カジノは国を救うのか? 

2012年07月18日(水) 18時00分
国の財政大赤字と言うことは、皆さんよくご存知かと思います

国民の皆さんが納める税金は国の予算の5割程度
5割弱を借金(公債金収入)でまかなっています

国の財政は歳出が税収等を上回る財政赤字の状況です
歳出と税収等の差額を借金で埋め合わせた結果、普通国債残高は年々増加し
700兆円上回る見込みとなっております

平成2年度以降、景気低迷による税収の減少や
景気対策等の減税により歳入は減少した一方で

公共事業を始めとした景気対策や高齢化等による
社会保障関係費の増大により、歳出が伸び続けています


今や日本のGDP(国内総生産)は主要先進国の中でも
最悪の水準にあります

その様な中で今 カジノは必要とされているのでしょうか?
カジノは日本を救うことが出来るのでしょうか?

海外】 シンガポール 昨年のカジノ税収は約690億円
昨年のカジノ税収は11億Sドル、社会全体の利益に活用

政府がカジノ総合リゾート(IR)から得た税収は、2010年が9億Sドル(約565億円)、
11年が11億Sドル(約690億円)だった。これとは別にシンガポール競馬・宝くじ管理
庁はカジノ入場税を徴収しており、昨年の徴収額は1億9,500万Sドル(約122億円)、
今年上半期は9,300万Sドル(約58億円)だった。

シンガポール国民および永住者(PR)のカジノ入場は有料で、24時間入場が100S
ドル(約6,300円)、1年間有効のパスが2,000Sドル(約12万5,000円)。

国会審議でアン・ウェイネン議員は、賭博依存症対策支出が昨年は900万Sドル(約
5億6,500万円)だったことを取り上げ、税収と比べ少ないとし、対策強化を求めた。

ジョセフィーヌ・テオ国務相(財務担当)は、対策支出は前年(380万Sドル、約2億3,8
00万円)の2倍以上だったことを強調した上で、今後も十分な予算を充てると約束した。

賭博税収は社会全体のために利用されており、賭博依存を抑制するための対策は
別会計。賭博税収は、賭博依存症委員会の設置、啓発活動の実施、賭博依存者に
対するカウンセリングを提供する組織の支援などに利用されており、テオ国務相は
「カジノ運営業者は利益を拡大したが、シンガポールの税収増にも貢献した。税収で
政府は国民を後押しするための支出が可能になる」と語った。

【2012年7月12日 AsiaX】
カジノ税収690億円 カジノ入場税122億円
を合わせると、812億円の税収となりますが

数字だけ見ていると
当然必要となりますよね!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カジ助
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる