森茉莉かぶれ 早川 茉莉 (筑摩書房)

March 29 [Sat], 2008, 15:26
    

手紙魔だった作家に宛てて、
48通のラブレター
森茉莉を知らないあなたに、
森茉莉を誰よりよく知るあなたに、
「書くことに対して天使のように従順だった」一人の作家を伝えるために

(帯より)

森茉莉に誰よりも「かぶれて」しまった著者が、愛するマリィに
切々と手紙を綴る、京都から、東京から、巴里から。

これほどまでに憧れる作家が私にもいるかしら、と考えてみる。
そう、数人、いるな、と思う。
でも、こんな風にあこがれて、何もかもまねするほど好きか、と
考えなおすと、いや、とても、そんな濃密な関係ではないと、打
ち消してしまう。

手紙という形式は読む者に、盗み見のような感じを与えてしま
う。著者が森茉莉に書いた恋文(?)はちょっと辟易するところも
あるというのが正直な感想である。
  • URL:https://yaplog.jp/kagawakazuko/archive/615
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kagawakazuko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる