2008秋ドラマ総評

December 25 [Thu], 2008, 20:32
2008年のドラマも終わりましたねぇ〜。

私が見ていたのは以下のもの
・イノセント・ラヴ
・セレブと貧乏太郎
・チームバチスタの栄光
・OLにっぽん
・風のガーデン
・流星の絆
・ブラッディ・マンディ
・スクラップティーチャー
・SCANDAL
・ギラギラ

ほぼ毎日みてました。笑。

ではでは…総評を・・・
流星の絆
今期のドラマの中では結構面白かったです。
あの東野さんの原作をこんな風に見せてくれたクドカンが
すごい!って思いました。
普通だったらスペシャルドラマでできるくらいの小説だと
思うのですが、それを薄く伸ばしたのにもかかわらず
これだけ面白いって言うのはやっぱ脚本力だよねぇって
思いました。
ややもすれば、うざい感じになりそうなお笑いの部分が
本編にうまくかみ合ってたのは見事としか言いようがないです。
妄想係長高山もこのドラマに大きく貢献していたように
思います。

風のガーデン
とにかく文句のつけようがないくらいにいいドラマでした。
泥臭い人間臭い一人の人間が死を目前に
残り少ない人生をどう過ごしていくのかっていうのを
自然体で見せてもらえたというか。
みんなに「私もこういう死に方がしてみたいなぁ〜。」って
思わせるようなそんなドラマでした。
緒形さんのことがあって見始めましたけど、
でも中井さんの演技もすごくて本当に感動しました。
緒形さんも本当に最後の作品がこれでよかったんじゃないかなぁ
なんて勝手に思ってしまいました。

ブラッディ・マンディ
最後の終わり方にはちょっとずるい!と思いましたけど
多分続きがあるのか映画化するのかどちらかなんでしょうね。
とにかく毎回誰が悪で誰が善なのかがわからずに
だれもかれもが怪しくて楽しめました。
ただ藤丸の活躍を描こうとするとどうしても警察が無能にしか
描けないのが悲しいところでしたね。
本当は音弥がラスボスかと思ったらそうでもなく
かといって、藤丸と一緒に戦うわけでもなかったのが
ちょっと残念でした。せっかくのイケメン君の無駄遣いだったような・・。
そして最後のほうまでいろんなものを詰め込んだ結果
Kの心理が伝わってこなかったのが残念でした。
せっかくテロを起こそうとしているのだからそこに至るまでの
葛藤なども描いてほしかったかな?
そうしたらたとえTHIRDーIがダメダメでも別のところに
感情移入ができてよかったかも・・・

SCANDAL
意外と面白かった。今期はTBSに軍配が上がった感じです。
初回見た時はリタイアかな?と思ったんだけど
どんどん右肩上がりにおもしろくなってきました。
結局のところ女って噂が好きで人の不幸が好きなのね?
って感じるところがよかった。
最後は無難にもまとめちゃったかなぁ〜。って感じはありました。
実はすごくミステリアスなことをしておきながら
理佐子と久木田の最大のいたずら!っていうオチがあったら
めっちゃ面白いのに〜。と思っていたので・・・。
普通に本当に刺しちゃったんだ。って感じでそこはちょっとがっかり
だったかも・・・

ギラギラ
ホストといういかにも〜。な世界をこれほど体育会系のノリで
しかも癒しも入れてみせてくれるってのはなかったですね。
やっぱ主役の蔵さんの人柄のせいでしょうか?
毎度毎度リンクがピンチ!を迎えるわけですが、
そこをちゃんと蔵さんが乗りきっちゃうところが
よかったですよ。
夜の話なのになぜか日のあたる昼間のドラマのような気分で
見てました。

