歌姫 最終回

December 22 [Sat], 2007, 10:29
記憶を取り戻して前のことは忘れた!
っていうのは嘘だったんだね。そりゃそうだよね。
そんなわけないけど・・・
でもそうなのかしら?って私までだまされそうになったよ。

それくらいに太郎はしっかりと鈴たちの前で演技してた。
きっとすごくすごくつらくて泣きたかったんだと思う。

ジェームスの前だけでは本当に男泣きしてた。
でも子供がいるってことまで聞かされて過去にちゃんと
結婚してたって記憶も戻ったらやっぱり行くしかない
って思うと・・・思う。

それが太郎ちゃんだから・・・
鈴が好きになった太朗ちゃんだから・・・
最後の最後まで鈴の前で何も言わずに去っていった太郎が
切なすぎた〜。

鈴は、もう美和子が来たころから少しずつ気持ちの整理を
してたと思う。
太朗ちゃんはきっと美和子さんのところに戻るだろうって
気持ちはあったと思う。
でもさ・・・太郎は、急にでしょ。本当につらかっただろうなぁ。

だからジェームスにだけは本当のことを話したんだよね。
そしてクロワッサンにも、最後の最後ふっ!と笑って見せた顔が
クロワッサンにはわかったんだと思う。
太郎は、太郎のままだ!って・・・

そして鈴を幸せにしようって誓ったんだ。くぅぅぅ。男だよ〜。
最後のバス乗り場でのみんなの声援?も切なかった。
きっと泣きたかったと思う。
でもばれたらいけないってぐっとこらえて・・・
最後まで知らないで貫き通して・・・

あとね。お父さんや、お母さんがもう駄目だ〜。
もう本当に辛そうだったよ。あれを見るのが一番つらかったんじゃ
ないだろうかって思うよ。
本当だったら泣きながら、ありがとう!ありがとう!って
何度も言いたいところなんだろうけど、それもできないしねぇ。
ああ。つらい・・・

でも太郎はちゃんとけじめをつけたんだ。
すごいなぁ。って思うやっぱ太郎だよ。ってね・・・

そしてその美和子の子供だった子が歌姫になりたい
といって夢をかなえたんだ。
それが清川さくら(ジュディーオング)さんだったんだね。
その息子が小泉旭。

おじいちゃんだった太郎が鈴に告白しようと台本を書いたその
内容の通り鈴の娘には「(浅丘)るり子」って名前がついてて
さくらの息子には「(小林)旭」ってついてて
なんか運命的なものが感じられたわ♪

