SP 九話

January 15 [Tue], 2008, 15:53
九話?でいいのか?エピソード4の2ですから・・えっとえっと
多分いいと思う。

前回の雰囲気がよかったんですけど、またエピソードの2話目
ってことでつなぎっぽい感じでしたね。
来週が楽しみってことで!

SPの人員を増やしてほしいと頼む尾形。
でもそんなことは上には掛け合えないなぜなら身の危険が迫るほどの
事件が起きていないからだ。と

今の日本はテロに対して本当に鈍感ですよね。
もし・・・のためにいつもいつも人間を訓練して配置するのは
大変なことだと思う。
それだけの労力とお金が動くから、だから尾形の上司の
いうことももっともだよなぁ。とは思う。
だったら、守られるほうも自分の身は自分で守るすべを持っていてほしい。
よね?

山西(平田満)が動き始めましたよ。
公安の田中(野間口徹)が調査をしている間はまるで幼稚園児のように
静かにしていたけど、彼が自分から手を引いたと見るや否や
行動を起こします。
というか行動を起こすように仕向けてきたのは
総理の秘書高島(近江谷太郎)ですけどね。
まさか彼が昔の事件の黒幕・・・?ってことなんでしょうか?
でも山西は「もう昔のことは忘れたい」と断りますが、
でもその裏でずっと総理の近辺を探っていたようです。

一方で、大学のアトリウムの完成式典に総理が出てくると知った
謎の男は、西島のメールを受け取って総理暗殺を狙います。
そこに山西も加わって・・・
この先どうなることやら・・・。

西島は自ら行動を起こしているんでしょうかねぇ?
総理秘書の高島とつながってる?
公安の田中が一番怪しいとおもっていたのにここにきて
井上のこと心配してる唯一の人間だということがわかってきましたよ。

ラストはどうなるのか?わからないですよ。先が見えない。
どうなっちゃうんだろう。

SP過去記事
一話 二話 三話 四話 六話 七話 八話 九話 十話

2007秋ドラマ総評

December 27 [Thu], 2007, 7:34
テレビドラマのランキングアンケートに参加していただいて
ありがとうございまいした。

結果は以下のとおり・・・・・・

1位 有閑倶楽部
2位 医龍2
3位 ガリレオ
4位 暴れん坊ママ
5位 歌姫
6位 SP
7位 スワンの馬鹿
8位 ドリーム☆アゲイン
9位 働きマン
10位 ジョシ刑事

1~3位は妥当かなぁ?と・・・ただ1位の有閑は私見てないので
なんともいえないですが、原作ファンでも痛いと思ったとか・・・
ジャニーズファンですら、見続けるのは結構きつかったような
声をちらほら聞きました。
赤西君復帰の赤西の観賞用ドラマだったみたいですね。
もうちょっと違う形でのドラマ復帰をさせてあげればよかったのに
なぜこのチョイス?って思いましたね。

そして医龍!ですよ!これはもう初回からパねぇ感じで
力入ってましたから、絶対に上位に来るはずと思っていたのです。
でも中盤までずっとガリレオのほうが上だったので
正直???だったんですけど、最終回終わってからの追い上げが
すごかった。

そしてガリレオ、面白くない・・・とはいわない。面白いような気がする
けど・・・な〜〜んかいまいち乗り切れないところがあったドラマ
でしたねぇ。
初回と最後だけ見せてくれましたかね。もうちょっと犯人が
その行為にいたった動機の部分が描かれてると面白かったのに
なぁ・・と個人的には思いました。

暴れん坊ママは初回見たとき「ダメだ!」と思ったんですけど
最終回に向けてどんどん右肩上がりに面白くなってきて
最後は泣いた。泣いた。あゆの気持ちもわかるし、祐樹の気持ちも
わかるし、うわ〜〜ん。って感じ。とにかく子供を持ったことがない
あゆが一番子供を可愛がって上手に育てていたように思いました。

歌姫・・なんでこんなに視聴率悪いのか・・
最後はあんなに泣けたのに〜。やった時期もわるかったかもしれない
ですね。私もスポーツのほうを見たりしてましたしね。
ちょっと舞台でやるものを3ヶ月に水増しするのはつらいものが
あったのかもしれないですけど、土佐清水の人たちの暖かさや
あの訛りがすごく気持ちよく、心地よかったです。
最後までハッピーとはいかなかったけど、孫が後を告いでくれそうな
感じで終わったのがうれしかった。

SPはまだ続いてる最中ですが・・・エピソードを3つにわけなくても
前編後編でスピーディに展開して言ってほしいなぁって思います。
そうするともっとわくわくどきどきすると思う。

スワニーとその仲間たちが本当にいい雰囲気で好きだったなぁ。
あと奥さんの真澄が最高!こんな奥さんって男の人・・いや
女の人はりそうなんじゃないかな?
結局スワニーは、お人よしで終わったのがなによりよかった。

ドリームアゲイン
は、初回と最終回の設定に違いがありすぎて
うそーん!な展開にびっくり、最後はみんないい人過ぎちゃって
しかも天国の案内人の行動にびっくりだったわね。
それなら最初からそうしなさいよ!
って思った人も多かったはず・・・

働きマン
は、仕事をしている女性なら誰でも悩むようなことばかりを
題材にしてたけど、いまいちピンとくるものがなかったというか
弱かったかな?何せ、松方が恋愛と仕事にふらふらするところが
どこが「働きマン?」って思っちゃってまだ「ハケンの品格」の
大前さんのほうが働きマンに見えたよ。
これはドラマの題名負けだな。と思った。

ジョシ刑事は初回から見てないです。

あと、ランクに入ってないけど、モップガール
面白かったです。3話目から見はじめてしまったのが悔やまれます。
やっぱりテレ朝の金11ははずさないわ〜。
笑あり、涙あり?そして色気あり?な推理物は天下一品ですね。
タニショーさんと北川さんのコンビネーションがすっごくよかった。
あと葬儀屋のみんなも、そして刑事のお二人も!
ガリレオの刑事もこういうスタンスで入ってこれば、ちょっとした
隠し味程度で面白いのにねぇ。

SP 八話

December 23 [Sun], 2007, 22:56
これってエピソード○○って感じだから、何話かって言われると
わかんなくなっちゃうよね。

一応エピソード0で八話ってことよね。
ってかもう〜。なんなのぉぉぉぉ〜。またつづくなのぉぉぉ。
もうどんだけじらせば気が済むのって感じですわ。

お約束の妄想・・・じゃなくて今回は訓練で始まった。
井上の警護。非常階段のトラップでたいていの訓練生は
ひっかかってしまうのに、井上だけはクリアしてしまうために
たくさんのトラップが必要なのだとか・・

そして尾形に目をつけられて警護科に入るってわけね。
尾形が井上に尋ねた
「何故SPになるのか?」って
そしたら最初は「僕を育ててくれた養父母が警察官だったからです」
と答えた井上だけど、本当の答えは
「ボクのような人間を作らないようにするためです。」
と本心を漏らした。

でも、そうは思ってもいつも黒い影が付きまとって自分を
飲み込んでしまうような気がする。
という井上・・
この先、自分の両親を間接的に殺した総理とであって警護を
することになっても・・・本当にそう思って警護できるのかな?
と思ったり・・・

井上はこれからどんどん自分の触れられたくない部分に
かかわっていかなくちゃいけなくなるんじゃないの?
と思うと尾形も罪なことをしたもんだ!
と思ってしまったわ。

それにしてもここに来て少しずつ井上の過去もわかり始めたけど、
それより何より一話からネットで指示していたのが
あああああ・・・あの人だったとはっ!!!!

めざまし土曜日で、堤さんと岡田くんがインタビューに答えていて
そこで、
「ネットで指示を出してるのは、身近な人物ですよ。」
といってたんですよね。
なのでてーーーーっきり公安のあやつかと思いきや!!!
公安はあの人をマークしてるってことでいいんですよね?

はぅあ!!ここにきて一番面白い回かも!
なのにつづくって・・・つづくって・・・
なにさぁ!!!!

こうやって見せよう見せようとさせる作戦にまんまとはまってる
ってわけやね。
しかも今度の敵は自分の両親を殺した相手・・・
どうするどうなる・・・つづくっ!!!