セレブと貧乏太郎
途中までは面白かったけど、真紀子さんが
アリスを心配していただけ?っていうのがわかってから
ちょっと萎えちゃった。
ええ〜。それだけなの〜。って・・・
でもはちゃめちゃでお気軽なノリが結構好きでした。
最後のほうはどう見てもスタッフの悪乗り??って感じも
無きにしも非ずでしたけど・・・嫌いじゃなかったです。
ただ真紀子さんと後藤田にはちょっとがっかり。
もっとアリスをいじめてくれると思っていたのに〜。

スクラップティーチャー
最後の最後まで誰が主役なの?っていまいちわかりづらい
ドラマでしたけど、
なんとなく言いたいことは伝わって面白かったです。
先生がダメダメっていう感じに描いていることで
視聴者に「そこまで駄目な教師はおらんやろ〜。」的な
ことを思わせておいて、そこに生徒たちが自分たちで
何かを考え行動するというのを見せることで
こういう風にすればクラスがまとまるのか。っていうのを
見せてくれたって言うかね。
そういうところが今までの学園ドラマと違って面白かった。
ただ・・・定年であそこまで白髪でよぼよぼってありえへんやろ〜。
今の60歳は若いで〜。あの北野武さんだって60超えてるよ〜。
とは思いました。

チームバチスタの栄光
始まる前はかなり期待が高かったのに、
ぐっちは泣きすぎるわ。桐生は弱っちいわ。
氷室を殺しちゃうわ。で
ちょっとがっかりしました。
原作が面白かっただけになぜホームドラマっぽいノリに
するんだよ〜って思ってしまったし・・・・。
とにかくがっかりでした。

OLにっぽん
最初は日本と中国のやる気の違いっていうかそういうのを
描いていたように思うんだけど途中で課長?との
恋愛が入ってきておよよ?って話があっちこっちに
寄り道しちゃった感じでした。
ちょっと残念。

イノセント・ラヴ
いやぁ〜。今期一番おもしろかったですよ。別の意味で。
こんなはちゃめちゃなドラマ見たの初めてですわ。
結局何が言いたいのかさっぱりわからず
ただただイノセント国に住む住人はものすごい
生命力の持ち主ばかりだということがわかったくらいでしょうか?
感想と言えば、このドラマの中で一番まともだった昴がかわいそう!
ってことだけでした。
そしてこのドラマほどブログめぐりをしてて楽しかったドラマは
ありませんでした。
みなさんの突っ込みを読むのが楽しくて楽しくて
私も負けずに突っ込むぞー!と変な闘争心を燃やして
感想を書きました。がみなさんに遠く及ばず・・・・。笑。
出直そうと思いました。


チームバチスタの栄光 最終回

December 24 [Wed], 2008, 8:20
やっぱり、ここでもKが犯人だったのね。
今年のドラマはKのつく犯人多すぎ!

前回の予告で柿谷さんが犯人ってほぼ確定していたから
今回はなぜ?どうやって?が鍵となりました。

柿谷の娘さんはサザンクロス病院で心臓の移植手術を
受けてたんですね。
そして拒絶反応で死んでしまった。
その時の執刀医は桐生。

そして日本で桐生にあってしまう。バチスタの専門だということで
周りは浮足立つのに柿谷だけはそうではなかった。
でも桐生は尊敬していた。
だけど、バチスタ手術をやるうちにもしかしたら
この先生は目が見えてないんじゃないか?
もしかしたら自分の娘はこの目のせいで死んだのではないか?
とそんな疑問を持ち始めてたんですね。

ケース27で鳴海先生がいない中始まった手術
それも技とせかすような真似をして柿谷先生は
桐生が鳴海なしでどれほどできるのかを見てみたかった。
そして、他の先生たちに指示をして彼らが心臓を見てないすきを
狙って心臓を持ち上げる道具をいつもよりも少し余計に
まわしてしまった。

視野が狭くなっていてどれほど心臓が回っているのか
わからなかった桐生は変性部位じゃないところを切ってしまい
結果術死が起きた。

柿谷の故意による犯行だったんですね。
それにしても・・・結局桐生がすぐにメスを置いていれば
こんなにたくさんの術死も起こらなかったし、
バチスタのメンバーも事件を起こすこともなかったのに
と思うと残念です。


チームバチスタの栄光過去記事
1話 2話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話


チームバチスタの栄光映画感想
ネタばれあり。

人気ブログランキングへ


どうでもいいことですが、このドラマの挿入歌になってる歌の声が
何度聞いても「シャ乱Qのつんくさん」に聞こえてしょうがなかったです。
それって私だけ??

あと・・・・海堂さん・・・・まさかドラマに出演されるとは思わなかったよ。
ここまでぐちゃぐちゃにされたドラマによく出演する気になったなぁ〜。

イノセント・ラブ 最終回

December 22 [Mon], 2008, 23:20
やっと終わった。って感じだなぁ。笑。
突っ込みつかれたよ。

2009年の瑛太さん主演のヴォイスが楽しみじゃ〜。

それにしても・・・本当にすごいドラマでしたよ。
もしかしたら、半分蝋人形化した聖花と殉也が二人で
暮らすのかと思っちゃった。

まぁ。それならそれでイノセントな二人でめでたし、めでたし
ってことになったのかもしれないよなぁ〜。

聖花ってば教会にきて何を思ったか屋上から飛び降りですよ。
昴曰く、本当は殉也のことが好きだったらしい。
ったく・・だったら目を覚ました時に思い出せばいいものを
まどろっこしいったら・・・。

そしてそれを見た殉也は聖花のことを助けるために
下敷きになって、聖花状態に・・
そんな殉也に佳音はまたもやオルゴールを聞かせる。
聖花の時は成功したけど今回は違いましたよ。

なんと昴の告白によってまたもや起き上ったーーーーーー!!!
聖花に続いて殉也まで〜〜〜〜!どーなってんの〜〜〜。
みんなどんだけ不死身やねん!

家に帰ったはいいけど、佳音の介護もむなしく
全然反応なし。殉也が聖花にやっていたように
アルバム見せたりしてたけど目がうつろ〜。

でも聖花の名前を聞いたとたんに「き・よ・か?」って
佳音ちゃんがーーーーん!!!
がっかりして昴に助けを求める。
聖花と殉也を合わせて自分は身を引こうと・・・
なんていい子なんでしょう〜。(乾いた笑い)

聖花と殉也このままうまくいくのか?と思ったら
風が吹いて佳音のために書いた曲の楽譜がぺらりん〜。
それを見た殉也は引いてみる。
そしてハッ!と記憶が戻る?

あわててかけ出す殉也
えええええ!!!!!あんだけぼーーーッとしてたのに
いきなり猛ダッシュ?車いすだったのに!!
しかもなぜ佳音の居場所が分かったんでしょう〜〜。

もうわけわかめです〜。意味がわかりません。
池田もすっかりいい人でフリーになって
10年後の君たちのがんばりを書きたいなんて
兄ちゃんに言ってますよ。
(それじゃ食っていけないよ?フリーの記者なんて特に〜。)

でもまぁ。記憶もよみがえって佳音の気持ちは報われた
ってことでいいのかしらね?
それにしてもかわいそうなのは昴ちゃんですよ。

あんなに大胆告白したのに「誰なの?」と激ニブ殉也に
言われるわ。好きでもない女と暮らさなくちゃいけないわ。
本当にかわいそうです。

イノセント・ラブ過去記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

人気ブログランキングへ

SCANDAL 最終回

December 21 [Sun], 2008, 23:00
を見た。

教会に現れた理佐子。
みんなに本当のこと話してくれました。

最初は一本のワインだった。それが理佐子の誕生日だと
いうことで10万するワインだったことから事件が始まった。
たまたま居合わせた?雑誌の記者が
そのことを大げさに記事に書きたてようとした。
それをもみ消すために理佐子に事情を聞いたのに拒否された。
それに起こった金沢が理佐子を侮辱した
だから久木田は怒って殴ってしまったんですね。

彼には将来があった。だからお金で示談をしようと
河合の旦那さんは持ちかけたんですね。
もちろんそれですむはずだったのに、金沢は味をしめて
久木田から何度もお金を無心していた。
それが尽きると今度は理佐子に目をつけて脅しにかかった。

だから理佐子は結婚式の日に殺そうと思って近づいたんですね。
貴子らを集めたのはアリバイ工作のためだった。
でも足にけがを負わせただけで何もできなかった。
そこにあったのは友情。普通の幸せだったわけなんだ。

久木田と理佐子は本当に愛し合っていた。
だからお互いをかばい合っていたってことなんだ。

「理佐子には本当に負けたわ。」といった貴子

本当にそうだよね。
結局、理佐子と久木田はものすごく愛し合っていて
お互いのことを考えているけど
貴子たちは少しずつその愛情にずれが生じてきているわけだもんね。

たまきと真由子は旦那と別れることにした。
でも二人とも自立するための別れ、
いつまでも旦那と一緒にいたら旦那に甘えてしまうから
そこから一歩踏み出さないといけないっていうそういう意味から

ひとみと貴子はこれからもずっと一緒にいることを
改めて決意して・・・
でも今までとは違って、ただ夫に尽くすだけの自分ではなく
自分は自分とちゃんと自立できるように

主婦になったからといって縛られることはない。
旦那に頼りすぎてしまってもいけない。
お互いに自立して支えあうのが夫婦?
そんなことを教えてくれたドラマでしたね。

留置所でも相変わらず主婦、主婦してる4人に笑えた。
そしてジャージの胸に○留ってのも・・・笑。
本当に留置所ではあんな風なのかねぇ?
それにしても留置所の弁当がなんだか豪華だったなぁ?
幕の内?みたいなお弁当でしたよね・・・・。

SCANDAL過去記事
1話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 10話

人気ブログランキングへ

ブラッディ・マンディ 最終回

December 21 [Sun], 2008, 15:28
を見た。

ええ?う〜ん。いまいちわからない結末だったよ。
まだあの中性子爆弾はテロリストの手のうちのままってことよね?
結局THIRDーIは何もできず・・・・終わりって・・・

これって・・もしかして・・・もしかすると!!!

映画化?続きは映画で見てね?ってやつ?

確かに続きが見たくなる展開ですぅ。
まだ全然解決しないまま終わった感じだもん。

結局、Kこと安斎はJに裏切られたってことなのかしら?
それとも安斎自身がそうしたのかしら?
あの中性子爆弾はすでに取り外されていたにもかかわらず
その場所へ出向いて藤丸と対峙したということは
わかっていてそれをやったということですよね?
わかっていなくて藤丸にとめてほしかった?

自分はいつの間にか教祖にさせられていて
これを止めるには自分の命を捧げなければならない
藤丸に命を奪われたとしても最後に
「悲しかった。」と言ってほしかったということでいいのかな?
霧島に撃たれた安斎が藤丸に「私が死んでうれしい?それとも
悲しい?」と聞いたのはそういう意味なんですよね?

ブラッティマンディとはウイルスではなく、中性子爆弾だった
あのDVDに録画されていたロシアのテロに映っていたのは
ウイルスで死んでいく人たちの姿ではなく、
その前に教会の外で光るひかり。それをTHIRDーIに知られたくなくて
必死にあのDVDの隠滅を図っていたんですね。

中性子爆弾であれば、一瞬にして何人もの命をあっという間に
なくすことができる。
それが宝石箱だった。というわけなんですね。

マヤはKに雇われていたといってたけど、
一連の流れを見ていると安斎はただの操り人形って感じでしたね。
いわゆるカルト教団のいけにえ見たいな感じ。
本当の雇われ主は別にいるような感じでしたよね?
最後の最後にお金を頂いて海外に逃亡するときに
「またいつでも依頼してください」みたいなこと言ってました。

しかもその直後に携帯を閉じていたのは・・・九条でしたよね?
Jが前にテロを起こしそうになったときに隠滅して
神崎純という名前として生かしたのも九条・・・・

ということは本当のKは九条???

