わり方が
GOOD!!!(≧∇≦)b でしたね。ああ。楽しかった!!

スペシャルで絶対その後やりそうですね!!期待しようっと!

サプリ 最終回

September 19 [Tue], 2006, 10:38
終わった。終わりましたね。
っていうかさぁ。
もうブチュブチュしすぎやちゅーねん!
なんやねん!って感じ。

勇也を諭す、なっちゃん。
もうさぁ。面白すぎ!なんで小学生に諭されな
あかんねん!しっかりせぃ!
それじゃミナミにつりあわんはずやでぇ!
って突っ込み入れたくなっちゃう感じ。

でも今岡親子がうまく言ってくれて本当によかった。
なっちゃんは今岡さんのことをちゃんと
「お父さんです。」って呼ぶことができたし、
今岡は父親としての役目を果たすことが出来たし
ここは本当に感動でした。

っていうか今岡さん
「なんかここ最近肝臓の調子が悪くて・・・なので
あとはよろしく・・・」
ってそんなそんな風に出て行くことありえんでしょー!
みたいな。そこだけは突っ込ませていただきましたよ!
もうちょっと違う嘘をついて出て行け!みたいな・・

なっちゃんに、「ここでの生活面白かったです。」
と言われた今岡さん(佐藤浩一さん)本当にうれしそうで
地で泣きそうになっててそこがすっごくよかった!!

他にも荻様はちゃんとミナミの後押ししてあげてさ。
「ちゃんとあいつに言ったんですか?好きだって
その三文字がすごく大事なときもあるんです!」
なんてさぁぁぁ!!!くぅぅぅぅぅ。いい!

ミズホにいい人になっちゃってって言われて、
「彼女に幸せになってほしいからです!」
なんてさぁぁぁ。
本当にミズホじゃないけど
「あんた、ええ男やでぇぇぇ!!!」って感じ。

とにかく、周りに助けられて二人はようやくくっついた
ってことやね。うん。

マイ☆ボスマイ☆ヒーロー 最終回

September 17 [Sun], 2006, 21:42
期待を裏切らないドラマだったなぁ。
学園を暴行事件で退学させられるマッキー
最後の最後まで戻ることは許されなかったけど、

拘留所の南先生の言葉にジーンとしたよ!!
そしてマッキーもいつもバカだと諦められてたのに
南先生だけは本気でぶつかってきてくれて
うれしかったって。うんうん。そうだよねぇ〜。
南先生は先生で、マッキーはマッキーです。
私の生徒です。っていうあたり!もう最高!!
超いい先生!!

最後にパチンコ屋にいるところを見つかったマッキーに
星野君が「俺の舎弟だろ!」って言うんだけど、
和が「んだとっ!ごるあぁ!!」って怒るかと
思ったのに、そこは怒らなかったね。ちょっとがっかり。
( ̄∀ ̄*)イヒッ

それにマッキーってば、ちゃんと桜小路のこと最後の最後には
名前で呼んであげてたよね。
卒業証書を渡す前にみんながひとことずついう場面で
もしかしたら言うのかな?
と思ってたけど、そこで言わなかったから、最後まで
言わないのかな?と思っていたら大どんでん返しで
びっくりした。

それにちゃ〜〜〜んと桜小路の気持ちをわかってて
梅村さんに「桜小路の気持ちわかってあげてください。」
なんて伝えるあたりくぅぅぅぅぅ!!憎いね!!
でも梅村さんまだわかってなくて「は?」とか言ってるし、
鈍感すぎ!!

最後はやっぱり組をついで終わるのかと思いきや
そこはマッキー!まだまだ学び足りないとばかりに
新しい高校へ入学して一からやり直そうとするなんて!!
なんかジーンとしてしまった。

とにかく全部Happyエンドで終わってくれて本当に
よかった!!

不信のとき 11

September 14 [Thu], 2006, 23:40
まだ引っ張るかぁ〜〜〜!!って感じ。
義雄が無精子症だと言い張る道子に対して
じゃあ。義道はいったい誰の子なんだ!と義雄は激怒。
道子は体外受精で生んだ父親は誰かなんてわからない
と答える。
一方、マチコの子供は誰の子供か知るために義雄は
マチコに会いに行くが、逆に妻のいうことは何でも
信じてわたしのことは、信じられないの。別れるにしても
こんな裏切られ方はひどすぎる。と罵倒される。

マチコはその恨みから会社の常務を呼び出し
義雄との約束で2000万もらうことになっているといい
退職金を前払いしてもらって払ってほしいと申し出る。
常務は義雄を呼び出し、退職金を払ってサッサと別れろ
という。

道子は道子で2000万でも何でも払えばいい。
私はあなたの退職金などはなから当てになどしていないと
そっけなく言う。
窮地に立たされる義雄はマチコに退職金の前借をして
2000万払う。が、義雄に新たな試練が持ち上がる。
義雄は余命3ヶ月の進行性胃がんだと診断される。

ここにきてどどーーーんと一挙に嵐が巻き起こりましたね。
だが、まだわからない。
義雄の前の愛人(高岡早紀)は子供が出来ていたが
義雄に「どう思う?」と相談されると
「さぁ?私貴方に一番最初に聞いたことがあるわよね。
血液型よ。女はそれくらいの用意周到さがあるわ。
だから貴方の愛人もそれくらいの計算をしているかもね。」
といわれるくらいだもの。

道子の子供ももしかしたら書道家の先生の子供かもしれない。
それが証拠に家政婦の和子はインターネットで彼の血液型を
調べていた。義雄と同じB型。
もしかしたら義道の父親は書道家の先生ということもありうる
わけだよね。

しかし・・・こうなってくると男は本当にかわいそうだね。
でも2000万払ったり胃がんになるくらいのことを
二人の女に同時にしていたということでもあると思う。

道子やマチコからしてみたら、まだこれでもしたりない!
くらいだと思う。
それくらいに女は怖いものなのよ。
お金もカラダも取られてしまう義雄。
浮気の代償は思った以上に高かったようですな。

浮気ばかりしている世の男性たちよく見ておくのだよ。
愛情から復讐に変わった女ほど怖いものはないんだよ〜。
ああ。おそろしや。おそろしや。

不信のとき 10

September 09 [Sat], 2006, 13:22
動いた!正妻、愛人鉢合わせ!そしてバトル
と思ったけど、意外とじっくりと話をしていてびっくり
お互いの女としてのつらい部分をさらけ出すところは
今までの不倫ドロドロ恋愛ものと少し違う感じがした。

愛人は、どれだけ好きな人が出来てもその子供が
ほしくても相手は自分の体裁を考える。
子供がほしくてもできない。
ダイヤの指輪をしているからって幸せとは限らないのよ。
といい

正妻は、子供が出来ないからといって、姑にチクチク嫌味を
言われ、子供が出来ないのはお前のせいだと言われ
愛人を作られ、その子供まで出来て、でも自分が子供を
産めないせいだと自分を責めるが、誰にもいえない。
結婚してるからといって幸せとは限らない。
という。

うむ。深いなぁ。

確かにどちらのいってることもまともな感じでね。
気持ちがすごくわかるんですけど・・・
でもだからって義雄を利用する形になってるわけでしょ
道子に「夫を好きなんですか?」とたずねられて
「好きじゃないかもしれない、ここで苦しみ出した彼を
見てとっさにここで死なれちゃ困る。愛人の家で
死んだなんてことになったらそんなスキャンダルを
しょいたくなかった。これって好きじゃないっていう証拠よね」
といって別れる決意をするが・・・・
でも本当にそうなんだろうか?と思ってしまった。
今までの雰囲気からすると本当に好きだったように見えるけど

でもそれよりもなによりもびっくりだったのは、
義雄が、先天性無精子症、つまり子種がなかったのだ
だからこそ道子はあれほどに愛人に
本当に夫の子供ですか?と聞いたんだね。

でもだったら、道子の子供はやっぱり書道家の彼?
ってこと?
でもって、路子の子供は誰の子供?
どうやら自分のお店を持つために来週は義雄の会社に
脅しをかけていくみたいだけど・・

この二人はまだ何か隠してるね。

結婚できない男 9

August 30 [Wed], 2006, 13:56
恋人ではないだろうな!と思っていたけどやっぱり!って感じ。
(笑)
義弟の義雄の浮気相手?の女の子だったんだね。
しかし、それを引き受ける信介にちょっとびっくりだった。
成り行きとはいえ、また例のごとく
「何故俺がそんな無駄な時間を費やさないといけないんだ。
第一そんなことを他人に任せるなんてどうかしているぞ。
君の事を何も知らないのに恋人のふりなどできん。フン。」
くらいなことをいうのかと思ったのに・・・

どんどん信介は、人間らしさ?というか人との関わりを自分から
持とうという気持ちが出てきてるんだね。

それに、デート?に誘われて一緒にいく前に服を
選ぶ姿とか・・・・何よ〜。平静ぶってるけど結構ノリノリじゃん!
って感じで大笑い。
それにデートの間もまんざらじゃなかったみたいだね。
彼女に「元彼と結婚することにしました。」
と言われた桑野さんのガッカリした顔がなんとも言えなかった。
(ああ。やっぱりな。)って感じがすごく出てた。

