2007春ドラマ総評

June 29 [Fri], 2007, 22:43
春ドラマ終わりましたね。

結局最後まできちんと見たのは、
プロポーズ大作戦
セクシーボイスアンドロボ
ライアーゲーム
帰ってきた時効警察
バンビーノ
わたしたちの教科書
でした。

あとは見たり見なかったり、リタイアしたりでした。

では総評・・・・ってほどでもないけど・・・

@プロポーズ大作戦
いやぁ。最初から最後までいらいらさせられっぱなしで
最後はなんだかすっごく不完全燃焼でしたわ。
礼と健があまりにも最後自己中な感じで
礼に対しては、あんたがはっきりしなくていつもあいまいな
態度とってるから健だってわからんのじゃん。って思ったし、
女がよくいうじゃん。
「言ってくれないと、何を考えてるかわからない」ってさ。
礼はまったくその通りで、あれだけ何も言わないで
健に自分が好きだってわからせようとすることが無理だちゅーの。
しかもさ。それでなくても鈍感な健だよ?
わかるわけないじゃん。いったい、何年つきあってんねん。
健のどこを見とるん。って感じだし、
健は健でいうチャンスがいくらでもあったのに、うじうじうじうじ
女の腐ったのみたいにイジイジしてて、ああ。じれったいって感じで
ああ!もう!いい加減にせい!と何度叫んだことか!

まだエリとツルちゃんのラブストーリーを見てたほうがずっと
かわいらしくてほほえましかったわ。ツルちゃんには功労賞を
あげないとね!
あと、多田先生が、かわいそうすぎ・・・
あんなに一途に礼のこと見守ってくれてたのに・・・・
多田先生の株はぐーんとあがったけど、健の株はぐーんと下がったよ。
(私の中では確実にね。)
だからも最終回は、好きにやってくれ、って感じになってしまった。


@セクシーボイスアンドロボ
毎回とっても切ないような、暖かいようなそんな感じの気持ちに
包まれる不思議なドラマだった。
視聴率は悪かったみたいだけど、
視聴率が悪くて打ち切りになりませんように、なりませんように
と祈りながら見るドラマも珍しかった。
でもはまるとはまるのよね。すごく・・・
ロボの松山くんがすごくいい味を出してて
「デスノート」のLと同一人物とはとても思えない感じがすごく
好きだった。
話はコミックと全然違う感じらしいけど、コミックはコミックの楽しみ方
ができて、ドラマはドラマの楽しみ方ができるような
そんなものなんじゃないかな?って思った。
最後ニコとロボが離れていってしまうところ・・・すごくよかった。
普通のドラマのように感動的にわかれるんじゃなくて
日常の何気ない風景の中に溶け込むように自然に分かれていってしまう
こういうのっていいなぁ。って思った。
回によって出来のムラはあったけど、
特にすきなのはごぼ蔵とプッチーニかな?
残念なのは7話が飛んでしまったこと。。。いつか再放送では
全話やってほしいなぁ

@ライアーゲーム
初めての深夜枠眠い目をこすりながら見るだろうな?
と思ったけどなんのその、面白くて引き込まれました。
次はどうなるんだろう?って思わせる見せ方も最高でしたね。
最終回は原作があるので、きれいに終わるという感じでは
なかったけど、でもきれいにまとめててすごくよかった。
松田くんの株がぐーんとあがったドラマだったといっても過言では
ないのだ!
それに戸田ちゃんもかわいらしさが出ててすごくよかった。
いやぁ。毎回行きもつかせぬ展開が本当に面白かった。

戸田ちゃんのかわいらしさとバカさ加減を見事に引き出して
くれてたのが、キノコのフクナガだったよね。
「バカダネー!ナーオちゃん!」がむかついたけど、それが
逆に面白さを引き立たせてた。
キノコフクナガにも功労賞をあげなくちゃ!