藤丸のお父さん亡くなってしまいました。
でも最後の最後に妹の遥の体の中で生きることになりました。
「今年のクリスマスは3人だね。」っていう遥
涙をこらえながら笑ってうなづく藤丸。

切なかったけど、すごくよかったです。

THIRDーIには毎回イライラさせられましたけど
次から次へと難関が押し寄せてくる感じや
誰が悪者で誰がいい人なのか最後までわからないという
展開がすごく面白かったです。

ハッキングの場面も数字や記号が出てくるだけじゃなく
鳥が建物に入っていくようなそんな視覚で見せてくれて
ドキドキワクワクしました。

映画になったら乗せられて見に行っちゃうんだろうなぁ〜。笑。

今の世の中がよくないからそれをリセットするにはこうするしかない
っていうカルト教団でありテロリスト。
なんだか今の時代を象徴しているかのようでした。

つい最近起きた、厚生省元次官の殺人事件
秋葉原の事件。
殺伐とした世の中だけど、すべてを周りの人間のせいにして
そういうことをするのって・・・・。なんか違うよね。
自分は必死でちゃんと生きてるのか?って
ぬるま湯の中にいて、それでもなんとなく漠然とした不安から
そんなことするような気がします。
もし戦場の最中にいたら、生きることに必死になるんじゃ
ないかなぁ。

ブラッディ・マンディ過去記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 9話 10話 11話

人気ブログランキングへ

風のガーデン 最終回

December 20 [Sat], 2008, 15:20
を見た。

素敵な幕引きでした。すごく自然な感じの終わり方で
なく・・・・のが失礼かなぁ?って感じでした。

貞美は本当にいい死に方をしましたね。
家族に看取られて、仲間たちの心憎いジョークと演出
そして疑似結婚式まで・・・
こんなにしてもらう貞美は幸せ者です。

それまでの経緯が経緯なだけに、普通だったらそんな風に
迎えられることすらなかったかもしれないのに・・・

貞美が言った言葉、娘のウエディングドレス姿が見たい。
それを現実のものにするために娘や父や友人が
みんな嘘を付く。
優しい優しい嘘を付く。それを貞美は承知している。
そして貞美が知っているとわかってるのを彼らも知りつつも
それを最後までやり遂げる。
道化だとしてもこんなにうれしいことはなかっただろうなって思う。

また友人たちの生前葬。
もうちょっとしたら四十九日もやろうってことになってたらしい。
それも本当に貞美のことが好きだった親友や級友たちならでは
粋な計らい。

最後は安らかに眠れてよかったと思う。
岳くんと最後まで付き合えなかったのはちょっとさびしかっただろうけど、
最後の最後まで大天使ガブリエルとして岳と向き合えた。
それはすごく楽しかったことだと思う。

貞美は思いすごすことはないそういう死に方をしたんじゃないだろうか?

愛人の妙子だけは貞三に看護を拒否されちゃったけど、
でもそれは当たり前のことであって。
もし彼女がそこにいたならば・・・きっと貞美は気を使ったと思うから
それは貞三の優しさだと思った。
貞美にとっても妙子にとっても・・・。

それにしても中井さん本当に素晴らしかった!
そして緒方さんも・・・
毎回見るたびに「このセリフをこの人に言わせるのか!」と
本当に胸が痛んだりしたけれど、
最後に自分と照らし合わせながらこのドラマをやれたっていうのは
緒形さんにとってもうれしいことだったんじゃないかなぁ?
セリフを通して励ましてもらったことや、自分に言い聞かせる部分も
あったんじゃないか?って思うとこの仕事が最後の仕事で
緒形さんも幸せだったんじゃないかと勝手ながら思ってしまう。