夏美は桑野に恋人が出来たときいて、平静を装っているけど
内心みちると同様、さき越されてしまった。という気持ちに
なったのかお見合いに走る。
が・・相手が何度も見合いを経験していて
「やっぱり・・・ダメですか。」
と言われる。
「私、結婚をしたいというよりも恋愛をしたいんだと思います。」
といって断る。

うんうん。なんかわかるわ〜。この気持ち、ただ結婚をしたいわけ
じゃない。相手のことを知って相手のことが好きでそれで
結婚したい。そういうことだよね。
もちろんお見合いがダメってわけじゃないけどやっぱそこには
お見合い=結婚が付いてまわるから一歩引いてみちゃう
ところもあるし・・・

っていうか今回も夏美VS沢崎の40前女のつぶやき
が見られて面白かった。
ホーホホホホホ!ってお互いに笑いあうところがGOOD!

ケンちゃんと桑野さんの微妙でほほえましいやり取りも
まだ続いててよかったわ。


●ひとこと返信

サプリ 8

August 28 [Mon], 2006, 23:10
オリコンの人気ドラマランキングのトップ10から
はずれてしまったサプリですが・・・
どうしたものでしょうねぇ・・・・・

っていうか、ミナミと勇也の恋物語があまりにも
幼稚すぎてみんなが付いていけなくなっているのかも・・・
もっと大人の恋愛を想像しているとがっかりすること
間違いなし!ってとこかな?

キスをしたから、好きって言ったからもう付き合ってるも
同然と思い込む勇也ですが、ミナミとは微妙な距離感が
生まれる。
そりゃそうでしょう。昨日今日でそんなに気持ちが割り切れる
わけじゃない。
第一まだ荻原のことも引きずってる?と思うし・・・・
いきなり呼び捨てで勇也に恋人づらされても・・ってところでしょうか?

それに勇也にとってはクリエイターになるべき試験が
待っているのにそれから逃げようとしている。
そんなところをミナミにするどく突かれて凹む勇也。
今回は初めて大人として、社会人としてのミナミを見たような
気がしました。(スジが通ってるというか)

「自分に自身がないから、だから逃げてるだけなんだよ。
そんなキミに好きって言われても困る。」
確かにそのとおりだと思いましたね。

そんな勇也とミナミの関係を知った?今岡は勇也にアドバイス。
「大人と子供の境界線ってわかるか。好きっていう気持ちを
押し付けるのが子供。その気持ちを相手にわからせるのが
大人。自身がないなら、働け!」
まさにこの言葉に尽きるんでしょうね。
働いて自身をつけ、一生懸命なところを見ていれば相手も
自然に好きになってくれるってことでしょうか。

なかなかいい言葉だな。と思いました。

●ひとこと返信

不信のとき 8

August 25 [Fri], 2006, 18:21
うわわわわ〜〜。愛人が愛人がとうとう乗り込むぞ!
と思ったら寸止め!
さっすが家政婦は見た!の和子さんうまいです!

ただね。この和子さんがあまりにもうまく立ち回りすぎ
ちゃってドラマが面白くないよ。

ああ。そこで鉢合わせかぁ〜。とか
ああ。そこで怒るのかぁ。とか
どうする!どうするよ。俺!つづくっ!!
そういうのを期待しているに???(;^_^A アセアセ・・・
それを”余計なお世話おばさん和子”が義雄に全部
アドバイスしちゃう!

あぁ〜。なんだよ〜。面白いとこだったのにぃって
思っちゃう私はワルですか?腹黒ですか?( ̄∀ ̄*)イヒッ

だけど、道子の弟がその辺かき回してくれてるので
ちょっとうれしかったり。(笑)
自分でもよくわからんけど、ひどくなったらなったで、
こんなドラマ〜。とかいうくせに、それが間一髪でセーフ
だったりするとがっかりするんだよね。
そこがこのドラマの魅力なのか?
ひっぱる理由なのか?って思っちゃうね。


・愛人に乗り込まれるようなへまだけはしないで!

・愛人が乗り込みそうになったことを本人に問いただして
怒ったりしない。

・妻が浮気をしていたかもしれないと疑っていつまでも
電話にでないなんてことはもってのほか。

・何かあったら愛人、妻共にフォロー!これは必須!

世の愛人を囲ってる男性諸君!
和子の台詞をよく聞いておくんだよ!って思っちゃったわ。
それこそ家庭円満の秘訣なのよ〜。
世の中には知らないほうがいいこともあるってね!

●ひとこと返信

Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)