SP過去記事
一話 二話 三話 四話 六話 七話 八話 九話

歌姫 最終回

December 22 [Sat], 2007, 10:29
記憶を取り戻して前のことは忘れた!
っていうのは嘘だったんだね。そりゃそうだよね。
そんなわけないけど・・・
でもそうなのかしら?って私までだまされそうになったよ。

それくらいに太郎はしっかりと鈴たちの前で演技してた。
きっとすごくすごくつらくて泣きたかったんだと思う。

ジェームスの前だけでは本当に男泣きしてた。
でも子供がいるってことまで聞かされて過去にちゃんと
結婚してたって記憶も戻ったらやっぱり行くしかない
って思うと・・・思う。

それが太郎ちゃんだから・・・
鈴が好きになった太朗ちゃんだから・・・
最後の最後まで鈴の前で何も言わずに去っていった太郎が
切なすぎた〜。

鈴は、もう美和子が来たころから少しずつ気持ちの整理を
してたと思う。
太朗ちゃんはきっと美和子さんのところに戻るだろうって
気持ちはあったと思う。
でもさ・・・太郎は、急にでしょ。本当につらかっただろうなぁ。

だからジェームスにだけは本当のことを話したんだよね。
そしてクロワッサンにも、最後の最後ふっ!と笑って見せた顔が
クロワッサンにはわかったんだと思う。
太郎は、太郎のままだ!って・・・

そして鈴を幸せにしようって誓ったんだ。くぅぅぅ。男だよ〜。
最後のバス乗り場でのみんなの声援?も切なかった。
きっと泣きたかったと思う。
でもばれたらいけないってぐっとこらえて・・・
最後まで知らないで貫き通して・・・

あとね。お父さんや、お母さんがもう駄目だ〜。
もう本当に辛そうだったよ。あれを見るのが一番つらかったんじゃ
ないだろうかって思うよ。
本当だったら泣きながら、ありがとう!ありがとう!って
何度も言いたいところなんだろうけど、それもできないしねぇ。
ああ。つらい・・・

でも太郎はちゃんとけじめをつけたんだ。
すごいなぁ。って思うやっぱ太郎だよ。ってね・・・

そしてその美和子の子供だった子が歌姫になりたい
といって夢をかなえたんだ。
それが清川さくら(ジュディーオング)さんだったんだね。
その息子が小泉旭。

おじいちゃんだった太郎が鈴に告白しようと台本を書いたその
内容の通り鈴の娘には「(浅丘)るり子」って名前がついてて
さくらの息子には「(小林)旭」ってついてて
なんか運命的なものが感じられたわ♪

切なかったけどすごくいいドラマだった。

歌姫過去記事
一話 二話 三話 四話 五話六話 七話 八話 九話 十話 最終回

医龍2 最終回

December 22 [Sat], 2007, 9:45
くわぁぁぁぁ。かっこええなぁ〜。朝田やりおるわぃ!
もうどんだけ〜な展開が満載で、
旦那が横で突っ込む、突っ込む。

ダ「何で臓器を持って走らんといかんのだ!」
ダ「そんな知らない山道入っていったら余計に迷うじゃんか!」
ダ「んなわけねーがや。なぁ!」
ダ「あそこで待ってて(事故車両の)反対側に救急車を呼べばすむ
ことじゃんか!」
ダ「で!絶対に怪我するんだよ!」「やっぱり!」
ダ「で、なんであんな簡単に居所わかるんだ!」
ダ「んなわけねーやん!あんな短時間ヘリが到着できるかぁ?」
ダ「って・・あんな場所にヘリがつけれんやんか・・・なぁ!」
って・・・・

私「あんた。突っ込みすぎ!ドラマなんだから・・・」
って私が言うくらいに突っ込んでましたよ。

でも面白かったわぁ。
お約束、お約束の嵐だったけど、めっちゃ面白かった。
最後の心臓の横に大人の心臓を植え込むっていうのは
以前日テレ?だったかな?
世界仰天ニュースの中で実際に行われた手術方法
だったので、ああ!知ってる!って思っちゃいました。
手を止めた時点でもしかしたらそうするのかな?
と思ったけど、でも隙間がなさすぎるような気がしてどうするのかな?
とは思ったんだけどね。

