"(mi + kiki + kanji) * tie Vol.3" @ spazio rita 

July 15 [Sun], 2018, 23:50


久しぶりにritaへ。
ritaでsow は絶対格好良いし、気になってたsitaqと久しぶりの蒼い芝生ですよ。

オールオーバーオールズ 18:30〜18:55
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
初見。シンプルなギターロック。
序盤凄く自信なさげ(?)な音出しだったんだけど気のせい?

蒼い芝生 19:05〜19:40
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成。
ライブは2年ぶりとのこと。
てことは多分自分が見るのもそれくらいぶりか。
ヒリヒリとした空気は健在。
本人がMCで言っていたけどやっぱり芝生は自身含め全部敵だと思っている音楽なんだなぁと。
でも絶対的に突き放しているが故の美しさもあるんだよなぁ。

sow 19:55〜20:25
ギター、ピアノ、ベース、ドラムの四人編成 from 京都。
4月末のERA以来。
やっぱりritaみたいな空間は映える。
めちゃくちゃ格好良かった。
やる方の音響的にどうなのかはわかりませんが…。

sitaq 20:40〜21:10
ギターボーカル、ベースボーカル、ギター、ドラムの四人編成。
男性ギターボーカルと女性ベースボーカルが曲により入れ替わり、そこに女性ドラムコーラスが入る感じ。
今回が3回目のライブだそう。
仕立ての良い普段着というか、シンプルで丁寧というか。
そういう音楽ですね。

qulague 21:20〜21:55
ギター、ベース、ドラムの三人編成。
初見、と思ったけどもしかして前に観てるかも?
割とリフ押し(よくわかってない)なインスト。
最後2曲が良かったな。
ただこういう最小編成なインストは個人の技術が高くないとちょっと聴いただけでお腹いっぱいになっちゃうんだよな。

(we are )floating in space【下へ参ります】番外編 @ 静岡騒弦 

July 14 [Sat], 2018, 23:12
スーベニアが騒弦にでるというのでふらりと観に行く事に。
スーベニア以外は全部初見。
ていうかガングリフォン以外で騒弦行くの初めてだな。

アドバルーン 19:15〜19:55
ギターボーカル、ドラムボーカル、ギター、ベース、シンセの五人編成。
ボーカルがギター→ドラム→ギター→ドラム→ギターという流れ。
シンプルな良メロに捻りのあるシンセが乗る。
でも最後の曲が強烈でその前の印象全部吹っ飛びました。

キセノン 20:10〜20:35
ギターボーカル、ドラムの二人編成。
ギターはアンプ2つ使っているもの、足元BOSS1個だけという漢気機材。
リフメインで全体的にジャンクなギターロックですかね。
たまに細かいフレーズが入ると際立つ。
あとドラム上手い。

herpiano 20:45〜20:10
ギターボーカル、ベースボーカル、ドラムボーカルの三人編成。
三人歌えるオルタナギターロック。
とても良かった。
全員歌えるの強い。
たまに東京来てるしまた観たい。

スーベニア 21:20〜21:55
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成 from 名古屋。
去年10月以来2度目。
やはりめちゃくちゃ良い。
シンプルで無駄がない美しさ。
前回ドラムがスッキリしてて無駄がないなぁと思ったけど、ベースも上手くてアクセント効いてる。

Hostess Club Presents Klan Aileen "Milk" Tour @ 新代田FEVER 

July 12 [Thu], 2018, 23:32


久しぶりにKlan Aileenを観にFEVERへ。
3月の月見ル以来なので新譜(まだ聴けていない)出てから初。
充実の一時間半弱でした。
結構人が多くてフロア中央ドリンクカウンター寄りにいたんだけどあまりステージは見えず。
今回もシンセあたのか確認できず。
クランアイリーンの音ってちょっと独特で、音が大きくても降ってきたり飛んできたりしない。
音に薄い膜がかかっている、というか不思議な余韻がある音なんだよなぁ。
アンコール最後の竹山祭(勝手に命名)が素晴らしかった。

Sunday Monday @ 吉祥寺ichibee 

July 07 [Sat], 2018, 23:43


お馴染みume-rock氏主催のイベントへ。
シューゲイザーというよりインディギターポップ祭りな感じがします。
ライブスタート時間ちょっと前に着いたのでちょっとだけリコ氏のプレイ聴いてすぐライブスタート。

bokunofune 17:50〜18:20
ギターボーカル×2、ベース、ドラムの四人編成。
先月のモナレコ以来。
やっぱシンプルだけど良いなぁ。
前回観た時にやっていたスーパーカーのカヴァーを今回も披露。(umeさんのリクエストらしい)

安蒜リコ 18:20〜18:50
普段よりギターポップに寄せた選曲だったような。
me inとかクライフにガッツポーズしました。
(単純ですいません)

