球磨川納め。

November 05 [Mon], 2018, 19:45
10月13日。
結局この日が最後となった球磨川釣行。

みなさんの今年の球磨川はいかがだったでしょうか?
私は2013年の球磨川を思い出さずにはいられませんでした。
もう5年も経つんですねー、歳とる訳や(笑)

そう。OKさんに連れて行ってもらったあの夏。
すっかり球磨川にハマってしまったあの夏デス。

そんな年の再来に、なにやってたの…と思っちゃうくらい、
個人的な釣果は2013年と比べものにならないほど貧果でした。
同じように好調な球磨川で、考え方とか、釣り自体が変わったのかもしれません。
実感はないケド、とにかく釣ってないよね(笑)
だけど例年通り、いやいやそれ以上に楽しい球磨川釣行が多かったのも事実。

さあ。最後も。
釣果は酷いが(笑)楽しい球磨川納めとなりました。
朝イチ、流石に人の少ない川辺川。のんびりコーヒーでも飲んで…

と、ゆっくり準備してたら、次から次に人がやってきて大慌てで川に入ります。

ラスト台風後でした。
もちろん時期的にも考えなければいけない要素も盛りだくさん。
魚の密度、石についてる鮎がいるのか、まとまってるのか、
水温の変化、終盤ならでは、の時合いなどなど。

朝の反応は皆無に近かったです。
瀬の開きから、瀬へ釣り上がり、また釣り下がり。
竿を立てたり寝かせたり、なにか反応があるまで。天然に変わるまで。

囮が変わったのは、やはり気温が上がってしばらくした頃でした。
天然に変わってどうなるか。スタート遅っ(笑)
掛かったのは瀬、そのまま再び瀬にオトリを入れると…ガツン!
薄いなりにようやく活性が上がった様でした。

答え合わせは、キラッチへのバトンタッチ。
変わってもらえる時は同じポイント釣ってもらいます。
彼のペースやサイズを参考に。
やっぱり、台風で魚は下がってしまったかのような密度。
また夕方になると違う展開があるのかもしれませんが…

午前中に違うポイントに入っていたワダさんと合流〜
さあ。サイズは小さいですが、なんとかオトリも確保したし!

ラスト人吉で砕け散って納めましょうか!
ランチして夕方に備えます。

ドラマは起きるでしょうか。
前回とは比べものにならない足元の石色の悪さと、反応の無さ…
キラッチの竿も曲がらず、夕方の時合に期待するしかない状況カナ…
って、もうすっかり夕方やんけ。

石の濃い急流に鮎の反応はなく、竿を畳んで上がると、
おじいちゃんが譲ってくれたというポイントにキラッチ。
再び竿を伸ばし、2人で竿を立てて泳がせマス。

私のラスト球磨川鮎はこの魚でした。

サイズが小さいことの寂しさと、もう盛期の様な釣りができない寂しさと。
そして、この夕日。

できれば、もう一度来たかったんですが諦めました。
最後は、大野川で。
  • URL:https://yaplog.jp/ka2i/archive/3545
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ka2i
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大分県
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-釣り
    ・スポーツ-玉撞き
読者になる
2018年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ka2i/index1_0.rdf