世界仰天ニュースの中ではやっぱり同じように心臓病で
移植しかないといわれた子供さんに大人の心臓をおんぶ
させるように埋め込んでそれで手術は成功したんだけど、
何十年かしたのちに、植え込んだ心臓のほうが悪くなって
しまって、また病状が悪化してしまったときに、
(もうそのときに手術してくれた執刀医の先生は引退してて
いなかったのだけど、)
「今後何かあったら、私のところに尋ねてきなさい。」という
手紙を託していて、それで、その先生のところに行って
今度は植えつけたほうの心臓を取り除く手術をしてもらったという
話・・・

自分自身の心臓がちゃんと機能できてなかったのだけど
成長の段階で機能が復活していたので、
植え込んだ心臓を取り出してもよく、さらに自分の心臓のほうが
元気になっていた。という実話でしたけど・・・

ただ、もう手術のシーンはすごく見ごたえありましたよねぇ。
まず開腹してみたら、皮膚の表面近くまで癒着が起こっていて
心臓を取り除くのもままならない状態で・・・
そこからはゴッドハンド!と天才医師の手が加わってどんどんと
剥離していって・・・

そして心臓が届いたら今度は心臓の血管縫合がうまい伊集院と
交代して・・・もうたまりませんわ。この緊張感!

そしてそして忘れてならないのは松平ですよ。
最初なんで消化器官の先生がドラゴンに入るの?と思ったんですけど
謎が解けたよ!!!って感じ。
ここまでの長い長い布石だったんですねぇ。(って遅い?
すべてはこの生体肝移植のためのものだったんだ!って・・・
しかも朝田たちが剥離をしている間に、きっちり自分の仕事を
して見せた!くぅぅぅぅ!「あとはお前たちだ!」っていいねぇ。

そしてそしてこの心肝同時移植に欠かせないのが麻酔医と
MEですよ〜。心臓を止めて人工心肺に切り替えたり、
術中の体の管理を即座にしたり、なんでここでも麻酔医が
二人必要?って思ったけど、やっぱここは二人いないと〜。
って感じでしたよね。
あれだけ難しい手術なんですから・・・

そして霧島さんが登場のときは「お!いよいよ。霧島も参戦か?」
と思ったんですけど、
なんと人工心臓を持ってきてたんですね。
つい先ごろニュースでもやってました。
自分の筋肉から心臓を再生させるってのを・・まさにリアルタイム
おお〜!と思いましたよ。
(ニュースは自分の皮膚から・・・作ったものなんですけど
見てると一部分が皮膚が使われててそれ以外のところは
器具みたいな感じでした。)


そして鬼頭のほうの患者もちゃんと救うことができた。
霧島はこの人工心臓を持ってくるために現れた!
ああ。もうこのリンクはどうでしょう!いいですよ!
鬼頭の患者のほうはお金を持っている大企業の社長
新しい試みの手術のために人工心臓には莫大な費用がかかる。
普通の母子家庭の親子に負担をさせるよりは
こちらにしたほうが有利と・・・
そこまで考えたのかどうかはわからないけど・・・さすがです!
これぞ!神の領域よ!ってことなんでしょうか?

松平が「残念だったな。」と鬼頭にいうところがありましたが
何をいってるの松平!誰に向かってものを言ってるの
と思っちゃいましたよ。
やり方は全然違うけど、目の前にいる患者を救おうとする
その気持ちは鬼頭も同じ!
だからそんな言い方は失礼よ!ってね。

そして最後ですよ〜。善田院長・・・・・とうとう安本@アンフェアに
なってしまいましたね。
そんな善田院長は正直見たくなかった(まさか野口の悪事を暴く
なんて・・・善田らしくない。)
「グッバイ」なんて・・・・・

その善田院長がさよならをいったのは野口ですよ〜。
もうこの人最高!大好き!最後の最後でぎゃふんといわせて
やりたいと思ってましたけど、まさに”ぎゃふん”って感じでしたよね。
明真の設立パーティーの席で、今までの悪行三昧を
告発されちゃって・・・・・
最後の最後はニューヨークだかどこだかで・・・
「ノォ〜。ノォ〜。」ですよ!もうめっちゃ笑いました。
しかもそこではお金がなければ治療も受けられないって言うんですから
まさに野口にとっては皮肉な結果になりましたね。
(でもなんでニューヨークにいたの?)