切なかったけどすごくいいドラマだった。

歌姫過去記事
一話 二話 三話 四話 五話六話 七話 八話 九話 十話 最終回
  • URL:https://yaplog.jp/kakurecyaya/archive/1894
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
@Eurekaさん
視聴率に苦しめられたみたいですけど、
そんなのどこ吹く風なくらいにいいドラマでしたよね。
あの土佐の訛りが本当にあったかくて人情にあふれてましたよね。
ちょっと間延び感はありましたけど、最後まで見てよかったなぁ。って思うドラマでした♪
医龍の一美ちゃん日記楽しみにしてました。やっと
見ることが出来てうれしかった。なかなかするどい読みで
面白かったです♪
また来年もドラマ談義しましょう。
よいお年を・・・・♪
December 29 [Sat], 2007, 12:59
登場人物がみな魅力的でしかもとっても人情溢れたひとばかり。
テンポが遅いと思ったりもしましたが、すごく好きなドラマでした。
一美ちゃん日記はだいぶ予想が外れましたが
こちらは1話目の妄想がビンゴ!嬉しかったです。
また来年も妄想しまくると思いますがよろしくお願いします♪
December 28 [Fri], 2007, 2:12
@iceさん
本当に土佐清水の人がいい人たちばかりだったから
太郎の切なさがこっちにもすごく伝わってきて
泣けましたねぇ〜。
ああ。もうなんでこんな運命なの!って運命を
呪いたくなる感じでしたが、最後までみてよかったぜよ!
って感じです!
December 24 [Mon], 2007, 21:20
@まっつーさん
本当に、もともと記憶を失っていたんだから、いずれは
生まれたところに帰る運命だったんでしょうね。
それにしても・・切ない別れでしたよ。
視聴率が何故悪いのかわからんぜよ〜。って感じです。
ちょっと間延びした感じがあったのが残念でしたね。
December 24 [Mon], 2007, 21:19
@霞さん
松とジェームスにだけ言って去っていくとこなんて
男の中の男ですよねぇ。
鯖子さんはなんでもお見通しなところがいいですわ〜。
鈴は本当に知らずに死んでいったのかなぁ。
そしたらさびしいですよね。
もう最後は家族みんながすごくいい人でとにかく
すごくすごく泣けましたよ〜。
ぐっときたぜよ!なんで視聴率悪いのかわからんぜよ!
December 24 [Mon], 2007, 21:17
@きこりさん
もうねぇ。太郎がすごくすごく我慢してるのが
伝わってきて切なかったですぅ〜。
なんかねぇ。本当に切ないです・・・
でも未来で旭とるり子が出会えたのがなんか救いだったかなぁ。
ぐっときたぜよ〜。って感じです!!はい!
December 24 [Mon], 2007, 21:15
@ミマムさん
最後まで見てよかったなぁって思いました!!
本当にぐっときたぜよ〜。
最初はあの土佐弁に苦しめられましたけど、
見ていくうちにどんどん味わいが深まりましたねぇ。
いやぁ。本当によかった。
ただ残念なのは、太郎がちゃんとみんなにありがとうと
いってさよならをいえなかったことですよね。
December 24 [Mon], 2007, 21:14
みのむしさん こんばんは^^
涙の最終話でしたよ〜
いい人ばかりで心があったまり よいお話でしたわ〜
長瀬君ええ役者になりましたね〜〜^^
December 24 [Mon], 2007, 0:07
結局、土佐清水での記憶を覚えていようが、失おうが、
かつての記憶を取り戻したら、太郎と鈴は別れる運命だったんですねえ。
バスを追いかける鈴・鈴の声を聞こえないふりをする太郎
に泣きました。
視聴率では苦戦したようですけど、
観ててよかったと思えるドラマでした。
December 23 [Sun], 2007, 22:40
10年間の記憶を失くしたという件、私はすっかり信じ込んで
騙されました(>_<;)

>クロワッサンにも、最後の最後ふっ!と笑って見せた顔
 
 あれはなかなか粋な振る舞いでしたね。
 鯖子さんにもバレてたみたいですが、
 他の人達も、そのうち気づいたのかなぁ・・・?

でも鈴は最後まで、太郎は記憶喪失だと信じたまま
亡くなっていったのでしょうね・・・。 
あぁ・・・、切な過ぎですぅーー。
主役2人をはじめとして、お父さんも、お母さんもお姉さんも美和子さんも、、、
みんないい人で、いいドラマでした(泣)
December 22 [Sat], 2007, 23:48
いや〜もう涙、涙の最終回でしたよ〜
バスの中で鈴の声に気づきながらも耐えている太郎、
そしてとぼとぼと歩いている鈴・・
そして太郎の書いた脚本を聞いているみんな・・
ホント、いいドラマでしたよね。
December 22 [Sat], 2007, 22:24
土佐での記憶をなくしたフリをした太郎が一番辛かったですよね。
松に託した男らしさは“太郎”っぽくてグッときました。
いや、もう全体的にグッときたぜよ〜!ですけど(笑)
このドラマ、最初は乗り切れなかったんだけど
ハマってからはどっぷり…最後まで見て良かったです。
December 22 [Sat], 2007, 21:50
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みのむし
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ・映画・読書
    ・カメラ・旅行
読者になる
Comment
アイコン画像みのむし
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像くう
» 2017年冬ドラマ一覧 (2017年01月02日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像みのむし
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年04月01日)
アイコン画像まりりん
» 2016年春ドラマ一覧 (2016年03月28日)
アイコン画像みのむし
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月27日)
アイコン画像きこり
» 根室、釧路撮影旅行3 (2016年02月24日)
アイコン画像みのむし
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像きこり
» 釧路撮影旅行 (2016年01月25日)
アイコン画像みのむし
» ギャラクシー街道 (2015年11月13日)