スノーデン

May 15 [Mon], 2017, 19:41
劇場にて鑑賞。★★★★

話としては淡々と・・・ドキュメントというか実際にあったことを
見せるだけの映画という感じです。

でもその内容はとても衝撃的で、怖いなと思うものでした。
スノーデンさんのことはニュースなどで聞いたことがある程度
でしたが、彼がどうやってアメリカの情報を暴露したのか
それに至るまでの気持ちなどを描いたものでした。

ニュースではオバマさんがロシアや日本の総理のメールや電話を
傍受して訪問の際に有利な条件になるように情報を得ていた
というような感じだったと思いますが、

スノーデンででてくるものは世界中の人々の情報を
実は持っているということでした。

政府やCIAなど情報機関が作為的に自分を陥れたい相手の
情報を引出しさらに、その情報からその人物の周りにいる人たちの
情報までメールからがぞうにいたるまですべてのものを
把握して貶めていくこともできるのだという事。

そういうものを知らず知らずのうちに作らされ、そしてそれを
監視するように命令されることに嫌気がさし良心の呵責から
これは世界の人々に知ってもらわなければいけないと思い

告発できるマスコミを探してリークするというところまでを
やっていました。

最初は犯罪者など特定の人だけだと思っていたのに
実は犯罪者の周りにいる何も関係ない人たちまでおも
監視していくこと。

その人の生活のすべてを覗けること
とても怖いと思いました。

これを見るとパソコンについているカメラの部分は隠したくなるし
スマホのカメラ部分も隠し、メールは即削除したくなるし、
セキュリティーにもっと力を入れなくてはいけないなと思いました。

しかもスノーデンが一番初めに仕事を始めたのは
【情報収集するシステム)を取り付けたのは日本だということ
最近のニュースで日本の政府にその監視システムが
渡っている事などが報道されました。

スマホやネットをやっていれば誰かに見られているというのは
漠然とわかっていましたが、ここまですべての事がわかってしまうのは
さすがに怖いと思いました。

日本も盗聴法や共謀罪など決議されているだけに
このスノーデンを見ると気持ちが変わってくると思います。



3月のライオン

April 25 [Tue], 2017, 15:12
劇場にて観賞★★★★
 
切なかった〜。何だか足下が不安定で
ざわざわしちゃうような。
訳もなく涙出てきそうなか切なさいっぱいなお話でした。

好きで将棋を始めた訳じゃない
そうやって生きていかなくては可愛がられないんじゃないか
って言う強迫観念もあっただろう。

子供ながらに必死に生きていくための選択をして
それが本当の子供たちにはウザくて
どうして血の繋がってない子供を優遇するのかっていう
嫉妬と
自分にそこまでの才能が無かったことを
知らされるきっかけになったことを

妬んで恨んで
でもそんな自分もきっと嫌いで

上手くいかないなぁってだけど将棋の仲間や
学校の先生などちゃんと彼の事を見ていてくれる
人たちがいたのはよかったなぁって

彼のせいで壊れてしまった家族をなんとか元に戻したいって
思ってること後編ではやったくれるのかな。
後編が楽しみです。

ラ・ラ・ランド

April 13 [Thu], 2017, 12:54
劇場にて鑑賞。★★★

女優を目指す女性とジャズピアニストを目指す男性との恋の物語

お互いに励まし合い楽しい時を過ごしていた二人だったが
それぞれにチャンスが訪れて二人は成功を祈って
別れることに。
何年かたち女性は成功し男性は場末の
ジャズバーのオーナーにおさまっていた。
彼女は結婚もしなに不自由ない生活をしていたが
ふと懐かしさに立ち寄ったジャズバーに彼の姿を見つけた。
二人の生き方は違ってしまっていた


容赦のない終わり方だった。
始まりはなにかを期待させるものでワクワクしたのに
最後はとても切なかった。
きっと男性も成功したかっだろう
自分がかっこよくなっているところを見せたかったのだろう
だけどピアノはうまく引けなかった。
彼女の彼を見る切ない眼差しが全てを物語っていたように思う。
でもそれでも彼女は彼を嫌いにはなっていないと思う。
違う道を選んでしまったけど
同士のような清々しさも残っていたように思う。

ミュージカルとしてはそれほど凄いとは思わなかった。
ただ見せていく力強さがあったように思う。

この世界の片隅に

March 03 [Fri], 2017, 13:07
劇場にて鑑賞。★★★★

とても暖かいタッチの画で優しい感じに描かれていて
内容も本当にどこにでもいる女性が一生懸命生きてる姿
なのに、それでもこんなに心がギュ!となるものはないと
思う。

殆ど悲惨な場面もなく、みんな冷たそうに見えて優しく
死にそうになるけど死ななくて暖かくて優しいのに
そんな日常に戦争というものがじわじわと侵食していく感じが
リアルすぎて、

これが実写だったら多分目を開けていられなかっただろうなと
思うような映画だった。

焼夷弾がばらばらと降ってきてあっという間に家を壊して
呆然と立ち尽くしてしまうところや

不発弾が爆発して子供を失ってしまったりとか
右手を失ってしまったりとか

今まで本当に普通に生活をしていたのに
どんどんそれが自分の身に降りかかってくるようになる。

戦争は急に始まって急に終わるのではなくて
じわじわと普段の生活の中で広がっていくので
地震や台風などの被害と同様に被害に会っている場所と
そうでない場所もあって、そうでない場所では不自由ながらも
普段通りの生活を必死にしていて

ピカドンが落ちたときもみんなそれがなんなのかわからず
後になって「新型爆弾が落ちたんだって」と言い合うけど
それがどれほどの被害をもたらしてどれほど後遺症を残すのかも
誰も知らずに淡々と普段の生活に戻っていく。

だけども確実にそれは起っていて後からあとからその
酷さがわかってくる。
戦争ってそういうものなんだって
結局、無関係ではいられなくなってしまうんだって

でもどんなときでもすずがのんびりとしてて本当に救われた。
一生懸命生きてるのがよかった。

能年玲奈ちゃんの優しい声が本当にぴったりはまってました。

映画観てて「平成の市原悦子だなぁ。」なんて思いましたよ。

本当に世界の片隅で一生懸命生きてる人たちの生活を
普通に描いていて、それがせつなくて怖くてつらかったです。

本能寺ホテル

February 03 [Fri], 2017, 21:47
劇場にて鑑賞。★★★

可もなく不可もなくという感じでした。
面白いと言えば面白いんだけど三谷さんほどの
突き抜け感もないし万城目さんのようなほんわかムードも
なかったかな?という感じ。

でも色々とあったけど面白く作られていたと思う。
すこし気になったのはやたらと意味不明な間があるということかな?

それにこれフジの映画なのだけど、
フジで織田信長でタイムスリップものといえば
信長協奏曲があって、あれでさんざん同じような感じの
ことをやっていたので、

本能寺ホテルはそれの二番煎じっぽく見えてしまって
それが面白さ半減のところなのかな?って感じがしました。

綾瀬ちゃんも堤さんも頑張っていただけにちょっと残念な感じ。
どうせなら万城目さんの本能寺ホテルもみたかったかな。

オチ扱いされたといってた一番の肝の場面。
余韻があってよかったと思いました。
オチだとは思わなかったですよ。

2016年映画鑑賞備忘録

December 26 [Mon], 2016, 13:17
今年もあとわずか、今年観た映画の鑑賞備忘録を
残しておこうかなと・・・。

今年観た映画は20本少ない・・・。
ワンコがうちにやってきてトイレトレーニングが済むまではちょっと
どこにも出かけられませんでした。
(今もまだ奮闘中ですが)

2月
ザ・ウォーク
信長協奏曲

4月
エヴェレスト 神々の山嶺
家族はつらいよ

5月
レヴェナント 蘇りし者
殿、利息でござる
アイアムアヒーロー

6月
クリーピー 偽りの隣人
高台家の人々

7月
アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅
TOO YOUNG TO DIE!
マネーモンスター
教授のおかしな妄想殺人

8月
シン・ゴジラ
秘密 THE TOP SECRET
君の名は。

9月
後妻業の女
超高速!参勤交代リターンズ

10月
怒り

12月
海賊と呼ばれた男
僕は明日、昨日の君とデートする


今年はなんといっても「シン・ゴジラ」と「君の名は。」じゃないでしょうか。
シン・ゴジラは従来のゴジラの雰囲気を残しつつ現代を
うまく取り入れていて政治家たちの危機感のなさとか
他人事のように淡々と進む会議の様子とかそういったものが
ちょっとリアルで阪神淡路大震災や東日本大震災の時の
政府の対応を思い出してしまいました。

そして君の名は。なんとなく観に行っただけなのに
すごく面白かった。どんな理由で体が入れ替わってしまったのか
どうして寝ている間だけ入れ替わるのか。
謎が解けていくと切なくてハラハラしました。
最期ハッピーエンドだったから良かった!


期待しすぎてがっかりしたのは
「海賊と呼ばれた男」かな・・あの永遠のゼロの監督と俳優さん
だったのでこれは!と思ったのですが少し端折りすぎかな〜って
あとエヴェレストも・・・。え〜。何その精神論!!!みたいな
ラストでちょっとボー然としましたw

そんなこんなで今年もくれていきますね。
来年はもう少したくさん観たいなぁ〜。

今年はいっぱい見たいものがあったのにかなり我慢したので
来年はどんなことがあっても時間をつくって観に行きたいと
思います。

僕は明日、昨日の君とデートする

December 23 [Fri], 2016, 19:52
劇場にて鑑賞。★★★★

電車の中でひとめぼれして思わず声をかけた
付き合い始めて15日目に彼女が忘れた手帳を見てしまう。
そこに書かれた不思議な日記?
出会って30日で終わってしまった恋。

原作を読んでいて、何度も何度も読み返さないと
ちょっとわからない部分もあったのですがこうして映像になると
わかりやすくて切なさが倍増でした。

福士君と小松さんの爽やかな感じがこの世界観にとってもマッチ
してました。

一目ぼれした高寿に対して何の迷いもなく
付き合う事を承諾した愛美が
事あるごとに涙を流す理由が手帳を見つけたことでわかる。

と同時にその手帳通りのことをなぞっているだけの
彼女に不信感を抱いてしまう高寿が
彼女の今までのつらかった気持ちに気づき
一緒に過ごせる最後の日まで二人で楽しく生きようとしていく
感じがとても切なくて甘くて良かった。

「君の名は」に少し似てるけど、こっちはハッピーには終わらなくて
切なさだけが残る。

でも二人はこの先も5年ごとに出会うことが出来るのかもしれないし
その時にまた二人の成長がどのようになっているのかを
想像するのも楽しいし。

不思議な縁で結ばれた2人がずっとこれからも幸せならいいなぁ。
なんて思えるような映画でした。

海賊と呼ばれた男

December 11 [Sun], 2016, 21:27
劇場にて鑑賞。★★★

前編後編と分けてじっくりとみたかったなぁ。
観終わった後旦那さんと
「これって原作読んでなかったら何が何やらわからないよね?」と
話ながら帰ってきました。

それくらいに話が唐突で飛び飛びだった。
この話の醍醐味は大きな組織に1人で斬りこんでいくところで
戦争は資源を取り合うためにおこるものだという事と
そこに渦巻く利権のやり取りだったりするので

そういったところがあまりにもサクッとさらっと流されて
しまっていたので岡田君の無駄遣いだったなぁ〜と

日本国内での石油組合とのぶつかり合い
どうして鉄蔵は一人で組合と戦うことになったのかということや
戦争が終わってからGHQの統制下のもとで復興するために
どうやって石油を確保するか奔走するところや
他の石油会社がどんどんと外国の石油会社に飲み込まれていく中
1人でそれに立ち向かって別の活路を生み出そうとするところとか

そう言った面白い場面がいっぱいあったのに〜〜。
と思うと悔しいです。

本当に前編後編にするべきでした。
そうしたらもっともっと興行収入は入ったはずです。

怒り

November 04 [Fri], 2016, 21:44
劇場にて鑑賞★★★
 
二年前に一軒家で起きた凄惨な殺人事件の犯人
どこかに逃亡して指名手配犯にとなっている。

別の場所ではどこからともなくやって来た
三人の青年のそれぞれの生活が描かれる。

ミステリーなのかと思ったけど違いました。
誰が犯人なのかはさておいて
突然現れて町や村に馴染んでいる人のなかに
殺人犯がいる。
最初はちょっと変わった人と言う感じで付き合っていて
そのうち情もわいてきて、そんなときに
ふとTVの番組で見た指名手配犯の写真が
自分の側にいるその人に似ていたら貴方ならどうするのか?
と言う疑問を突きつけてくる映画でした。

一人はそうに違いないと思って警察に通報し、
一人は何もしないことで相手と距離を置き知らない降りをし
一人はそれでも信じ続けた。

誰かを信じるって難しい。ものだなぁと何年も付き合っていたならまさか!という気持ちにもなるけどいつの間にかそこにいたという
過去を知らない人間には皆結構冷たくなれるのだな。

それが悪いことではないけど信じて貰えなかった時
凄く傷つくと思う。

信じていたのに裏切られるより辛いのではないか?とも思う。

予告の宮崎あおいに騙された。

超高速!参勤交代リターンズ

September 22 [Thu], 2016, 20:36
激情にて鑑賞。★★★

この間の参勤交代が終わったと思ったらまたもや
参勤交代www

相変わらずのほほ〜んとしたお殿様とそのおつきの一行が
とっても愛くるしかった。

参勤交代がメインではなく陰謀が渦巻くなか
必死に自分たちのやることをやってたら
なんとかなっちゃった!って感じのオチも面白かった。

悪いことは出来ないものですよね。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)