働きマン 最終回

December 20 [Thu], 2007, 12:54
やっぱり最後の最後まで松方は松方なんだなぁ。って
思っちゃったな。

仕事に対して貪欲っていうのかな?
本当にこれじゃあ一生結婚は無理そう・・・。
同じ業界の人間じゃないとなかなか理解してもらえなさそうだもんね。
でも新二との別れの場面はなかなかよかった。

新二あれからまだ少しは松方のこと思ってたのかな?
福岡に新しい事業開発の計画があってそこに行くから
一緒に来ないか・・・っていうようなこといってて・・・
普通の女の子なら・・・まして前に付き合ってて好きで別れたのなら
やっぱり悩むけど・・・

結局新しく引き抜かれそうになったスピークへいくのも
断ったし・・こういうときになんでこうもいろいろ重なっちゃうのかねぇ。
でもそこが松方らしいといえば松方らしいのかも・・・
痴漢で冤罪になりかけた小学校の先生を助けられたんだもんね。
なんかあれを見たら「それでもボクはやってない」を
思い出してしまったわ。(笑)


働きマン過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話十話 十一話

暴れん坊ママ 最終回

December 19 [Wed], 2007, 20:51
もうテレビの前で号泣です!うわ〜〜〜ん。
なんて切ないのぉぉぉぉ。
ってか、もう反則ですよぉぉぉぉ。

佑樹の決断はよかったと思うよ。やっぱりお母さん
もともとは佑樹と別れたくなんかなかったんだもん。
でもね。せっかくあゆとこれから!仲良くって時に
いきなり返して・・・だもんなぁ。。。。

飛行機事故にあって、結婚していたはずの男の人とも離婚して
一人ぼっちだから、でもあゆがいるから・・・って
もうなんていい子なんだろう。

佑樹はあゆのところに来たときからずっとそうだった。
いろんなことに気を使って、自分なりのポリシーがあって、
子供なんだけど、いろんなことがあって、そういうのを小さい体で
一生懸命受け止めて考えて・・・

だから佑樹の気持ちを優先させたあゆもすごくえらいなぁ
って思った。
あのママにはちょっとむかついてしまったけど・・・・。
あゆの言うとおり本当にものじゃないんだから
あげたり、戻したりするもんじゃないよなぁ。って・・・

最初は何?このむかつくドラマは?と思ってたけど、
最終回に向かうにつれてどんどんと面白くなっていって、
最後こんなに感動できるとは思ってなかったわ。

そつえんしきの時の佑樹の涙が本当に切なくて泣けたよ〜。
「あり〜がと〜。さよ〜なら〜。みんなみ〜んな〜。」
ってもうですよ〜。

本当に、よかったです。

暴れん坊ママ過去記事
一話 二話 四話 五話 六話 七話 八話 十一話

ガリレオ 最終回

December 19 [Wed], 2007, 10:07
おお〜。すごい・・・のかな?とりあえず、面白かった。
最初と最後だけが面白かったなぁ。このドラマ。

中盤の話は、推理ものが好きな人にはものすごく
なまぬるい話だったんじゃなかろうか?
湯川にはもうしわけないけど、事件は本当に警察が
よくよく調べれば方がつくものばかりで・・・

物理的に?と言われる現象も何も大学の教授の意見を
聞かずとも、科捜研に任せればなんでもやってくれるんじゃない?
っていうレベルで・・・

いや・・・そうじゃない。そもそもそういうスタンスで見ちゃ
いけないドラマなのに、ついめっちゃ難しい難解な物理学的な
ドラマなんだと思ってみてしまった私がいけないのだ。

すべて私が最後まで思い込んでみてしまったせいなのだ。
すみません。内海は新米で何にもできなくてわからなくて
ダメダメ刑事なので、ついあこがれの草薙刑事が協力してもらってた
という湯川を訪ねてしまっただけで・・・・