わたしたちの教科書 最終回

June 29 [Fri], 2007, 8:23
なけました。感動とかそういうものじゃなく、
みんな生きてるんだなぁってことで・・・
そして明日香が事故で亡くなったということで
最後の最後まで希望を捨てないで、
昨日の自分、明日の自分がいるから今の自分がいる。
明日の自分、昨日の自分が泣くから、自分は今死じゃいけないんだ。
っていうその強い気持ち・・

それを聞けただけでもよかった。
朋美はすごくすごく自分を責めていた。
自分がいじめられていて、それをいつも信じてくれていた
そして自分の身代わりになっていじめを受けることになってしまった
明日香が、最後の最後まで自分を救ってくれたのに
なのに事故で死んでしまったことに、ものすごく追い詰められていた。

いじめは本当にちょっとしたきかっけで始まる。
でも誰か本当に味方になってくれる人間がいると
本当にそれだけで救われる。

きっとこれからもいじめはなくならないと思うけど・・・
傍観者にならずに「そんなことやめようよ。」っていえる勇気を
持てるようになれたらいいのに・・・・

そして珠子は裁判を通して明日香のことを知ることができて
よかったんじゃないか。と思う。
この事件がなかったら珠子は永遠に明日香のことを
忘れてたと思うから・・・

朋美も明日かとの大事な秘密の場所で、明日香の
最後の言葉を見つけることができて本当によかったと思う。
朋美のことを恨んでなんていない。
明日香は明日か自身と戦ってそれで生きようとしてたんだ。
だから朋美にも生きててほしい。

なんだか本当にいろいろと考えさせられるドラマでした。

ただね。こんなにいじめはいかん。いかんと言われてても
まだ日本のどこかでいじめはあるんだね。
なんかそれがすごく陰湿でどうして誰も止めないんだろう
みんな面白がってるのかな?とさえ思えてしまうことが
いっぱい。

いじめ写真メールで同級生34人に送信


わたしたちの教科書 過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話

プロポーズ大作戦 最終回

June 25 [Mon], 2007, 22:20
妖精@三上はこう思っているだろう。
「ったく世話の焼ける二人だよ。」と・・・・

本当にどちらもお互いにまったく素直じゃないって言うか
似たもの同士って言うか。

やっぱりねぇ。こうなることはわかってたよ。なんとなく
でも途中まで見てると、もしかしたら、もしかして
健は礼の幸せを見届けて終わるのか?
なんてことも思ったよ。
だけどやっぱり違ってた。結局元サヤ?だったよ〜。

ああ。なんていい人なの多田先生。
ピエロもピエロすごすぎだよ〜。
だって、健ってば自分のスピーチの場面で告白してんだよ。
多田先生の心中穏やかなわけないじゃん!
しかも、多田先生にごめんなさいの一言もなし?
ひぃぃぃぃ。って感じ。

でもって・・・あの指輪、もうちょっと礼にビビビッとくるかと思ったら
そうでもなくって・・あの後のエピソード見てみたかったな。
エリから指輪を受け取ってもなお、多田先生とやっていこうと
思って結婚式を迎えたんだよね?
なのに・・・あのスピーチで揺れたの?気持ちが?
しかも多田先生が、
「礼、20歳のとき昔から引きずってた問題と今の問題で
悩んでたときあったろ?あの時と同じ顔してる。」
「賭けをしようか?このボタンを当てたら今の問題をきちんと
解決してくる」
って
当てちゃうんだ!
普通はそこで(もし多田先生に気持ちがあるなら)しないよね。
あそこで多田先生の賭けにのっちゃった時点で礼はもう
健を選んでるってことだよね?

ああ。多田先生〜〜〜〜。やっぱピエロだよ〜。大人だよ〜。
いいやつだよ〜。私が見込んだだけのことはあるよ〜。え?(爆)

結局、礼も健を追うんだけど間に合わず、ないてたら
またまた妖精@三上登場!

え?もしかして礼も過去に戻るの?と思ったらそれは
なかったね。(笑)
そんなことしたら、過去がこんがらがってお互いに本当に
すれ違ってたかも・・・・

でも礼も過去を振り返らず、これからの未来の自分に
向かって歩き出した。
めでたし、めでたしってことかな。
なんか今までがすごくぐずぐずしてたから
やっと終わったかぁって感じ。
本当に健にも礼にもイライラさせれられたわ。

まだツルちゃんとエリを見てたほうがすがすがしかったね。
一途なツルちゃんかわいかったし・・・

プロポーズ大作戦 過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話
 

アンケート集計

June 25 [Mon], 2007, 7:54
2007年4月ドラマ一押しランキングを勝手にやってみましたが、

結果はこちら
1位 プロポーズ大作戦     
2位 セクシーボイスアンドロボ       
3位 ライアーゲーム 
4位 わたしたちの教科書    
5位 帰ってきた時効警察    
6位 バンビーノ          
7位 特急田中3号        
8位 花嫁とパパ         
8位 生徒諸君          
8位 喰いタン2          

でした。この中にないドラマや、特になしってのも
ありましたよ。

まだドラマ最終回が終わってないのもありますが、多分
この順位にすごい変化はないと思うので先にアップ!

でもこのランキングあくまでうちのブログに遊びに来た人が
やっていったものなので・・
ドラマ検索で見に来た人は当然そのドラマが
気にいってるからで、私がどれだけ記事を書いているか?
というのもかなりこのアンケートには含まれてるのかな?と!
勝手に分析してみました。

確かにどんなにOAから日にちが遅れてもちゃんと書いてるものの
ほうが上位に行ってますからねぇ。

さて!7月からはほとんど間隔があくこともなく夏ドラマに
突入です。

こちらに夏ドラマ一覧載せました。
私が見たいドラマのこともちょっとだけ書いてあります。
前は、あらすじとコメント付で、絶対見る〜。とか注目だぁ。
なんて書いていたけど、意外と見なかったりして尻すぼみ状態
になることしょっちゅうあったので、恥ずかしいから
それはやめてみました。
でもちょっとだけ、期待してるよ?ってくらいのことは
書いてあるけどね・・・

気分がのったら、別記事であらすじと期待度を書くかも!

ライアーゲーム最終回

June 24 [Sun], 2007, 21:13
3時間と聞いていたので、前半はダイジェスト版だろうと
思ってましたが、やっぱり、そうでした。
でも途中で、ライアーゲームにかかわってる人たちの人間模様も
描かれててそれはそれで面白かった。

ただ、北大路さんの場面だけちょっと今までのライアーゲームと
違う雰囲気で、怪しくて、もの悲しい感じをだしたかったのかな?
と思ったけど、逆に最後の1時間とのつながりに違和感を感じ
ちゃったかなぁ。

もうちょっと北大路さんと秋山の絡みがたくさんあると思ってだけに
ちょっと肩透かしだった感じ・・・でも原作はまだ続いてるから
あんまりかっこよく終わらせられないしね。しょうがないかな?

でも総じて面白かったです。
できれば、3時間という長丁場にしないで90分にして、
その分、ラストの必勝法や、金額の変動で
一喜一憂するメンバーのどきどき感を
もっと味わいたかったな。そこが駆け足になっちゃったのが
ちょっと残念。


謎の紳士長谷川は、神崎直にあって
あれだけ素直で純粋な人間がこの世にいてそのままで
いられるかどうかを試すためにライアーゲームに参加させた。

長谷川からすれば、直も人間、どうせこのゲームを通して
どんどん薄汚れていくだろうと思っていたが、
勝ち進んでもなお、純粋で人を疑おうとしない
そんな姿勢に、嫌悪感を抱くようになる。

だが、長谷川の娘LGT事務局のエリーは
長谷川に直の純粋で人を信じる心を伝えて
彼の人生に復讐しようとした。

復讐というよりは立ち直らせたい。そう願っていた。

そして始まったライアーゲーム3回戦、
狂ったように見せかけていた秋山は、火の国の人間と
手を組んで、すべて火の国からお金を引き出し、それを
密輸させていた。
結果、28億対22億と6億差で水の国が負けているだけとなった。

そして、ほっとした直たち・・・
その後もお互いに、うまく密輸をしてどんどん差は縮まり
直のカードの分が密輸されていない状態になった。
復讐に燃える秋山を見ていて直はあることを計画する。
そして直は次の検査官を買って出る。相手はヨコヤを指名。
そして直はヨコヤの密輸にミスダウトを出して
両者引き分けにしてくれないか!と秋山に頼む。

