変な場所に日本語

February 18 [Sun], 2007, 23:29

HOLOGRAPH MAGAZINE - Alex Gross 1


なんか日本語が入っているおかしな感じの絵画集。
説明が英語だし、よくわからんのですが、どうやら【この本】に掲載されている画像らしい。
コマーシャリズムっぽい雰囲気のアート作品なのかなぁ。

吐き気!って言われてもなぁ。なんか違和感ある感じの…。

ワールドプレスフォト大賞

February 18 [Sun], 2007, 23:13

1st prize singles - World Press Photo


World Press Photo大賞の写真。
アメリカのNina Bermanさんの"Wounded US Marine returns home from Iraq to marry."という作品。
婚約者がイラクへ行って、攻撃を受けて顔がドロドロに溶けて、グロテスクになってアメリカに戻ってきた。それでも彼女は結婚した。
という感動のストーリーが一枚の写真で。

感動のストーリーは【ここ】(PDF注意、英語)にあります。

[via Boing Boing]

急速ラジエターデザイン集

February 18 [Sun], 2007, 22:57

the radical radiators of the future - designboom


急速に部屋を暖かくするラジエターのデザイン画像集。
内部に熱い液体が流れて、それが発散して、あーぬくい。って、つまり暖房ですな。
上の画像はその一例です。
表面積を広げて熱をより外へ放出できるような形にしなきゃならんということで、こういう形になりましたとさ。

まるで脳みたい。人間の脳は大脳新皮質っていう脳の外側っていうところが大きく発達してて、それの表面積を広げたいがために、あんなにしわくちゃになったそうで、他の動物はあそこまでしわくちゃじゃないそうで。
ちなみに脳みそのしわを広げると新聞紙見開き一枚分くらいになるそうですよ。うろ覚えでなんですが。

[via Boing Boing]

工場HDR写真

February 18 [Sun], 2007, 22:40

Flickr: Photos from BHo


BHoさんのflickr画像ギャラリー。
HDR feat.工場って僕的にはもう無敵なコンビネーション。
白いご飯をどんぶりめしで三杯はイケる!!

見てください、この上の写真を。
この微細なゴミゴミ込み入っている具合を。
HDRでなまめかしい表情をたたえているところを。

[via digg]

ゲーム用携帯電話

February 18 [Sun], 2007, 22:30

Проект 1


ロシアの携帯電話の画像らしいのですが、中央のボタンが競りあがってジョイスティックになるようです。見たまんまですね。
多分まだコンセプト段階だと思います。
出てたらEngadgetとかが載せてるだろうから。

[via Kotaku]

日露戦争ポスター集

February 18 [Sun], 2007, 21:43

English Russia » Russian-Japan War Propaganda Posters


日露戦争ポスター画像集。
社会の教科書でこういったポスターはよく見かけますが、このリンク先はロシアの目線でのポスター。つまり、日本が悪役。
小さくされたり、モンスターにされたり。

ソビエトの古い電卓

February 18 [Sun], 2007, 21:37

English Russia » 72 Old Soviet Calculators


ソビエトの古い電卓写真集。
上の写真はメモを取るための台つき。ペンホルダーもあって便利!
って、デカすぎるよ!!

電卓には人を萌えさす何かがあります。
電卓マニアのサイトとかよく見るし。

[via Boing Boing]

漆塗りの鉛筆

February 18 [Sun], 2007, 21:17

もう一度、鉛筆を愉しんでみたいという方へ - [ステーショナリー]All About


漆塗りの鉛筆。
まるで箸。しかも高級品。

お値段一本1600円から。
とても高級すぎて削ることなんてできません!!

装甲した時計

February 18 [Sun], 2007, 21:02

THE WATCHISMO TIMES: Wristwatches of War - Trench Grilles and Hunter Guards


鎧を身にまとった腕時計ギャラリー。
なんかむちゃくちゃかっこいい写真ばかり。
戦争中はこうして衝撃に強くしていたようです。
そういう制限に加え、おしゃれな心も忘れなかったんでしょうね。職人は。

今で言うところのG-Shockか。

[via Boing Boing]

格差拡大は本当か?

February 18 [Sun], 2007, 20:39

図録▽家計調査による所得格差の推移


7.まとめ

 このように近年の所得格差は、家計調査によれば、国民意識とは逆に、賃金カーブのフラット化や社会保障による低所得層の所得低下抑制機能によって、縮小している。冒頭に引用したように小泉政権の政策が格差拡大を目指しているとしたら、政策は失敗に終わっている、あるいはこれから効果があらわれる類のものであると結論できよう。


引用させてもらいました。
詳しくはリンク先の【社会実情データ図録】さんを見ていただくとして(僕もこれから見ます)、実は格差広がってないじゃないの。という結論。データによる裏づけがあるから強いです。
しかし、格差が縮小しまくって、優秀なやつは海外にどんどん逃げていくのもどうかと思うけどね。みんな横並びで一緒に沈んでいくのも…
P R
2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
あわせて読みたい
https://yaplog.jp/kablog/index1_0.rdf