本当にいい作品を見せてもらいました。
ものすごく完成度が高い作品で突っ込むところがないので
感想はものすごく書きにくくて書いたり書かなかったりでしたけど
でもすごく良かったです。

私もガンになったら、無理に抗がん剤で苦しまない
こんな方法で死ねたらいいなぁ〜。なんて思ってしまいました。

流星の絆 最終回

December 20 [Sat], 2008, 9:57
を見た。
追い詰められた戸神、レシピはあくまで有明さんが
お金と引き換えに売ろうとしていたのだ。と言います。
そんなの信用できるか!という泰輔たちでしたが、
一人「それはあるかもしれない。」というのは功一でした。
警察も、そのころの父母が金策に走っていたこと
コンビニでコピーをしていたことなどを突き止めていました。

そして戸神は私が犯人でない証拠を持っています。
といって、かさを出してきます。
あの日お金を持って有明に行くと、私の前に
誰かがお店に入っていくのが見えたと
そして30分くらいしてでていったのだと
そのあとお店に入ると二人が死んでいるのを見つけた
でもレシピだけは持って帰ったのだと
その時に傘を間違えて持ってきてしまったのだと・・
自分の傘の柄の部分と先の部分がプラスティックだったから
自分のものではないと思い、それをずっと持ち続けていたのだと
自分が犯人ではないという唯一の証拠だったから・・・。

それを鑑定さえすれば犯人がわかるだろうと・・・。

でも萩村はそれではつじつまが合わないという。
残された傘には指紋がついていなかった。
もしあなたが傘を間違えたというのなら、残された傘に
指紋が付いていないといけない。なのにないということは
どういうことなのかと・・・・。

だが、そこで功一は見てしまうんですね。
傘の柄の部分についた無数の傷を・・・・
そう。それは事件直後、柏原がやっていたしぐさでできる傷と
同じだったから・・・

彼はゴルフの練習を傘でやっていた。
それを功一は事件直後に見ていた。
一番乗りにきた柏原はほかの刑事が来るまでの間
自分の傘でゴルフの練習をしていた。
その時にできる柄の傷と犯行現場にあった傘の傷とは
同じようなでき方をするということを・・・。

やっぱり、多くのブロガーさんの予想通り柏原が犯人でした。
しかもその動機が子供の病気のためにお金が必要だったから

それでは功一だって納得いきませんよね。
「お金なんて他にいくらだってあるだろ!うちじゃなくったって!」
って言いたくなるのわかります。

本当に柏原は卑劣な奴です。
最後は「お前には生きててもらう。生きて罪を償ってもらう。
そして俺達がどうやって生きていくか見ていてもらう」
と言ってましたが、
私だったら見てもらいたくもない。消えてほしい。と
思ってしまいます。

「本当は最初からこうするべきだった。」と自殺しようとする柏原
本当にそうです。
お金のために人を殺して自分が幸せになれるかと言ったら
幸せになんてなれるわけがない。

柏原は「君たちが施設に入る時からいつかこんな日がくることが
わかっていた」と言いました。

自分の子供の病気のためだけの犯行
あまりにも身勝手ですよ。自分の息子と同じような歳の子供が
路頭に迷ってしまっているというのに・・
今頃になって・・・。

でもそれは息子が死んだから罪を償う気になったということで
いいんでしょうか?
それでもやっぱり・・・自分の息子が死ぬまではそういう気持ちに
ならなかったということなんですよね。
なんか納得いかないな。

でも最後は3人とも幸せそうに終わって良かったです。
柏原とはけりをつけて自分たちも今までの罪を償って・・

最後の黄色いポストイット!も最高でした!
ってか店の表にお札貼りつけるってどうよ!
私はそのまま家の中に入って行っちゃうので
通行人にお金取られるよ〜。早くはがさないと〜。ってそっちを
心配したよ。
ってか行成太っ腹だよ〜。あの偽ダイヤを1000万で
買い取ったんだもんね。
そして詐欺で儲けたお金もちゃんとかえして・・・

やっと事件から解放されたようでよかったす。。

ただひとつ・・・有明ととがみ亭の味が似てるのは
いいのか?そこは功一も許したのかな??