次に対戦が回ってきたとき、ヨコヤに向かって直は、
「秋山さんに謝ってください。」
「私はみんなが協力してこの場を引き分けにして4回戦に
進めばいいと思っている」と提案。

両者がそれぞれ密輸を同額成功させれば誰も損には
ならないというのだ。
するとヨコヤはあっさりと負けを認め秋山に謝罪。
自分のカードを直に渡し、代わりに直のカードを自分に
渡してくれないか?と頼む。そして自分が引き分けになるように
金額を調整するからと・・・
すっかり信用した直は自分のカードを渡すが、
ヨコヤの持っていたカードには一円も入っていなかった。

対戦中に逃げ出してしまったツチダのカードにすべて
自分の持ちがねを移し変えていたのだった。
ツチダはヨコヤに「俺に任せておけば借金は返せる」といわれて
手を組んでいたのだった。
ヨコヤは結局ツチダの分のお金と自分の残りの
お金を持っていることになり、金額としては十分
5億に届いていたのだった。

愕然とするメンバーたち、そして次にヨコヤが指名したのは
秋山だった。
秋山に、ナオのカードと、火の国3人のカードとの交換を
申し出る。ナオのカードよりも火の国3人のカードのほうが
金額も大きく、すべてをヨコヤは握ろうとしていた。
ヨコヤは秋山に「人のために自らを犠牲にするなんて
お前は母親とまったく同じだ!」と笑う。
だが、秋山はその指示に従い、ヨコヤに3枚のカードと交換で
ナオのカードを引き渡す。

火の国のカードを持ったヨコヤは笑いがとまらないが、
逆に秋山も笑い始める。
ヨコヤが2枚のカードで銀行のようにお金を移動させたように
秋山もまた3枚のカードに傷をつけ、カードを使えない状態にして
新たにカードを作り、そこにすべてを移し変えていたのだった。
つまりヨコヤに渡したカードは傷の入った使い物にならない
カードだったのだ。

そしてそのころ、逃げ出したはずのツチヤがゲームに復帰する。
「LGT事務局の人間からヨコヤにだまされている」と言われ
戻ってきたのだった。

こうしてヨコヤは、持っていたツチダのカードも使えなくなる
窮地に追いやられたヨコヤは絶望する。

わたしたちの教科書 十話

June 22 [Fri], 2007, 8:12
やっぱり雨木のアキレス腱は音也だったのね。
音也が過去に2度も事件を起こして、その2度とも
いじめの加害者だった。
いじめっこを追放することがいいことだと音也は言った。

いじめを学校が公表すれば、バッシングされて学校が
崩壊するだけだと・・・

確かに・・・マスコミ騒ぎすぎで、その間のほかの生徒さん
たちはまともに授業すらうけられなくなっちゃうもんね。
そうすることで、その地域のこれから学校へ通わせようと
している保護者もその学校を避けるようになって
学校自体がなくなってしまう。

そういうのもあるかもしれない。

だから雨木はいじめはない。と言い張った。

そして加地たちは生徒たちにきちんと説明をした
君たちのやってきたことは、悪いことなんだ!ということを
本来、もっと小さなころからこういうことを指摘する大人が
たくさん周りにいれば、いいんだろうけど・・・
現実は厳しい。(すぐ親が逆切れするからね。)

珠子は法廷で、明日香のいじめはなく、明日香が自分のことを
周りに認めてもらいたくてやった狂言だ。明日香がうそをついて
いただけだといった、雨木を許せなかった。

でも雨木はいじめがあったことをちゃんと把握していた。
兼良とも相談して、兼良の父親のことを言いふらしているのは
明日香さんではnないだろうと兼良に言っていた。

だけど法廷で嘘をついた。
そのことがどうしても珠子は許せなかった。
法廷ではなく、教室で雨木に詰め寄った珠子。
そこでは珠子は、明日香の母として、雨木はただの先生として
向き合うことができた。

