篤姫 三十七話

September 14 [Sun], 2008, 22:17
篤姫にとって苦しい局面がどんどん出てきますね。
久光は何としても譜代たちが幕府にかかわることを望んでいる
ようですがそのやり方がなんとも強引。

しかも朝廷をも欺いているのを知った篤姫は久光のことを
信頼できないと感じるようですね。
でも小松も同じことを思っていたようで・・・・。

勝海舟は、人を動かすのはまず心です。と言います。
小松もそれにかんめいをうけてました。

そして篤姫は薩摩が幕府にたてつくことを快く思わず
薩摩は捨てた!といいますが、和宮に
故郷を簡単に捨てられるとは思えないと言われてはっとするわけですね。

今は徳川の人間でもやはり生まれ育った薩摩を憎むことは
できないと、その上でどうやって薩摩とのかかわりを持って行ったら
いいか悩む篤姫のようでした。


・・・・今回正直小説の中にはまったく入ってないお話で
ちょっと感想が書きにくいです。
というか篤姫がそこまでまつりごとに参加できていたのかも怪しいですし
あそこまで行動ができるとは思えなくて感情移入ができませんでした。
せいぜい表からの話を聞いて心を痛めるという程度のことしか
当時の篤姫にはできなかっただろうし、

滝山のいうとおり篤姫が動けば幕府は篤姫が裏で薩摩と
手を組んでいるのでは?と思うのが当たり前だったから・・・

なので、移入できなかったです。
それにしても久光さんはKYですな。

ただ、ここにきて徳川を・・・徳川を・・・という篤姫のほうも
KYだなぁ。という気がしてしまいます。
もう時代的に徳川は終わったとどこの国でもきっと思っていたはず
かなり傾いていたことには間違いなく。
薩摩などが声を大にしていうことに密に賛同する国も多々あったんじゃ
ないかと思うのですね。

そう思うと篤姫は徳川徳川というのがなんだかむなしく感じて
来てしまいます。
もちろん幕府を立て直して外国とうまく渡り合いたいという気持ちは
持っていたんでしょうけど・・・それも今の幕府じゃ絶対に無理だったでしょうしねえ。

篤姫過去記事
一話 十話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話 十七話 十八話 
十九話 二十話 二十一話 二十二話 二十三話 二十四話 二十五話 
二十八話 二十九話 三十話 三十一話 三十三話 三十四話
三十五話 三十六話 三十七話 三十八話
  • URL:https://yaplog.jp/kakurecyaya/archive/2259
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
@まっつーさん
確かに、このころは情報もなかなか伝わらなかった
だろうし、まして大奥の中は余計にそういう感じのところ
だったでしょうからね。
篤姫が徳川徳川いうのもわかります。もはやよりどころは
それしかありませんもんね。家定がなくなったときから
篤姫には何もなくなってしまいましたもんね。
久光もまた田舎暮らしで初めての江戸だったので
バカにされないように必死だったのかなぁ?とか
思いました。笑。
September 16 [Tue], 2008, 8:23
@くうさん
ですよねー。なんかふんふん。と言う感じで
見てしまいました。特に書くこともなくって感じです。
大奥だけを見てるのなら大奥の女たちの争いごとを
描いていればいいんですけどね。(フジテレビのように)
でも世の中の情勢と照らし合わせて・・となってくると
どうしても動きがなくなってしまって、結果尚五郎さんが
大奥に行くはめになっちゃうんですね。笑。
September 16 [Tue], 2008, 8:21
今という時代から見ると、
徳川徳川言ってる天璋院も、
勝手に大物ぶって、京や江戸に上っちゃう久光も、
やや滑稽なんですが、
彼らの立場からすると、そういう行動・考え方をするのも、
無理ないかなあと思っちゃいます。
天璋院は、徳川の人間であることだけが支えだし、
久光は、キーマンになりたいところですからねえ。
生きていたら、島津斉彬も同じことをやったんじゃないかと思いますし。

今回の宮崎あおいと山口祐一郎、いい演技してるなあと感心しちゃいました。
September 16 [Tue], 2008, 1:38
>せいぜい表からの話を聞いて心を痛めるという程度のことしか
当時の篤姫にはできなかっただろうし

私もそう思いますよ〜。
でも、大河ドラマだから、当時の情勢も描かなくてはならないのよね。
そのために女性が主人公だと、どうしても有り得ないほど
女性がアクティブに動かなくてはならなくなってしまうんですよね〜。
違和感バリバリですが。。。
だから、私も今回はサラーっと見た感じ。
感想も書きにくかったですね(^.^;)
September 15 [Mon], 2008, 21:14
@ikasama4さん
それは言えますね。だからこそ無血開城というのも
できたのかもしれないですしね。
久光さんのことはほんのちょっとしか小説でも
出てこないですけど篤姫は久光のことを
疎ましく思ってたかんじでしたよ。
「ったくもー。余計なことを今更し始めちゃって〜。」
みたいな。笑。
September 15 [Mon], 2008, 14:06
薩摩の力で幕政改革を行う事で
自分の力を知らしめる事ができると
久光は考えたのかもしれませんが
後の歴史の流れを見ると

久光は単なる御輿として担がれただけに
過ぎないって事なのかもしれません。

たしかに天璋院もどちらかというとKYですかね(笑)

ただ、彼女にとって女性であったために

大奥という籠の中にいて
外の世界の状況を肌で知る事が出来なかった事が
KYにさせたのかもしれませんが

逆に外の世界の状況を遮断していた事で
最後まで幕府としての誇りを保ち続けてこれたのではと

まぁ結果論ですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ
September 15 [Mon], 2008, 13:48
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)