流星の絆過去記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

人気ブログランキングへ

チーム・バチスタの栄光 十話

December 17 [Wed], 2008, 9:29
をみた。

とうとう犯人が明かされましたねぇ。
氷室を殺したのは酒井だった。
でもケース27の死は氷室ではなかった。

つまりそれは桐生だというのだ。白鳥はバチスタチームを集めて
ビデオを見せ、手術の途中で手が止まるところを見せる。
このビデオで手が止まっているのはこの二つの手術だけだと
つまりつい最近やったばかりのケース33とケース27のときだけ
桐生はメスを入れるのとためらうようなしぐさを見せたのだと

その原因は鳴海が不在だったということ。
でもただ鳴海が不在だからというだけではなく
桐生は鳴海から切除範囲を教えてもらっていた。

桐生は目が見えなくなっていたのだった。
最後の手術のケースでは柿谷先生が器具を落として
桐生を落ち着かせようとしていた。

桐生の目のことは鳴海だけじゃなく手術に立ち会っていた
バチスタのメンバー全員が知っていたことだった。
ただそれでも桐生の腕を信じて、すがりつきたくて
みんな黙っていたんだと・・・
つまりバチスタチーム全員が殺人者だと白鳥は言う。

本当はメスを握るべきではなかったのだと
鳴海は自分がメスを握れなくなったから必死で桐生にしがみつき
酒井は自分の名誉と誇りを保つため
そうやってチームバチスタのみんなが桐生をかばうことで
自分たちの身をも守っていたのだと
だけどそれは殺人にほかならないと・・・

医者は全力を尽くすその中で失敗を完全になくすことは
できない。
でもメスを握れる状態ではない人間が手術をして
失敗してそれをみんなわかっていながら隠ぺいしていたのだとしたら
みんなが犯人だということなんですね。

小さなミスをいちいち公表していたら医者はいなくなってしまう。
確かにそう。
医者だって神じゃない。間違いはある。

氷室はその中で桐生を心底慕っていた尊敬していた
その先生がメスを握れない状態にも関わらず手術をつづけて
いたことに憤りを感じて今回のような事件を起こした。
そういう風に見えました。

が・・・・まだこれは終わっていなかったようです。

なんとまだ犯人がいるようですね。
しかもサザンクロス病院がらみ・・・・・
あの女の子の写真は・・・

うええええ!!!ここでもKが犯人かっ!!!!



チームバチスタの栄光過去記事
1話 2話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話


チームバチスタの栄光映画感想
ネタばれあり。

人気ブログランキングへ

イノセント・ラブ 十話

December 15 [Mon], 2008, 22:01
うわ〜。なんだこの展開。。。ついていけない。。。。
どういう感想を書けばいいのかちょっとわかんないよ。

まず兄ちゃん結構早く出所できたのね?
仮釈放中に事件起こして戻ったのにこんなに簡単に出れる
ものなの?

記憶を取り戻した佳音のために一芝居打って
殉也を襲ったんだけど、それで思い出したことって
兄ちゃんが佳音をかばって父を刺そうとしてそれを
かばった母を刺し、さらに父ともみ合いになって殺したってことで
あって・・・

だったら素直に罪を認めてればよかったんじゃん?
なんで途中で「おれはやってない」とかいうんだ?
しかも佳音が記憶を取り戻しかけたとき
「そうだ。それでいいんだ。それ以上は思い出すな」と言って
おきながら結局そのまんまじゃん。
まぁ性的虐待のことを思い出すなってことだったんだろうけどさ。