ああ・・違う違う・・・
とにかく私の見る姿勢が悪かったんです。すみません。あやまります。
月9なんだ!ってことを忘れてました。すみません

なんか面白いって言えば、面白いんだけど、
推理ものって、「んなあほな!それで解決するわけないやんか?」
ってな部分があって当然のものなんですよね。
それをわかってて視聴してるんですけど、
その「あるわけないやんか!」を「証明してやるぜ!」ということだったんで、
つい、「そう?本当に?やってくれるの?」と
期待をしたのが駄目だったんだなと・・・
やっぱり推理ものなんだから、多少のありえへん!部分があって
当然ということを頭においておかなかった私が悪いんです。

でも栗林さんは本当にいい人でした。
こういう人がいるからこそ湯川は研究に没頭できるんですよ。
だから栗林さんは湯川といたら万年助教授なのですね。うん。

ああ!面白かったぁ!と最後まで手放しで喜べなかった。
救いは栗林さんだけだったかも・・・・あと真矢さんと・・・

ってか何が不完全燃焼かって、結局木島は一度も手を汚さずに
2人の人間を殺させて、なおかつ湯川まで内海とともに
消し去ろうとしたところですよ。
あんな悪人がいつまでも世の中にいたらどうですか?
前回やたらと内海が「科学者は、発明するだけで後のことを
考えない」などと言ってましたし、不法投棄のゴミを
回収するおっちゃんも「科学者は便利なものを生み出すだけで
後のことを考えてない。使う側も悪いが、後始末ができるように
するのも科学者の仕事だ」というようなことを言ってましたが、
まさにそれに尽きる話でしたよね。

結局木島は、自分が発明したものがどれほど世界にとって
悪影響を及ぼすかなど考えず、ただひたすら、研究をしていけば
どうなるのか?だけを追求している。
そしてその障害になるものは、片っ端から消し去るということなんで
すよね。

まぁ。今回は梅里の素性(武器商人)を知った藤川が
梅里と木島を狙っていて逆に殺されたということだったんですけど、
でもその研究をしていったら結果がどうなるか。
ということを木島はわかっていてもいいはず・・・。

なのにそれを怠った。湯川が
「あなたは科学者として失格です。」というのもうなづける結果でした。
ただ・・・木島自身、本当は穂積を失いたくはなかったんでしょうね。
どういう関係なのかはわからないけど、少なくとも木島にとっては
相当気持ちの中のたくさんの部分を穂積で占めていたんじゃないだろうか
それだけに、穂積が木島のために自殺したことは
木島の中で一番つらく悲しいことで、そこで始めて気が付いたのかも・・
とも思いました。
湯川は「僕まで殺そうとしている」といってましたが、
なんとなく最後の雰囲気を見る限り、
自分もレッドマーキュリーで死のうとしていたようにも
見えました。

それにしてもスーパーナックっていう金属で、あれほどの威力が
あるとは・・・・しかもあんな短期間に作れるって
ちょっとすごくない?藤川の研究に研究を重ねた結果を
あんなに簡単に作られたら・・・・困っちゃいますけど、
湯川が天才だからこそなのかもね。

そして最後の大仕掛け・・・・笑。
「本当はもっとコンパクトにしたかったんだけど、こんな無様な
物しか作れなかった」って言葉に笑ってしまいました。
(笑どころじゃないよね?)
確かにあの装置は半端なく、アホっぽかった。
あれで東京が半分壊滅されたら、死んでも死にきれないよなぁ。
ちゃんと解除できてよかったね。

ガリレオ過去記事
一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話

SP 七話

December 17 [Mon], 2007, 13:15
最近最終回を迎える・・もしくは迎えるにあたって

なぬーーーー!!!
なことが多いんですけど、その中でもやっぱりSPはすごく
なぬーーーー!!でしたよ。

ええ。確かに大橋が一番悪いんですよね。
尾形が最後に言ったように
「法を犯してもいいと思ったのか!」ってことなんですけどね
とどのつまり、悪いことしておいて、殺されるとわかったら
急にしおらしくなってもダメー!
って話なんですけど・・・