「明日香さんはうそをつくような子ではありません。」
「でも私はいじめを認めません。そうすれば学校は崩壊
してしまいます。」

バンビーノ 十話

June 21 [Thu], 2007, 8:10
やっと、厨房に入ることができたバンビ
ところが初日から遅刻・・・出かける前は瀬能くんお先に〜。
などといってたのに、その日は配置換えの日だったので
みんな早くやってきていたのだ。

なんだか相変わらずバンビはちょっと抜けてますね。
そんなところもかわいいけど・・・
それにしても桑原さんの
「バンビ!お前はドルチェだ!」
「え?」
「冗談だ!」
ってのは笑ったわ〜。最近桑原さんキャラかわってない?
ってかバンビで遊んでる気がする。
そこがまた面白い!

美幸も与那嶺もその配置をみて、厨房が若返ったとか
まるでクラスの席替えの後みたいだなんて言葉を・・
なんだかいいねぇ。こういう雰囲気。

そして仕事が始まった、どうしてもいままでと勝手が違って
みんなギクシャク、パスタ担当のあすかにバンビは
蹴られてしまう。
パスタ担当になったとたんに、豹変するのはここのならわしか?
でもあすかもパスタ担当というのに重圧を感じていたみたい。
その日の夜居酒屋でみんな集まり会議を開く。
議長は香取?(笑)

でも香取さんは一匹狼だからなぁ。という美幸の予想通り
話が進まなくて・・・
「仲良くやろうってことだ!」
と香取は一言。(笑)なんじゃそりゃーーー。
あすかがそこへすかさず、フォロー
「そうじゃないでしょ?言いたいことを言い合おうってことでしょ?」
そこで、あすかはバンビに
「ごめん。私もテンパってるんだ。だから八つ当たりしてたごめん。」
「俺のほうこそ、すみません。」
瀬能とこずえは
「私に遠慮しないでどんどん指示してください。」
「そうするよ。」

そしてもうひとつ、桑原が香取に指示したことは
あすか一人ですべてのパスタを作らず、トマトソースのパスタは
バンに任せるというもの
あすかは少々がっかりするが、それでもバンにそれを譲る。
バンはすっかり浮かれるが

セクシーボイスアンドロボ 最終回

June 20 [Wed], 2007, 14:39
終わっちゃいましたね。
このドラマは、時効警察同様、話の内容に波がありましたね。
ものすごく感動してジーンとするときもあれば、いまいち?
なときも・・・
脚本家さんが違うってのもあったみたいですけど・・

最終回は、一話で死んだはずの三日坊主が出てきて、
最後に遣り残したことをやりたい。とニコとロボに願い出る。
自分が死んだってことすら、まだ知らない三日坊主が
かわいかった。

でもその三日坊主のことを見られるのはロボとニコだけ
三日坊主の心残りは骨董屋のマキを殺すことができなかったこと?
でも違ってた。
自分が死んでしまって、誰かにそれを覚えていて
ほしかったんじゃないかって・・・

そしてニコも・・・最初はインコが見ていてた。
そして、三日坊主も見えていた。
なのに途中から見えなくなってきてしまった。

それはニコが成長したってこと。
夢だけでは生きていけなくなってしまったってこと。
誰かに合わせていかないと生きていけない。
そんな自分になってしまったことだと思う。

でもロボは変わらない。
いつも依頼をしてくれた地蔵堂はなくなって、
それでもロボは夢を見続けられるから大丈夫。

なんかね。こんな風に分かれちゃうなんて思ってなかったなぁ。
でもいつまでも、あんな風にスパイ?やってられないもんね。
潮時だったのかもと思った。

セクシーボイスアンドロボ 過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話? 八話 九話 十話

プロポーズ大作戦 十話

June 19 [Tue], 2007, 8:13
てっきり最終回だと思ってたら、違ってた。どんだけぇ〜。
引っ張るの!やっぱりこのままいくと
礼と健はくっつく・・って方向ですよね?
最初のころはどう見ても多田先生に勝ち目なさそうだったのに、
本当に健のやつ、往生際が悪くて、なんかちょっといい雰囲気に
なってるジャン!これで健とくっついたら、礼っていったい
どんな優柔不断な女やねん!って思っちゃうわ。

多田先生が本当にピエロでかわいそうやん。ってね。
でもまぁそれが世の常ってことでしょうか?
だけどやっぱり多田先生かわいそう・・・

旦那さんに
「お前は結局どっちとくっついてほしいんだよ!」と
言われちゃいましたが、
そうですねぇ〜。この際妖精@三上とくっつけばいいんだよ。

多田先生にはもっと他に超美人の元カノがいたりして、
でもって、健は、そのまま仕事に生きると!それでいいんじゃないの?