ってか美月・・・今頃?しかも何?殉也を閉じ込めて
私のことを見てくれなかったじゃないって・・・・
一言も殉也に自分の思い告げてないじゃん。
それなのに激ニブの殉也に気づけってか?そりゃいくらなんでも
無理でしょ〜〜〜。
でも無表情で聖花の手に爪をギューーーーー!!って
怖っーーーーーーーーーー!!!
怖すぎですってば・・・・。
「ねぇ。わかってる?殉也があなたの髪をこうやって洗ったこと
シーツを取り換えたこと、おむつを取り換えたこと」
って・・・下の世話のことまで言わんでも〜〜〜〜。(そこ?)

結局美月の体を張った告白にも動じない殉也は
今度は佳音をストーカー

「僕は何があっても驚かないから」って・・・
旦那と一緒に、
「そりゃ、聖花が起き上っても動じなかったんだから
あれ以上の驚きなんてないよなぁ。」
って・・・突っ込んでましたよ。

でもってなんだか急に佳音にZOKKONラブな殉也
本当に殉也っていう人間がわかんないよ。
信じられないこの人・・・。

しかも昴に「僕は佳音と一緒になるって決めたんだ」って・・
おい〜〜〜!!!
本当に信じられない。この人・・・

そんなこんなな結婚式当日
なんと聖花が殉也に目覚めた???
聖花は殉也のこと好きだったんかぃ?じゃ昴は???

何が何だかよくわからない展開でついていけないよ〜〜〜。
ってか来週は殉也が聖花の下敷きになって死ぬの?


もー?マークがいっぱいなドラマです。








追記: 
旦那の予想では殉也が聖花の下敷きになって
意識混濁状態になって、それを佳音がずっと支えるってので
終わるんじゃないかって・・・

なるほどね〜。そういうのもありかも・・・。

でもって・・殉也は佳音のオルゴールぜめで目を覚まして
おしまい。めでたし、めでたし。
ってなりそうだよね。

イノセント・ラブ過去記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

人気ブログランキングへ

ブラッディ・マンディ 十話

December 14 [Sun], 2008, 22:32
を見た。
音弥・・・・・。Kじゃなかったのね。よかった。と言うべきか。
その代わりと言ってはなんだけど、まったくのノーマークだった
まこちゃんが・・・・Kだったなんて。。
言われてみれば、学校に軟禁された時彼女だけ鼻血出さなかった
気がする・・。それにもっと疑えば、抗ウイルス剤の入った
ボールペンをテロリストにわかりやすくするために
わざと机にぶつかったようにも思えるし・・・。

ただ教祖を殺したのはマヤでそのマヤはKに雇われてる
ってことは、まこは父親を殺したってことになるのか???
でもどうして?
JとKは同じ目的があって動いてるように見えていたのに
ここにきてまったく目的が違ってるように見えるし
教団もKには絶対服従みたいなところがあって
Jの立場っていったい・・・・。って感じだよね???

高木刑事はやっぱりわざとテロに入っていたんだね。
信じていてよかった
まこをつけていたのも誘拐したのも彼女がKだということに
気がついたから自分だけで始末しようとしてたんだ。
それなのに藤丸が余計なことをしちゃったわけね。
それで結局Kに殺されてしまうことになっちゃったのね。
だから近づくな関わるなっていったのに〜〜〜。

音弥は母親が教団に入っていて、でも教団から抜けてから
九条の秘書との間にできた子供だったわけでまったく関係ない
ってことだったんだ。

となるとまこは誰との間にできた子供なのか??
そして宝石箱ってなんだよ〜。ブラッディXが今までのウイルスだと
したら、今度はそれよりも強い、ブラッディマンディってこと?
一番初めのロシアでのウイルスのデータの中に
答えが入ってるって・・・。

来週Jが藤丸にパソコンを渡していたから
彼のほうが味方につくような感じだよね。



ブラッディ・マンディ過去記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 9話 10話 11話

人気ブログランキングへ
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)