つづく・・となってましたけど、続かないでしょう。
このお話はこれでおしまいということなんですね。
なんかなぬーーーー。なんですけど・・・

まあ上のものとの決着はついたようだし、
捕まえた人間たちが口を割る形跡がなさそうだから
警察に圧力を掛けてる政治家たちからの大橋警護の解除が
申し出られたのはわかるけど、
せっかくここまで来てというか、だんだん身の危険が
迫ってきてるのにここで「はい。さよならよ。」
はひどすぎるというか・・・

でもそれがこのSPの現状ってことなのね。
尾形もやってらんない!って机のものを全部振り落としちゃいたい
気分わかるわ。


それにしてもまったく、警察とか政治家という奴は・・・
本当にどうしようもないですなーーー。としか思えない。
前に大橋が
「キミたちは自分たちの働きに見合う見返りをもらっているのか?」
という質問をしていましたが、

絶対にそれはない!よね?
こんな悪い奴でも警護しろといわれれば警護しなくちゃいけない
わけだし・・・いや。まだこいつなんてぬるいほうで
もっと悪い奴もいるんだろうし・・
と思うと命を掛けてまでやる仕事じゃないよねぇ。ってさ。

ただ今回は井上の例の能力のおかげで間一発
みんなも死なずにすんだのがよかったですよ。うん。

SP過去記事
一話 二話 三話 四話 六話 七話 八話

オトコの子育て 最終回

December 17 [Mon], 2007, 12:43
ぼちぼちな感じで2.3話見逃しながらも見てました。

それにしても最終回の篤の秘密(6年前の)ってのが
びっくりだ。もっと重いことなのかと思ったら
クリスマスのプレゼントをパチンコですって買えなくて
それで帰れなくなったって・・・・

子供だってまだ小さいし・・なんとでもいいわけ作って
1ヶ月遅れで渡してもいいわけだし・・・
ってか奥さんもそれをわかっててそのままにしてたっていうのも
えええ!!!
って感じなんだけど・・・・・

まあ篤っぽいといえば篤っぽいのかなぁ?
でもそれより何よりお父さんがいなくなっちゃうことのほうが
子供にとってどれだけ不安で寂しいことかを考えろよ〜。
篤〜!
とそっちに腹が立っちゃいましたよ。

りんこなんて絵日記にサンタさんおとうさんがほしいです
なんてお願いしてるんだよ〜。
どうよ!この娘は、なんだかんだ言いながら一番お父さんのことが
好きなんだよ〜。

ったくもー。
本当に篤は駄目駄目だよ〜。
今度こそ性根を入れ替えてちゃんと子供たちと仲良く
やるんだよ!

でもこのドラマな〜んかゆるいし軽いんだけど面白いんだよね。
篤の軽さ加減とお隣さんの堅さ加減がいい感じなんだよね。
何かにつけて、学校に電話してさ・・・
でも最後には、丸山ちゃんに
「何でもかんでも学校に責任っていわないでください!
そんなに子供が大事なら自分で送ってくればいいでしょう!」
と怒鳴られてたし・・・

そんな丸ちゃんを支える学校の先生たちもつぼだったなぁ。
あんなに中のいい先生たちも珍しい。
ちょっと今の風刺も入ってるんだけど、ブラックユーモアな感じに
仕立ててあってそこもいいよね。

それがお隣の中西家でさぁ。
「うちはクリスチャンじゃないからそういう世間の風潮に踊らされる
ようなことはしない。」っていうお父さんに対して
息子の竜也くんは
「でも・・」といいながら二人にプレゼントを用意しておいてくれてね。
あんなお父さんに育てられたらそうとうゆがんだ性格になるのかと
思いきやりん子のお父さんのことを「いいお父さんだ」
といってみたり・・・回転寿司では
まったく自分の好きなネタが回ってこないと愚痴る両親を
よそに自分の好きなネタをちゃんと頼んじゃうあたり!
ふふふ・・・・って感じで笑ってしまった。

もうなんていうか悪い人が一人もいないっていうのが
楽しかったね♪
あと3人の子供たちにやられてしまった。かわいいよね。みんな。
結構ボーっとしながら「ぷぷぷ!」と笑えるドラマだったなぁ。

オトコの子育て過去記事
一話 二話 四話 十話
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)