CAUCUS 18:50〜19:30
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
去年秋のtotal以来。
環境も相まってインディロックぶりが際立つ。

タカイチ★ヤング 19:30〜20:10
個人的にかなり好みの選曲でした。
rocketship覚えた。

Bertoia 20:10〜20:40
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラム、PCの五人編成。
本日唯一の初見(一応)。
打ち込みは生演奏の延長線上な雰囲気。
今日の出演者の中では一番音がキュートだった。

黒田隆憲 20:40〜21:20
ゴリゴリというか音圧大きめ。
DJ卓の方で圧をあげてたのかな。

taffy 21:20〜22:00
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
多分観るの15年ぶりとかそれくらい。
salt water taffy時代に何回か観た。
記憶より強度があって記憶より90年代でした。
個人的に90年代感はドラムとベースがキーなんだな。

ume-rock 22:00〜22:30
安定のプレイ。やっぱC.M.CとHUSHは外せないですよね。
久しぶりにエアギターとエアボーカル見れた。

FACTORY7 @ 下北沢SHELTER 

July 05 [Thu], 2018, 23:34
二日くらい前にライブあるのに気がついてふらりとシェルターへ。

falls 19:40〜20:10
ベースボーカル、ギター、ドラムの三人編成。
スケボーパーク以来。
やはり新譜の曲多目。
多分かなりアウェイだったと思う。
でも良い曲は良い。
そういうライブでした。

YAOYOROS 20:20〜20:55
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
初見。
なんというかちょっとブラックな雰囲気がある。
途中までこういうのなんだっけなぁと思ってたけどAORかもしれない。

CHIIO 21:20〜21:50
ギターボーカル、ギター&シンセ、ベース、ドラムの四人編成。
四日前の神楽音ぶり。
今回も新曲あり。
神楽音の時もリハなしでやってたけど今回も。
でも相変わらずクオリティ高いな。
あとベースのS嬢、前から思ってたけどエモいですよね。

ookubofactory 22:10〜22:45
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
本日の主催。初見。
Gellersのメンバーのバンドなのね。
音的には割と複雑なギターポップかな。
ドラムが女性だったんだけどバチクソに上手くてずっと釘付け。
後から調べたらDQSメンバーでもある北野愛子氏でした。
あとMCの8割がギターの人がやっている蕎麦屋の宣伝で笑った。

『AZMY2』@ 神楽坂 神楽音 

July 01 [Sun], 2018, 23:34
本日は気になっていたPOINT HOPEを観に神楽音へ。
対バンはムジナとCHIIOという好カードです。

ナツノムジナ 18:40〜19:15
ギターボーカル、ギター、ベース&シンセ、ドラムの四人編成。
5月のWARPぶり。
強いなぁ。しなやかで折れない音のイメージ。
それから内に潜っていくようなイメージ。
あと今日は割とウキウキ感あった気がする。

kiddish 19:30〜20:00
女性ソロアーティスト。
初見。キディッシュと読む。
自作トラックにキーボードボーカルというスタイル。
トラックは基本的にバンドサウンドなんだけどガラッと変わるところとかがキラキラしていた。

CHIIO 20:25〜21:05
ギターボーカル、ギター&シンセ、ベース、ドラムの四人編成。
最近観れてないと思ったら2月のレコ発企画ぶりでした。
彼等もしなやかで折れない音のイメージなんだよね。
そしてどんどん外に広がるイメージ。
新曲も良かったなぁ。

POINT HOPE 21:25〜22:00
ボーカル、ギター&シンセ、ギター、キーボード、ベース&シンセベース、ドラムの六人編成。
何曲かYouTubeで聴いて気になっていたバンド。
ライブは初。
音源と違ってライブはエモさ溢れてた。
こういうメンバー多くて練り上げられたアレンジのバンドでここまでエモ味あるのはかなり新鮮。
リリースされた音源も詩集にMP3という形式なんだけど、冊子の作り凝ってる。
始動してからまだ一年経ってないけどこの後どんどん面白くなるのでは?

匿名希望1st Album Release Party「おのれ」@ 大塚MEETS 

June 30 [Sat], 2018, 22:59


代々木公園から大塚へ。
かなり強い対バンです。

I have a hurt 18:30〜19:10
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
3月の横浜以来。
長いようなあっという間のような40分だった。
久しぶりのI have、自分の中身がギュッとする感覚を味わった。

OSRUM 19:30〜20:05
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成。
3年くらい前のBooked!でチラ見して以来。
その時めちゃくちゃ格好良かったんだけどステージ何にも見えなかった。
今日はちょっとだけ見えた。
やっぱり格好良いですね。
わかってたけど音でかい。

zArAme 20:30〜21:20
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
初見。元cowpersの人なんだよね。
実は名前しか知らないcowpers。
当時周りからお勧めされてたんだけど、今みたいに簡単に試聴できなかったから結局聞かずじまいでした。
あ、なんか札幌感あるな、というのがわかる。
それから音に積み上げてきたものが滲んでいた。
あとMCが絶妙だった。

