ザ・ベストハウス123 SP

September 27 [Sat], 2008, 10:48
この間見ました。
でね。感動の本ベスト3っていうのをやっていました。
途中からみたんですけど、

病気と戦う子供さんやお母さんが親や子供に対して残していった本
っていうのが本当に心にしみました。

人って本当に強いですね。
しかも病気になって人生のどん底を味わったからこそ
悟りを開くとでもいうのかな?なんか超越しちゃってますよね。

そんな本が楽天でもベストセラー50の中に全部入ってました。笑。

ゆりちかへ―ママからの伝言
ゆりちかへ―ママからの伝言

ガンと戦ったお母さんが子供に残した本です。
自分の命があと数カ月と言われて、子どもを産んでもその子供を
育てることができない。
だからこそ、子どもが大きくなった時に母として普通の親なら子供に
言ったであろう教訓というかそういうものが書いてあるんですよね。

子供に託した本だけど、たぶん親の私たちがちゃんと読んで
子供に教えてあげなくちゃなーって思うことも書いてあるんじゃないかと
思いました。

がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉 (小学館文庫 や 6-1)
がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉 (小学館文庫 や 6-1)

次はこれ、子どもが小児がんと闘っていくんですけど
その子がお母さんに語ったこととか心配したこととか
書いてあるんですね。
最後には「お母さん頑張れば幸せになれるよ」っていう言葉を
残して死んでいったそうです。
わずか9歳なのに、そんなことをお母さんに伝えられるってすごいですよね。
何かを超越してるな!って思いました。
自分のことを心配して心配しているお母さんに明るく笑顔で
いてほしいって言う最後のメッセージのような気がして泣けました。

1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫)
1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫)

これはドラマや映画にもなった一冊ですよね。
難病と闘う少女の話です。

難病になったりそういう人に限って本当に芯が強くて頑張り屋さん
が多いように思います。
自分は五体満足のくせして、不平不満ばかりいってるのなぁ。って
こういうのを見ると感じちゃいますけど、でも3歩歩くと忘れちゃう。
人間って本当に自分勝手な生き物ですよねぇ。

  • URL:https://yaplog.jp/kakurecyaya/archive/2278
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)