ていうか、ハンバーガーショップでエリと店長がなんかちょっと
いい雰囲気だったのですごくハラハラしちゃったんですけど、
つるちゃんにキスしたくせに!、もしかして、お店手伝ってるうちに
店長と仲良くなったりして??と思ってたら、
DKNYの振りだったわけね。

でも・・普通あんなところに指輪くっついてたらあれを売った人は
絶対にはずすよね?店長が無理やり持ってきたとしか思えない。

今回は最終回に向けての前哨戦ってことで、特にすごくイライラ
することはなかったけど、

あのお父さんのところへいって、ビデオを撮る場面はうるっと
しちゃった。
父親ってあんなふうに娘のこと思ってるんだね。
本当にいいお父さん。

そして俺にも23年間見せてくれなかった姿を多田君には
見せていたんだね。
これからも娘をよろしくって・・・泣けるーーー!



ライアーゲーム 十話

June 17 [Sun], 2007, 20:33
面白くなってきたーーー!!

ああ。でも来週最終回なんですよねぇ。
ここにきて3時間スペシャルってすごいスタッフさんの意気込みを
感じますよ。
どんなラストになるのかすごく楽しみ。

秋山と謎の紳士(北大路さん)の戦いも見物です。そこも楽しみ♪

さて・・・頭の弱い私はちょっと展開の速さについていけなかったり
してますけど、みなさんはついていってます??

密輸ゲームで、突然必勝法がわかった。
これからは俺が支配者だ!と言い切るオオノ@チビキノコ
それに従う、フクナガと、ヒロミ。秋山は支配者なんて辞めておけ
といいます。直もまたみんなで協力して勝ち抜きましょうと
しばらくは見守る方針のようですが、

チビキノコは相手からの密輸をすべて阻止してお金を
奪います。そしてヨコヤもまたこちらのすべてを知り尽くして
いるかのように、金額を言い当てる。
そうして、水の国の人間は手も足も出なくなり、トランクを
空にして行く他なくなってしまい、小康状態に・・・・

ところが突然、オオノは腹痛を訴え、検査官ヒロミに変わってもらう。
そのことで秋山はオオノの必勝法が何かを確信し、
直にそっと打ち明けます。

オオノは4回戦目でヨコヤと長く話しているときに
ヨコヤから協力を依頼され、金額を教えていたのでした。
その代わりにオオノもまたヨコヤから金額を教えてもらって
お互いに密輸を成功させていたのです。

だが、途中で密輸を怖がって空のトランクが続いたため
ヨコヤはオオノに密輸の金額を教えようとしなくなったのです。
そのためにオオノは次の密輸のときにお金を密輸しろ
と支持します。その支持は9999万にしろと・・・

秋山は、俺にも必勝法があるといい、密輸をするカヨに
必勝法の書いたメモを渡します。
それには1万円多く密輸しろと書いてあったのです。
ヨコヤはそれを知らずに
「ダウト9999万」とコールします。
そして見事に密輸に成功する。

だが、直が密輸人となって検査室に入るとヨコヤが
直に話しかけてきます。しかもモニターに写っている秋山に
向かって話しかけてきたのです。
それは秋山の過去の話、母親の話でした。
秋山はヨコヤがマルチで母親を貶めたということを知り
自分を見失ってしまって、自分ひとりで検査官も密輸人も
やろうとします。そして、自分のお金が底をつくと今度は
同じチームの人間からカードを奪い、
それを引き出して密輸を始めてしまったのです。

自分を見失った秋山はことごとく密輸も検査も失敗し
水の国のお金はほとんど火の国に行ってしまったと誰もが
思っていた瞬間。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)