しかし序盤からお店の空調が調子悪いのか、キャパ的に無理だったのか、室温が高くなっていた。
更に天井も低いので酸欠気味になり気持ち悪くなってしまい、トリの匿名希望前に退場。
見たかったんだけどなぁ。

earth garden @ 代々木公園 

June 30 [Sat], 2018, 17:53
今年の夏のアースガーデンはめっちゃ夏日ですね。
まずはメインステージトップのRe-Trickから。

Re-Trick 11:00〜11:35

ピアノ、ベース、ドラムの三人編成。
大塚Hearts以来。
ステージは屋根があるから去年の横浜より全然楽そう。
対して客席は完全に日陰なしの過酷な環境。
たまに曇ると楽だけど基本的には修行感。
後半は「心頭滅却すれば火もまた涼し」という格言が浮んできた。
それはともかくライブは相変わらずピリッとしてました。
前も思ったけど子供に人気あるよなぁ。

その後はお店みたり、お昼食べたりダラダラしたり。
昼過ぎからスプラウトステージでライブを観る。

Wanna-Gonna 13:20〜13:50
ギターボーカル、キーボードボーカル、ギター、ベース、ドラムの五人編成。
初見。名前ちょいちょい見るので気になっていた。
正統派良メロロックですね。
歌い上げ系。

17歳とベルリンの壁 14:30〜14:55

ギターボーカル、ベースボーカル、ギター、ドラムの四人編成。
先週のHigh以来。
今日はベースT嬢ボーカル多め。
観ていた場所が良かったのか、思ったほど音が悪くなくていつも通りだった。
最後の曲は個人的に「ザ・17歳とベルリンの壁」という気がする。
青空と濃くなってきた緑とベルリンの音が合いすぎて凄く気持ちよかった。

ベルリン後はまったり。揺らぎやRyu Matsuyama観たかったけど大塚へ移動。

スカルボ × Motion 共同企画 「3」@ 新宿Motion 

June 29 [Fri], 2018, 23:30


本日は急遽花園distanceを観に行くことに。

花園distance 19:35〜20:15
ピアノ&ピアニカ、ベース&シンセ、ドラムの三人編成。
4月の月見ル以来。
初っ端から新曲2曲立て続け。
というか1曲目途中からKさんのシンセの音が出なくなって結局仕切り直しで2回やったのでした。レア。
その1曲目はちょっと大人な感じ。
2曲目は手でベースを弾きつつ足でシンセを弾いてて器用すぎる。
序盤新曲披露+機材トラブルで緊張してた分、その後の開放感もあったような。
もみじおろし久しぶりに聴いた気がする。

PX 20:30〜21:25
ボーカル、ギターボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの六人編成。
最初ニューウェーブっぽいかなと思ったけどそうでもなかった。
ギターポップ感もある。
とりあえずボーカルとキーボードの女の子がステージドリンクビールでパンチあるなぁという印象。
あとベースの音がでかい。
音量がベース→上手ギター→ドラム→それ以外という感じだった。

スカルボ 21:45〜22:40
ギターボーカル、ベース、ドラムの三人編成。
サイケでスペーシーでトランシーなロック。
ちょっとdipを思い出した。
途中MCなし、ノイズで繋ぐ展開。
ドラムがタムレス。
ベースのシールドがコイルタイプで短くて床に落ちていないのが気になった。

”like a stardust” -midsummer- @ 高円寺High 

June 27 [Wed], 2018, 22:59


久しぶりのthe MADRASですよ。
平日開演遅めで間に合うから有り難いね。

the MADRAS 19:35〜20:35
ボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成。
4月の251ぶり。
盤石って感じですよね。
そして今日はいつもにも増してギターのK氏がキレキレだったなぁ。
ただ序盤ちょっと音がこもる感じだったのは何でだろう。
なんかもったいなかった。
ちなみに後半近藤さんゲスト参加あり。
あれは多分近藤さんの曲ですよね。

近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション 20:45〜21:55
アコギボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード、サックス、パーカッションの七人編成。
3月ぶり。
今回も近藤さんがピアノボーカルにチェンジしてピアノの人がアコギ弾く曲あり。
安定感凄いし格好良いし楽しいし。
ともだちのうた、という曲ぐっときますね。

開演前、転換中、終演後はお馴染みume-rock。
バカンス感溢れるセクション、夏っぽくて良かったです。
2018年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かーこ
読者になる
このブログは個人的主観によるライブの感想メモ的な記録と好きなバンドの覚書です。 大昔のログには日常雑記も紛れています。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE